おんな城主直虎29話あらすじとネタバレしのの決意と虎松の未来!「女たちの挽歌」!

おんな城主直虎29話「女たちの挽歌」のあらすじとネタバレをお伝え致します。

寿桂尼と最後の面会を果たした直虎。
しかし、それは「死の帳面」に
粛清する者たちの名を明確に記すためのものでした。

そして、何としても戦を避けたい直虎は
徳川家康にある提案を持ちかけたのでした。

ここまでは、おんな城主直虎28話のあらすじとネタバレに詳細に記しています。

 

直虎の1通の書状が、しの・虎松・井伊家の未来を変えていきます。

では、おんな城主直虎29話のあらすじとネタバレ「女たちの挽歌」をお楽しみください。

ご注意:ネタバレ不要の方は以下の記事は読まずにページを閉じてください。

 

Sponcored Link

おんな城主直虎29話あらすじとネタバレ

 

女戦国大名、寿桂尼死す

何としても戦を避けたい直虎(柴咲コウ)は
徳川家康に書状を記します。

上杉と手を組むなどして、武田を囲い込んだらいかが・・・

 

傑山(市原隼人)に書状を託しますが、
持ち帰った返事は、
「すぐには返事ができぬが、考えてみる」
というものでした。

 

 

その後、三河からの音信は途絶え、
代りに直虎の耳に届いた報せは、
寿桂尼の死の報せでした。

 

死しても今川を守ると言い、
駿府の居館の鬼門に亡骸を葬った寿桂尼

 

無念の死だったに違いないと、
お経をあげる直虎でした。

 

 

しのを人質に

数日後、南渓和尚(小林薫)が
親しくしている山伏の松下常慶(和田正人)が龍潭寺を訪ねて来ました。

 

 

常慶の話では、
直虎の書状が徳川に届いたとほぼ同時期に
武田家からも話が持ち込まれたというのです。

 

一旦は、直虎の進言を認めたものの
武田家から、徳川と武田が
同時に今川領に攻め込もうという誘いだといいます。

 

これにより徳川家では
家内の意見が割れ、
結局、家康の意向は退けられたのだと常慶は言います。

 

そして常慶は、直虎にある決断を求めます。

 

年内にも徳川は遠江に攻め入ることになるだろう。
それでも井伊は今川方として戦うのか、と。

 

直虎は、少しためらいながらも
徳川に味方すると答えます。

 

これを確かめた常慶は、
しの(貫地谷しほり)を、人質に出してほしいと言います。

 

 

常慶の話では、徳川家内では、
井伊は今川から離れないのではないか、
という意見が多いのだと言います。

 

ちょうど常慶の兄が後添え(後妻)を
探しているので、そこに嫁ぐというのであれば
今川からも疑われずに済むだろうというのでした。

 

常慶は言うだけ言うと、立ち去ってゆきました。

後から部屋へ来た政次(高橋一生)
しのには自分が伝えようかと言いますが、
直虎はこの申し出を断ります。

 

自分が家康に宛てた書状のせいで、こんなことになるとは・・・。

後悔しきりの直虎なのでした。

しのの決意と虎松の未来

話を聞いたしのは、大きなため息をつきました。

そして、直虎をののしりますが、
直虎には返す言葉もありません。

 

しかし結局、致し方ないことと
引き受けてくれることになりました。

 

しかし、問題は虎松(寺田心)にどう話せばいいのか

父を亡くした子から、
さらに母まで取り上げるとは、胸が痛む直虎でした。

 

しのは、この試練を虎松対する
教育の機会ととらえたようです。

わざと、母は行きたくないのだと
虎松に言い、人質を出さねばならない
当主の辛さとあるべき姿を教えたのでした。

 

母上(しの)は、虎松が一番大切なはず、
だから自分から離れるはずはないという、
虎松を抱きしめながら静かに話すしのでした。

亡き父(直親)の望を叶えるため
再婚して子ができれば、
虎松に兄弟ができ将来力になってくれるかもしれない、と。

そうは言っても、
我が子と離れて暮らすことがどんなに辛いことか。

 

歯を食いしばって泣くしのでした。

 

 

けれども、この時の
しのの決意がなかったなら、
虎松が直政になり、
徳川四天王にまで昇り詰めることはなかったでしょう。

関連記事⇒井伊直政徳川四天王となり家康に忠義を尽くした男!養母・直虎との絆

 

直虎は、後日再び現れた常慶に
しのを松下家に嫁がせることを
承知した旨を伝えました。

 

しかし、それには条件があり、
徳川が攻め入って来たおり、
井伊は戦わずに城を明け渡す

ただし、そこまでで、
徳川のために兵を出すこともしないのだと直虎は言いました。

井伊は、民百姓一人たりとも殺さないつもりだと。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

何とか戦を避けようと
直虎が取った行動で、
しのは松下常慶の兄と再婚することになります。

 

いわゆる、体の良い「人質」でした。

 

まだ幼い虎松は、
母と別れて暮らすことが辛くてたまりません。

 

しのも同様で、虎松と離れるなど、
考えられないことでした。

 

しかし、徳川に与することは
亡き直親・虎松の父の願いであったこと。

 

虎松の将来を考えると、
今の決断が未来を開くことになるかもしれない、と。

 

今川を標的にした戦が始まろうとしています。

 

徳川、武田両家の遠江侵攻が始まろうとしています。

 

しのは亡き直親への思いを胸に、
再婚を決意しました。

そして、今川では寿桂尼が亡くなりました。

 

幼い頃に寿桂尼から受けた
恩を想い、その死を悼む直虎でした。

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ