真田丸46話ネタバレ&あらすじ「砲弾」!幸村と信尹、今生の別れ!

sanadamau46wakosiwonukasucyacya

真田丸46話「砲弾」のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

 

幸村の見事な軍略で真田丸の戦いは大勝利に終わりました!

 

しかし、徳川家康は

「次の手を考える」

と言い残し、茶臼山の陣を去っていきました。

真田丸46話では、幸村に忍び寄る調略の手と

衝撃の大阪城への砲弾攻撃が始まります!

 

関連記事⇒真田丸45話ネタバレ&あらすじ「完封」!幸村の馬印は黒四方!

 

Sponcored Link

真田丸46話「砲弾」のネタバレとあらすじ

“待ち”の姿勢の幸村と姉を救いたい茶々の妹・初

幸村(堺雅人)の見事な戦いぶりに感服した秀頼(中川大志)。

その勢いのまま、何故茶臼山の家康に総攻めを仕掛けないのかと問います。

 

 

それに対し、幸村は

ただ戦に勝てばいいというものではないことと、

いかに味方の命を損なわぬかが大切。

今こそ守りに徹するべきだと主張します。

 

徳川が大軍で攻めてもびくともしなかった

大阪城を見て、徳川を見限り豊富に付くものも出てくるはず。

幸村は、攻めに転じるのはそれからだと言います。

 

幸村の進言を真摯に受け止める秀頼でした。

 

幸村が淀殿茶々様の居室に向かう途中、

浅井三姉妹の中の妹・初(はつ/はいだしょうこ)に出会います。

初は若狭の大名・京極高次に嫁ぎ、

高次亡き後は常光院(じょうこういん)と名乗っていました。

初は、心から姉・茶々を心配していました。

「私には、あの人が死にたがっているように思えてならないのです。

 心のどこかで、この城が焼け落ちるのを待っているかのような・・・。」

そして、姉を救って欲しいと幸村に頼みます。

 

浅井家の姉妹は、仲が良かったことで有名です。

この心配も心からのものでしょう。

しかし、初の心配は現実のものとなってしまいます。

関連記事⇒淀殿茶々様の生涯と性格は?北の政所との関係や秀頼の父親が誰か考 察した!

 

 

幸村に伸びる調略の手

一方の徳川家では、真田丸の戦いで大敗した後の策が練られていました。

大敗に苛立つ秀忠(星野源)は、

総攻めを仕掛け、一気に城を落とそうと言い出します。

 

 

これを聞いた家康は、さぞ苦々しい顔をしていることでしょう。

 

早く豊富を滅ぼさねば、

徳川の二代目は英邁な秀頼に手酷い目に合わされると思ったことでしょう。

 

 

すかさず本多正信が言います。

戦は勝てばいいというものではなく、

いかに兵を損なわずに、城を落とすかが肝要、と。

 

 

奇しくも両軍の戦巧者は、同じ考えをしていました。

そこへ、家康に呼ばれて真田信尹(栗原英雄)がやってきます。

 

 

家康が信尹を呼んだ理由は、

「真田左衛門佐を調略せよ。」

でした。

 

 

幸村の人柄を幼いころより熟知している信尹は、

左衛門佐幸村が寝返ることは、まずない、と断ります。

 

 

しかし、この戦で幸村を死なせるのは惜しい

という家康の一言で気が変わります。

 

 

信尹は、ただ幸村に会いたくなったのかもしれません。

 

深夜、佐助(藤井隆)の手引で、

信尹は大阪城に入ります。

 

 

幸村と信尹が膝を交えるのは二十余年ぶりのことでした。

酒を酌み交わし、一族の近況などを語り合い、

帰り際に1通の書状を手渡します。

 

徳川家康からの書状だといいます。

 

信尹は、書状には幸村が徳川方に

寝返ったときの褒美が書いてあるが、

読まなくていいと言いながら手渡します。

 

 

幸村は、その書状を読まずに破り捨てるのでした。

 

 

それでいいと、幸村の肩に手を置き、信尹は帰ってゆきました。

 

 

戻った信尹は、家康に一言。

「調略、不首尾に終わりました。」

平然と言ってのける信尹の豪胆さに、

「さもあろう・・・。」

という表情の家康。

 

 

家康は、信尹のこういう気質もまた気に入っているようでした。

 

 

幸村と信尹の今生の別れが

徳川への寝返り工作、調略だったとは皮肉なものですね。

けれども、最後に語らうことができて良かったです。

 

 

 

織田有楽斎、内通者としての本領発揮!

幸村の調略には失敗しましたが、

すでに家康は別の手立ても講じていました。

 

とある寺で、本多正純(伊東孝明)と織田有楽斎(井上順)が会っていました。

正純は言います。

「大御所様は、和議を望んでおられる。」

 

 

何食わぬ顔で大阪城に戻った有楽斎は、

秀頼の居室で評議を開きます。

そして、今こそ和議を結ぶべきであると主張したのでした。

 

 

幸村は、これに反論しますが、

有楽斎は大蔵卿局(峯村リエ)を懐柔しにかかります。

 

 

負けてから和議を請えば、家康の思うつぼ。

和議の機会は今しかないと説得され、大蔵卿局の心は和議へと傾きます。

 

 

今少し様子を見たい、と秀頼は言い、結論を先延ばしにしました。

 

 

しかし秀頼は、有楽斎や大蔵卿局に押し切られる形で和議を決めます。

これを聞いた幸村は、事態を打開するため

淀殿茶々様の元へ力を借りに行きます。

 

 

淀殿茶々様は、幸村とともに秀頼の居室を訪れ

幸村の意見従うように勧めます。

「そなたを産んだのは誰じゃ。我こそが、この城のまことの主ぞ。

 断は私が下します!」

母は強し・・・。

 

 

 

淀殿茶々様の居室に打ち込まれた砲弾

淀殿茶々様の命で、和議を結ばないことに決した翌朝でした。

家康の本陣には英国製の最新鋭の大筒・カルバリン砲が運び込まれたのでした!

 

 

この大筒を間断なく大阪城に打ち込むことで

淀殿茶々様らを神経衰弱に陥れることが狙いです。

 

これまで見たこともないような破壊力と轟音。

砲弾は大阪城の天守閣を直撃し、

淀殿茶々様がいる奥御殿も狙い撃ちされたようです。

 

何しろ、徳川方には、大阪城を知り尽くした片桐且元がいます。

関連記事⇒片桐且元の死因は殉死?その生涯を追い能力や評価と子孫をまとめた 。

奥御殿は屋根や天井が瓦解し、

多くの侍女たちが瓦礫の下敷きとなって死んでいきました。

 

淀殿茶々様の脳裏には、

幼いころに身に沁みていた落城の恐怖が蘇ったに違いありません。

 

 

Sponsored Link

 

信尹と幸村の会談は史実!

真田丸での幸村の戦いぶりを高く評価した家康は

本多正純を通じて、幸村を徳川方に寝返らせるよう命じます。

 

 

本多正純が真田信尹を通じて

幸村を寝返らせるよう、実弟・本多政重に命じた書状が現存しています。

 

 

金沢本多家所蔵文書にある内容は、

真田信繁殿が徳川家に忠節を誓うように、調略を仕掛けるように。

そのために、真田隠岐守信尹殿とよく相談するように。

信繁の待遇については、自分が請け負うこと。

真田信尹と自分は分け隔てない間柄なので、相談するように。

などなど、自筆で記されています。

 

 

本多正純は、幸村の調略に

1万石あるいは10万石の大名に取り立てると、破格の待遇を持ちかけたようです 。

 

 

これに対して信繁は、

大阪の陣の和睦が決まったならば、

1千石で仕えてもいいと返事をしているよう です。

 

秀頼公の安全が確保されるのであれば、

という気持ちがあったのでしょう。

 

 

しかし、正純は和睦締結前の幸村の寝返りを求めていました。

ついには、信濃一国を与えるとまで言い出します。

 

 

これが幸村の怒りに火をつけたのでした。

徳川は、秀頼公を生かす気がない。

そう気づいた幸村は、調略を断固拒んだのでした。

 

 

夜陰に乗じて、幸村との面談を遂げた信尹でしたが、不首尾に終わりましたね。

けれども、これで幸村と叔父・信尹は

今生のお別れができました。その点は良かったですかしらね。

 

 

まとめ

真田丸での勝利の勢いのまま、徳川勢を攻め立てたい秀頼。

 

しかし、幸村は守りに徹するときだと、秀頼を説得します。

 

大阪城に淀殿茶々様のすぐ下の妹・初が訪れていました。

姉を心配した初は、幸村に淀殿茶々様を救って欲しいと頼みます。

 

そのような折、徳川家康は真田信尹を使って

幸村を徳川方に寝返らせようとします。

しかし、幸村は徳川からの書状を読まずに破ってしまいます。

 

信尹の幸村調略は不首尾に終わりました。

 

家康は、幸村の調略以外にも策を講じていました。

予め潜り込ませていた徳川の内通者・織田有楽斎を通じて和議を勧めさせます。

 

有楽斎と大蔵卿局に説得され、一旦は和議に決しますが、

そこは、淀殿茶々様が押しとどめます。

 

 

そんな折、イギリス製、最新の大筒が大阪城に打ち込まれます。

 

淀殿茶々様達が経験したことのない破壊力で

奥御殿に命中し、多くの侍女たちが瓦礫の下敷きになり犠牲になったのでした。

 

幸村調略のために、真田信尹が動いたことは史実です。

家康が本多正純に命じ、本多正純が実弟・本多政重に命じた。

少しややこしいですけれど。

自筆の書状が残っています。

 

 

ドラマでは、幸村は書状を読まずに破り捨てていますが、

史実では、かなりしつこく寝返り工作が行われたようです。

 

しかし、そのことが幸村の怒りに火をつけ

大阪夏の陣での決死の覚悟に繋がってゆくのでしょう。

 

 

真田丸も、12月18日の最終話まで残り4話ですね~~!

すでに寂しい気持ちがします。

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ