おんな城主直虎28話のあらすじとネタバレ見どころまとめ!死の帳面は寿桂尼の殺生簿

おんな城主直虎28話のあらすじとネタバレ
見どころポイントをサクッとまとめました。

 

武田家と今川家の関係が悪化したことで
病をおして立ち上がったのが女戦国大名・寿桂尼でした。

寿桂尼が名を記した帳面は、
いわゆる‟殺生簿”

恐ろしい死の帳面に直虎の名が記されるのでしょうか?

 

Sponcored Link

おんな城主直虎28話あらすじ・ネタバレ・見どころポイントまとめ!

寿桂尼動く!

今川氏真の妹・鈴(岸茉莉)を
正室に迎えていた武田家の嫡男・武田義信が自害に追い込まれます。

武田はついに今川との姻戚関係を断ってしまったのです。

夫亡き後も、武田家に留め置かれていた鈴。

鈴を取り戻すために動き出したのが
女戦国大名の異名を持つ寿桂尼(浅丘ルリ子)でした。

鈴は寿桂尼にとっては孫娘です。

なんとしても無事に取り戻そうと
氏真の正室の実家・北条家に、武田家との仲裁を願い出ます。

そしてさらに、武田家の仇敵である越後の上杉家とも手を組む算段をします。

無策の氏真(尾上松也)とは
政治力で格段の差を見せつける寿桂尼でした。

しかし、高齢の身には無理がたたり、
寿桂尼はこの後、死の床に臥せってしまうのです。

 

 

堀川城完成!城代は瀬戸方久

気賀では、堀川城完成の宴が開かれていました。

この席で直虎(柴咲コウ)は、
堀川城を瀬戸方久に任せたい
集まった皆に宣言します。

中村屋(本田博太郎)はじめ、
町衆も賛同し、方久は満面の笑みを浮かべます。

 

 

宴には龍雲丸とその一味も現れ、
町衆から歓迎を受けます。

井伊家は良い方向に進んで行きそうですが、何しろ時代がそれを許しません。

関連記事⇒堀川城は徳川家康が「撫で斬り」にした城!直虎や瀬戸方久は?

関連記事⇒瀬戸方久が堀川城主になる?生涯と子孫、大沢基胤との関わり!

 

 

 

家老・小野但馬守政次の次の一手

いつもの光景です。

殿・直虎と家老・但馬(高橋一生)碁盤を挟んでの政策会議です。

最近はこの光景が濃密なラブシーンに見えて仕方ない私。

「殿、そろそろ戦のことを考えたほうがよろしいかもしれませぬ。」

今川と武田が和睦したと聞いている直虎は不思議そうな顔をします。

政次は、和睦は表向きのことで
武田は裏で今川に攻め込む手はずを整えているはずだと言います。

愕然とする直虎に、政次は続けます。

寝返りが始まり、戦にもつれ込むのだと。
このまま井伊が何も手を打たずにいたなら、
今川方として戦に駆り出されるだけだ、と。

「直親(三浦春馬)のかたきを討ってやらねば。」

そう思う直虎でした。

 

関連記事⇒小野政直・政次は井伊家家老なのになぜ直虎を陥れた?子孫はどうなった

 

 

寿桂尼からの呼び出し

翌日、南渓和尚の元に一通の書状が届きました。

「おなご同士、腹を割って話し合いたい・・・。」

寿桂尼から直虎への呼び出し状でした。

南渓和尚は、
「寿桂尼と逢うのは、これが最後になるであろう。」
と言います。

この言葉を聞き、直虎は寿桂尼の呼び出しに応えることにしました。

 

 

直虎と面談した寿桂尼は、
物忘れが激しくなったと言い、
何やら帳面に記しています。

 

 

直虎は、井伊で作った綿布を持参し
寿桂尼の前に差し出します。

 

綿布を手でさすりながら、
「大したものじゃの~」と、寿桂尼は言い、
続けて、直親のことをどう思っているかと問います。

今でも恨んでいるだろう、と言う寿桂尼に
直虎は拳を握りしめながら答えます。

「家を守るということは、きれいごとだけでは達せられませぬ。」

これを聞き、ポロポロと涙を流す寿桂尼をみて、
これがあの、おんな戦国大名とまで呼ばれた人なのか、と
心が痛む直虎でした。

そして、直虎の手を握り
「どうか、我が亡き後も今川を見捨てないでおくれ」

寿桂尼の手を握り返す直虎でした。

 

居館に帰り、政次にこの一件を話す直虎でした。

寿桂尼は、家臣や国衆の
今川からの離反を少しでも食い止めようとしているのだと政次は言います。

直虎
「それでも、われらは寝返るのじゃな。全ての恩を忘れ。」

政次
「井伊のお家を守るためです。」

 

 

寿桂尼の帳面は死の帳面

寿桂尼は、帳面の中身を氏真に見せていました。

 

ズラリと記された名前の上に、
×印が付けられているものが半数以上あります。

井伊直虎の名前の上にも!!

 

 

直虎は寿桂尼のお気に入りだと思っていた
氏真は、驚きを隠せない表情です。

 

低く力のこもった声で寿桂尼が言います。

「あれは、家を守ることはきれいごとでは達せられぬと言うたのじゃ。
 いつも我が己のためにはいておる言葉じゃ。
 われに似たおなごは、衰えた主家に義理立てなど決してせぬ!

見抜かれていたのです、直虎の腹の内は。

 

 

この帳面で名前に×印を記された者たちは、
この後、次々と粛清されていきます。

 

寿桂尼の帳面はいわゆる「殺生簿」

まさに、死の帳面なのです!

 

 

直虎から徳川家康への文

今川家が上杉家と結ぶ策を講じている、
と南渓和尚から聞かされた直虎と政次。

両家が手を結べば、三方を囲まれ武田は苦しくなる。

そうなると、戦ができなくなるかもしれない。

けれども、もし徳川が武田と手を組んだなら・・・。

武田と徳川が手を組まぬよう、
家康に文を書こうと言い出す直虎でした。

 

これは政次が止めますが、
直虎は思い立ったら即行動に移します。

 

この行動力が仇となろうとは・・・。

 

Sponsored Link

 

おんな城主直虎28話見どころポイントまとめ(ただし、独断と偏見です!)

見どころポイント1

武田信玄のキャスト・松平健さん初登場!

少々おちゃめな信玄だそうです!?(笑)
‟甲斐の虎”と恐れられた武田信玄がおちゃめとは?

武田信玄は1521年生れです。
寿桂尼が亡くなった年が
永禄11年(1568年)ですから
信玄が47歳の時、ということになります。

信玄のキャスト松平健さんは、
今年63歳になられますから、
若干実年齢より若い人物を演じることになります。

 

けれども、寿桂尼を演じる
浅丘ルリ子さんとの絡みは、本当に楽しみです!

見どころポイントですよ!

 

見どころポイント2

さて、今回は寿桂尼が人生最期にみせた
政治手腕の集大成みたいな回ですね!

寿桂尼がクローズアップされていますが、
隠れた見どころポイントは、
井伊家が今川を裏切ることを決めた回だということです。

そして、そのことを
小野但馬守政次と井伊直虎が、共に手を携えて乗り越えていこうとしている!

ここが大きなポイントだと思うのです。

これから、大きな山場が来ます!

高橋一生ファンにとっては、
身の毛がよだち、血が凍る!

ね、そんな出来事は回避してほしいけどwwww。

 

 

但馬として、家老として、政次として、そして幼なじみ鶴として!!

おんな城主直虎28話はそういう意味で、見逃せない回なのです!

 

哀しさの付箋が引かれていく回ですよ~~!

 

見どころポイント3

今川氏真の微妙な心理状態!

尾上松也さんの演技も見ものですね~~。

ダメダメ太守様で、そのことを自覚している氏真さん。

「どうせ余は、能なしじゃ!」

この捨て台詞がなんとマッチする方なのでしょう。

 

命を削って武田から孫娘を取り戻し、
今川家を守ろうとする寿桂尼を
見れば見るほど意固地さが増幅する・・・。

 

鈴は氏真にとっても妹ですから、
何とかしたい気持ちは山々でしょう。

 

けれども、良策も浮かばなければ、
大仕事を任せてももらえない。

そもそも、幼い時からわがまま放題、
典型的なお坊ちゃまですから、仕方ありません。

そんな情けない今川氏真の姿、目に焼き付けておきましょう。

氏真は10代今川家当主です。
そして戦国大名としての今川家は氏真で滅びます。

けれども結局、徳川家康に臣従することで
徳川家譜代大名としての道を歩みますから、
まずまず、ですよね。

能なしだったからこそ、生き延びられたのかもしれません。

まとめ

今川の戦国おんな大名・寿桂尼。

病の身体をおして、
孫娘・鈴の奪還に向けて奔走します。

 

さらに、上杉家とも親交を持とうと画策します。

 

 

一方気賀では、堀川城完成の宴が催されていました。
直虎はその場で、堀川城を瀬戸方久に任せることを宣言します。

城主・方久の誕生です。

 

ある日、寿桂尼から呼び出しを受けた直虎は、
南渓和尚の「逢うのはこれが最後かもしれぬ」
と言う言葉で、呼び出しに従うことにします。

 

しかしこれは、寿桂尼が
今川を裏切るものとそうでない者を
振り分けるための面通し、でした。

 

そして、寿桂尼が手にした死の帳面!

まさに殺生簿ともいえる帳面の
直虎の名前の上には、×印が付けられていました。

 

 

そしてこの時、
直虎は家老・政次と話し合い、
井伊家を守り抜くために、今川を裏切る決心をしていました。

 

見どころポイントは、

○初登場・武田信玄のキャスト松平健さんの演技

○井伊家が今川家を裏切る決意をしていくストーリー展開

○今川氏真を演じる尾上松也さんの演技

楽しみですね~~!

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ