真田丸48話ネタバレ&あらすじ「引鉄」!利休の土地から馬上筒!

sanadamaru47netabareyukimura

真田丸48話「引鉄」のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

真田丸48話「引鉄」(ひきがね)は、
和睦が成った大阪冬の陣から大阪夏の陣が始まる前のひと時が描かれます。

これで戦が終わったとは露ほども思っていない幸村でした。

家康の首に狙いを絞った幸村の命を受け、佐助が暗躍します!

懐かしい人々との対面や、偶然発見した馬上筒。

内通者・有楽斎も、正体が暴かれてゆきます!

 

 

関連記事⇒真田丸47話ネタバレ&あらすじ「反撃」!女たちのバトル勃発!

 

Sponcored Link

真田丸48話ネタバレとあらすじ「引鉄」!

 

有楽斎、追放!

又兵衛(哀川翔)達は手勢を率いて徳川の陣を急襲します。

 

家康(内野聖陽)の本陣まで迫る勢いで夜討ちをかけ、
家康を脅かすと、サッと兵を引き上げました。

 

翌日、幸村(堺雅人)は次なる策を有楽斎(井上順)に漏らします。

 

 

身の危険を感じた家康は、翌日には陣を引き払い京に戻るはず。
その道中こそが、襲撃のチャンスだと!

大いに頷く有楽斎でした。

 

そして、幸村の読み通り、家康のもとに密書が届きます。
もちろん送り主は、織田有楽斎です。

「明日の夜、わしを襲うようだ裏をかいて、今日のうちにここを発つ」

 

徳川勢が陣を払えば、大阪城に牢人達が居座る理由がなくなります。
総攻めは、その時だと本多正純(伊東孝明)に目配せする家康でした。

 

同じ頃、幸村は佐助を呼びます。

「恐らく家康はわれらの裏をかいて、今日中に動くはず。」

家康暗殺の命が、佐助(藤井隆)に下されます。

 

 

 

その後、秀頼の居室で評議が始まります。

大蔵卿局(峯村リエ)と有楽斎は、和睦が成った今、一日も早く牢人たちを城から追い出したいと思っていました。

 

 

そこで幸村は、現実を見据えるようにときつく意見します。

家康は、戦をやめたつもりなどないということ。

堀を埋めたのが何よりの証拠。

今、牢人たちに出て行かれては、豊臣に勝ち目はない、と。

 

 

大蔵卿局のKY状態(空気読めない)っぷりは、最終回まで続きます。(笑)

 

 

その夜、幸村は有楽斎と対峙します!

有楽様が徳川と通じていることは以前よりわかっっていた。

今すぐここを出ていくようにと、刀を抜きます!

 

半ば追放です。

 

有楽斎は大阪城を離れ、このまま隠棲します。

内通者が心静かに隠棲だなんて、許せない気分ですが、仕方ありませんね。

関連記事⇒真田丸44話築城の感想まとめ!大角与左衛門は好々爺でなない!

 

 

 

 

佐助、家康の暗殺に失敗する!

出浦昌相は、今や真田信之の元。

幸村の元にいる透破は、佐助(藤井隆)だけです。

 

佐助は、きりちゃん(長澤まさみ)に恋心を抱いています。

大仕事を前に、佐助はついにきりちゃんに告白します!

「もし、家康暗殺に成功したら、夫婦になって欲しい。」と。

 

 

この時のきりちゃん、どういう表情なのでしょう!?
これは、視聴してのお楽しみですね~~!
あ~放送が待ち遠しい!

 

 

京へ向かう家康の命を、決死の覚悟で狙う佐助でしたが、

家康は用意周到に影武者を仕立てていました!

 

 

佐助が仕留めた!

と思った家康は、影武者だったのです!

 

佐助は、涙ながらに幸村に報告します。

あイタタタ・・・。
きりちゃんとの婚姻は夢と破れましたね。

 

 

懐かしい人々との再会

慶長20年(1615年)徳川家康、秀忠(星野源)は、
それぞれ帰城を始め、大名たちも陣を払い始めました。

 

家康の狙いが、豊臣を滅ぼすことにあることは承知の幸村でした。

 

そこで、大野治長(今井朋彦)や木村重成(白石隼也)に

茶臼山、岡山の二つに砦を築き、この間を空堀でつなぐことを提案します。

この一帯を巨大な要害とし、ここで敵を迎え撃つつもりでした。

 

 

これを見て、秀頼(中川大志)も

「見事じゃ!」と感心します。

そのためには、時間を稼がなければなりません。

 

血気にはやる牢人たちの気持ちを和ませるためにも、
家族や親しい人達を城に招き入れる事を許可します。

 

そして、幸村もまた会いたい身内がいました。

 

 

幸村は、大助(浦上晟周)を連れ、とある寺を訪れます。

 

そこには、小山田繁誠(高木渉)、矢沢三十郎頼綱(迫田孝也)、

信之(大泉洋)の二人の息子たち、信吉(広田亮平)、信政(大山真志)が待っていました。

 

 

今は敵・味方に分かれて戦ってはいますが、同族です。

膝を突き合わせ、お互いの身を案じる、幸村・繁誠・三十郎でした。

そして幸村は言います。

大阪城に秀頼が居る限り争いの火種は尽きない、恐らく国替えになるだろうと。

 

 

庭では、3人の若者たちがいましたが、

信政が敵愾心を燃やし、大助に掴みかかろうとします。

三十郎が機転を利かせ、3人と相撲を取るなどの仲を取り持とうとします。

 

 

やはり、気性が荒いですかね、稲さんの息子は。

それに比べ、おこうさんの息子は、穏やかな人柄のようです。

 

関連記事⇒大山真志が真田丸で真田信政のキャストに!激しい気性どう演じる?

関連記事⇒真田幸昌(大助)最期まで幸村と運命を共に!真田丸のキャストは浦上晟周!

 

 

この間に幸村は、野戦の経験が多い繁誠に相談を持ちかけます。

敵陣に馬で突入し、大将の首を狙うには、どの武器が最も有効か、と。

 

 

幸村は、最後の決戦に相応しい武器を探しているようでした!

 

「ならば、鉄砲が一番だ」

繁誠は鉄砲の長所と火縄銃に特有の欠点をあげ、

ふと、不吉な予感に襲われ黙り込むのでした。

 

 

 

千利休の馬上筒(ばじょうづつ)

堀田作兵衛(藤本隆宏)は、大阪城の庭を借り、畑をつくっっていました。
しかしここは、千利休の茶室が建っていた土地だったのです。

 

幸村が帰ってきた丁度その時、作兵衛の鍬が何かを掘り当てます。

 

堀出した桐の箱には、利休の刻印が打たれ、
中には銃身が短く、不思議な形をした小型の銃が二挺入っていました。

 

 

堺の商人だった利休が、南蛮人から手に入れた銃かもしれません。

 

作戦本部に行き、毛利勝永(岡本健一)に見せると、
銃に火打ち石がついた、「馬上筒」だといいます。

「いちいち火縄に火をつける手間がかからないので、馬の上からでも撃てる。」
新式の銃でした。

 

 

大野治房の暴走

牢人たちは、入城した際に豊臣家から貰った支度金が底をつき焦っていました。
しかし、豊臣家も蓄えが乏しくなっていたのでした。

 

幸村は評定に集まった豊臣家上層部に対し
「次の戦に勝てば、徳川からご領地を奪い返すこともできます」
といい、励まします。

 

そんなときです、大野治房(武田幸三)が
勝手に蔵を開け、配下の牢人たちに金銀を与えるという事件が起きたのです。

 

大勢の牢人たちが、我慢を強いられている時に
一部の者達だけに、金銀を配ったのでは他の者達の不満が噴出しかねない。

 

そう考えた秀頼は、全ての蔵を開け牢人たちに応分の金銀を分け与えます。

 

ところがこれが裏目に出てしまいます。

牢人たちは、手にした金で新しい武器を買いに走ったのです。

 

 

更にまずいことに、大野治房がまたもやしでかしました!

母・大蔵卿局(峯村リエ)とともに、たまらんキャラです!

 

何と治房は牢人たちを指図して、徳川が埋めた堀を掘り返し始めたのでした。

これはまずい!wwwまずいです!

 

 

 

徳川家康には、京都所司代・板倉勝重から細かい報告がなされていました。

 

牢人が武具を増強していること、

大野治房が牢人たちに金銀を配ったこと、

大野治長と大野治房兄弟が、これが切っ掛けで仲違いしたこと。

全て、報告されていたのでした!

 

 

家康は、すぐに大砲の鋳造、銃・弾薬・火薬の大量購入を命じています。

さらに、大阪に米が入らないように手配します。

この機会を手ぐすね引いて待っていた家康でした。

 

 

 

幸村が兄・信之に宛てた手紙

江戸の真田屋敷にいる信之の元に幸村からの書状が届きます。

書面には、信吉・信政と対面した喜びと
すえの行く末を案じる親心が綴らられています。

 

 

書状に目を通した信之は、

「弟は死ぬ気だ。恐らくは、大御所様と刺し違えるつもりであろう。」

 

こういうと立ち上がり、大阪に行くと言い出します。
大阪に行き、幸村を思い止まらせなくては!

 

 

 

Sponsored Link

 

幸村が手にした馬上筒とは?

千利休の茶室が建っていた土地から、偶然発見された馬上筒。

起源は16世紀後半ヨーロッパといわれています。

 

17世紀はじめに、製造が盛んになり、日本へも渡ってきたのでしょう。

堺の商人・千利休が所有していたのだとしたら、ルソン助左衛門が持ち込んだのでしょうか!?

関連記事⇒呂宗助左衛門と松本幸四郎の本名は?黄金の日々と真田丸で秀吉に献上した壺の謎!

 

 

馬上筒は火打ち石を発火する方式のもので、
ピストルのように打ち金を起こして引き金を引きさえすればよかったのです。

 

片手で操作が可能であるため、馬上での射撃が容易だったのです。

ただし、1回1回弾込の必要がありますから、チャンスはただ1回です。

でも、馬上の武者が入れ替わり撃ち続けたら強力な武器になりますよね!

 

 

馬で疾走しながら新式銃で家康を狙い撃ち!
カッコいいですね~~!

 

 

 

まとめ

又兵衛が家康に夜討をかけます。
しかしこれは、幸村の策略でした。

わざと有楽斎に、情報を漏らします。

それと知らずに有楽斎は家康に密書を送ります。

 

情報が漏れたことを逆手に取り、
佐助を使って、家康暗殺を企てていたのです。

と同時に有楽斎には、今すぐ大阪城から立ち去るよう、刀を抜いて言います。

 

佐助は、一世一代の大仕事を前に、きりちゃんに求婚します。

切なる願いだったのでしょうね。

ピュアな佐助!

しかし、思いは叶わず、佐助が仕留めたと思ったのは、家康の影武者でした!

 

 

 

幸村は、新たな砦を二つ築き、その砦の間を空堀でつなぐことを提案します。
普請に時間がかかるため、牢人たちの家族を城内に出入りさせる事を提案します。

 

そして、幸村自身も懐かしい人々との面会をします。

大助を連れ、甥の信吉・信政、懐かしい家臣の面々と再会します。

そして、義兄の小山田繁誠に、武器の相談をします。

 

 

作兵衛が偶然にも掘り当てたのは、千利休の刻印が入った桐の箱でした。

中には馬上筒が!

それを毛利勝永に見せ、仕組みや利点を聞き出す幸村でした。

 

 

真田丸は壊され、堀を埋め立てられても、牢人達は戦いたいようです。

大野治房の一連の行動は、家康にも報告されていました。

この機会を逃す家康ではありません。

 

一方信之は、弟・幸村からの書状を読み幸村が死を覚悟していることを察知します。

立ち上がり、「大阪に行かねば!」

どこまでも、弟・幸村の身を案じる信之でした!

 

 

真田丸49話は「前夜」です。
いよいよ、「大阪夏の陣」が迫ってきましたね。

大好きな仲間たちが次々と倒れていきます!
切ないですね。

 

では、最後までお読みいただき有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ