真田丸最終回50話ネタバレ&あらすじ「疾風」!真田幸村は生きている

sanadamaru50wasaisyuukaitaitoruyouyukimura

真田丸最終回50話のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

タイトルは「疾風」かどうかは不明です。

でももうそんなことどうでもいい!

 

とにかく、大阪夏の陣最終決戦

幸村と真田軍、豊臣勢が疾風怒濤、阿修羅の如き奮戦を繰り広げます!

真田、日の本一の兵(ひのもといちのつわもの)

島津家文書に一文が残っています。

 

関連記事⇒真田丸49話ネタバレ&あらすじ「前夜」!又兵衛、団右衛門、重成の討ち死、誉 田の戦い!

 

Sponcored Link

 

真田丸最終回50話ネタバレ&あらすじ

人の値打ちは時が決める

慶長20年(1615年)5月7日早朝。

大阪城では、秀頼(中川大志)を中心に最後の軍議が開かれていました。

幸村(堺雅人)、大野治長(今井朋彦)、
毛利勝永(岡本健一)、明石全登(小林顕作)、大野治房(武田幸三)。

 

 

この日は、最後の総力戦となることは必至。

真田勢、毛利勢が天王寺に陣取って敵を引きつけるなど、それぞれの布陣を確認していきま す。

 

 

そしてこの日は、右大臣・豊臣秀頼の初陣となるはずでした。

 

大阪の陣の総大将として、
豊家の馬印・千成瓢箪をかざして、威風堂々徳川勢に挑んで行く。

 

例え、全軍一人残らず全滅したとしても、
太閤秀吉の一子・秀頼の堂々たる最期と、
最後まで豊家に忠誠を誓った武将たちの姿は
永久に大阪人の涙を絞ることになったはずでした・・・・。

 

 

軍議を終えた幸村は、淀殿茶々様の元に出向きます。

出陣の挨拶をし、
万が一家康の首を打ち損じた場合は、
残されたものを救う手立てとして、
千姫(永野芽郁)を和睦の使者として秀忠のもとに遣わして欲しい、と頼みます。

 

 

 

部屋に戻った幸村は、鎧をつけながら越し方を振り返ります。

様々な人達との出逢いと別れ。

 

 

そして自分の宿命とは?

これで良かったのか・・・。

この世に生きた証を残せたのだろうか・・・?

そう、内記(中原丈雄)に問いかけます。

 

人の値打ちは、時が決めるものでござる・・・。

 

 

 

 

人を信じられないものは、自ら滅ぶ

徳川家康(内野聖陽)は、豊臣方の布陣を眺めています。

もし、この決戦で千成瓢箪の旗印(豊臣家の旗印)が上がったら、危うい!

 

加藤清正らが亡くなったとはいえ、
まだまだ、豊臣恩顧の大名達はいるのです。

そこで、本多正純が一計を案じます。

それは、幸村が徳川方に寝返ったという噂を流布すること。

 

この危機的状況の中、もし幸村が裏切ったとしたら?

 

豊臣の上層部は、決して秀頼の出陣を許さない。
そう踏んだ正純でした。

 

そして、それは正純の謀略どおりになりました。

この期に及んでまだ、裏切りだの危ないだのと叫んでいる大蔵卿局は捨て置きましょう! 😡 

 

こうして、総大将・秀頼の出馬は、幻のものとなりました。

豊家は自ら滅びの道を選んだのです。

 

 

決戦・幸村、勝永、全登。豊臣軍、獅子奮迅

幸村は、茶臼山から岡山にかけて豊臣方全軍を布陣します。
同時に明石全登勢を、敵の背後に回り込ませ、徳川軍を挟み撃ちにする策を選択します。

 

赤備えの真田軍も最後の決戦に向けて士気は最高潮です。

 

ところが、総攻撃の合図を待たず、
徳川軍から松平秀忠隊が、毛利の陣に鉄砲を撃ちかけました!

このため、勝永は一斉攻撃の合図を待ちきれず、両軍の戦闘が開始されてしまいます。

 

 

毛利勢の戦いぶりは見事なもので、次々と徳川勢を打碎していきます。

 

 

幸村の甥・真田信吉隊も飲み込まれていきます。

 

 

幸村は戦いの様子をみつめ、静かに我が子・大助を呼びます。
大助は、昨日の戦いで太ももに手傷を負っていました。

 

幸村は、大助に最後の司令を出します。

「なんとしても、秀頼公のご出馬をうながして参れ。」

 

大助は、最後まで父とともに戦いたいと言うことを聞きません。

しかし、幸村はさらなる司令を出します。

「もしご出馬叶わぬ時は、秀頼公と生死を共にせよ。」

 

 

これは暗に、

“秀頼公に見苦しき振る舞いが無いよう、見届けよ”

こういう意味がありました。

大助は、涙をのんで父の元から離れて、大阪城内に向かいました。

関連記事⇒真田幸昌(大助)最期まで幸村と運命を共に!真田丸のキャストは浦上晟周!

 

 

真田赤備え、乱舞!

真田隊も最後の決戦に挑みます。

sanadamaru50wasakubeeyuusi
破竹の勢いで猛攻を続ける真田勢は、いよいよ家康本陣に向かおうとしています。

 

 

幸村は、

「目指すは家康の首、ただひとつ!!」

家康本陣めがけて、疾風のごとく駆けていきます。

 

真田隊のあまりの猛攻に、
徳川の旗本達が守る家康本陣は、旗印もそのままに逃げ出したといいます。

sanadamaru50wasaisyuukaiyukimuraiesasu

まさに、家康は何度も自害しようとしますが、
その都度家臣に押しとどめられたと言います。
(家康死亡説もあります。)

家康が戦でここまで命の危機に晒されたのは、三方原以来といわれています。

大御所様、お腰を抜かし遊ばしたに違いありません!

 

 

幸村は、家康本陣に三度猛攻を仕掛けますが、
その度に共に戦う真田の兵は討たれてゆきます。

 

 

それに引き換え、徳川には援軍が!

 

多勢に無勢、

 

退却を余儀なくされます。

 

 

幸村は生きている?

最後の最後まで、裏切り者の噂を立てられても、
自分の信念を貫き通し、「義」に生きた真田左衛門佐幸村(信繁)。

 

幸村がその命を燃やし尽くした夜、
大阪城もまた、大角与左衛門が居る台所から火の手が上がり、紅蓮の炎に包まれます。
関連記事⇒真田丸44話築城の感想まとめ!大角与左衛門は好々爺ではない!

 

 

太閤秀吉が一代で築き上げた豊臣の世は、灰燼に帰しました。

 

 

幸村の生死に関しては、人々の希望なのでしょう、生存説が根強く残っています。

 

現代でも大阪、関西圏では太閤秀吉の人気は絶大ですから
最後まで豊臣に忠誠を尽くした幸村を人々が愛する気持ちは強いのでしょう。

「幸村は、秀頼公を奉じて鹿児島へ落ち延びた」

と、生存説が残っています。

生きていてほしいですけれど、可能性は低いですね。

 

内記も、作兵衛(藤本隆宏)も、佐助(藤井隆)も
もうこの時には、この世の人ではないでしょう。

 

 

幸村は戦いに疲れ果て、安居神社で休息を取っていたところを、
松平忠直軍の鉄砲隊長・西尾久作が首を取ったといわれています。

 

首実検は、叔父・真田信尹が行っています。
遺髪を兄・信之のもとに届けたのは、小野お通だともいわれています。

 

信繁の遺髪は、徳川の武将たちが

「御武運にあやかりたし。」

と言い募って、数本ずつ持ち帰ったという逸話が残っています。

 

敵の武将隊から見ても、見事・あっぱれな戦いぶりだったのです。

なので、死して尚、語り継がれ私達の心に生き続けている、ということなのでしょう・・・

あの決戦で、命を賭けたればこそ、
例え敗れても、後には時が味方してくれるようになるのです。

 

 

真田の家は、兄・信之(大泉洋)が。

真田の武士(もののふ)としての名は、弟・幸村が。

ババ様・とり(草笛光子)の遺言通り、
おのが宿命に気付き、生ききりました。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

真田丸最終回50話、どのように描かれるでしょう?

こうして記事を書きつつも、視聴する事が楽しみで仕方ありません。
文章では現すことができない迫力や、魂が震えるような思いを味わうのでしょうね。

 

 

最後の決戦に向けての軍議があり、
決戦に挑もうとする、秀頼の思い。
けれども思い通りにならなかった葛藤も描かれるでしょう。

 

父とともに戦いたい思いを押し殺し、
父・幸村の最期の命に従う大助の葛藤も。

 

結局は、我が子を死地に追いやった淀殿茶々様の葛藤・・・。

 

 

もはや真田同士の戦いが、避けられないと知った時の、信之の嫡男・信吉の葛藤。
三十郎の葛藤。

 

 

きりちゃんも、きっとどこかで戦況を眺めていますよ!

今となっては、命なんてあってないようなもの。

死をも恐れぬ幸村、真田兵、豊臣軍の獅子奮迅の戦いぶり、楽しみです。

 

 

ドラマでは、幸村最期の姿は描かれないでしょう。

生き生きと、自らの人生を精一杯、
疾風のごとく賭けていった幸村の姿を、私たちは忘れないでしょう。

最終回はいつもの45分ではなく、55分拡大版です!

しっかりと見届けましょうね!

 

 

一年間、私の拙い記事をお読み頂き、本当にありがとうございました。

貴重なコメントも頂き、嬉しい限りです。

視聴後に感想記事も書きますね。

では、またいつか!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ