おんな城主直虎あらすじ(ネタバレ含む)24話感想も!「さよならだけが人生か?」

おんな城主直虎24話のネタバレを含むあらすじをお伝え致します。

タイトルは「さよならだけが人生か?

さて、龍雲丸たちが井伊谷を去り
さらにまた、直虎にとって大切な
新野家三姉妹たちがそれぞれの人生を
歩んでいきそうです。

今週24話は、なんだか寂しい回になりそうですね。

 

Sponcored Link

おんな城主直虎24話あらすじ(ネタバレ含む)

龍雲丸が去った空白

龍雲丸(柳楽優弥)たちが
井伊谷を去ってしばらくの間、
直虎はまるで抜け殻のような日々を送っていました。

 

盗賊から侍の身分に取り立てられる
そんな機会をまるであざ笑うかのように断る。

 

好きな時にどこへでも行ける。

 

何にも頼らずに生きている、
龍雲丸という男に
直虎(柴咲コウ)は思いを馳せていました。

 

関連記事⇒柳楽優弥が演じる龍雲丸とは?どんなキャラで直虎・政次・方久との絡み はある!?

 

 

新野家三姉妹の縁談

永禄10年(1567年)、
戦国の大きなうねりが始まろうとしていました。

今川と武田の手切れが
いよいよ表面化しはじめ
今川家が武田家への塩止めを決めたのでした。

 

これにより、武田信玄は
駿河侵攻を本格的に始めようと動き出します。

 

井伊家の材木の商いも、
乱れた駿府を避けて、気賀で行うことに決めました。

 

そんな時です、
新野家三姉妹の一人、
三女の桜(真凛)に縁談が来たのは。

 

新野左馬之助親矩は、
直虎の母・祐椿尼(財前直見)の
兄ですから、新野家三姉妹は直虎にとって従姉妹にあたります。

 

政次(高橋一生)が
今川から持ってきた縁談は、
今川家重臣の庵原家とのものでした。

 

今川家にとってこの縁談は
国衆の離反を防ぐための苦肉の策でした。

 

しかし一方の井伊家にとっては、
いざという時に動きが取れなくなる可能性もあり
良い縁談とは思えない直虎でした。

「もしも渋るなら、今一度徳政令を発布せよ、と。」

政次の一言で、直虎は動き始めます。

 

 

庵原助右衛門朝昌(いはら すけえもん ともまさ)

直虎は新野の屋敷に出向き
長女のあやめ(光浦靖子)、
次女の桔梗(吉倉あおい)、
三女の桜本人に縁談について話しました。

 

次女の桔梗は、庵原家という
藤原氏の流れを汲む名家からの縁談に華やいだ表情。

しかし、当の桜は
立派な家柄の家に嫁ぐ事を
不安に思っているようでした。

 

そして、長女のあやめは
若い妹を案ずるような、暗い表情でした。

そこで直虎は一計を案じます。

そうです!

困った時のニャン渓和尚です!

 

 

直虎は、庵原助右衛門朝昌と
密談ができないか、南渓和尚に
相談を持ち掛けたのでした。

 

ある寺の一室で、
直虎と庵原助右衛門朝昌の密談は行われました。

 

南渓和尚が面談の口上を
述べている間、
庵原助右衛門朝昌はじっと直虎を見つめていました。

 

そして、失礼を、と言い
「このお方が、あのおとわ様かと。
 先代の太守様のお下知を書き換えさせたあっぱれな女童と」

お恥ずかしい・・・。

 

と直虎は応じ、
「あれは皆様のご温情あってこそのお沙汰と身に沁みておりまする。
 まさか、さようなことをご存知の方がおられるとは」

話をしていくうちに、
はるかに年若い助右衛門朝昌に
どっしりと落ち着いたものを感じた直虎でした。

助右衛門朝は、
「それがしは、直虎様のお目にはかないましたでしょうか」

人物を見定めるための面談であったことを見抜かれていました。

 

そして、助右衛門朝昌は、
どうか、泥船から逃げ出すのではなく、
泥船をもう一度堅い船にすることを
お考えいただきたい、と言います。

 

つまり、今川家との関係を
深めて欲しいと言って来たのでした。

直虎は顔から笑みを消さずに答えます。

「己の命さえ危ういとなったとき、
 忠義を貫き通す自信があると、われには言い切れぬ。
 庵原殿は自信がおありか」

助右衛門朝昌は、きっぱりと答えます。

「ございます。最後まで忠義を尽くした者こそ、
 敵にすら惜しいと思うてもらえるのではございませんでしょうか。」

こうして、新野家の三姉妹・桜の縁談は決まったのでした。

 

桜の夫となる庵原助右衛門朝昌については
以下の記事に詳しく記しております。
なかなか、腹の据わった、良い男のようですよ!

関連記事⇒庵原助右衛門朝昌は新野親矩の娘(直虎では桜)を妻にした男の中の男!

さよならだけが人生か?

井伊家の居館に帰った直虎。

着替えを持ってきたのは高瀬(高橋ひかる)でした。

何か変?
「たけ(梅沢昌代)は?」

直虎が尋ねると、
「里に下がりました。」

・・・。

横から祐椿尼が静かに答えました。

「耳も遠くなり、勘違いも多くなったから、と。
 後ろ髪を引かれるゆえ、殿には会わずに行くと。」

 

それを聞き終わるか終わらないかのうちに、
直虎は猛然と馬を駆り、たけを追いました!

背中をまるめ、よちよちと歩く老女の姿を見つけました!

馬で前に回り込みます。

たけ
「姫様・・・!」

直虎
「許さぬぞ、たけ!われの元を去るなど!」

たけ
「なれど、もう、お役に立てませぬし」

必死に言葉を尽くして止める直虎でした。

しかし、たけの決心は揺るぎません。

直虎は、たけを馬に乗せ里まで送ることにしました。

道中、たけとの幼き日からの思い出が
走馬灯のように巡って来て泣けて来ます。

ひとたび逢えば、人は別れるしかない・・・

さよならだけが人生か・・・?

 

 

織田信長天下布武

桜が駿府の庵原助右衛門朝昌に
嫁いだ後、三河の松平改め
徳川家の嫡男・竹千代の元に
織田信長の娘・徳姫が輿入れしてきました。

 

 

秋には、新野家三姉妹の次女
桔梗と北条家の家臣との縁談が決まりました。

そして、美濃では、
いよいよ、織田信長が動き出します。

 

「天下布武」
足利義昭将軍を擁しての
上洛が始まろうとしています。

Sponsored Link

 

おんな城主直虎24話感想

感想は視聴後にお届けいたします。

コチラの記事にまとめました!

関連記事⇒直虎24話の感想まとめ!桜のキャスト真凛が可愛すぎる!

 

まとめ

龍雲丸が去り、
呆けたような日々を送っていた直虎でした。

そこへ、政次が
新野家三姉妹の三女・桜に
今川の名家・庵原家との縁談を持ってきました。

不安に思う三姉妹の胸中を察し、
直虎は縁談相手の庵原助右衛門朝昌と密談します。

逢ってみると、男らしい
爽やかな好青年でした。

そして、幼い時から
直虎を支えてくれた乳母のたけが
老齢のため、里へ帰ってしまいます。

さよならだけが人生か・・・。

新野家三姉妹の次女・桔梗の
縁談も決まり、
三河の徳川家嫡男には、
織田家から姫が輿入れしてきました。

このお輿入れが、
後々の大事件に繋がろうとは・・・。

関連記事⇒瀬名姫(築山殿)が家康に殺害された事件の真相と呪いが恐すぎる!

 

織田信長の「天下布武」

日本中を戦乱の嵐に巻き込む
風雲がもうすぐそこまできています。

では、本日も最後までご覧いただき有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ