おんな城主直虎11話ネタバレ&あらすじ「さらば愛しき人よ」!ほっしゃん何者?

onnnajyousyunaotora11hossyann

おんな城主直虎11話「さらば愛しき人よ」のネタバレを含むあらすじをお伝えいたします。

おんな城主直虎11話は、ネタバレなしで観た方が良いかもしれません!!

だって、序盤のクライマックスともいうべき衝撃的内容だからです!

次郎(おとわ)・亀之丞(直親)・鶴丸(政次)
幼なじみ3人の宿命が恐ろしいことに!

落ちぶれつつある今川家の周到な罠が
幼なじみの絆も、女友達との絆も!

そして、直親の前に現れたほっしゃんは何者でしょう!?

 

 

関連記事⇒おんな城主直虎10話ネタバレ&あらすじ「走れ竜宮小僧」!虎松(直政)誕生!

 

Sponcored Link

 

 

おんな城主直虎11話「さらば愛しき人よ」のネタバレ&あらすじ!

瀬名、救い出される!

瀬名(菜々緒)の命乞いに駿府へ駆けつけた次郎(柴咲コウ)

頼みの寿桂尼(浅丘ルリ子)に
そっけなく断られ、竜宮小僧としての責務を果たせずにいる次郎。

 

いよいよ瀬名が処刑城へ引きずり出されようとします。

その時、一人の騎馬武者が!

瀬名の夫・松平元康(阿部サダヲ)からの使者・石川数正でした。

 

関連記事⇒石川数正はなぜ突然、徳川家を出奔したのか?子孫は真田丸で幸村と共に戦った!

 

元康が捕虜としている鵜殿長照の二子と
瀬名・竹千代・亀姫との人質交換を申し出てきたのです。

これにより、瀬名母子は何とか一命をとりとめることができました。

 

 

しかし、佐名姫(花總まり)は悲運・・・。

今川家は佐名の娘婿・松平元康の裏切を
決して許しはしなかったのです。

佐名姫は夫と共に命を絶つことになります・・・。

 

我が子と孫だけでも助かったので、
それがせめてものことでした。
しかし、哀しいですね~~。

佐名姫を演じる花總まりさんのお姿を拝見できなくなるのも哀しいです~~!

関連記事⇒佐名~大河では花總まりが演じる悲運の生涯!井伊直虎との関係は?

 

 

ほっしゃん、何者!?

NHK公式ホームページでは、
Keyとなる人物として、ほっしゃん(星田英利/ほしだひでとし)さんが!

最初は、石川数正のキャストかしら?
と思っていましたが、どうも纏っている衣装が豪華。

大名クラスの方?とすると・・・?

なんと、どうやら寿桂尼の手下ですね!

 

寿桂尼は、井伊家の忠誠心を試すため
偽の家康と直親との会談を仕組んだのでした。

「事というのは起こさせねば良いのです。
 起こる前に握りつぶすのです!」

おとろしか~~
注※博多弁で‟恐ろしい”、とうことです。

 

 

こんな上品でお美しい尼様が、
何という非常な策を仕掛けるものか!!

 

ある日、次郎の元に見知らぬ山伏が現れます。

松平元康の使者を名乗る山伏は
瀬名姫を救ってくれたお礼だといい、
贈り物と書状を取り出します。

そしてそれを直親(三浦春馬)に渡してほしいと言います。

書状の内容は
松平元康が直親を鷹狩に招きたい、
というものでした。

直親はさっそく政次(高橋一生)に書状を見せ相談します。

直親は、今川家からの離反を決意。
政次は、一抹の不安を感じながらも、これに賛同します。

 

あ~~ぁ!!罠にはめられていく~~!
幼なじみ、どうなるwwww

 

ほどなくして、国境に近い山寺で
松平元康を称する人物(星田英利)と直親は会談します。

この人物です、ほっしゃんが演じるのは。
寿桂尼が送り込んだ松平元康の偽物です!

 

情報にあふれた現代であれば、
有り得ない罠ですが、
戦国時代では松平元康の顔を知る人間なんて限られていますから。

幼なじみ3人、永遠の別れ近し!

井伊谷に戻った直親は、さっそく政次に報告をします。
場所は、あの井戸端です。
そう、ご先代様が拾われたところ。

元康がどのような人物だったかと問う政次でした。

「お歳のわりに貫禄がある、
 精悍な顔つきのお方で、手に火傷の跡がある」

 

そして、井伊のためなら
どんな力添えも惜しまないといわれたと嬉しそうに語る直親でした。

 

そして政次に、今川の元を脱すれば
次郎の還俗も叶うことだろう。
そうなったら、政次が次郎と一緒になれば良い、
と直親は言うのでした。

 

 

そこへ、次郎が現れます。

これが、幼なじみ3人が揃う最後となろうとは、誰が思ったでしょう・・・。

 

政次は、一応今川家の目付でもあります。
これより駿府へ挨拶に行くという政次を
次郎と直親は晴れやかな笑顔で見送ったのでした。

 

 

罠にはまった幼なじみ3人

作務をしている次郎の元に
前とは別の山伏・松下常慶(和田正一)が現れます。

 

そして、常慶が言うには
「松平元康様からのお礼の品をお持ちしました」と。

お礼の品?また?

 

ここで次郎はようやく以前の山伏は
今川の罠であったと気づく次郎なのでした・・・。

 

 

その頃、駿府・今川館に挨拶に出向いていた政次。

寿桂尼は、シレッとした顔で
「実はかようなものが持ち込まれた。」

手にしていたのは直親が松平元康に宛てた書状でした。

凍りつく政次。

何とか言い逃れしようとする政次に
寿桂尼は、一人の男を呼び寄せます。

 

精悍な顔つきで、手に火傷の跡がある!

 

罠だった!

 

直親が松平元康だと思って会談したのは、
寿桂尼が送り込んだ偽物だったのだ!

 

 

父・政直(吹越満)の言葉が脳裏をめぐる政次でした。

政直
「お前は必ず、わしと同じ道をたどる。」

関連記事⇒小野政直・政次は井伊家家老なのになぜ直虎を陥れた?子孫はどうなった

 

 

 

さらば愛しき人よ!

いやいやいや~~~www

もう書きたくない~~って時がありますよね。
それが、今。

じゃやめとけば?
って、でもね・・・。

次回からはもっと辛いですよきっと。

 

そこは龍潭寺・南渓和尚(小林薫)の部屋。

次郎、直親、南渓の3人は、
何とかこの危機を脱出する方法を考えていました。

直親は、松平家へ助けを求めることにしました。

直訴状を携えた次郎・南渓・常慶の3人は
三河の岡崎城へと急ぎます。

 

けれども、松平元康の返事は
今、兵を出す余力は松平にはない、というもの。

さらに、瀬名に救いを求めた次郎も断られてしまいます。

友情にもひびが入ってしまいました。

 

直親は、全てを聞き覚悟を決めたのでした。

申し開きに来るようにという今川家の下知に従わねばなりません。

 

井伊家の誰もが18年前に駿府に呼ばれ
誅殺された直親の父・直満(宇梶剛士)のことを思い出していました。

あの時の亀之丞の運命が
今度は再び、我が子・虎松に降り懸かろうとしているのでした!

関連記事⇒井伊直政徳川四天王となり家康に忠義を尽くした男!養母・直虎との絆

 

 

重い足を引きずって龍潭寺に帰り着いた次郎。

「おとわ」

柔らかな声に振り向くと、直親が立っています。

 

 

直親、おとわ、これが今生の別れとなります。
ここはもう、どうぞお楽しみにご視聴くださいマセ。

良い演技だったなら、感想記事で
詳細レビューをお伝えいたしますね!

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

窮地に陥っていた瀬名姫母子は、
間一髪のところで夫・松平元康の人質交換の策で救われます。

しかし、瀬名の母・佐名姫は夫と共に自害させられます。
なんと悲運な・・・。

 

 

そして、次郎・直親・政次、
幼なじみ3人に、寿桂尼の周到な罠が襲い掛かります!

松平元康と名乗って直親に会った人物(星田英利・ほっしゃん)は何者でしょう!?

それこそが罠でした。
星田英利・ほっしゃんが演じた松平元康は偽物だったのです。

 

今川からの離反を決意し
偽物の松平元康と会った直親。
しかも、直親の手による書状も渡しています。

その後、松下常慶が現れたことにより
今川家の罠であることに気づく次郎。

 

本物の松平元康や助け出された瀬名姫に
援助を求めますが断られます。

 

その頃今川館では、
政次もこの罠を知ることになります。

窮地に陥った直親は、覚悟を決め今川へ行くことを決めます。

 

幼なじみ3人が揃うのは、
今回11話が最後となります。

なんだか寂しいです。

 

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ