堀川城は徳川家康が「撫で斬り」にした城!直虎や瀬戸方久は?

堀川城は静岡県浜松市北区細江町気賀にあったお城です。

奥浜名湖の北岸にあったとされていますが、
推定地とされています。

この堀川城ですが、
今川家を主と仰ぐ農民たちが武装して立て籠もりました。

その後の惨劇は堀川城の撫で斬りとして
今も尚、語り継がれています。

 

Sponcored Link

 

堀川城は徳川家康が城兵その他を皆殺しにした「撫で斬り」の城

 

堀川城とは

上記にも記したように
静岡県浜松市気賀の奥浜名湖の北岸にあったとされる城です。

正確な築城年は不明ですが、
永禄10年頃ではないかといわれています。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」27話で
柳楽優弥さん演じる龍雲丸が
攻め難く、逃げやすい城として
壮大なスケールで語っていた、あの城です。

都田川の水を引き、本当に
満潮時には水の浮城のようになっていたようです。

 

けれどもその後、徳川家康に攻められ
一日で落城していますから、
堅固な守りの城とは言い難かったのではないでしょうか?

 

ここで、気賀一揆として有名な事件が起こることになります。

関連記事⇒おんな城主直虎27話あらすじ(ネタバレ含む)気賀を我が手に!放下着とは?

 

堀川城は今川氏真が瀬戸奉久に
徳政令の安堵状の代わりに普請を命じたという説が残っています。

 

 

気賀一揆と時代背景

今川家に仕える諸将にとって、
永禄11年(1568年)の頃は、
大きな選択を迫られる時代であったといえます。

直虎も、大沢基胤も、井伊谷三人衆もしかり、です。

今川義元亡き後、衰退の一途辿る今川家。

武田信玄・織田信長・徳川家康らが虎視眈々と狙っている様相です。

今川への忠誠を誓うのか、
それとも他家を選ぶのか。
生きるか死ぬかの選択を迫られていた時代です。

このような時代背景の中
徳川家康が遠江に進攻するにあたって、
井伊谷三人衆は家康に恭順の意を表します
気賀周辺の武将や豪士たちは、
まだまだ今川びいきが多かったのです。

 

今川家家臣・大沢基胤も
堀江城で限界まで家康に抵抗しました。

この大沢基胤と連携し、
気賀の農民兵や豪士が
堀川城に立て籠もって抵抗したのが気賀一揆です。

 

 

徳川家康による遠江進攻

永禄11年(1568年)12月、
徳川家康が目指すのは、
今川氏真が逃げ込んでいる掛川城でした。

井伊谷城、引馬城と攻めたてていき、
掛川城を目指します。

しかし、まだまだ今川配下の勢力は
侮れない状態で、浜名湖周辺では
大沢基胤を中心にして、この勢力が結束していました。

 

堀川城に兵が立て籠もっているという
情報を聞いた家康は、
一旦雑兵に身をやつし、本隊とは別行動を取りこの地を逃れています。

 

これは家康の運の強さを示したもので、
徳川本隊はこの後、堀川城の兵から
手ひどい攻撃にさらされています。

もし、家康が通常通りの行動を取っていたなら、
つまり、本隊と共に動いていたなら、
この地で命を落としていたかもしれません。

本能寺の変の後の「伊賀越え」もそうですが、
家康にはこのような、九死に一生を得る
というようなエピソードが多いです。

堀川城撫で斬り

翌年永禄12年(1569年)3月
徳川家康は再び遠江に進攻してきます。

堀川城に立て籠もった兵達を
容赦しないという覚悟の家康でした。

 

徳川勢は3千ともいわれ、
対する城兵は2千といわれています。

 

しかしこの中には、
武装した農民や女性も含まれていましたから
兵力の差は圧倒的に堀川城側に不利でした。

 

水が引き、干潟となった堀川城に
戦慣れした3千の徳川勢が襲い掛かったのです。

城は一日で落城し、
城兵約1千人が撫で斬りにされたといいます。

さらに、逃げのびた人たち約7百人も
後日捕えられ、首を刎ねられたと伝わっています。

 

都田川の堤にある処刑場は
「獄門畷(ごくもんなわて)」と呼ばれているそうです。

 

この堀川城の惨劇から逃れた
城将の尾藤主膳から情報を聞いた
大沢基胤は、これを受けて家康との和睦を
決めたと言われています。

 

尾藤主膳はこの後、切腹しています。

 

この頃の気賀の住民は
約3千人といわれますから、
実に半数以上の人々が徳川家康に殺戮されたということです。

家康にしては珍しい悪行、なぜ?

家康は、武田信玄や織田信長らと比べれば
残酷な殺戮劇はあまり聞きませんが、
わざと史実として残していない、ということも考えられます。

糟糠の妻・瀬名姫(築山殿)と
我が子・信康を殺害した事実もあり、
今川方に対する仕打ちはかなり激烈です。

関連記事⇒瀬名姫(築山殿)が家康に殺害された事件の真相と呪いが恐すぎる!

 

徳川家康のイメージを
いっぺんにブラックしてしまうほど、
その心の闇を感じます。

やはり、幼くして母から引き離され、
思う存分子供らしい生活をおくることができなった恨みがあるのでしょうか?

これはあくまで推測ですが。

尚、この堀川城「撫で斬り」に関しては、
大久保彦左衛門が三河物語の中でこのように記しています。

  男女ともなで切りにぞしたりける

家康この時25歳。
血気盛んな年齢ですかね。

 

 

Sponsored Link

 

堀川城撫で斬り、この頃直虎と瀬戸方久は?

井伊直虎は家康の遠江進攻の前に
小野但馬守政次により井伊谷城から追われています。

しかしこの点もよくよく考えれば
おかしな点が無きにしも非ず。

井伊谷城は徳川軍に全く抵抗せず、
戦わずして城を明け渡しているのです。

ここが疑問点ですね。

まるで、今川の手前、
井伊直虎が今川を裏切って
徳川に付いたと見せかけないための策だったような。

この後、井伊谷三人衆により
小野政次は徳川家康から処断されています。

 

また、この堀川城撫で斬りの後
龍潭寺の南渓和尚と共に
直虎も亡くなった城兵の供養をしたと伝わっています。

 

気賀とはご縁が深い直虎ですから
あるあるですね。

関連記事⇒井伊谷三人衆とは小野政次を葬った男たち!井伊直虎・直政との関係は?

 

関連記事⇒小野政直・政次は井伊家家老なのになぜ直虎を陥れた?子孫はどうなった

 

そして、瀬戸方久。

瀬戸方久は、井伊直虎の息がかかった人物です。

それに商人としての勘の良さ並外れたものがあります。

いち早く徳川家康に恭順の意を表し
道案内などをしています。

けれどもこの事を面白く思わない者から
養子を毒殺されてしまいます。

そのあたりはコチラの記事に記しています。

関連記事⇒瀬戸方久が堀川城主になる?生涯と子孫、大沢基胤との関わり!

 

堀川城跡への交通アクセス

JR浜松駅⇒バス「気賀・三ヶ日行き」⇒「気賀駅前」下車⇒徒歩10分

天竜浜名湖鉄道気賀駅から徒歩で10分

車⇒浜松西ICから約20分

所在地:〒431-1305 浜松市北区細江町気賀

まとめ

堀川城は浜名湖北岸に位置していたと言われていますが正確な場所は定かでありません。

都田川の水を引入れ、満潮時には水上の浮き城のようになっていました。

徳川家康の遠江進攻により、
女性や農民も含めた城兵1千人が撫で斬りにされ、
逃げた者たちもその後獄門畷で処刑されています。

徳川家康撫で斬りの城として有名です。

井伊直虎と瀬戸方久は、
徳川家康に恭順の意を表しています。

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ