真田丸47話ネタバレ&あらすじ「反撃」!女たちのバトル勃発!

sanadamaru47wanetabare

真田丸47話「反撃」のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

淀殿茶々様の居室めがけて、1発の砲撃が命中しました!

無残にも犠牲になった侍女たちの姿を見て

和議に傾く淀殿茶々様でした。

 

真田丸47話では、徳川方が阿茶局

豊富方は茶々の妹・初と大蔵卿局が交渉に臨みました。

 

一方、信之の周囲にも、女たちのバトルが・・・。

 

 

関連記事⇒真田丸46話ネタバレ&あらすじ「砲弾」!幸村と信尹、今生の別れ!

 

Sponcored Link

真田丸47話「反撃」ネタバレ&あらすじ

 

現代なら、しくじり先生に出演できる片桐且元!

世の中、「こんなはずじゃあなかったのに」と
思うことってチョチョイありますよね。

この時の、片桐且元(小林隆)も
同じ気持ちだったでしょうね・・・。

徳川方が放った大筒・カルバリン砲の一撃が
淀殿茶々様の居室近くに命中したことを聞いた時の驚き!

 

茶々を避けて攻撃するために居室の場所を教えてほしい。

 

家康(内野聖陽)にこう言われ、すっかりそれを信じた且元でした。

 

戦の最中にこんなことを言われて信じるほうがどうかしていますが、
そのくらいでないと、しくじり先生には出ることができません(笑)

大河ドラマ真田丸には、何の関係もない番組の話はこのくらいに。

 

結局この半年後に片桐且元は病死します。

 

というか、正確に言うと大阪夏の陣で
淀殿茶々様と秀頼公が自害して、20日後に亡くなります。

 

 

内通者の疑いをかけられ、暗殺されそうになり
大阪城を退去したのですから、仕方なかったのすけれど・・・。

関連記事⇒片桐且元の死因は殉死?その生涯を追い能力や評価と子孫をまとめた。

 

 

大阪冬の陣の和議・豊臣家

幸村(堺雅人)は、徳川は和睦と引き換えに
大阪城から牢人を一掃させ、その上で本格的に攻撃してくるだろう。

そう考えていました。

 

 

秀頼(中川大志)の居室で行われた評定で
幸村は少しでも豊富方が有利になるような和睦案を提示します。

 

・牢人たちにそれなりの扶持を与え、豊富の家臣とすること。

・淀殿茶々様が人質として江戸へ下る。

・秀頼が大阪城を出ていずれかに国換えをすること。

 

 

この和睦案を徳川方に提出しました。

 

大阪冬の陣の和議・徳川方

豊富からの和睦案をみた秀忠(星野源)は不満気です。

和睦することなど無い、という秀忠に

本多正信が言います。

「和睦と見せかけ、敵を丸裸にしてしまう。それから総攻め。」

徳川方からみれば、豊臣家を滅ぼすための策略は、すでに出来上がっていたのでした。

 

 

徳川方は、秀頼の転封先を、
四国ではなく、関東の安房と上総にして大阪城に書状を返しました。

 

 

 

和睦交渉、徳川対豊富。女のバトル勃発!

百害あって一利なしとは、
今の大蔵卿局(峯村リエ)にピッタリの言葉!

北政所・寧様(鈴木京香)が去った大阪城内で権勢を振るった人です。
大野治長・治房ら兄弟の母で、淀殿茶々様の乳母でもあります。

関連記事⇒淀殿茶々様の生涯と性格は?北の政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

徳川からの返書を受けて

幸村は徳川との和睦交渉に、
淀殿茶々様の妹、初・常光院(はいだしょうこ)を推します。

 

内通の疑いがある織田有楽斎(井上順)を外すためと、
こちらが交渉に女性を立てれば、徳川方も女性を立てるであろうという見方からでした。

関連記事⇒真田丸45話感想まとめ「完封」!内通者は有楽斎だけではなかった!

けれども、初はどこか心もとなく感じ、
大蔵卿局は徳川から手玉に取られかねない
そんな気がした幸村は、きり(長澤まさみ)を初の付添とすることを提案します。

 

幸村に面倒なことを頼まれたきりは、
仕方なく、嫌々ながらも承知します。

 

 

阿茶局VS初&大蔵卿局&きりちゃん!

女たちのバトルはどちらに軍配が上がるのでしょう!?

 

慶長19年(1614年)12月18日、とある寺で行われた和睦交渉。

徳川方の交渉役・阿茶局(斉藤由貴)が取り仕切る形となりました。

やっぱりね!予想通りの展開です。

関連記事⇒斉藤由貴が宗教婚した夫との仲や子供は?真田丸では阿茶の局のキャスト!

 

牢人たちの扶持のために、領地を増やして欲しいという初の申し出に対し、
す~っと話を変える阿茶局でした。

そして、牢人嫌いの大蔵卿局に向かって、こう言い放ちます。

「真田丸は取り壊し。ついでに、堀も埋めてしまいましょう。
 お城が裸になれば、いくら牢人たちの面の皮が厚くても、
 出ていくしか無いと思われませぬか?」

これを聞き、すっかり意気投合した阿茶局と大蔵卿局。

 

 

真田丸も堀もなくし、牢人たちもいなくなった大阪城で
一体どうしようと思ったのでしょうね、大蔵卿局は・・・。

 

阿茶局の思う壺にはまった、大蔵卿局でした。
もうこの人、徹底的に悪役。最終回までこの悪役振りは続きそうです。

 

 

壊されていく真田丸と幸村の夢

和睦は二十日に成立し、豊富の領土の安堵など
五ヶ条にまとめた内容が書面にされていました。

あまりに豊富方に都合がいい条件を不審に感じた幸村は、交渉内容をきりに確かめます。

書面には、堀の埋め立てと、真田丸の撤去が記されていない事が判明します。

事情を調べている間に、真田丸の撤去が始まりました。

幸村と治長(今井朋彦)は、
秀頼の前に大蔵卿局を呼び出し、無断で工事を許可した理由を問いただします。

「戦は終わり、あのようなものは無用の長物」

大蔵卿局は声高に言い放ち、

織田有楽斎も満足げな表情でした。

 

 

家康の真の狙いを知った幸村でしたが、何もかもあとの祭りでした。

もはやこの戦、勝ち目はなくなった・・・。

作戦本部で、幸村は牢人たちに頭を下げました。

 

 

痛恨の極みだったでしょうね。
勝機はいくらでもあったのに、ことごとく大蔵卿局と有楽斎にぶち壊されましたね。

豊富を勝たせるために大阪城に入った幸村の夢はこれにて潰えたかに見えました。

 

部屋に戻っていた幸村のもとに
又兵衛(哀川翔)ら、牢人たちと木村重成(白石隼也)、大野治房(武田幸三)が集まってきました。

 

 

早く策を立ててくれよ、

あなたは勝つためにここへ来られたのではないのですか?

など、口々に幸村を励まします。

 

そこへ、秀頼が大野治長とともにやってきました。

「望みを捨てぬものにだけ、道は開けるとそなたは言った。私は、まだ捨ててはいない。」

幸村の手を握り、反撃への気概を示す秀頼なのでした。

 

又兵衛達が鬨の声を上げました。

 

女たちのバトルはここでも勃発していた!

あ~世にも恐ろしいことになっっています!

あの鬼嫁、ではなく賢夫人・稲(吉田羊)が
何と、おこうさんまで連れて、小野お通(八木亜希子)の元へ!?

 

そうです、信之(大泉洋)の様子が、
なにやらおかしいと思った稲は、信之の後をつけたのでした!

忍者みたいですね!

関連記事⇒小松姫・真田信幸の正室は容姿端麗で賢夫人!真田丸でのキャストは吉田羊。

 

お通さんの前では、泣き言をいえる信之。

唯一の癒やしのひと時でしたが、

三角関係ならぬ四角関係ですから、ややこしい!

 

 

きっと、稲はキリッとした口調で言いますね。

「殿、そこまでご執心であれば、いっそのこと側室にお迎えなさいませ。」

さあてと、色々と気苦労が多い信之お兄ちゃん。

お通さんとの逢瀬の言い訳には、

幸村とのことを使いますかしらね・・・。

関連記事⇒小野お通とは実在の人物か?真田信之や千姫との関係を紐解く!

 

 

Sponsored Link

 

大阪冬の陣の和議交渉は何度も行われていた!

大阪冬の陣の和議交渉ですが
ドラマでは、いかにも大蔵卿局が阿茶局にしてやられた、という感じですね。

 

しかし、史実では交渉は数度に渡って行われ、
朝廷からの干渉もあったようです。

 

それでも、家康は終始、徳川方主導で和議交渉を行っています。

 

大軍を擁しての大阪の陣、
徳川方は兵糧不足、豊富方は兵糧と弾薬不足、
双方ともに停戦しなければならない事情は有ったわけです。

 

真田丸の戦いが行われたのが12月4日です。
15日に淀殿茶々様が、自分が人質になるかわりに、
牢人衆の加増を申し込み、これを拒否した家康が
16日から大阪城への砲撃を始めたのです。

 

 

そして、17日には朝廷から
後陽成上皇より、和議を勧告する使者が送られますが家康はこれをも拒否します。

 

最終的には18日に徳川方の京極忠高の陣において
家康のの側近・本多正純、阿茶局と
豊富方の使者・初/定光院との間で行われ、
19日に講和条件が合意し、20日に和平が成立しています。

 

 

講和内容は

豊富方より

・本丸を残して二の丸、三の丸を破却、外堀を埋めること。

・淀殿を人質としない代わりに、大野治長、織田有楽斎より人質を出すこと。

徳川方より

・秀頼の身の安全と本領の安堵。

・城中諸士についての不問。

双方がこの条件を呑み、和議が成立しました。

これにて漸く、家康は大阪城への砲撃をやめています。

 

 

わざわざ交渉の場に、側室の阿茶局を呼び寄せたのは

豊富方の使者・初(常光院)と、女同士で話をさせる目的もあったかもしれませんね。

 

 

ドラマの面白さとしては、

きりちゃんや大蔵卿局が出て来たほうが、

より一層、イラッとして面白いです!

 

 

まとめ

大阪冬の陣もついに和議へと向かうことになりました。

幸村は、交渉役として内通が疑わしい織田有楽斎を外し、

茶々の妹・初(常光院)を立てることを勧めます。

 

そして付添として、きりを同席させることも申し入れました。

大蔵卿局も同伴します。

 

 

幸村の読み通り、豊富方から常光院を出したため、

徳川方は、家康の側室・阿茶局を立てててきました。

 

 

ここに、女のバトル勃発か!?

いえいえ、阿茶局は恐ろしく有能な女性です。

 

 

すっかり、大蔵卿局を取り込み、

いつの間にか和議交渉を終わらせていました。

 

 

いかにもすんなりと受け入れられた和議交渉。

内容は豊富方に都合のいいものでした。

 

 

しかし、家康の真の狙いは、

真田丸の撤去と、大阪城の堀を埋め立てることにあったのです。

 

 

大蔵卿局に問いただしている最中にも、

真田丸の撤去が始まりました。

 

豊富方の勝利が絶望的なったという幸村を

他の牢人衆や秀頼が励まします。

反撃する気概は失っていなかったのでした。

 

一方、信之お兄ちゃんはというと、

想い人・お通さんのところで寛いでいるところに

稲とおこうが突入してきます!

 

 

こちらも、女たちのバトル勃発です!

どうなるのでしょう?

はやく視聴したいですね!楽しみです。

 

 

では、本日も最後までお読み頂き有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “真田丸47話ネタバレ&あらすじ「反撃」!女たちのバトル勃発!”

  1. ワイナリー より:

    はじめまして。

    ちょっと気になったのですが「豊富」ではなく「豊臣」が正しいのではないでしょうか?過去の記事でも「豊富」の表記が多い様なので・・・野暮な指摘だったらすみません。

    • みるる より:

      こんにちは!
      ワイナリー様、ご指摘ありがとうございます。
      本当ですね。お恥ずかしいです。ご指摘をいただくまで気付きませんでした。
      多分、ほとんどの記事で豊臣を豊富と表記していると思います。
      いつもながらですが、そそっかしくて困っちゃいます。
      今後気をつけます。
      私の拙い記事をお読みいただき、さらにコメントまで下さって有難うございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ