おんな城主直虎14話あらすじ(ネタバレ含む)徳政令の行方!政次の陰謀と蜂前の禰宜

onnnajyusyunaotora14netabare

おんな城主直虎14話のネタバレを含むあらすじをお伝えいたします。
ネタバレをご覧になりたくない方はページを閉じてください。

 

百姓衆から徳政令の発布を頼まれ
一度は引き受けた直虎でした。

しかし、徳政令を発布すれば
井伊家は立ち行かなくなると知り
約束を反故にします。

これに腹を立てた百姓衆を煽る
蜂前の禰宜と政次の陰謀!

それを受けて直虎が取った奇想天外な策とは?

 

Sponcored Link

 

 

おんな城主直虎14話あらすじ(ネタバレ含む)徳政令の行方

政次と蜂前神社の禰宜の陰謀!?

一度は百姓衆の願いを聞き入れ、
徳政令の発布を引き受けた直虎(柴咲コウ)でした。

 

しかし、怒った百姓衆は、
蜂前(はちさき)神社の禰宜(ねぎ・宮司を補佐する神職)に
相談を持ち掛けます。

 

相談を受けた禰宜(ダンカン)は、
今川家に頼んで、直虎が徳政令を
出すように命じてもらおうと
祝田・瀬戸村の百姓衆をけしかけたのでした。

 

でもこれって、どこか陰謀の匂いがプンプンですよね!

 

実は、蜂前の禰宜は、
ある意味、商人のような一面も持っていたのです。

祝田の市場の特権を、
直虎の父・直盛(杉本哲太)の時代に安堵されていたのです。

 

 

ところが、その特権も
瀬戸方久(ムロツヨシ)のような
新興商人達に脅かされつつあったのです。

そして、祝田の地は、
小野家とも深い繋がりがある土地でした。

 

 

徳政令を発布し、
瀬戸方久らが集めた富を
消し去ることができたならシメシメ・・・、の禰宜。

 

 

瀬戸と祝田の村人が
今川を主家と仰ぐようになれば、
村を束ねるのは、小野但馬守政次(高橋一生)・・・シメシメ!

で、両者の利害が一致し、
瀬戸・祝田の百姓衆の不満を利用したのです!

 

さらにこれだけではなく、
新野家の娘と義妹たちを手なずけて
虎松(後の直政/寺田心)の
母・しの(貫地谷しほり)を抱き込むことに成功します。

 

直虎としの、どこまでも犬猿の仲ですね!
やはり、恋のライバルの確執は凄いですね。

 

 

そしてそして、前週おんな城主直虎13話で
徹底的に直虎に逆らっていた
井伊家重臣の中野直之(矢本悠馬)、
奥山六左衛門(田中美央)も、
両方の村は、政次が治めた方が良いのでは?
と、言いだす始末でした・・・。

 

あ、先週の13話での中野直由の暴言集作ってます。
今週14話でも暴言があれば、付け加えます(笑)

関連記事⇒おんな城主直虎13話感想まとめ「城主はつらいよ」!中野 直之の暴言集できました!

 

 

そこへ訪れたのは政次でした。
手には今川家からと徳政令の発布をを命じる書状です。

それを手にした直虎は、困った表情をします。

これこそが、直虎が
方久や南渓和尚と考えに考え抜いた策なのでした。

 

 

徳政令を発布したいのは山々だが
瀬戸・祝田の土地を龍潭寺に寄進してしまった
というのです。

 

今川家の仮名目録を指示し
「守護不入」の文言があることを政次に言います。
関連記事⇒今川仮名目録とは?氏親が制定した33ヶ条の家法の意味と寿桂尼との関わり!

 

直虎はこうして、
徳政令の発布を2年も引き延ばすことになります。

第1ラウンドは直虎に軍配があがりましたね。
でも、これしきの事で引き下がる政次ではありませんでした!

 

立ちはだかる亀!直親の化身?

それは直虎が政次が持ってきた
今川家からの徳政令発布の下知を
はねつけた翌日のことでした。

 

瀬戸方久が屋敷からさらわれ
命を助けたくば、今川の徳政令を
受け入れると書いた書状を
神社に持って来い、という内容の書状が
直虎の元に届きます。

 

百姓衆が書いたのでしょう。
酷く読み辛いミミズのような書体!

 

これも政次の仕業です。

直虎は百姓衆と話をするため、
村々を走り回りますが、人っ子一人見当たりません。

「逃散(ちょうさん)」です。

百姓衆が一致団結して、
神社に逃げ込む抗議行動です。

 

 

疲れ切った直虎は、神社へ足を運びます。

そこには、手回しよく
台が据えられ、紙と筆、硯、水が準備されていました。

 

まるで、
「さあ、すぐに徳政令を受け入れると書きなさい」
とばかりに・・・。

直虎は静かに墨をすり、筆を取ります。

「徳政の発布、ゆめ疑いなし」

書き記し、日付と署名をし、筆を置く直虎。

 

そのときでした。

のそり、のそりと一匹の亀が現れます。
そして、たった今、
直虎が書いた書状の上でぴたりと動かなくなったのです!

「これ、どけ、亀、亀・・・」

書状の上で足を踏ん張って身動きしない亀。

亀、と口に出しているうちに、
まるでこの亀が、亀之丞(直親)の
意思を表しているような気がしてきたのでした・・・。

 

亀之丞の化身だったのかもしれませんね。
窮地に立たされた直虎に、
間違った道を進ませまいと、
遠い国から亀の姿になり蘇ったのかも!?

直虎は、フッと笑い

「これは違うか、亀・・・。」

書状を引き裂き、
神社の境内を出ようとする直虎の目に
苗の鮮やかな緑が飛び込んできました。

 

田植えをするのに丁度よく育っていました。

 

ロマンティックな設定ですね~~!
早く本放送が観たいです!

 

 

傑山、昊天、田植えをする

苗がこれ以上育つと
田に根付きにくくなる。

 

竜宮小僧として、
村人たちを助けてきた直虎には
そのことがわかっていました。

 

逃散した百姓たちも、
きっと気がかりなはず。
戻って来るに違いない。

 

そう思った直虎は、
龍潭寺の傑山、昊天、
寺の小僧たちを引き連れ、田植えに来たのでした。

 

すると案の定、何人もの百姓衆が
ギラギラした目で直虎らを見つめていました。

直虎は怒りが収まらない百姓衆を説きます。

瀬戸方久に土地を任せれば
村人は今より潤い借りを返せるような
仕組みを作ってくれる。

そして、村人が潤えば
方久も潤う。
最後に井伊が潤うのだと。

 

 

この話しを聞き、
一人、また一人と
百姓が田に足を入れはじました。

 

 

いつまでもウザいしの

逃散した百姓衆も納得してくれました。

ところが、いつまでも
強硬な態度を崩さないのが、しのでした。

本当にいつになったら
井伊の奥方様らしくなるのでしょうね?

 

新野の娘と、しのの土地については
それぞれに祐椿尼(財前直見)の
所領、川名の土地の一部を渡し
決着を図ろうとしていました。

 

 

ところがしのは、
祝田の土地を返さない限り
虎松の後見とは認めないと言い張るのでした。

またきっと、視聴者の皆様から
「ウザい」って言われることでしょう。

 

 

徳政令の行方(ネタバレ!)

徳政令は永禄11年11月9日に発布されます。

 

瀬戸方久が今川氏真から
井伊谷の家や田畑などの安堵状を
受け取ってから僅か2ヶ月後のことでした。

 

龍潭寺にも寄進状を送り
被害が及ばないようにしています。

 

直虎は悔しい気持ちは残ったとは思いますが
徳政令を発布することによる被害は
最小限に食い止めたといえます。

このあたりのことは、
もう少し先に描かれそうですね。

 

井伊直虎の花押が押された古文書が
浜松市博物館で保管されています。

onnnjyouaysunaotora14hatisakikaou

引用元:http://hachisakijinja.or.jp

 

 

「祝田郷徳政の事、去る寅年、御判形を以って
 仰せつけられ候といえども、銭主方難渋せしめ、
 未だに落着なきについて、本百姓訴訟せしむるの条、
 先の御判形の旨に任じて申しつくるところなり。
 前々の筋目を以って名職等之を請け取るべく、
 たとえ銭主方重ねて訴訟企てるといえども、
 許容すべからざるもの也。よって件の如し」

出典:http://hachisakijinja.or.jp

花押は大名など身分のある男性が
使っていたとされますから、
これにより直虎が女性でありながら、
男性のように行動していたということが証明されています。

 

 

余談ですが
徳政令が発布された永禄11年
今川家の女戦国大名・寿桂尼が亡くなります。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

おんな城主・直虎VS家老・小野但馬守政次!

火ぶたは切って落とされましたね~~!

新興商人・瀬戸方久の台頭を
面白く思っていなかった蜂前神社の禰宜。

その禰宜と政次は元々懇意の仲でした。

その禰宜を使って
瀬戸・祝田の百姓衆を操り
直虎が徳政令をだすよう、
今川家に相談するように仕組みます。

さらに、新野家の娘やしのたちも取り込み
政次は着々と直虎包囲網を固めて行きます。

 

しかし、直虎にも秘策がありました。
瀬戸・祝田の村は龍潭寺に寄進したため、
徳政令は出したくとも出せないと言い訳をするのでした。

 

政次はさらに策を凝らし、
百姓衆の逃散を仕掛けます。

そして方久も人質に取り、
直虎から、徳政令発布を取りつけようとします。

 

けれども直虎は、百姓が去った田に
田植えをし、懸けに出ます。

直虎の予想通り、田が気になった百姓が
戻って来たところを、説得します。

 

百姓衆の逃散は食い止めますが、
虎松の実母・しのだけは
いつまでも強硬な態度を取り続けるのでした。

 

 

さて、今川家からの下知である
徳政令をはねつけた直虎ですが、
次週15話では、このことが元で
さらに窮地に追い込まれることになります。

 

 

じりじりしますね!
イライラというより、じりじり。

おんな城主直虎14話は4月9日放送です。
楽しみですね!

 

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ