おんな城主直虎32話あらすじとネタバレ『おのれ近藤康用卑怯者メ』!復活の火

おんな城主直虎32話のあらすじとネタバレをお伝え致します
ネタバレを知りたくない方はどうぞページを閉じてください。

おんな城主32話「復活の火」では
嵐の前のほんのひと時の静けさと
徳川軍が井伊谷へ来てからの
直虎・政次の予想外の出来事が展開されます。

戦国の世とはいえ、
思わず握りこぶしを振り上げたくなること必至!
お見逃しなく!

前回のあらすじとネタバレはコチラです
       ↓
おんな城主直虎31話あらすじとネタバレ政次が取った非情な手段とは?「虎松の首」!

 

 

Sponcored Link

 

おんな城主直虎あらすじとネタバレおのれ近藤康用卑怯者メ!『復活の火』

徳川家では井伊谷三人衆を調略

戦の火ぶたが切られるのはもう間近。

岡崎では徳川家康(阿部サダヲ)が軍議を開いています。

 

武田信玄からの書状には
武田は十日後に駿河侵攻を始めるので
徳川も遠江への侵攻を合わせて開始するよう要請してきたのです。

 

 

岡崎からは遠い遠江へ進攻せよとは、
随分身勝手な言い草だと、
信玄からの要請を快く思わない家臣達でした。

 

松下常慶(和田正人)が遠江一帯の
調略を試みていますがどうやら手こずっているようです。

 

石川数正(中村織央)が、
気賀あたりから手を付けるのはどうかと進言しているところに
酒井忠次(みのすけ)が悲惨な姿で戻ってきます。

 

気賀辺りで大沢基胤(嶋田久作)に襲われたのだと言います。

浜名湖周辺の国衆はまだまだ今川への忠誠心が篤かったのです。

 

これを知った家康は、進攻を井伊谷から掛川へ向かう方向に変更します。

 

 

井伊を心配する瀬名

その夜家康は、瀬名姫(菜々緒)を呼び
井伊が取り潰しになり後継の虎松の首も取られ断絶したこと。

今は家老の小野政次が井伊谷城を乗っ取った状態だと伝えます。

 

瀬名にとって井伊は実母・佐名の里でもあり、
直虎には恩義があります。

何も力になれずに、井伊家が断絶したことを心から悲しむ瀬名姫でした。

 

そんな瀬名姫を慰めるように家康が言います。

 

政次の他に井伊には三人の目付がいる。
その者たちを調略し、政次を倒すつもりだと。

 

そこへ、教正が井伊から書状が来た事を伝えます。

書状には、
『井伊が取り潰しになり、後継の首がとられたというのは見せかけです。

 虎松の首は偽物の首で、全ては直虎と政次で謀ったこと

 家康が攻めて来た時には、今川の目付を捕え城を開けるので、

 徳川の国衆としてお認めください。』

 

 

瀬名は安堵したと同時に
直虎と政次が裏で繋がっていたことに驚きを隠せません。

そして、徳川が今川の目付を調略しようとしていることを心配します。

家康は、井伊谷三人衆の調略が上手くいったら話せばよい、と気にも止めていません。

しかし、瀬名の心配は現実のものとなるのです。

 

関連記事⇒瀬名姫(築山殿)が家康に殺害された事件の真相と呪いが恐すぎる!

 

 

 

嵐の前のひと時の静けさ

傑山(市原隼人)が家康からの返書を持って龍潭寺に帰ってきました。

家康が了解してくれたことに安堵する南渓和尚と直虎でした。

 

政次にも伝えようと思っていると、折よく政次が龍潭寺に現れました。

関口(矢島健一)が駿府に引き上げたため
自由に動けるのだと政次は言います。

 

関口は武田に寝返ったのでした。

 

 

碁盤を挟み向かい合う直虎と政次。

直虎が小野の家来たちは、
政次の真の思いを知っているのかとききます。

 

政次は、ニセくびのことは知っているが全てを知っているわけではない、と
上から目線の言葉使いで話します。

直虎は家康の書状の事を伝え、
徳川が攻めて来た時には、約束通りに城を明け渡し臣従を誓うよう確認したのでした。

 

それでようやく、井伊に復活の火がともる

そう思い笑いあう二人なのでした。

 

 

館に戻った政次は、この話をなつ(山口紗弥加)に伝えます。

井伊が復活すれば、自分の役目も終わると
寂しげに笑うなつに、政次は言います。

「なつ、こたびのことが終われば、一緒にならぬか。」

 

 

なつは驚きますが、
事が終われば直虎が還俗することになるのでは?
それでもいいのかと、政次に問いかけます。

 

政次は、直虎への想いは幼き時より何も変わらない。
身を挺してお助けしたいと思う。
けれども、なつに対する思いはそれとはまったく違う、
ただ、そばにいて欲しいのだと。

 

なつの頬を涙がつたい、優しく抱き合う二人でした。

注:ひとりごと
言って欲しい、私にも。冗談でも良い!役の上でも良い!
  山口紗弥加さんに、ジェラシーの炎~~

 

 

沈みゆく今川

永禄11年(1568年)武田軍の侵攻が始まりました。

今川は次々に討ち破られ、籠城するはずだった賤機山城も武田軍の手に落ちました。

今や氏真は戦に不向きな駿府城で籠城し
ひたすら北条の援軍を待つしかありません。

 

そして、その戦支度の最中に
関口氏経をはじめとした有力武将が
武田へ寝返ったとの伝令が走って来たのでした。

 

戦国大名としての今川は崩壊の一途を辿っていたのです。

 

 

おのれ近藤康用卑怯者メ!

一方、徳川家康の陣所には
井伊谷三人衆が呼び出されていました。

関連記事⇒井伊谷三人衆とは小野政次を葬った男たち!井伊直虎・直政との関係は?

 

三人衆の一人、菅沼定久は
家康の家臣・菅沼定盈の縁者なのでした。

 

徳川に味方する代わりに、
戦のあとに与えられる領土について説明を受ける三人衆でした。

 

納得したように見えたのですが、
なぜか近藤康用(橋本じゅん)だけが異議を唱えます。

井伊がどこにも入っていない、と。

 

井伊は徳川に味方すると言っているので
攻める必要は無い、石川教正が言いますが、近藤康用は引きません。

 

近藤康用は、小野家が先代の時から
平気で主家を裏切る油断がならない男だと言い、
井伊も徳川を裏切るつもりなのではないかと言うのです。

 

近藤の話を聞き、用心深い家康は迷いが生じます。

そこを近藤康用が見透かし、
では、自分が先に様子を見いく。
それでおとなしく門を開ければ、それで良いのではないかと言います。

これに重臣の酒井忠次も賛成し、話は決まってしまうのです。

 

これが政次の運命の分かれ目になりました。
おのれ近藤康用、卑怯者メ!

 

 

徳川勢が井伊谷へ進攻を開始しました。

龍潭寺の南渓和尚から直虎へ、
そして政次へと話は伝えられました。

 

直虎は、政次を手伝わせるために
直之を井伊の館に向かわせます。

 

政次は家臣たちにこれからは徳川につくことを話します。

 

井伊に残っていた関口の家臣たちは
皆政次についていくと決めていました。

小野の家臣たちも、すでに政次の本心はお見通しだったのです。

 

 

門の前で直虎は徳川を待っています。

そこへ、井伊谷三人衆と酒井忠次がやって来ました。

 

 

挨拶を交わし、直虎が開門を命じます。

ゆっくりと門を開けようとする政次

 

 

その刹那、三人衆の一人・近藤康用の兵が

徳川勢に向けて弓を放ったのです!

おのれ近藤卑怯者メ!

 

 

「罠だ!門を閉めよ!」

必死で叫ぶ直虎の声は

城へ向かって行く近藤の兵達のどよめきにかき消されていきました。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

徳川では軍議の末
苦戦が強いられることが予想される
浜名湖周辺を避け、井伊谷から掛川へ向かい進攻することとなります。

 

そのため、井伊の目付である
井伊谷三人衆を抱き込むことにします。

 

井伊のことを心配する瀬名姫にも
家康から話は伝えられます。

 

一方の今川は、連戦連敗。
重臣達の裏切りも相次ぎ、
氏真は駿府で籠城するしか手が無くなっていました。

 

 

いよいよ徳川が井伊谷に到着し、
政次が開門しようとしたのと同時に
近藤康用の兵が、矢を射て、城になだれ込んできたのでした!

 

 

どうなる政次!?

どうする直虎!?

 

おのれ近藤卑怯者メ!

憤懣やるかたない気持ちのまま、32話は終了します。

 

おんな城主直虎続きはコチラです。
        ☟
おんな城主直虎33話ネタバレ含むあらすじ「嫌われ政次の一生」!政次は殉死だ!

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ