おんな城主直虎32話感想まとめ「復活の火」は切なすぎて!政次となつの大人な恋に感動!

おんな城主直虎32話「復活の火」の私の感想を皆様の感想をまとめてお伝え致します。

「復活の火」って何だろう?
って思っていたら、「今川館が燃え上がる火」のことだったのですね!

政次が言った、「小野はこれより井伊を復興する!」
「今川館が焼け落ちる火」はそのまま「井伊家復活の火」のはずだったのに・・・。

切ない・・・。

 

Sponcored Link

 

おんな城主直虎32話「復活の火」私の感想まとめ!

政次と直虎、最後の囲碁が切なすぎて感動した!

家康からの書状を政次(高橋一生)に見せなければ、
と言っているときに、
タイミングよく龍潭寺に政次が現れ、
いつものように囲碁を打ち始める直虎と政次。

 

まさかこれが、二人が向かい合ってさす
最後の囲碁になろうとは思ってもいないですよね。

 

だって、次週33話は「嫌われ政次の一生」でしょ?
きっと、囲碁を打つ暇はないはず。

それだけに、切なすぎるこの光景。

殿さま気分を味わっていると言いながら二人で笑いあったり。

直虎が、自分は領主に向いていないので、政次に譲る
と言うとすかさず政次が

「どこぞの商人たちから、家の領主をやって欲しい、
 百姓衆が体を張って歯向かってくれる、
 盗賊までもが、尼小僧様のためなら、と一肌脱いでくれる。
 このような領主は日ノ本のどこにもござりません。」

直虎と政次が、いかにお互いを敬愛していたかを良く現わしていますね、この会話。

 

 

極めつけは直虎のこの台詞でした。

 

政次の言葉に涙で碁盤が見えなくなった直虎。

「なんじゃ、よう見えぬの。」

と言うと、政次が月明かりの下に照らされるよう碁盤を移動させます。

すると直虎が、

「もうじき、陽の光の下で打てるようになるのォ」

しみじみ言いましたよね。

これがまた、切なさの極み。

今川からの呪縛から解き放たれ、
もう政次は井伊の盾になる必要はなくなる。

徳川の元で蘇る!

そう信じていればこその直虎の言葉でしたが・・・。

 

 

政次となつ切なすぎて感動した!

政次となつのシーンも感動しました。
本当におんな城主直虎は、脚本が素敵ですよね。

寄りかかることなく、お互いを大切にする。
そんな、大人な恋愛を二人の会話で魅せています。

 

美しすぎた~~!

ナッツ!(なつさん、ナッツって呼ばれているのね、ツイッターで!(笑))

政次
「なつ、こたびのことが終われば、俺と一緒にならぬか。」

ドヒャ~~!これって、求婚!プロポーズ!

で、これを聞いたナッツは、

「まことですか!?兄上!嬉しゅうございます!」
私だったら一も二もなく、このように答えますね。

でも、ナッツは違いますよ!
ナッツは大人です。
一歩自分を抑えます。そして、

なつ
「事がなれば次郎様の還俗も叶うことになりますが、よろしいのですか?
 ずっとそれをお望みになっておられたのでは?」

って、こう来るのですよ。

 

 

大人な女性しか言えませんね。
自分の想いはまず置いといて、
相手の想いを尊重しようとするこの慎ましさ!

 

なのに、自分から身を寄せていく強さ!

凛としていいわ~~!

感動した~~♡

で、政次がそのままナッツを押し倒して後は蝋燭の炎がちらちらと~~

とは、ならないのです。

NHK大河ドラマですから。

幼稚園児からご高齢の方まで、幅広い年齢層の方が観ておられますから。(笑)

そこがまた奥ゆかしくて、大人で、好きですね。

 

小野家臣切なすぎて感動した!

 

政次
「これより小野は、井伊を再興する!」

政次がこう言ったとき、小野の家臣は本当に嬉しかったでしょうね。
信じていて良かった、と思ったのではないでしょうか。

 

でも、主人政次の嫌われ者芝居を見抜いていたなんて流石。
しかも知っていながら知らないふりを続けた家臣達もエラい!

 

「それでこそ、小野じゃ。」

と言いながら、政次様のお目めが少し潤んでいたように思えたのは私だけ?

 

 

この先、政次にはますます辛い展開になりそうですけど、
この場面は、政次が心から男冥利に尽きた瞬間ではなかったでしょうかね。

頑張って、井伊の盾になって来た良かったって。

そもそも、「切ない」とは

悲しさや恋しさで、胸が締め付けられるような心持のことをいいます。

例1.政次(高橋一生)のことを考えるだけでも切ない。

例2 .皆に嫌われることで井伊家を今川家から守る盾になって来た政次を思うと切ない

などなど・・・。

www胸が締め付けられる・・・。

 

 

おんな城主直虎32話「復活の火」皆様の感想まとめ!

皆様の感想、政次一色!(笑)
悶絶回でしたね、32話は!

政次www

 

 

 

おのれ!近藤康用!

傑山

直虎

#おんな城主直虎 死んでいった親世代への弔いの中に、ちゃんと政次父がいることにシビれた。政次の生き方を理解するということは、その父政直の難しかった来し方をも理解するってことで。

— かな ドラマ鑑賞アカ (@kanadorama) 2017年8月13日

 

特別なお知らせ

数少ない近藤康用を擁護するご意見

でも近藤殿からすると井伊家は材木ドロのあんちくしょうだし、小野と井伊が昵懇ならむしろよりムカつくし、そいつらぶん殴って自分ちの利益が出るなら一石三鳥だから今回のアレはしょうがないと思う
近藤殿視点で躊躇う理由が無さすぎる
#おんな城主直虎

— ひのした (@hinosita_396) 2017年8月13日

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

徳川家康からの書状で、直虎と政次の策は上手く運ぶように見えました。

けれど、おんな城主直虎32話「復活の火」は
最後の最後で、切なさMAXとなりましたね。

何だったの?

政次からなつさんへのプロポーズ!

もうすぐ陽の光の下で囲碁を打てるって!?

それでこそ、小野じゃ!

って。

次週おんな城主直虎33話「嫌われ政次の一生」
ネタバレとあらすじは、ご覧にならない方がいいかも・・・。

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ