おんな城主直虎3話ネタバレ&あらすじ「おとわ危機一髪」!蹴鞠で蹴散らせ!

onnnajyousyunaotora3wanetbare

おんな城主直虎3話のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

なんとか鶴丸との縁組を反古にしたいおとわでした。

知恵を絞ったすえ、出家することに決め、
さっそく髪を落とそうとします。

しかし、この行動がおとわと井伊家を
奈落の底に突き落とそうとしていました!

はたして、危機一髪のおとわを救うのは誰でしょう!?

 

関連記事⇒おんな城主直虎第2話ネタバレ&あらすじ「崖っぷちの姫」亀の笛!

 

Sponcored Link

おんな城主直虎3話ネタバレとあらすじ

おとわ、今川家へ人質に

おとわ(新井美羽)は、鶴丸との縁組を
止めてもらいたい一心で、自ら出家しようとします。

けれどもこの行動は、今川家の命令に逆らうことになります。

さっそく、小野政直(吹越満)の
注進を受けた今川家から、お沙汰が届きます。
関連記事⇒小野政直・政次は井伊家家老なのになぜ直虎を陥れた?子孫はどうなった

 

 

今川義元は、井伊直盛(杉本哲太)に対しこう命じます。

「今川家に息女・おとわを人質に出すように。」

 

命令に従わなければ、井伊家はあっという間に今川に攻め滅ぼされるでしょう。

これを聞いて、黙っていないのが曾祖父の井伊直平(前田吟)でした。

おとわは女とはいえ、嫡流の女子。
たった一人の曾孫ですから。

 

「もはや戦しかあるまい。」

 

かつて、娘の佐名(花總まり)を
今川家に人質に出した苦い思い出が、頭によぎったのでしょう・・・。

胃が痛くなる出来事ばかりの直盛さんですね。
領主も楽ではありません。

 

 

南渓和尚の一計

苦しむ父・直盛の姿を見兼ねたとわ。

龍潭寺へ駆け込み、南渓和尚(小林薫)に泣きつきます。

 

とわに泣きつかれた南渓和尚は、
ある考えを持って、直盛の元を訪れます。

それは、‟おとわの出家を今川に認めてもらおう”

というものでした。

 

直盛はこの南渓和尚の案を受け入れ、
おとわを駿府へ向かわせたのでした。

 

 

南渓は、直平の次男で、この先もずっと
井伊家の軍師的存在として支え続けていきます。

そして、今川家の軍師・太原雪斎(佐野史郎)とも
同じ臨済宗であることで、旧知の間柄でした。

 

 

とわより一足先に駿府へ入り、
太原雪斎にとわの出家を今川義元に認めてもらえるように頼み込みます。

しかし、太原雪斎の返事はあまり芳しいものではありませんでした。

 

 

佐名の怒り

太原雪斎の色よい返事をもらえなかった南渓和尚は、
次なる手段を講じ、おとわたちの到着を待っていました。

 

小京都といわれた、駿府の街並みは美しく賑やかでした。

とわたちは、南渓和尚の妹で、
かつて今川家に人質に出された佐名の元・関口家を訪れます。

 

そこで見た佐名は、美しいがどこか寂しげで不幸な印象の女性でした。
関連記事⇒佐名~大河では花總まりが演じる悲運の生涯!井伊直虎との関係は?

 

 

子供のとわの目から見ても、
悲運の生涯となることが見て取れたのでしょうか?
さすが、おとわは鋭い!!

 

そして、母・佐名よりもっと悲運の生涯を遂げる
瀬名姫がいました。

 

 

南渓和尚はとわに、
佐名に一通の書状を預けて欲しい、と言います。

 

 

今川家で太原雪斎と共に
今も絶大な力を持つ、寿桂尼(浅丘ルリ子)に
その書状を佐名から手わたして貰おうと考えたのでした。

 

しかし、佐名は南渓の文を怒りもあらわに真っ二つに切り裂いたのでした!

 

 

女戦国大名・寿桂尼(じゅけいに)

翌日今川の居館に赴いたとわ達一行。
そこにとんでもない知らせが!

曾祖父の井伊直平がこともあろうに
鶴丸をさらったという知らせでした!

 

こんな事が、今川義元の耳にでも入れば、
井伊家は即刻潰されてしまうかも・・・。

どうしたら良い・・・危機一髪続き!

 

 

そこに現れたのは、「大方様(おおかたさま)」
と呼ばれる、今川義元の母・寿桂尼でした。

 

とわに、蹴鞠を見て行くように勧めます。

大勢の人が蹴鞠に興じています。

その人中に、先日関口家であった佐名の娘・瀬名がいるのを見つけます。

寿桂尼は、

「勝てば褒美に龍王丸(義元の嫡男・後の氏真)の妻にしてもらうのじゃと。」

瀬名をみつめるとわに言います。

これで、閃いたとわ!

龍王丸様に勝てば、何でも褒美を貰えるのか!

 

 

蹴鞠で危機を蹴散らすとわ!

閃いたとたん行動する。
いつものとわのパターンです。(笑)

 

裸足で庭に駆け下り、龍王丸の前へ飛び出し、
一戦交えることを申し入れます。

 

もちろん、とわは蹴鞠などしたこともありません。

しかし、なんど負かされても、
「もう一回!」
挑み続けるとわでした。

 

何としても、勝ってご褒美をせしめなければ!

名案でしたね、おとわちゃん!

さんざん負け続けます、
しかし次第に龍王丸の息が上がっていきます。

その点、日々の山を駆け巡っているとわは、へいちゃらです!

ついに、おとわは龍王丸に勝ちます。

「褒美をくださいませ!」

褒美などやれぬという龍王丸と
褒美を貰わねば井伊がお取り潰しになると、食い下がるおとわ。

 

 

そこへ現れたのが、今川義元(春風亭昇太)です!

 

皆が平伏する中、おとわが叫びます。
「井伊直盛が娘、とわと申します!
 龍王丸様に勝ちました。ご褒美を頂きたく、おとりなしを願います。」

 

 

義元は、自分で声を発することはありません。
どこまでも雅なお公家さんのような振舞い・・・。

 

扇の陰で何かをつぶやくと、家臣が代弁します。

「何を所望じゃ。」

とわはすかさず答えます。

「井伊にお返しいただきたく存じます!」

 

そして、太原雪斎が義元の傍により、
「その者は、粘り腰の実によい戦いを致しました。
 よい戦いをした者には褒美を取らすのが武門の習い。」

 

重ねて寿桂尼も口添えをします。
恐らく、佐名から頼まれていたのでしょう。
「龍王にも見本を示さねばなりませぬしね。」

 

 

今川家切っての実力者ふたりに、
このように言われては、さすがの太守様・義元も
とわに褒美を渡さない訳にはいかなくなりました。

 

 

また扇の陰からボソボソ・・・。
そして家臣が。
「褒美を遣わす。去って良いとの仰せじゃ。」

 

蹴鞠で、危機を蹴散らしました!

 

 

今川家の居館の前で待つ
南渓和尚と新野左馬助(苅谷俊介)へゆき、
「褒美をもろうたのです。」
と言い、今川家からの書状を手渡すとわ。

書状には

「一女とわの出家をもって、本領安堵とす」

それを聞き、涙ぐむ南渓和尚でした!

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

亀之丞との夫婦約束を守るために、
鶴丸と縁組を無いものにしたいおとわ。

考えた末に、出家することに!

しかし、それは今川の命令を聞かないということ。

当然今川家は黙っていません。

おとわを人質によこせと言い出します。

今度は、おじじ様・直平が黙っていません。

危機一髪どころか、
危機三発くらいが同時に来た感じです!

そんな時に頼りになるのは、やはりこの人南渓和尚。

 

 

おとわより先に駿府に入り、
今川の軍師・太原雪斎と交渉します。

今一つ上手くゆかないとわかると、
妹の佐名を通じて、義元の母・寿桂尼に
取り成しを頼みます。

 

 

とわはとわで、義元の嫡男・龍王丸と
蹴鞠の決戦をし、ご褒美をせしめます!

 

蹴鞠で危機を蹴散らしたのです!
さっすが、おとわちゃん!
さっすが、後のおんな城主・直虎!

 

 

この気概があったればこそです。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第3話
「おとわ危機一髪」
3話では、ますます登場人物も増えて、
ストーリー展開も面白くなってきましたね~~!

 

視聴するのが楽しみです!

では最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ