瀬名姫(築山殿)が家康に殺害された事件の真相と呪いが恐すぎる!

onnnajyousyunaotora tukiyamadono
戦国の姫の中には、悲運の生涯をおくる方々も多くいます。
しかし、夫に殺害されるという事件はほぼ聞いたことがありません。

 

後に天下の覇者となる徳川家康。
幼いころ今川家の人質となり、
今川義元の妹の娘・瀬名姫(築山殿)と結婚します。

幼いときから顔見知り。
しかも絶世の美女だったといわれる瀬名姫・築山殿。

 

殺害事件の真相に迫り、
今も伝わる恐ろしい呪いとは
どのようなものなのでしょうか?

 

瀬名姫は今川義元の姪ということになっていますが、
 井伊直平の娘が今川義元の養妹として関口親永に嫁いで生まれた娘です。

関連記事⇒佐名と井伊直虎の関係は?大河で花總まりが演じる悲運の生涯!

 

Sponcored Link

 

瀬名姫(築山殿)が家康に殺害された事件の真相は?

 

瀬名姫(築山殿)殺害事件の通説

瀬名姫(築山殿)が殺害されたのは
天正7年(1579年)8月29日といわれています。

瀬名姫(築山殿)は、なぜ家康に殺害されたのでしょう?
通説がいくつかあります。

通説1.瀬名姫(築山殿)内通説

徳川・織田の同盟を憎んだ瀬名姫(築山殿)が
甲斐・武田家と内通し、嫡男・信康とともに
織田を滅ぼそうと企みます。

それに気づいた信康の正室・徳姫(織田信長の娘)が
父である織田信長に12か条になる弾劾文を送ります。

これを読んだ信長が、
家康に瀬名姫(築山殿)とその息子・信康を
始末するよう命じた。

というものです。

 

通説2.酒井忠次陰謀説

元々、瀬名姫(築山殿)が甲斐・武田に内通したというのは
重臣・酒井忠次の陰謀であったというものです。

通説3.織田信長陰謀説

徳川家康と瀬名姫(築山殿)の子・信康が、
信長の嫡男・信忠と比べて優秀だったため、
後顧の憂いをなくすため、母である
瀬名姫(築山殿)もろとも家康に始末させた。

史実では、信康は勇猛さでしられています。

 

通説4.信康のクーデター説

信康を押す岡崎衆といわれる家臣団と
浜松衆といわれる家臣団の仲間割れ。

岡崎城派は、信康を立てて家康を排除しようとしていたのでは?
これを終息させるために家康は信康と瀬名姫(築山殿)を殺害した。

そのため、信康の後見人だった
石川数正は、後に徳川家を出奔し豊臣秀吉に仕えている。

 

 

どの説もありそうですが
疑問点が多いことも指摘されています。

どうも瀬名姫(築山殿)が殺害された事件の真相が今ひとつつかめません!

それでは、瀬名姫(築山殿)が
家康に殺害されるまでを順に追ってみましょう。

 

 

瀬名姫(築山殿)殺害事件まで

瀬名姫(築山殿)の生年は不詳です。
この時代の女性は、生年が不詳の方が多いです。

弘治3年(1557年)に三河岡崎城主・松平元康(徳川家康)と結婚します。
この時、松平元康は今川家の人質でした。

かたや、瀬名姫は今川義元の養女として嫁いでいますから
今でいう、格差婚、逆玉ですかしら・・・。

しかし、永禄2年(1559年)に信康を、
永禄3年(1560年)には亀姫を産んでいますから、
この当時は夫婦仲は悪くなかったのではないでしょうか。

 

 

ところが、人の一生ってわからないものですよね!
何が切っ掛けでつまづくかわかりません。

瀬名姫(築山殿)の場合は、
永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いでしょう。

まさか、今川義元が織田信長に討たれるとは
誰が予想できたでしょう。

ここで漸く人質から解放された家康は
岡崎城に帰りますが、瀬名姫(築山殿)と
二人の子供は、駿府に残したままでした。

 

その状態で家康は、今川家の宿敵・織田信長と同盟を結んだのです。

これは、今川家にとっては
飼い犬に手を噛まれたようなもの、裏切り行為です。

今川氏真は黙っていませんでした!

 

こうなると、瀬名姫(築山殿)と息子の信康、亀姫は
今川家の人質同然の身となります。

しかも今川氏真は、瀬名姫(築山殿)の実父・関口親永を自害させます。
この時に、親永の正室、井伊直平の娘も
夫と共に自害したといわれています。

家康の戦略により、両親を一度に失い、
自分と子供は人質同然の身。

 

その後、今川義元の妹の夫である
上ノ郷城城主・鵜殿長照の遺児と
人質交換という形で、駿府から岡崎に移ります。

しかし、岡崎城には入ることができず、
城外の惣持尼寺の築山に入ります。

このことから、瀬名姫は築山殿と呼ばれるようになったようです。

一説には、家康の生母・於大の方が
瀬名姫(築山殿)を嫌っていたためといわれています。

さらに、瀬名姫(築山殿)にとって
許し難いことが起こります。

それは、息子・信康と織田信長の娘・徳姫との婚姻でした。

これは、キツイですよね。

自分は幽閉同然の身、その上息子は
今川家の仇から、嫁をもらうことになるとは・・・。

 

 

瀬名姫(築山殿)は、嫉妬深く
性悪だったという説がありますが、ここまで虐げられたらね・・・。
すねちゃいますね、普通。

 

元亀元年(1570年)瀬名姫(築山殿)は
ようやく岡崎城に入ります。

しかし、家康は同じ年に浜松城に移ります。
どうやら、このあたりから雲行きが怪しいと思われませんか?

そして、極めつけは瀬名姫(築山殿)が
いつまでも男子ができない事を心配し
信康に側室を迎えさせたことです。

しかも、この側室、もと武田家の家臣・浅野昌時の娘、
同じくもと武田家家臣・日向時昌の娘だったのです。

このあたりが、瀬名姫(築山殿)が
武田家と内通していると疑われた原因の一つかもしれませんね。

 

 

これが元で、徳姫は信長に12か条からなる
信康と瀬名姫(築山殿)の悪口を書いた書状
おくることになったのでしょうか。

 

 

女は恐い・・・。

 

 

瀬名姫(築山殿)は天正7年(1579年)8月29日
二俣城へ護送される途中の佐鳴湖の畔で
野中重政、岡本時仲により、殺害され
首も刎ねられたようです。

 

 

首実験までされたのですね・・・。

 

 

そして9月15日、信康は二俣城で切腹し果てます。

この時、介錯人の服部正成は、
どうしても信康の介錯をするに忍びなく、
代わりに検死役の天方道綱が介錯します。

 

ちなみに、天方道綱はその後出家しています。
瀬名姫(築山殿)を殺害した野中重政も、侍を捨て、野に下っています。

 

 

ということはやはり、
家康は、瀬名姫(築山殿)と信康を
殺害しなければならない切迫した事情
あったと考えるのが自然ですね。

 

曖昧なものではなく、必ず命を絶たなければ
収まりがつかないほどの何か・・・。

 

それは、第4説、信康クーデター説しか、
考えられないのではないでしょうか?

 

クーデターとまではいかないまでも、
岡崎衆と浜松衆との間で派閥争いがあったことは
確かなようで、信康が処刑される頃に
岡崎衆の懲罰や処刑、逃亡などがあったといわれています。

 

家康は結局、野心家であったということでしょう。
しかし、晩年この事件を悔いていたと言います。

 

 

Sponsored Link

 

瀬名姫(築山殿)の呪いか!?恐すぎる!

女性でありながら、斬殺され首を刎ねられた瀬名姫(築山殿)。

なんと無残な最期でしょう。

その上息子まで殺されています。

長い軟禁生活の末、夫に始末されたのですから、
恨み骨髄でしょう。

 

 

岡崎では、瀬名姫(築山殿)殺害の後
疫病が流行ったり、火事が相次いだりと
様々な災厄が降りかかったそうです。

さらに、瀬名姫(築山殿)を斬った刀を
池で洗ったところ、池の水が枯れてしまったとか。

 

夜ごと蛇に姿を変え、家康の元に訪れ呪詛していたなど。

どれもありそうな話ですね。

けれども、このような話が伝説として
伝わっているところが興味深いですよね。

やはり、浜松の人々の胸の内に
夫に始末された正妻・瀬名姫(築山殿)を
哀れに思う気持ちがあったのではないかと思います。

 

それを証拠に、瀬名姫(築山殿)の侍女のひとりが
瀬名姫(築山殿)の死後、殉死しています。

そして、信康の死後も殉死する家臣が多数いたそうです。

 

夫による始末。妻子殺害事件。
後の天下人にとっては汚点以外の何ものでもないですよね。

したがって、
瀬名姫(築山殿)には、悪女になってもらわねばなりません。

執念深く怨霊となって、
死後も家康や岡崎の地を苦しめる存在でなければならないのです。

 

 

このあたりは、作為であるように思えてなりません。

なんだか、哀れすぎて
怨霊となることくらい、許してあげたくなりますね。

 

 

まとめ

瀬名姫(築山殿)が家康に始末された殺害事件の真相は、
諸説ある中で、信康のクーデター説が最も信憑性があると思います。

瀬名姫(築山殿)は、死後岡崎に災いをもたらしたり
怨霊となり、家康を呪詛したという伝説が残っています。

しかし、瀬名姫(築山殿)が受けた仕打ちを思うと
当然だと思えるのですが・・・。

自分に置き換えたなら、
きっと家康を呪い殺していると思います。

が、しかし、家康は天下の覇者になります。

 

 

瀬名姫(築山殿)と信康を犠牲にしてまでも、
家臣団の結束を図った家康の野望は正しかったのかもしれませんね。

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ