真田丸43話ネタバレ&あらすじ!「軍議」茶々の一声で覆る!

真田丸43話のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

sanadamaru43netabaretaitoru

 

真田丸43話では、いよいよ徳川との決戦に向けての軍議が開かれます。

そこで繰り広げられる軍議は、

籠城策を唱える譜代衆と

ただ一人、城外へ打って出る策を打ち出す幸村との舌戦!

決断は秀頼に委ねられます。

が、しかし・・・!

 

Sponcored Link

真田丸43話ネタバレ&あらすじ「軍議」

片桐且元、徳川家康の元へ

家康(内野聖陽)は、京の二条城に入りました。

そこへ、大阪城を追われた片桐且元(小林隆)が接見を求めてきました。

家康にとっては、計算通りでした。

満面の笑みを浮かべ、且元を迎え入れます。

「これからは、わしのもとで働いてくれ。」

という家康の言葉を受けて、

「私のような者でお役に立てるのであれば。」

 

且元の真意は、本当はまだ豊富に有ったに違いありません。

しかし、寄る辺のない今となっては、致し方ありません。

 

 

作戦に乗った豊富方が愚かだっただけです。

家康は、且元に大阪城内の兵糧や、城がどれくらい持つかを聞きます。

且元は絞り出すような声で言います。

「持って半年・・・。」

関連記事⇒片桐且元の死因は殉死?その生涯を追い能力や評価と子孫をまとめた。

 

 

籠城か、城外に打って出るか、「軍議」始まる!

大阪城の大広間では、秀頼(中川大志)を上座に据えて軍議が開かれています。

 

 

大野治長(今井朋彦)、織田有楽斎(井上順)、木村重成(白石隼也)

そして、幸村(堺雅人)を含めた大阪牢人五人衆の面々。

関連記事⇒真田丸42話ネタバレ&あらすじ「味方」!大阪牢人五人衆の結束

 

大野治長は、まず木村重成に意見を求めます。

 

重成は、徳川勢が20万の大軍で

大阪方の倍以上であること、

徳川家康が野戦の名人として名高いことから、

籠城戦を推します。

 

 

これに、大阪牢人五人衆のうち、

幸村以外は同意します。

 

 

幸村は、籠城戦は援軍が来るまでの

時を稼ぐものであり、援軍が見込めないこの度の戦では、討って出るべきだと主張します。

 

 

戦を城からなるべく離し、

大阪、京、伏見、大津、上方全てを戦場にすることで、徳川の戦力を分断する考えでした。

 

そこで、織田有楽斎の脳天気な発言に、幸村はブチ切れます!

織田有楽斎

「籠城で良いのではないか。

 そうこうするうちに、家康が死ぬ。それを待つ」

真剣に戦う気がないこの発言!

 

さすがの幸村も、これには一発かまします!

 

幸村

「考え抜いた策を、ろくに吟味もせずに退けられたのでは、やる気も起きませぬ。

 九度山に帰ることにいたす。 御免」

 

 

軍議の場から立ち去る幸村でした。

しかしこれは、あくまでも幸村の策の一つ。

父・真田昌幸であれば、

きっとこうしただろうという考えのもとの行動でした。

 

 

さすが!ただブチギレたわけではないのです!

 

 

父・昌幸から授けられた戦略

幸村の思惑通り、木村重成が呼びに来ます。

 

 

軍議の戻った幸村は、おもむろに地図を広げます。

そして、昌幸から授けられた戦略を、現状に即した形で披露します。

 

 

そうです、真田安房守が九度山で編纂した(?)

あの、なぞなぞみたいな、兵法奥義を実践に即した形で、練り上げていたのです!

「まずは、伏見城を攻略し、そこを出城として、二条城へ攻め込む。

 そして秀忠が到着する前に、家康の首を取る!」

 

 

そして、別働隊は大津を占拠し、近江を支配下に置く。

さらに、京に入る要所・瀬田と宇治の橋を落とす。

これにより、秀忠率いる徳川本軍の進攻を妨げる。

さらに策は続きます。

 

昌幸パパ(草刈正雄)が、戦略を語っていたときの様が思い出されますね!

関連記事⇒真田丸38話感想まとめ!「昌幸」兵法奥義現存している?最期まで戦国武将!

 

 

ここまで優勢に戦った後は、

徳川方についてきた豊富恩顧の大名達の気持ちが揺らぐに違いない、と幸村は言います。

 

 

そして、伊達や上杉が味方についたら

秀忠勢を、背後から襲わせるのだといいます。

 

 

 

もしこの策を採っていたなら・・・。

ひょっとしたら、大阪方豊富勢は、徳川に勝利していたかもしれませんね!

 

幸村の戦略は自信に溢れ、誰も反論の余地がありませんでした。

 

ところが、沈黙を破ったのは後藤又兵衛でした。

又兵衛

「やはり籠城だ!

 話しが大きすぎてついていけねえんだよ!」

たぶんまた、あのだみ声で叫ぶことでしょう・・・。ヤレヤレ・・・。

 

 

そして軍議は、籠城策に傾く中、毛利勝永が一声。

勝永

「話が大きすぎて、俺はそこが気に入った!」

秀頼も興味を示したところで、有楽斎が軍議を休憩に持ち込みます。

 

 

大阪牢人五人衆それぞれの思惑

幸村は、勝永を庭に誘います。

勝永は大阪城に入った理由を語り始めました。

勝永

「俺は、己の力を試してみたかった!家康の首は俺が取る!」

勝永は、功名が目的で入城したのでした。

幸村は、後藤又兵衛に目をやり、又兵衛が籠城にこだわる理由をきいてみます。

勝永

「あいつは、あんたの意見に従うのが嫌なだけだ。」

 

本当でしょうかね?

この大事な時に。自我むき出し。

まず、戦に勝利することを考えねば!

と、幸村は思ったことでしょう!

 

 

勝永は、長曽我部盛親や明石全登が籠城に賛成する理由は知らないようでした。

 

幸村は、長曽我部盛親と明石全登にも、思いを聞くことにしました。

 

 

明石全登は、大野治長から幸村の策に乗るなと、牽制されてい事を話します。

そうすれば、今後キリシタンの布教に便宜を図る、と。

 

 

大野治長は、長宗我部盛親にも同様の牽制を行っていました。

「長宗我部の家を再興すること。」

これが盛親の悲願でした。

 

これでは最初から、内部分裂ですよね。

参謀のはずの大野治長がこれですから、前途多難。

最初から、ズタボロの大阪城内です!

 

幸村は、勝たなければ望みは全て潰えてしまうと述べ、城を出て戦う重要性を説きます。

 

 

軍議が再開されると、

明石全登達牢人衆も、木村重成までも、幸村の意見に賛同します。

ところが、最後まで後藤又兵衛だけは、

「俺は天下の後藤又兵衛だ。天下一の城を枕に討ち死にするって決めたんだ」

駄々をこねるこねる!(笑)

 

 

これには、幸村の信念の炎が燃え盛り、魂の一言を発します。

後藤又兵衛を見つめながら、

ここにいる牢人たちは、生きる望みを持って集まってきたこと。

それぞれ入城の目的は違っていても、

だからこそ強いし、ここに死に場所はないのだと。

「死にたいのなら、徳川につくべきだ。」

この言葉に、軍議の場にいた誰もが感動しました。

 

 

幸村は、戦に勝って生き延びて、それぞれの目的を達成しよう!

そう言い、希望の旗印を掲げたのです!

 

秀頼は、晴れ晴れとした表情で軍議を決裁します。

 

秀頼

「決めた。籠城はせぬ。打って出よう!」

 

 

Sponsored Link

 

茶々の一声で覆る、秀頼の決断!

幸村が軍議の場にいる面々を、ようやく説得し

秀頼も納得したこの策に、難色を示したのは、他でもない淀殿茶々様でした!

 

 

茶々

「この城にいれば、徳川は手出しできません。

 籠城です。それしかありません。」

この期に及んで・・・。お姫様育ちですから、仕方ないですかね。

秀頼に対する偏愛が、道を見誤らせたのでしょう。

関連記事⇒淀殿茶々様の生涯と性格は?北の政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

希望の策だった幸村の戦略を、

いとも簡単に覆したのは、淀殿茶々様でした!

 

 

これを聞いた幸村は、呆然として大阪城の天守を仰ぎ見ます。

これまでの努力は、水泡に帰したのです。

 

 

まとめ

二条城に入った徳川家康の元を

豊臣家を出奔した片桐且元が訪れます。

 

豊富の内情を熟知した、片桐且元を味方に引き入れることは、家康の戦略でした。

こうして、片桐且元は、家康に取り込まれていきました。

 

 

大阪城内では、軍議が始まりました。

籠城策を推し進めようとする

譜代家臣や、後藤又兵衛達。

 

 

それぞれの入城してきた思いを聞きながらも、

幸村は勝つための策を熱弁します。

「死にたいなら、徳川につけばいい!」

幸村の魂を込めた一言で、秀頼も城から討って出る、幸村の策を採用します。

 

 

 

ところがそこには、淀殿茶々様という、思わぬ伏兵が!

 

 

秀頼の命だけは失いたくないという、

母の盲愛が、全ての目を曇らせていました。

 

 

必死の思いで、大阪牢人衆を一つにまとめ、

右大臣・秀頼公も賛成した策を、

淀殿茶々様が覆したのです。

 

 

愕然とする幸村。

 

しかし、このままへこんではいません!

次回44話は、いよいよ、真田丸が出来上がります!

 

 

楽しみですね!

では、本日も最後までご覧いただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ