おんな城主直虎31話あらすじとネタバレ政次が取った非情な手段とは?「虎松の首」!

おんな城主直虎31話のあらすじとネタバレをお伝え致します。

ネタバレをご覧になりたくない方はページを閉じてください。

おんな城主直虎31話「虎松の首」
このタイトルには、
政次が選んだ「非情な手段」の意味が込められています。

前回30話で、直虎の首筋に刃を当て
今川家重臣・関口の宿所である神社まで
直虎を引きずっていくところで終わりました。

井伊家家老として、最後の賭けに出た政次!
ストーリーは政次の人生のクライマックスへと突き進みます!

 

Sponcored Link

おんな城主直虎31話あらすじとネタバレ政次が取った非情な手段とは?

百姓衆、命がけの嘆願!

「徳政は望まんに!」

口々に声を合わせて嘆願する、瀬戸・祝田村の百姓衆。

 

武器を持たない百姓衆を打ちすえる関口(矢島健一)の家臣達。

 

関口の宿所である神社の前では、
直虎(柴咲コウ)が首筋に刃を当てられたまま
政次に引きずられていった時も、この光景が続いていました。

 

業を煮やした関口の家臣が
百姓衆の一人に刀を振り上げたその刹那でした、
「お待ちください!」
政次の声が響きました。

 

直虎の首に刃を当てたまま、政次は直虎を百姓衆の前に連れて行きます。

「殿!」

そこにいた六左衛門(田中美央)が叫びます。

百姓衆のこの行動は、直虎が仕組んだのかと政次は言います。

これを聞いた百姓衆は、必死で直虎を庇おうとします。

この様子を見て直虎は心を決めました。

井伊は徳政を受け入れる!
ゆえに、この者たちを許してください!

 

直虎のこの言葉を聞き、
政次は即座に関口の家臣に取次ぎを頼みます。

 

政次は百姓衆の命がけの嘆願を逆手に取り、
関口の信用を取り戻す策戦に出たのでした。

 

最後の最後まで、井伊家の盾になるために。

 

徳政令発布、井伊は今川の直轄領となる

 

社殿では、関口が待ち構えていました。

この騒動は、直虎の差し金かと政次に尋ねます。

 

政次は、騒動は百姓衆が自ら起こしたことですが、
直虎がその責めを負って徳政令を受け入れると言明したと述べます。

 

関口はあらかじめ用意させていたのか、
今川の下知が綴られた書状を読みあげました。

関口
「井伊殿、相違ござらぬか?」

直虎
「相違ございません。」

書状に署名し、直虎の花押が押されました。

 

井伊領が今川直轄領となった瞬間です。

 

小野家の宿命に泣く亥之助

翌日になり、直虎は皆を集め
徳政令の受け入れと、井伊家が実質取り潰しになったことを伝えました。

驚きを隠せないあやめ(光浦靖子)、
すぐに「この先はどうなるのですか?」と
先を見据えようとする高瀬(高橋ひかる)でした。

 

そこへ、政次が関口の家臣達と入って来ました。

「もうこの館は井伊のものではない。急ぎ立ち退かれますよう!」

政次は、駿府に引き上げた関口に代わり、
非情な通達を告げていきました。

 
直虎は、すぐに家臣たちを急かして
自らが率先して立ち退く支度を指示しました。

そして、龍潭寺へと急ぐ直虎でした。

龍潭寺では、
虎松(寺田心)と直久(山田瑛瑠)、
亥之助(荒井雄斗)がいつものように手習いをしています。

とにかく、一刻の猶予もない、虎松を逃がさねば・・・。

 

直虎は、説明をする暇もなく
虎松と直久の手を引き、南渓和尚の元へ行きます。

 

南渓和尚は、すでに虎松を匿う寺へ
傑山(市原隼人)を向かわせていました。

取り残された亥之助は、
直虎の様子から、ただ事ではないと感じていました。

「あの、私は・・・。」

亥之助に尋ねられた昊天(小松和重)は、
返す言葉が見つからずにいました。

 

井伊がお取り潰しになったときくと、
慌てて駆けだす亥之助。

 

その様子を見ていた南渓和尚が
そろそろ事情を知らねばならぬ頃だと
昊天を慰めるように言います。

 

 

館に戻った亥之助は、
政次に、なぜ井伊を裏切ったのかと問い詰めます。

「これがわたしの役目だ。」

冷たくあしらう政次に、
親子二代に渡る小野家の過酷な宿命を感じ沈み込みます。

なつ(山口紗弥加)の元へ行った亥之助は、
いつもと変わらぬ様子のなつを見て不思議に思います。

叔父の政次が井伊を裏切ったのに、
なぜここに居られるのかと責める亥之助でした。

そんな亥之助になつは静かに言います。

だからこそ、ここに居るのだと。
ここに居ればこそ、わかる日も来るのだと。

 

政次の真実を告げる日

祐椿尼(財前直見)や高瀬など
井伊家の主だったものは、
すでに川名の隠し里に到着していました。

後からついた直虎は、皆を集めて話し始めます。

井伊は取り潰されたが、
ひと月、ふた月後には蘇らせるのだと。

今年の内に戦が始まり、井伊には徳川が攻め込んでくるはず。

だが、井伊はすでに徳川の味方になると話はついている。

徳川が攻めて来た折に、
関口を成敗し首を徳川に差し出すことによって、井伊は蘇るのだと。

 

 

そして、このことは
小野但馬守政次も知っていて、
二人で謀ったことなのだと、皆に話します。

政次の真の姿を、皆に伝える日が来たのでした。

ただ、驚くことに
祐椿尼も六左衛門も、
虎松や直久までもが、
政次が味方だと気付いていたと言います。

ただ一人、小野を毛嫌いしている
直之だけが最後まで信じきれずにいたのでした。

けれども、直虎は直之を諭すように言います。

例え小野が裏切っていたとしても
関口の首を取るのは直之なのだと。

それを聞き不承不承ながら納得する直之・之の字なのでした。

 

しばらくすると、虎松の姿が見えなくなりました。

直虎が虎松を探しに出ると、
虎松は棚田を眺めていました。

その昔、今川方の検地奉行から
虎松の父・直親と家老の政次が守り抜いた棚田だと話して聞かせます。

それを聞いた虎松は、

「では、虎松もここを守らねばなりませぬな。」

そう、直虎に言います。

 

 

虎松の首を差し出せ!氏真の非情な命が下る

井伊を取り潰した今川家も
さらに追いつめられていました。

上杉からの援軍は、
武田信玄(松平健)の調略により動けない状況でした。

イライラが募る氏真。

そんな時に関口が報告に現れます。

小野政次が井伊家取り潰しに
協力したことを報告し、
信用しても良いのではないかと進言します。

これを聞いた氏真は、
関口に井伊家の断絶、つまり
虎松を殺して首を取って来るよう命じたのです。

この頃、直虎は氏真の先手を打っていました。

南渓和尚がすでに手はずを整えていたのです。

ところが肝心の虎松が、逃げることを嫌がります。

すると、どこからか虎松の頭上目がけて弓が飛んできました。

それに驚いた虎松は、思わずお漏らしをしてしまいます。

弓を放ったのは、傑山です。

戦になれば常にこういうものだと笑って言います。

 

直虎は、父・直親(三浦春馬)がそうしたように、
虎松も逃げて、自分の命を守らなければならないと、話します。

 

 

虎松には六左衛門が付き添い、
道中は傑山も共に行動します。

 

 

虎松を無事見送り、
直虎は龍潭寺に急ぎます。

 

 

政次の取った非情な手段とは?虎松の首!

龍潭寺に戻った直虎は、
南渓和尚に礼を申し述べていました。

そこへ、政次が家臣とともに現れ、
虎松をどこへ隠したのかと問い詰めます。

直虎が、しらをきると、政次は直虎を捕えるよう命じます。

 

 

その翌日、直虎は虎松の首実験に呼ばれます。

 

厚化粧をほどこされた首を見て、
関口が、なぜこのように厚化粧をしているのかと、政次に問います。

政次は、虎松が疱瘡にかかっていたため
化粧をほどこしているのだと説明します。

疱瘡は当時は命をも脅かす流行病です。

化粧を取り、駿府におくることにする、
という政次に、関口は首は送らなくても良い、といいます。

駿府に疱瘡が流行したら大ごとになるからです。

 

 

この様子を見て、
直虎がすすり泣きながらお経を唱え始めました。

龍潭寺からは、南渓和尚も昊天もやってきて
お経を唱え始めました。

これで、虎松の首実験は首尾よく終わったのでした。

けれども、虎松の身代わりに
政次は子供を一人犠牲にしたのでした。

井伊を守るための非情な策でした。

 

龍潭寺では、龍雲丸(柳楽優弥)が
井伊の様子を見に来ていました。

 

南渓和尚が龍雲丸に事のいきさつを話して聞かせます。

 

直虎は、虎松の身代わりとなった子供の首を埋めていました。

その眼には涙が溢れていました。

 

Sponsored Link

 

まとめ

小野但馬守政次、
井伊を守るために最後に討った大芝居は
見事にハマりました!

 

関口は小野を信用しても良いと
氏真に進言しますが、
窮地に立たされている今川は、虎松の首を取り井伊家の断絶を目論みます。

 

 

叔父・政次が裏切ったため
井伊家がお取り潰しになったと知った亥之助は悩みます。

そんな亥之助を、母のなつは静かに諭すのでした。

 

 

そして、虎松の首を求める今川をかわす策として
政次が打った手は、非情なものでした。

しかし、これで虎松は今川方から探索されることは無くなります。

 

さて、直虎と政次の作戦は
着々と進んでいるように見えます。

ところがここで、思わぬ邪魔立てが入ろうとは!

井伊谷三人衆、何をする!?

次週32話は、思わずそう叫びたくなる展開になります!
        ☟
【続きはこちらで!】おんな城主直虎32話あらすじとネタバレ『おのれ近藤康用卑怯者メ』!復活の火

 

 

ではでは、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

【あなたにお読みいただきたい関連記事】

傑山宗俊と井伊直虎の関係は?キャスト市原隼人の意気込みが凄い!

 

柳楽優弥が演じる龍雲丸とは?どんなキャラで直虎・政次・方久との絡みはある!?

井伊直政徳川四天王となり家康に忠義を尽くした男!養母・直虎との絆

 

井伊谷三人衆とは小野政次を葬った男たち!井伊直虎・直政との関係は?

 

おんな城主直虎後編の追加キャスト!菅田将暉はいつからで信玄役は誰?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ