おんな城主直虎36話あらすじと感想「井伊家最後の日」龍雲丸の今後が気になる!

おんな城主直虎36話あらすじと感想をお伝え致します。

「井伊家最後の日」

肩の荷を下ろした直虎(柴咲コウ)の
何とも言えない哀しみと安堵感が伝わり、涙した管理人です。

初回から35話までの井伊直虎の道程が思い出され、切なさ半端ないです。

でも、こうなるとやたら気になるのが
大河ドラマ「おんな城主直虎」
オリジナルキャラ・龍雲丸(柳楽優弥)の今後です・・・。

あらすじと感想と共に勝手に予測してみました!

 

Sponcored Link

 

おんな城主直虎36話あらすじと感想「井伊家最後の日」

今川氏真は意外と世渡りが上手いゾ!

戦国大名の座を、いともあっさりと捨て去った今川氏真(尾上松也)。

その後は妻の実家・北条家へ身を寄せています。

見事武田の勢いを削いで見せた舅・北条氏康(鶴田忍)に

氏真
「駿府の武田を追い払ってくださり、
 イヤ~~、さすがは相模の獅子でございますなあ~」

これを聞いた氏真の言葉が、
次週大河ドラマ「おんな城主直虎」37話の阿鼻叫喚ぶりを予感させますね~

北条氏康
「武田はのう、己の欲得づくじゃ。
 節度を知らねば情けも持たぬ。これは天誅じゃ!

そうです、井伊谷は焼けつくされます。
武田軍に!

 

ところが、氏真夫婦を庇っていた
氏康があっさりと亡くなり、
北条家を追い出される憂き目にあうなんて、
この時の氏真には思いもよりません。

 

北条氏康の死が、徳川家にも
直虎たちにも再びの災厄をもたらします。

 

氏真は結局は、徳川家康を
頼らざるを得なくなるのですが、
上手く生き延びますから、この方(笑)

 

本当に、育ちが良いって強みですよね。
学がありますから。

礼儀作法などを、徳川家に指南することになります

武将というより、教育者の道の方が似合っていますよね。

 

 

於大の方と瀬名姫(築山殿)嫁・姑バトル勃発!

氏真とは違い、生家が滅亡し
酷い目に遭うのがこちら、瀬名姫(築山殿/菜々緒)

関連記事⇒瀬名姫(築山殿)が家康に殺害された事件の真相と呪いが恐すぎる!

 

佐名姫(花總まり)の娘で、井伊家とは血縁です。

関連記事⇒佐名~大河では花總まりが演じる悲運の生涯!井伊直虎との関係は?

 

井伊家がお家断絶の憂き目に遭い、
黙っちゃいられない瀬名姫でした。

家康を激しく責め立てる瀬名姫に
「駿府の姫様はよう口がおまわりになること」

グサッと来る言葉と共に家康生母・於大の方(栗原小巻)登場!

流石の貫禄、大女優!

そしてまた、於大の方登場の際の
テーマ音楽が怖すぎる!

タンゴ!?

マツケン信玄がサンバなら
於大の方はタンゴですかい!?

 

 

音楽には疎い管理人ですから間違っていたら悪しからず。
お詳しい方、教えていただけたら幸いです。

 

これからこの於大の方が瀬名姫の運命に大きく関わることになるのでしょう・・・。

 

これには、瀬名姫も口答えはできませんが、
何だか瀬名姫が哀れでなりませんね、先を知っているせいか・・・。

 

 

おまけに側室候補を引き合わせるとは!

 

 

実家が無くなるということは、
女にとっては現代も戦国時代も、
拠り所を無くすというか、
戻る場所がないというのは辛いですよね。

 

 

近藤康用、私ならほっとくけど!

堀江城の戦いで足に大けがを負っていた近藤康用(橋本じゅん)。

はっきり言って、まだ憎いです(笑)

直虎のように、まるでハイジのような
純な心にはなれない管理人なのでした。

近藤の罠にかかって、政次が処刑されたことを忘れたの?直虎!?

クララには見えない、どうしても!

今でもやはり、あのモジャ毛をむしってやりたい!

執念深~~。

じゃあ、もう一度コチラをご覧くださいな!
関連記事⇒小野政次(高橋一生)の最期!直虎【大河】30話~35話までハイライトまと め!

私なら、ほっとくけど
井伊家の殿としては、自分一人の遺恨にしがみつくわけにもいかないですよね。

やはり、直虎は大きい。

 

 

 

南渓和尚の苦悩と選択、鍵を握る龍雲丸

ある日、龍潭寺に松下常慶(和田正人)が現れます。

井伊家がこのようになったのは松下のせいだと詫びます。

 

そして、後継がない松下家に
虎松(寺田心)を養子にもらえないかと言いだすのでした。

関連記事⇒井伊しの(ひよ/永護院)はなぜ松下常慶の兄・清景と再婚したのか?直政 にとっては恩人!

これを聞いた直虎は憤慨しますが、
こんな時に直虎が相談できる相手は龍雲丸でした。

龍雲丸は、虎松が松下の養子になるって話は、
悪い話ではない、と直虎に言います。

 

何より実母のしの(貫地谷しほり)と
暮らすことができるのだし、家も継げる。

 

 

けれども直虎は
井伊を諦めたくないのだと言います。

そんな直虎に龍雲丸は

もう潮時なのでは?と切り出します。

「尼小僧様がやりたければやる、やりたくねえならやらねえ。
 好きにすりゃいいんじゃないですか」

これを聞いた直虎は、ハッと気づいたような表情になります。

自分が自分の好きなように生き方を選んでいい、
直虎はこれまでそんな自由は与えられてきませんでした。

 

そして、このことを龍雲丸は南渓和尚に相談します。

 

南渓は龍雲丸と話しているうちに
直虎の人生を井伊家のため、井伊の民のため、
まるで竜宮小僧のような生き方を選ばせたのは、そもそも自分ではなかったか・・・。

南渓の表情には苦悩が浮かびます。

しかし、本当に南渓和尚を演じる小林薫さん
良い俳優さんですよね~~。

表情に味があるし、人情があるし。

 

龍雲丸と話をしているうちに、
気付いたのでしょうね、南渓和尚は。

 

 

その日の夜に、
井戸端で座禅を組む直虎の元へ向かいます。

 

直虎の掌にある、政次の遺品の白い碁石を手に取ると、
優しく直虎に語りかけます。

 

幼いおとわに話をしているように。

「もうやめじゃ、次郎。井伊はここで終わらせよう」

驚きの表情を浮かべる直虎に

「そなたはもう疲れ切っておろう。
 さように疲れ切っておってはお家の再興は無理じゃ。
 そなたはようやった。」
という南渓和尚。

 

 

「まこと、役立たずで、ご期待に沿えず申し訳ありませんでした。」
これまた幼子のように泣きじゃくる直虎に

おんな城主としての直虎、一区切りですね。

涙が溢れ出る気持ちわかるな~~。

何かを必死でやって来た人にしかわからないことだと思うけど、
そのことに区切りをつけるって、
重圧から解き放たれた安堵感と同時に
もっとやれたのかなっていう、一抹の悔いみたいなものがやはりありますものね。

 

それは、結果がどうあれ。
あります。

 

それを思うと、南渓和尚の胸を借りて
泣きじゃくる直虎の気持ちが痛いほど伝わって来て、もらい泣き。

 

 

先に言うでない、虎松!

近いですよ~!きっと。

虎松が寺田心くんから菅田将暉さんにチェンジする日!

管理人の予想としては38話ですけど、どうでしょう?

 

 

相変わらず滑舌良すぎの心くん。

井伊家の再興が有り得ないと聞き、
納得がいかず、
「諦めなければ、負けることは無いと言ったではないですか!」

直虎に食い下がります。

もう直虎の話なんか聞いていません。

「諦めてこそ得られるものがある」

虎松を置いてその場を立ち去る直虎の背に
虎松の泣きじゃくる声が響きます。

 

そんな虎松に、ちゃっかり話をする南渓和尚の策士っぷりがまた素晴らしい!

直虎はもう殿ではないから、言うことは聞かなくてもいいのだと説明します。

これがどういうことか?

この言葉が後の徳川四天王・井伊直政を作ったといっても過言ではないでしょう!

関連記事⇒井伊直政徳川四天王となり家康に忠義を尽くした男!養母・直虎との絆

 

「井伊家最後の日」それぞれの道

直虎は、川名の隠し里に行き
虎松が松下家の養子になること、
井伊家の再興を諦めることを皆に伝えます。

 

そして、今では井伊谷を治めている
近藤康用が、中野直之(矢本悠馬)や
政次の家臣達を受け入れると言っていることを話します。

 

直虎

「家があったからこそ、井伊があったからこそ、
 皆して守らねば、守らねばと散って行ったという見方もあろう。
 もう、われは左様な哀しみを繰り返したくないのじゃ。」

 

これに対し、之の字はブチ切れ!

気持ちはわかりますよね。

 

最初は、所詮おなごよ、とあざ笑い、
暴言を連発していた之の字が、
六ザ(田中美央)と共に
直虎にとって無くてはならない家臣になっていたのですから。

 

井伊の再興を諦めると聞き、
誰よりもがっかりしたのは之の字かもしれませんね。

 

 

でも結局は、井伊谷を守りたいということで
近藤の元に行くようです。

 

次週が危ぶまれますね。

井伊谷は武田軍に蹂躙されますから。

それに比べて、逞しいのが女性陣ですね!

特に、虎松とは腹違いの姉・高瀬姫の動向が見ものですよね!

 

虎松は、徳川家臣の松下家へ養子に。
であれば自分は武田家へ

なんて筋書きでしょうか!?

 

井伊家のお役に立ちたいという気持ちは
誰よりも強そうですから。

高瀬姫については、コチラの記事をご覧いただけますと嬉しいです。
関連記事⇒高瀬姫とは~大河「直虎」では髙橋ひかるが演じる美少女!夫・川手主水良 則が有名?

なつ(山口紗弥加)はどうやら、
亥之助(新井雄斗)と共に、松下家へ行くようです。

 

 

直虎がおとわに戻った!龍雲丸の今後は?

え~~っ!?

まさかこんな展開になろうとは!

でも、少し嬉しい。

たとえ一時でも、直虎には女の幸せを味わって欲しい!

直親(三浦春馬)も政次(高橋一生)も既にこの世の人ではないのだし。

一緒になりたい女がいる、
という龍雲丸の言葉に、最初は気が付かない直虎でした。

あんたの傍にいたいんだ。とプロポーズ!!

こういう展開も悪くない!

けど、この言葉が引っ掛かります!

「吾が傍にいるとろくな事にならぬかもしれぬぞ。」

という直虎に、龍雲丸が言ったこの言葉!

「死にそびれるのは俺の得意なんで。あんたを置いてったりはしませんよ」

嫌な予感!

オリジナルキャラだけに、どう料理しようが好き放題!

助けてくださいませ~~!

助命嘆願してどうする!

 

勝手に予測してみると、
置いてっちゃう気が・・・。

直虎はおんな城主の座を降りても、
まだまだ仕事があるのです、実は。

 

龍雲丸と一緒になり、幸せな農婦で一生を終えました。
めだたし・めでたし。

とは、なりそうもないではないですか!

でないと、今日が最終回でしょ?

そうはならないから、龍雲丸が心配なのです。

 

 

次週37話は「武田がきたりで火を放つ」です。

なんというタイトルでしょう!

 

 

これから堺へ行くという龍雲丸ですが、
井伊谷の危機を知り、きっと直虎たちを助けに戻ってきますよ!

 

戦国時代はまだまだ浮き沈みがありますから!
心配です。

Sponsored Link

 

まとめ

疲れ果てた直虎の元へ
松下家から虎松を養子に欲しいという話が舞い込んできます。

直虎は龍雲丸に相談し、
諦めるという道もあることに気付きます。

そして龍雲丸は、南渓和尚に相談し、
南渓も、直虎の人生について再考することになります。

井伊家再興を諦めるという道を選んだ直虎でした。

井伊家最後の日、
それぞれの道を選びますが、
龍雲丸の今後や、高瀬姫の動向が気になります。

 

 

次週はいよいよ、赤備えの武田軍が
井伊谷を蹂躙します!

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ