おんな城主直虎30話あらすじとネタバレ「潰されざる者」!政次が最後の賭けに出た!

出典:http://www.nhk.or.jp/

おんな城主直虎30話のあらすじをお伝え致します。

ネタバレを含みますので先をご覧になりたくない方はページを閉じてください。

おんな城主直虎30話「潰されざる者」
いよいよ井伊家家老・小野但馬守政次(高橋一生さん)
井伊家=直虎を守り抜く覚悟、
人生の集大成のストーリーが始まります。

「こちらから仕掛けてみるか。」

政次は、いったい何を仕掛け
それはどのような結果を生むのでしょうか!?

31話から33話までは、決してお見逃しなきよう!!

前回ストーリーはコチラで
     ↓
おんな城主直虎29話あらすじとネタバレしのの決意と虎松の未来!「女たちの挽歌」!

 

Sponcored Link

おんな城主直虎30話あらすじとネタバレ「潰されざる者」!

 

瀬戸方久は裏切るのか!?

駿府では今川氏真(尾上松也)の号令のもと戦支度が進んでいました。

駿府から井伊に戻った政次(高橋一生)は、すぐに直虎と面会します。

寿桂尼の元に直虎が呼び出された時の様子を確認し
あの面談は、裏切り者を洗い出すための寿桂尼の罠であったのでと政次は言います。

さらに政次は、今川館で瀬戸方久(ムロツヨシ)に会った時の様子が気にかかると言います。

 

 

それは、
方久一人が今川氏真に呼び出されたこと、
方久は、戦備えのために蔵を立てることを許されたが
井伊に材木を頼んでいないことなど。

 

政次の脳裏には、嫌な妄想がよぎるのでした。

今川はもはや井伊を潰すつもりなのか!?

瀬戸方久は、そのことを知っているのではないか!?

この二つの疑問を晴らすために、
井伊家家老・小野但馬守政次が動き出します。

最後の集大成に向けて・・・。

 

「こちらから仕掛けてみる」政次の覚悟!

政次は気賀へ行き、龍雲丸(柳楽優弥)を呼び出します。

龍雲丸の根城では、龍雲丸に呼び出された方久がいました。

 

そこへ現れた政次を見て方久は驚きを隠せません。

政次は、お前の魂胆などすでに見抜いているぞ、という口ぶりで言います。

「知らぬであろうが、私はお主を見張るように太守様から言われておってな。」

「えっ!」と声を上げて驚く方久でした。

 

 

方久を呼び出した口実は、
‟三河から方久に会いたいという者が来ている”
でした。

銭になるのならと、のこのこと現れた方久ですが、
これは、今川家にとっては、見逃せない背信行為です。

政次はここを突いたわけです。

まず、相手の弱みを握って交渉を有利に持っていく、さすが家老!

 

畳みかけるように政次は言います。

「どうしたものかのう~~・・・。
 井伊を取り潰す話からは、但馬を外すと言われたか?
 お主には私を外すと言いつつ、私にはお主を外すと言い
 天秤にかけておるのであろう。今川とはそういう家じゃ。」

グサッときたでしょうね、方久は。

ササッと何かを背後に隠そうとしたところ
その手を龍雲丸が押さえ、書状を取り上げます。

 

書状には
「徳政令後も瀬戸方久の土地は安堵す。」

今川の腹はこれで読めました。

徳政令を発布することで、百姓衆の借金は帳消しになる。

百姓衆から金を取り立てられない方久は
井伊家に貸していた金を取り立てる。

金を払えない井伊家は、土地を手放すしかない。

今川の書いた絵はこういう構図でした。

これを聞き激怒したのは龍雲丸でした。

「直虎に引き立ててもらったことを忘れたのか!」

これを聞き、開き直ったように方久が言います。

「徳政がどうあれ、井伊は取り潰されますよ。
 今川の目当ては、井伊を直轄にすることですから!」

 

 

井伊家家老・小野但馬守政次、人生の集大成、最後の賭け!

今川から井伊家へ
徳政令発布の下知が下りました。

 

今川家重臣・関口氏経(矢島健一)は、
直ちに徳政を行うという誓詞を、
明日までにしたためよ、と言い残しその場を立ち去りました。

 

 

その場にいた六左衛門(田中美央)は、
今になって何故また徳政をなどと・・・。
と、不信を隠せません。

そこへ政次が現れ、静かな口調で話します。

六左衛門や直之(矢本悠馬)がいる前では、
あくまでも、今川の目付としての役割を演じる政次でした。

政次
「こたび徳政をはねつければ、力に訴えられましょう。
 かような形でのお取り潰しは、むしろ今川の温情かと・・・。」

もちろん、直之は激怒します。

直虎はそれを手で制し、家臣を下がらせました。

 

思い切った策に出なければ・・・。
例えば徳川が攻めて来た時に、
立ち向かうと見せかけて、関口の首を差し出す。

井伊は徳川の元で蘇る。

思いを巡らせているうちに、すっかり日が暮れてしまいました。

 

 

表で、「殿」と呼ぶ直之の声が聞こえます。

瀬戸・祝田の百姓衆が関口の寝所に押し掛けたというではありませんか!

関口たち一行の宿所は神社にあります。

 

 

その前には、瀬戸・祝田の百姓衆が座り込み、
声をそろえて何やら嘆願しているではありませんか!

「今川様にお願い申し上げます!
 我らは徳政を望まんに!」

一同声をそろえて、
「徳政を望まんに!」

 

関口の手の者が、出てきて
百姓衆を一人ずつ立たせては殴り倒す。

直虎が駆けつけた時にも、
この光景は繰り広げられていました。

 

 

そしてそれを、政次とその家人たちが遠巻きに見ています。

直虎が「但馬、ここで何をしておる!?」

 

 

言うが早いか、政次は
直虎を羽交い絞めにして、首筋に脇差の刃を突き付けたのでした!

そして、小さく低い声で、
俺を信じろ。信じろ、おとわ

 

直虎に刀を突き付けたまま、歩き出す政次!

そのまま神社に引きずられていく直虎!

Sponsored Link

 

まとめ

寿桂尼が井伊直虎に最後に仕掛けた罠が動き出そうとしています。

その動きを瀬戸方久の怪しげな様子で察知した
井伊家家老・小野但馬守政次。

龍雲丸の力を借り、今川家の罠をあぶりだします。

今川は直ぐに動きました。

徳政令を発布せよという下知を持って
重臣・関口が井伊に現れます。

何かいい案は無いものか・・・。

思いあぐねている直虎に、
瀬戸・祝田の百姓衆の行動が耳に入ります。

 

そして、動いたのは、井伊家家老・小野但馬守政次でした!

但馬守政、人生の集大成、最後の賭けに出たのです。

但馬は井伊と直虎を守れるのでしょうか?

賭けの結果はどうなるのでしょうか。

ストーリーは、31話・32話・33話と続いていきます。

NHKにはこの間おそらく、
政次の助命嘆願が殺到すること必至です。

目が離せないし、早く視聴したいですね!

では、本日も最後までご覧いただき有難うございました。

 

続きはコチラをご覧ください!早くお読みになりたいでしょ!?
          ☟
おんな城主直虎31話あらすじとネタバレ政次が取った非情な手段とは?「虎松の首」!

【あなたにお読みいただきたいその他の記事】

小野政直・政次は井伊家家老なのになぜ直虎を陥れた?子孫はどうなった

井伊谷三人衆とは小野政次を葬った男たち!井伊直虎・直政との関係は?

井伊直政徳川四天王となり家康に忠義を尽くした男!養母・直虎との絆

 

井伊しの(ひよ/永護院)はなぜ松下常慶の兄・清景と再婚したのか?直政にとっては恩人!

おんな城主直虎後編の追加キャスト!菅田将暉はいつからで信玄役は誰?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ