おんな城主直虎18話あらすじ(ネタバレ含む)政次の真意が伝わる日が来た!?孫子の兵法書で!

引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story18/

おんな城主直虎18話のあらすじ(ネタバレ含む)をお伝え致します。

前回17話で、種子島を井平で
製造していることを
政次(高橋一生)に気づかれて、
謀反の疑いをかけられた直虎でした。

虎松の後見を下りるようにと
直虎に迫る政次!

あるいは裏切り!?

ところが、南渓和尚(小林薫)から
渡された一冊の書物「孫子」

この書物の中にある一文で
初めて政次の真意に気づく直虎(柴咲コウ)。

「あるいは裏切りという名の鶴」
長いタイトル・・・。ブロガー泣かせ・・・。

では、レッツ・ゴー!

 

Sponcored Link

おんな城主直虎18話あらすじ(ネタバレ含む)

 

 

謀反の疑いから虎松を守れ!

「おとなしく後見を下りられよ。
 それが井伊のため、そして御身のためだ。」

種子島の製造を巡って
謀反の疑いをかけられた直虎に、政次が言った言葉です。

 

グッと歯を食いしばる直虎に、政次は言葉を重ねます。

「このまま駿府の太守様の元へ行くように」と。

 

 

直虎は、種子島がなければ、
謀反を立証することはできないと閃きます。

そこで、政次の言葉に従うので、
種子島は置いて行くようにと政次に命じます。

 

 

直虎は駿府へ行き、
寿桂尼に詫びを入れるつもりでした。

謀反の疑いを懸けられたのでは、
虎松(寺田心)の命も危うくなる。

 

後見役など降りても構わぬし、
ましてや我が身すら構っておられる状況ではなかったのです。

 

 

方久の知恵

さっそく駿府を訪れた直虎は、
そこに意外な人物がいることに驚きます。

方久(ムロツヨシ)ではありませんか!?


何をやっておるのかと問う直虎に、

方久は、

「商いに決まっておりましょう。

 種子島を五平(おかやまはじめ)ごと売り渡してまいりました。」

 

 

なんと方久は、今川氏真(尾上松也)に
ほぼ九割方完成した種子島を見せて、
続きを駿府で作らせてもらえないかと願い出たのでした。

 

 

そして、この話は直虎から
命じられたものであることを
付け加えることも忘れませんでした。

 

でかした、方久!

銭の匂いと、直虎の援護射撃と、

一挙両得!

 

これなれば、謀反などどこにも存在しないことになります。

戦国大名であれば、喉から手が出るほど欲しい「種子島」

もちろん、氏真はホクホクでこの話に乗ります!

 

危機から脱した直虎は
寿桂尼にも氏真にも謁見せずに、井伊に戻りました。

 

 

南渓和尚から渡された「孫子」

 

方久の商人らしい機転で
危機を逃れた直虎でしたが、どうもスッキリとしません。

 

龍潭寺の南渓和尚の元に出向きます。

助けられてばかりで情けない、と悔やむ直虎。

そんな直虎にそこかしこに
積み上げられた書物の中から
「孫子」など数冊を選んで、直虎の前に置きこう言います。

「当主を継ぐような者なら、皆学んでおる。」と。

 

 

政次もこれを読んでいたのかを問うと、

「まぁ、そうかもしれぬ」と。

政次が読んだ書物なら、
これを読めば政次の考えがわかるかもしれません。

 

意気揚々と書物を持ち帰り
さっそく読みふける直虎なのでした。

 

 

祐椿尼となつの言葉

館に帰ると、母の祐椿尼(財前直見)の元を
なつ(山口紗弥加)が訪れていました。

 

但馬(政次)と暮らして、
息が詰まらないかと問う直虎に、なつはこう言います。

 

義兄(政次)は優しい人ゆえ政(まつりごと)の

話は一切しない、と。

優しい!?

なつの意外な言葉に驚きを隠せない直虎でした。

なつは続けます。

立場上、義兄と相容れぬのは仕方ないが
それが義兄の全てではない、と。

なつの思いやりにあふれた性格が現れた言葉ですね。

 

 

なつが帰った後、祐椿尼が言うには、

なぜ、但馬が嫁をもらわぬのか不思議だと。

 

普通、乗っ取りをするのは、
自分の家を大きくしたい者がすること。

しかし、政次は嫁も貰わず子もつくらず、
さして贅沢をしたいようにも見えない・・・。

どうにも腑に落ちない。

と。

※管理人心の声
あ、祐椿尼さま、
ずっとNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」を
ご覧になっていただければ、わかります。

 

愛なのですけど、ネ・・・(^^♪

 

「あるいは裏切りという名の鶴」切ないね

母・祐椿尼の言葉が
頭のどこかに引っ掛かり、割り切れないでいる直虎でした。

 

自室に戻り南渓和尚から渡された
書物「孫子」を読んでいると、
ある一文が目に飛び込んできます。

「敵を欺くには、まず味方から」

???

もしかしたら、私は政次に欺かれていたのか!?

種子島の一件では、なぜ讒言などしに来たのか?

追い落とすつもりなら、駿府に注進にいけばよい。

 

もしや、

今川に対しては犬であるとみせかけ

井伊からは忌み嫌われる

これで、一人矢面に立ち、井伊を守る覚悟なのでは!?

 

あるいは、もしや、

裏切りというを敢えて着る、wwwww!!

 

 

政次が佇んでいるのは橘の木の傍でした。

 

そういえば、直虎も
橘の花の香りで直親(三浦春馬)を思い出していましたね。

 

 

何かをボソボソと語りかける政次。
人の気配を感じて振り向くとそこには直虎がいました。

 

直虎

「敵も味方も欺くことで、守る。

 そういう手があるものじゃな、兵法というものには・・・。」

直虎の言葉に心が揺れる政次でした。

 

 

直虎は政次に問います。

種子島で井伊を守るつもりが、
種子島が今川に渡ってしまった。
政次ならどうするか教えて欲しい、と。

 

なぜ、そんなことをそれがしに問うのかと怪訝がる政次に

「誰よりも井伊を守ろうとしているのは、
 そなただからじゃ。」

「裏切り者」あるいは「今川の犬」という名の鶴。
しかし、真意はそうではないと知った直虎でした。

 

 

政次は言います。

戦わぬ道を探ることが、大国に挟まれた
井伊家が生き残る唯一の道だと。

 

そして、武田家の嫡男・義信が
謀反のかどで、父・信玄から幽閉された事を伝えます。

義信の正室は今川氏真の妹です。
もし、義信が信玄に討たれれば、
武田と今川の同盟は崩れることになる、と。

 

 

井伊家はこれから、
武田家そして松平家の動きに目を配らなければならない、と。

 

 

直虎は思います。

そうか・・・鶴。
井伊家はこれから、今川家と武田家
松平の思惑に振り回されるだろう。
巻き込まれ命が危うくなる前に、後見を降りよ。

 

 

政次は優しい人、なつの言葉が身に沁みる直虎でした。

 

 

Sponsored Link

 

おわりに

高橋一生さんのファンにとってはまさに神回!

私も含めて。

どこまでも、政次と直虎でした。

 

 

前回17話で、また政次にしてやられた~~

って思っていたけれど、
今回18話でついに政次の本心が
直虎に見破られることになりました。

 

「あるいは裏切りという名の鶴」

切なすぎるタイトルの意味はこういうことだったのですね。

 

 

さて、本心がバレた後の政次はどう振舞うのでしょう!?

次週19話が待ち遠しいですね。

 

 

19話は、「罪と罰」です。

何やら、龍雲党が暴れそうですよ!

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ