おんな城主直虎25話あらすじ(ネタバレも)「材木を抱いて飛べ」!なつと政次どうなる?

引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/

 

傾いた今川家を立て直そうと
次々と手を打つ氏真。

井伊家にもその余波が!

井伊を去った後の龍雲丸の生き様
なつと政次の関係が気になる25話です!

前回のあらすじはコチラです。
     ↓
おんな城主直虎あらすじ(ネタバレ含む)24話感想も!「さよならだけが人生か?」

 

Sponcored Link

 

おんな城主直虎25話あらすじ(ネタバレも)「材木を抱いて飛べ」

龍雲党を旗揚げした龍雲丸!

龍雲丸(柳楽優弥)たちが、
井伊の山から切り出した材木に、
方久(ムロツヨシ)が買い手をみつけてきました。

それは、最近気賀に
移って来たばかりの商人・成川屋(松尾貴史)でした。

材木を、すぐに高値で売るよう
方久に指示を出した直虎(柴咲コウ)でした。

 

井伊の領主になった折に
借金の大きさに驚いた直虎でしたが
これで漸く少しは返済の目途が立ちます。

 

直虎は、井伊の子供達も動員し
材木全てに「井」の字の焼き印を押させたのでした。

これが後で大ごとになろうとは、
この時の直虎は、思ってもみなかったのでした。

 

 

材木は、気賀の商人
中村屋(本田博太郎)の元へ運ばれました。

そこで、直虎は龍雲丸の噂を耳にします。

「そこに、雲があったから・・・」

わけの分からない言い訳をして
井伊を去った龍雲丸。

龍雲党の名乗り旗を掲げ、
よろず請負(うけおい)
やっているというのです。

龍雲党で雇われている者は、
元罪人や荷担ぎ、牢人はたまた坊主くずれまで・・・。

それらの者たちの衣食住の面倒を見て
それぞれに応じた仕事をさせているというのです。

今風に言えば、

「人材派遣ビジネス」

でしょうか!

龍雲丸らしい生き方をしていました!

関連記事⇒柳楽優弥が演じる龍雲丸とは?どんなキャラで直虎・政次・方久との絡みはある!?

 

氏真からの呼び出し

井伊の居館に戻った直虎に
ある別の噂が耳に入ってきます。

今川氏真(尾上松也)が
気賀に城を築くというものでした。

政次(高橋一生)から
もたらされたその噂は、
氏真が行った武田への塩止めが切っ掛けでした。

商人たちが駿府から気賀へ
流れたことにより、
それを取り締まる必要があったからです。

 

気賀は、商人たちの町です。

 

商人自らが町を取り仕切るために
今川に銭を納めているのです。

気賀の町衆がこれをすんなりと
受け入れるとは思えない直虎でした。

 

数日後、政次が駿府から
関口(矢島健一)という名の
今川重臣を伴って帰還しました。

関口は、口を開いたかと思うと

井伊に謀反の疑いがあり、
 駿府へ申し開きに来るように。」

と、太守・今川氏真からの下知を伝えました。

 

何のことを言っていいるのか、
身に覚えのない直虎は、
関口に、何のお咎めなのかと問います。

政次が関口に命じられて答えた罪状は

三河に流す材木を都合した、という疑いがかかっております。」

材木を売った相手は成田屋ですが、
その成田屋が材木を三河に売ったらしいのです。

そうです、子供まで動員して
井の字の焼き印をつけた、あの材木です。

関口が言うには、
そもそも、こんな大商いをする時には、
主家に一言くらい伺いを立てるのが忠義であろう。
というものでした。

 

 

武田と徳川に挟まれ
遠江の国衆を、より強固にしたい、
そろそろ井伊を政次の手に渡したい
今川のそんな意図が見え隠れする呼び出しでした。

 

関連記事⇒小野政直・政次は井伊家家老なのになぜ直虎を陥れた?子孫はどうなった

体を張った直虎の策

翌日、直虎は六左衛門(田中美央)と
方久に策を伝え、自分は駿府に旅立ちます。

 

成川屋から材木を買い戻す。
それが叶わなければ、
手あたり次第材木を買い集め
「井」の字の焼き印を入れる。

 

でれども成川屋は既に
材木を積んだ運搬船を出してしまっていました。

 

こうなったら、直虎が授けた
最後の手段に打って出るしかありません。

方久と六左衛門は、
中村屋から聞き出した龍雲党の根城へ急ぎます。

 

じっと目を閉じて、二人の話を聞く龍雲丸でした。

話を聞いた手下たちは
あきれ返った顔をしています。

材木を積んだ船が、どこにいるのかわからない。
その上、材木を取り戻す期限は明日まで。

無茶苦茶です。

けれども、
このままでは、直虎の首が飛ぶかもしれない
そう聞いた瞬間に、龍雲丸の眼がカッと見開きます!

 

一方の直虎は、
宿泊先の寺で毒薬を呑んでいました。

わざと高熱を出し、
駿府への到着を二・三日遅らせる魂胆でした。

 

様子を見に来た政次は、
「何という無茶を・・・。」

と言います。

直虎は、
万が一の時は井伊を頼む、と政次に言います。

それを聞いた政次は、
驚いた表情を浮かべ、
少し間をおいて、小さくうなずきました。

 

そして直虎の額に手を当て
「おれの手は冷たかろう・・・」
と言います。

直虎は、熱に浮かされながら
「・・・うむ、血も涙もない鬼目付けじゃからの、政次は。
 昔から、誰よりも冷たい・・・。

 

 

龍雲丸よ、材木を抱いて飛べ!

三日後に、熱が下がった直虎でした。

直之(矢本悠馬)と共に
今川館に出向き、氏真を待ちます。

 

久しぶりに対面する氏真は、
龍王丸と呼ばれていた
幼い頃の面影がよぎりますが
直虎は腹に力を込めて、氏真に言います。

 

ここからは直虎お得意の長セリフ(笑)

 

氏真相手に、一歩も譲りません。
まるで、あの蹴鞠対決の時のように。

関連記事⇒おんな城主直虎感想まとめ3話!佐名の美貌とおとわのスポ根に感動!

 

 

間者と知らずに乗せられたのは
迂闊であったが、このようなやり方は、
今川は真に忠義なる者を失うことになる、と。

 

直虎の言葉に氏真がひるんだその時、
バタバタと家人が駆けこんできます。

井伊の焼き印が押された
 おびただしい数の材木が、こちらへ向かっています!

 

 

龍雲丸が材木を抱えて飛んできたのでしょう!

 

 

Sponsored Link

 

なつと政次どうなる?

予告動画を見て、
ドキドキしたのは私だけではないはず。

なつと政次、どうなるのでしょう?

 

 

たぶん、どうもならんでしょう(笑)

ただ、視聴者の胸のモヤモヤが
なお一層燃えくすぶり、
大変なことになるのは間違いありません!

 

 

穏やかな母性的な魅力に
満ち溢れたなつ(山口紗弥加)ですから
政次に背中越しに抱きついても許します(笑)。

 

だって、政次の傍に
なつさんが居なかったとしたら、
そりゃあ、切なさ倍増ですよ!

 

政次が不憫で不憫で観ていられません。

 

政次がいよいよ、
今川から井伊を守るために、
最後の決断をするであろうことを、
敏感ななつさんは感じ取るのではないでしょうか?

井伊と直虎を守るため、
一人で戦ってきた政次への
なつさんからの言葉のギフトでしょう。

だったら、あのシーンは哀しいな~~。

一体二人はどうなるのでしょうね!

 

まとめ

「雲があったから」
という理由で、井伊の家臣になることを断った龍雲丸。

龍雲党を旗揚げし、自由に
龍雲丸らしい人生を歩み始めていました。

そんなとき、今川氏真が
井伊直虎に対して、あらぬ言いがかりをつけて来ます。

またまた窮地に落とされた直虎。

方久と六左衛門に策を授け、
自らも体を張った秘策に打って出ます。

 

追い詰められた方久と六左衛門は龍雲党を尋ねます。

 

直虎の危機を伝えると、龍雲丸の眼光が変わります。

直虎は毒を飲み、わざと熱を出し駿府到着の時間を引き延ばしにかかります。

正に命がけ。

後は、政次に託します。

 

そして、氏真と謁見の最中に
材木を抱いて飛んだ龍が
直虎の元に到着したのでした!

 

なつと政次、ここの場面は観てのお楽しみです。
視聴後に感想記事もアップしますので
ご覧いただけましたら嬉しいです。

では、最後までお読みいただき有難うございました!

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ