おんな城主直虎17話あらすじ(ネタバレ含む)「消された種子島」!政次、直虎を追いつめる?

引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story17/

おんな城主直虎17話のネタバレを含むあらすじをお伝え致します。

 

前回は井伊を潤すため、
綿毛の案を取り入れ
人手も確保し、事は上手く運びました。

 

しかし今回の17話では
新兵器「種子島」を巡って
またもや直虎VS政次の様相が!

そして、直親の忘れ形見・虎松
幼いながらも井伊家の後継として
なんとか立派に育てたいと奔走する直虎なのでした!

 

では、17話「消された種子島」お楽しみください。

前回をお見逃しの方はこちらもどうぞ
関連記事⇒おんな城主直虎16話あらすじ(ネタバレ含む)「綿毛の糸」!龍雲丸 って誰?

 

Sponcored Link

 

おんな城主直虎17話「消された種子島」あらすじ(ネタバレ含む)

種子島は高値の花!?

ある日、中野直之(矢本悠馬)と
瀬戸方久(ムロツヨシ)が、井伊の館を訪れます。

手には大きな箱。

中には「種子島」という火縄銃が入っていました。

 

これを見た直虎(柴咲コウ)は、
何が何だかさっぱりわからない様子です。

 

それを見た直之は、
「見た方が早い」と言い、龍潭寺に人を集めます。

龍潭寺には、手習いに集まっていた
子供達がいて、中には、虎松(寺田心)や、
亥之助(荒井雄斗)もいます。

 

直之は集まった人々の前で、
「種子島」の説明をし、火を点けます。

頃合いで引き金を引くと、
凄まじい音がしたかと思うと、
瞬く間に遠くの的が撃ち抜かれているではありませんか!

 

驚愕する直虎と対照的にドヤ顔の直之。

これなら、百姓でも使える、
井伊にはうってつけの武器だと言います。

 

ところが、館に戻りよくよく話を聞いてみると、
この「種子島」さすがに新式の武器、一丁が十貫もするというのです!

これには直虎も、高値の花だと諦めようとします。

ところが諦めきれないのが直之でした。

 

種子島ならば、敵に近付かずとも戦える、
無駄に人を損ねることがないと・・・。

 

その時直虎はあることを思い付きます。

種子島を井平(いだいら)で作れないか・・・。

 

井平は優れた鍛冶職人たちの村で、
井伊家が古くから刀の製造を頼んでいるところでした。

方久は商売にならないので不機嫌でしたが
直之は乗り気です。

 

 

数日後、直虎と直之、方久は
井平の刀鍛冶・五平の元を訪ねます。

 

「種子島」を五平に見せて、
同じものが作れるか、と問います。

 

しばらく「種子島」を眺めていた五平は
「やってみなければわかりません」
と言います。

 

作るよりも、売って儲けを出したい方久が
横やりを入れ諦めさせようとしますが、
直虎は、「種子島」を五平に預けてしまいます。

 

 

一方、小野政次の館では、
駿府から帰った政次(高橋一生)に
亥之助がある物を見せます。

それは、「種子島」の弾でした。

鉛の玉を手に乗せ、
直虎の新しい作戦に思いを馳せる政次でした。

 

 

気弱な虎松

引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story17/

翌日、龍潭寺を訪れた直虎は
虎松と亥之助が碁盤を囲み、
五目並べをしているところを目にします。

虎松の傍には直之の弟・直久がいて
策を授けています。

そして、亥之助もどうやら手加減をして
虎松が勝つように仕向けていました。

 

それを見た直虎は激怒します!

「それでは勝負にならんではないか!
 今後は手加減無用!」

気弱な虎松は、直久と亥之助の
後ろに隠れ怯えています。

 

実母・しのVS養母・直虎

ある日のこと、困り顔の昊天が館にやって来ます。

聞けば、虎松がもう10日も手習いに来ていないというのです。

 

理由は、直虎の命により
直久と亥之助が手加減をしなくなったため
全く勝負に勝てなくなった虎松が
自信を無くしてしまったからだと言います。

しかも、しの(貫地谷しほり)から、
今後は新野の屋敷で
手習いをさせて欲しいといわれたといいます。

これを聞き、心配する祐椿尼(財前直見)。
気弱な虎松と自分を重ねて同情する六左衛門(田中美央)。

 

しかし、直虎はまたもや激怒!

「井伊の後継たるものが、なんたること!」

六左衛門を伴い、新野家を訪れます。

 

新野家では、出迎えた桔梗が
虎松は具合が悪くしていると言い訳し
会わせようとしません。

 

激怒している直虎は
これを聞きさらにヒートアップ!

勝手に屋敷に上がり込み
あやめと桜に刺繍を習っている虎松を見つけます。

 

直虎の顔を見て、怯える虎松。

強引に虎松の手を引っ張り、
井伊の後継がそのような体たらくでどうする、
と叱責する直虎。

 

すると背後から、
「ならば後継になぞしていただかなくて結構です!」

実母・しのの声でした!

鬼のよう顔でさらにしのは言います。
「産んでもいない癖に、人の子に文句ばかりをつけて!」

痛い一言!!

虎松の手を引き、部屋を出ようとするしの。

戸惑ったままの直虎。

けれども、去って行く虎松に

「悔しくはないのか!」

叫ぶ直虎でした。

 

ピンチの時には龍雲丸!

気持ちが落ち着かない直虎は
井戸端へ向かいます。

すると、誰か井戸端で水を浴びていました。

直虎に「人を買えばいい」と
アドバイスした旅の者・龍雲丸(柳楽優弥)でした。

お互いにひょんなところでの再会に
驚いていましたが、
直虎が、まだ井伊の領内にいたのかと問うと、
龍雲丸は、「宝探し」をしているのだと言います。

直虎が、虎松が手習いを
嫌がることを悩んでいるのだとこぼすと、
「それなら、勝たせてやればいい。」

またもや、サラッとアドバイスします。

龍雲丸が言うには、
一度勝たせて自信をつけさせれば
楽しくなって、やる気が起こるものだ、と。

「それじゃ~~!」

 

直虎はまたもや走り去って行きました!

 

龍雲丸、絡んできますね良い所で!

関連記事⇒柳楽優弥が演じる龍雲丸とは?どんなキャラで直虎・政次・方久との 絡みはある!?

 

 

虎松、未来の徳川四天王の片鱗見せる!

その頃虎松は、一人自室にいました。

そこへ、いきなり直虎が入ってきます。

 

隠れる暇もない虎松は
一瞬顔を強張られせますが、
直虎が今は亡き父・直親(三浦春馬)
話をことを話し始めると、耳を傾けます。

 

直親は、幼い頃は亀と呼ばれて
ひ弱ですぐに熱を出す子だったこと。

けれどもそんな亀が
大人になったら、弓の名手となり
立派な井伊家の領主になったこと。

何故だかわかるか?と問う直虎に、
虎松は「悔しかったから」と答えます。

虎松のその答えを聞き、安堵に顔をほころばせる直虎でした。

一見ひ弱に見える虎松でしたが、
未来の徳川四天王になる片鱗をすでに備えていました。

 

新野家では騒ぎを聞きつけ
賊が侵入したと思い部屋へ駆けつけて来ました。

賊が直虎だったと知ると、
騒ぎは収まります。

 

泣いている虎松を思わず抱きしめる、しの。
しかし、しのの腕の中で、虎松ははっきりと言います。

「勝ちたいです母上!
 勝って、父上のようになりたいです!」

その様子を見て直虎は
虎松を預からせてほしいと頭を下げます。

しのは、虎松を必ず勝たせることを条件に
直虎に預けることにします。

関連記事⇒井伊直政徳川四天王となり家康に忠義を尽くした男!養母・直虎との 絆

数日後、虎松と亥之助の対決の日がやって来ました。

直虎は、対戦の前に
虎松にある秘策を授けていました。

それは、かつて今川で氏真と蹴鞠対決をした時の策でした。

「勝つまで諦めない。」

あの時の直虎(おとわ)のガッツ、
今でも忘れられません!!

この時のおとわの策を虎松に授けたのでした!

 

南渓和尚や昊天、実母のしのも見物しています。

亥之助に何度も負かされますが、
諦めずに何度も挑む虎松。

それを見ていたしのは、
昊天の元へ行き、虎松を再び教育して欲しいと頼みます。

 

 

直虎がまだおとわだった頃、
新井美羽さんの名演技が光りましたね!

もし宜しかったらコチラの記事も併せてご覧いただけますと嬉しいです。

関連記事⇒おんな城主直虎3話ネタバレ&あらすじ「おとわ危機一髪」!蹴鞠で蹴 散らせ!

関連記事⇒おんな城主直虎感想まとめ3話!佐名の美貌とおとわのスポ根に感動!

 

 

政次VS直虎!?

虎松のことが一件落着と思っていたその時、
直之から急遽屋敷に戻るようにと報せが来ます。

何事かと館に戻ると、
そこには、瀬戸方久、六左衛門、
井平の五平が青ざめた顔で待っていました。

話を聞くと、預けていた「種子島」と
「制作中の種子島」2丁が消えたというのです。

どうやら盗まれてしまったようです。

慌てて井平へ向かおうとする直虎たちの背後から政次の声がします。

「お探しの物はこちらですか?」

直虎たちが振り返ったところには
政次と種子島が入った箱を持った家人がいました。

政次は、謀反でも企んでいるのか?
目付として、見過ごすことはできない、と言います。

 

直虎は、武器を作ること自体が
謀反を疑われても仕方がないような
行動だったのだと、政次に言われて初めて気づきます。

 

直之が慌てて、
「戦になった時に、今川の兵として戦うためだ」
と言い訳をしますが、

政次は謀反を企む者の常套手段だと聞く耳を持ちません。

刀に手を懸ける直之。

押しとどめる直虎。

緊迫した空気が流れます・・・。

政次は言います。

「助かりたければ、虎松様の後見を降りられよ。
 脇野甘いそなたに、井伊は守り切れぬ。」

政次VS直虎!

政次は本当に直虎を追いつめる気なのでしょうか?

 

 

Sponsored Link

 

種子島って、なぜ種子島?

種子島って火縄銃なのになぜ「種子島」なんて名前がついているんでしょう?

なぜ種子島かっていうと、
天文12年(1543年)に、ポルトガルから
種子島経由で鉄砲が伝来したためだそうです。

そういえば、歴史で習ったような気も・・・。

 

ポルトガルから伝来したマスケット銃を
元に、日本で作られたものが「種子島」といいます。

火縄を使って火薬を爆発させ
中の鉛玉を飛ばす仕組みになっています。

引用元:http://item.rakuten.co.jp/koncrete/kkb-013g/?scid=af_pc_etc&sc2id=67889001

あ、画像は上記からお借りしたものです。

これは通販でも買える種子島のモデルガンです。
※アドセンスは貼っていません、ご安心を!
 15000円くらいで、通販で買えます。
 もちろんモデルガンです。

ただ、昨今では鉄砲伝来に関しては諸説あるようです。

・ポルトガル⇒種子島

・東南アジア⇒日本の色々な地域

・ヨーロッパの火薬銃⇒日本(改良し)⇒東南アジア

このようなルートがあったのではといわれています。

戦後期時代の末期には、
日本には50万丁以上の鉄砲があったそうで、
これって当時では、世界最大級だそうです!

現代とは隔世の感がありますね!

そういえば、私の故郷にも
「鉄砲町」という町名が残っています。

恐い名前だなとだけ思っていたのですが、
それって昔、鉄砲を作っていた町だったのでしょうね。

というわけで、なぜ火縄銃が「種子島」?
って思ったので、マメ知識です。

まとめ

ある日、瀬戸方久が持ってきた
新兵器「種子島」。

その威力の凄まじさに驚愕する直虎でした。

喉から手が出るほど欲しい
新兵器ではありましたが、今の井伊家には高値の花でした。

そこで、鍛冶屋の村・井平で
種子島を作ることにした直虎でした。

 

 

一方、直親としのの子・虎松。
手習いを始めたのいいが、
直久や亥之助に甘やかされ、ひ弱な子になっていました。

それを見た直虎は、龍雲丸の
アドバイスもあり一計を案じます。

周囲に手加減をしないよう命じ、
ある秘策を持って、虎松に勝つことの意味、
父のようにいつかは強くなるなるようにと諭します。

これにより再び虎松は
龍潭寺で手習いを始めることになり
一件落着します。

 

 

ところがある日、
預けていた種子島が何者かにより
盗まれたのか、消えたしまったのです。

政次でした。

政次は直虎に、
謀反と疑われてもやむない仕儀。

虎松の後見を自ら降りるようにと言われます。

政次のこの言葉の真意はどこにあるのでしょうか?
政次は、本当に直虎を陥れようとしているのでしょうか?

 

真相は、次週18で明らかになります!
神回かもですよ!
楽しみですね。

では、本日も最後までお読みいただき、有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ