おんな城主直虎15話感想とあらすじをサクッと!直虎と寿桂尼のやり取り最高!

おんな城主直虎15話、見ごたえがありましたね!

はじめにサクッとあらすじをまとめ

その後、いつもながらの

勝手気ままな感想を述べさせていただきます。

 

それにしても、名場面・名セリフ!

おんな城主直虎VSおんな大名・寿桂尼とのやり取りは最高でした!

感動した部分を、書き起こしてみました。

では、はじめましょう!

 

Sponcored Link

 

おんな城主直虎15話あらすじをサクッと!

直虎(柴咲コウ)が、今川からの

下知に背き、徳政令の発布を

行わなかったことで激怒したのは

今川家のおんな戦国大名・寿桂尼(浅丘ルリ子)でした!

 

 

寿桂尼は、政次(高橋一生)を呼び出し、

直虎に駿府まで申し開きに来るようにと命じます。

 

 

駿府に行くということは、

直親(三浦春馬)と同じように

殺されるかもしれない、ということです。

 

 

政次からも、南渓和尚(小林薫)からも

虎松(寺田心)の後見を

政次に譲るようにといわれますが

直虎は、今川へ行く決心をします。

 

 

傑山(市原隼人)や昊天(小松和重)、

龍潭寺の腕利きの僧たちが同行することになりました。

 

一方、直虎に字を教えてもらう

約束をしていた瀬戸村・祝田村の

百姓たちは、直虎が駿府へ呼び出された

と聞き、助けに行こうとします。

 

「直虎様はおなごじゃから・・・」

この言葉と百姓衆の直虎に対する

気持ちが、その場にいた直之(矢本悠馬)

の心に刺さります。

 

駿府へ向かう道中、

案の定、刺客に襲われる直虎たち。

 

間一髪のところで、直之が助けます。

 

傷だらけで疲れ果てた傑山たちを見て

直虎はある決心をします。

ついに、虎松の後見を下りることにします。

 

政次にそのことを伝え、駿府へ向かわせます。

ところが直虎の秘策は、この後に有ったのです!

 

 

直虎は先に政次を出立させ、

その後をすぐ直之に追わせます。

こうしておけば、もう刺客は襲ってこないからです。

そして、おんな城主直虎は、

今川のおんな戦国大名・寿桂尼との

謁見と申し開きができたのでした。

 

 

しかし、さすがおんな戦国大名、

直虎を簡単には後見と認めようとはしません。

と、この時でした。

 

南渓和尚からアドバイスを受けた

瀬戸・祝田村の百姓衆らの

直虎を領主に認めて欲しいという

署名文が届けられたのです。

 

 

こうして、直虎は無事井伊谷へ帰ることができたのでした。

 

 

 

おんな城主直虎15話感想!

 

暴言だけではなかった!中野直之カッコいい!

ビックリしましたね!

メチャ強かったですね~~!

昨年の「丸」の応援ムービー

ダメ田十勇士とはうって変わって、

武勇自慢の中野直之でした!

 

 

暴言集なんて作ってごめんなさい・・・。

 

直虎は駿府へ申し開きに行く道中、

やはり予想通りに命を狙われましたね。

 

最初は蛇、次は大木、そして最後は刺客。

思わず逃げ出した直虎を追う政次(高橋一生)。

そして、多勢に無勢、

刺客が直虎を斬りつけようとした瞬間、

何者かが放った弓矢が、刺客たちを次々に倒します。

登場です!

中野直由(筧利夫)の嫡男・直之!

そして、バッタバッタと刺客たちを

切り倒していく姿は、

まるで暴れん坊将軍の松平健さんのようでした!
(えっ!?知らない?(∀`*ゞ)エヘヘ少々古かったかしら!?)

え~~!?

これがニクたれぐちたたいていた直之~~?

確かにね。

憎らしい口ぶりは変わりありませんが

そこに主従の愛が芽生えたのを感じましたね!

政次に虎松の後見を任せると言った後に

直之に話があると言い直虎が声をかけましたよね。

その時の呼び方が、

直虎

「之のじ、おゆき、どっちがいい?」

直之

「之のじ」

闘いのシーンのすぐ後だったので、

余計におかくて、吹き出してしまいました!

よかったです!直虎にまた味方が増えました~!

 

 

 

政次、切なさ倍増!名優にセリフは要らないネ!

今週の政次、セリフよりも、

表情のわずかな動きで

感情を伝えていましたね!

天才ですね、高橋一生さんは!

寿桂尼から、直虎を申し開きに

来させよ、と命じられた時の

動揺を隠せない表情。

眼球の動きで動揺を表現するなんてテク、

高橋一生さんにしかできないかも。

 

 

なんとか直虎を駿府へ行かせるのだけは

やめさせたいと、直虎を説得するシーンでは、

いつもよりトーンを落とした口調が、

余計に政次の切羽詰まった感情を際立たせていました。

表情にも緊張感がありました。

 

誰だって、直親の無残な最期を思い出しますよね。

 

さらに、寺で直虎の悲鳴を聞き

部屋へ行こうとするも、傑山に止められ、

直虎の無事を知った時の安堵したような表情

 

 

時々こめかみに、ピキピキって

筋が入る時があるんですけど、

あれがまた、魅力!

 

 

いよいよ直虎が刺客に追い詰められ

思わず刀を抜こうとした政次!

もし、政次が刺客と闘ったなら、

政次の命はすぐさま今川に奪われていたでしょう。

 

なんだか凄い俳優さんになられましたね~~!

 

 

南渓和尚のさりげない援護射撃

百姓衆の署名が書き記された

巻物と共に南渓和尚の書状も添えられていましたね。

 

その書状の文言も

寿桂尼の胸を打ったでしょうね。

 

桶狭間の戦いで討ち死にした

義元の名を出したところは流石でした!

後で書き起こしますね!

 

 

衰退する一方の今川家にとって

今もなお、義元の威光を尊ぶ文言は

寿桂尼の心に響いたことでしょう。

 

 

こういう、すごくデリケートな

心の機微を感じさせる演出、好きです~~!

森下佳子さんの本ってそうですものね。

 

南渓和尚は、この後もずっと

井伊家と直虎の難渋を共に味わい

難局を打破する策を授け続けます。

 

頼れる軍師!

直虎の秘策はこれだったか!

ドラマの終盤。

男装の直虎の何と可愛いことか!

同感・同感!

おんな城主・直虎とおんな戦国大名・寿桂尼の対面は見ごたえがありました!

まず、政次が後見を直虎から譲られて

駿府へ発った後、ひそかに中野直之を

駿府へ向かわせたのですね。

 

 

そして、面会が許されると、

直之と直虎が入れ替わるという策!

 

 

頭が良くて機転が利き、行動力がある。

直虎は幼い頃からそうでしたね。

そして、必死でした、いつも。

で、驚いている寿桂尼に

平身低頭しながらも一撃をくらわしましたね!

この場面。

寿桂尼

「そなた、但馬に後見を任し、井伊に戻ったと聞いたが。」

直虎

「こたびは、ありがたくも太守様より

 駿府へ申し開きに来るようお沙汰をいただきまして。

 こたびこそは、決してお下知に

 逆らうまい、必ずや申し開きに参ろうと

 勇んで井伊を出たのでございますが、

 道中何者かにつけ狙われまして、

 これでは辿りつけぬ、

 またお下知に逆らうことになると、

 涙を呑んで、それなる但馬を

 隠れ蓑に使い、その何者かを欺きましてございます。」

つけ狙った何者かは、今目の前にいる寿桂尼だと知っていながらのこの台詞!

さすがの寿桂尼も、こう答えるしかありません。

寿桂尼

「それほどまでに、申し開きがしたいとは、殊勝な心掛けじゃ。」

直虎

「はっ。」

寿桂尼

「聞くところによれば、今川よりの命である

徳政を行わなかったということであるが。」

直虎

「行わなかったのではなく、できなかったのでございます。

徳政が命ぜられました折り、

瀬戸・祝田は寄進を受け寺領となっておりましたゆえ。

今川旗下の者が守るべき仮名目録、

第22条、不入の地のこと検めるに及ばず。

すなはち、寺社領においては

守護といえども介入はならぬと明記されておりますゆえ。」

この時の直虎・柴咲コウさんの表情が、神ってました!

 

直虎

「井伊は忠実にお定めに従ったまでにございます。」

今川仮名目録は寿桂尼が編纂に加わったとされています。

そこを突いてくるとは、凄い!

 

寿桂尼も怒って良いものやら、

複雑な心境だったでしょうね。

まあ、ここまでは、完全に直虎ペースです。

 

 

ところが、これでやり込められる寿桂尼ではありません。

寿桂尼は仮名目録は今川義元が

追加で記した条項があり、速やかに徳政を行うように。

と、ここは厳しく命じます。

有効の数が、直虎2>寿桂尼1

まだ予断を許さない状況。

そして、苦しい中で、閃く直虎でした。

直虎

「私に徳政を行えと?

それは、私こそそれにふさわしき者、

後見とお認めになっておられる、

ということになりますが。

左様に受け止めて宜しいのでございましょうか?」

また、直虎に有効1(オイオイ、柔道かい?)

これには、寿桂尼の頬が緩みかけましたね、

「おぬし、なかなかやるの~~」的な!

 

 

そこで、政次が殿下の宝刀

虎松の生母・しの(貫地谷しほり)が

直虎が虎松を後見することを

拒んでいるという書状を出します。

 

 

これが寿桂尼の助け舟になって、

寿桂尼

「それは困った話しよおう・・・。

生母が望まぬ後見など、

火種となるのは目に見えておる。

井伊の事を思えば、さような者の後見を認めるのは難しいのう。」

 

 

あ~りゃりゃ、直虎に指導が入りました!

 

 

ところがここで、

瀬戸・祝田村の甚兵衛たちの

署名が、南渓和尚の書状とともに届きます。

 

 

書き出しが良かった。

寿桂尼も、真剣に取り上げざるを得ないです。

 

 

南渓和尚の書状

「かつて義元公は、己の力量を持って

国を治と宣われ、くらぶべくもない、

小さき力量なれど、直虎にもそれを

お許し願いたく存じたてまつり候。

なぜならば、それが井伊の民が望むことである故

その旨、お伝え申し上げたく、

お目汚しとは承知の上、差し出したる次第にて候。」

これで、直虎の一本勝ち!

 

 

もう少しやり取りは続きますが、

おんな城主直虎とおんな戦国大名・寿桂尼

この二人の丁々発止のやりとりが

緊張感があったし、

おんな城主としての直虎の力量を

見せてもらった場面でしたね。

 

そして、最後は感動しましたね。

寿桂尼、少し涙ぐんでいましたよね。

ホンっと、良いシーンでした~~。

 

 

 

Sponsored Link

 

まとめられないので、おわりに

おんな城主直虎15話も面白かったです。

本当に、だんだん良くなる。

ますます良くなる。

 

 

次週放送16話からは、井伊を潤す作戦が始まります。

 

 

そして、直虎と龍雲丸(柳楽優弥)の出会いも描かれます!

 

 

楽しみですね!

あ、お尻が楽しみってわけじゃなく、

ストーリーが楽しみ(汗)!

 

 

一応ネタバレ記事も書いています。

ネタバレみない方がドラマを楽しめますかね?

 

私は、自分でネタバレ書きながらも、

視聴したら新たな気づきがいっぱいあってますます楽しいです!(笑)

では、もし宜しければご覧ください!

関連記事⇒おんな城主直虎16話あらすじ(ネタバレ含む)「綿毛の案」!龍雲丸って誰?

関連記事⇒柳楽優弥が演じる龍雲丸とは?どんなキャラで直虎・政次・方久との絡みはある!?

 

では、本日も最後までご覧いただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ