真田丸40話ネタバレ&あらすじ「幸村」!片桐且元と方広寺鐘銘事件

真田丸40話のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

sanadamaru40wanetabaretaitoru

真田丸40話から、ついに信繁(堺雅人)は、幸村と名を改めます!

 

幸村は、これから

「日の本一の兵(ひのもといちのつわもの)」への階段を駆け上ります!

そして、大阪の陣の発端となる

方広寺鐘銘事件が巻き起こります!

 

 

徳川家と豊臣家の間で奔走する片桐且元

また、胃薬の量が増えますね!

 

関連記事⇒真田丸39話ネタバレ&あらすじ「歳月」!救世主・たか&謎の人物?

 

 

Sponcored Link

 

 

真田丸40話ネタバレ&あらすじ「幸村」

明石全登、信繁を迎えに来る!

蟄居先の紀州・九度山で

貧しいながらも家族に囲まれて

日々穏やかに過ごしていた信繁(堺雅人)

 

しかし、時代は信繁をそのまま終わらせることはありませんでした。

 

 

大阪城から信繁を迎えに来たのは、

宇喜多秀家の家臣・明石全登(あかし てるずみ/小林顕作)でした。

関連記事⇒真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠、「たか」など続々!

関連記事⇒豪姫と宇喜多秀家、戦国一の夫婦愛!逃亡中に密会し400年後に八丈島で再会。

 

明石全登は

「徳川家康との戦で、豊富方の将として、一軍の采配をとってほしい」

と、告げます。

この頃、大阪城では全国の豊臣恩顧の大名や浪人に招集をかけていたのです。

しかし、大名で豊臣家に加担する者はいませんでした。

お金目当てで大阪入城する浪人たちも多くいましたが、

その浪人たちと一線を画していたのが「大阪牢人五人衆」といわれる面々です。

明石全登もその一人。

大阪の陣に命を懸けている面々です。

そんな明石全登が信繁の前に連れてきた人物は、懐かしい人!

 

 

片桐且元(かたぎり かつもと/小林隆)でした!!

 

 

苦悩する片桐且元

且元は苦渋の表情を浮かべながら、

徳川と豊富との戦は避けられない、と言います。

そして、世に名高い『方広寺鐘銘事件』の経緯を語り始めます。

 

 

大河ドラマ「真田丸」40話では、

方広寺鐘銘事件を、片桐且元が回想する、というストーリー展開になるようです。

 

 

方広寺鐘銘事件とは、

秀頼(中川大志)が秀吉の十七回忌に合わせて

方広寺の大仏開眼供養を行うことになり、

これを受けて片桐且元が、鐘に刻む銘文を、

南禅寺長老・清韓(植本 潤)に依頼したことから始まります。

 

 

この銘文の中に、

家康に対する呪詛の言葉が含まれている

徳川家が豊臣家を糾弾した事件です。

 

 

○「国家安康」家康の諱を用いたことは不敬

 

○「君臣豊楽」は、豊富を君として豊家の繁栄のみを願っている

と。

 

なんとか、これを機に

豊富を大戦に引きずり出し、滅ぼしたい家康。

 

 

関が原の戦いから14年、

虎視眈々と狙いを定め、爪を研いできた家康。

出した牙は引っ込めません!

 

 

徳川方は当然、片桐且元に弁明の余地など与えません。

家康に面会すら許されず、大阪城に戻った且元は大蔵卿局(峯村リエ)に責められます。

 

 

そして思わず提案したことが大事を招いてしまいます!

このことで、片桐且元は長年仕えた豊臣家を去ることになります。

 

この時に片桐且元は、

秀頼の領地替えや、

淀殿茶々様を人質として

江戸へ送ること等の提案をしたといわれています。

 

しかしこれらは恐らく、

徳川方から言い含められていたことでしょう。

 

 

若き日、まだ豊臣秀吉が

羽柴秀吉だった頃から仕えてきた片桐且元。

豊臣家一大事の時に、

主家を離れざるを得なくなった心中はいかばかりだったでしょう?

 

 

片桐且元が大阪城を去る日が、

豊臣家が滅亡への道を歩み始める日となります。

 

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
       👇
片桐且元の死因は殉死?その生涯を追い能力や評価と子孫をまとめた。

 

そして、大河ドラマ「真田丸」での片桐且元という人物。

三谷幸喜さんがどのように描くのでしょうか?

また、片桐且元のキャスト小林隆さんの演技も40話の見どころですね!

 

 

片桐且元は信繁に言います。

「おぬしの太閤殿下への忠義の心は、誰よりも深い。

 秀頼公のためにひと肌脱いではもらえないか」

 

 

信繁の運命を左右するこの言葉に、

すぐには返事ができない信繁でした。

 

巡り逢った人々の言葉

今の穏やかな暮らしを捨てて、

今更、大阪城に入ってどうなる?

まして、大軍を動かして合戦に及んだことなど一度もない。

運命を左右する決断を迫られたら、誰だって葛藤しますよね!

信繁だって同じ。

 

 

迷う信繁の背中を押すのは、きりちゃん(長澤まさみ)でしょう!

きりちゃんは、他の誰よりも長く、信繁に寄り添ってきました。

時々、ウザがられながら・・・。(笑)

きりちゃん、一体どんな言葉を信繁にかけるのでしょう?

楽しみです。

 

 

そして、信繁の脳裏には、

これ迄出逢った数々の思い出深い人たちの言葉がめぐります。

 

 

ババ様とり(草笛光子)の最期の言葉でしょうか?

関連記事⇒真田丸26話感想まとめ!「瓜売」ババ様とりの見事すぎる最後

 

 

上杉景勝(遠藤憲一)の言葉でしょうか?

関連記事⇒上杉景勝の人物像に迫る、第2弾!真田丸では幸村に「義」を教える

 

 

今は亡き、父・真田昌幸(草刈正雄)の言葉でしょうか?

関連記事⇒真田丸38話感想まとめ!「昌幸」兵法奥義現存している?最期まで戦国武将!

 

このお3人さんは、必ず登場するように思います(笑)。

あ、シメに、淀殿茶々様の言葉も来ますね!

 

「私とあなたは、同じ日に死ぬ。」

呪いの言葉じゃ~~!

関連記事⇒真田丸19話「恋路」感想まとめ!茶々の呪いをきりがパクリ!

残念ながら、信繁が一日早く死にますwww。

 

 

 

Sponsored Link

 

真田家伝家の宝刀“くじ引き作戦”

大阪城入城を決意した信繁。

そしてその決意の証に、自らの名前を変えることにします。

 

あれこれと、思い当たる名前を紙に書き出す信繁でした。

 

そういえば父・昌幸から

兄・信之(大泉洋)が捨てさせられた

「幸」の字をもらって欲しいといわれていたことを思い出します。

 

 

しかし、幸の後にどのような文字が良いのか迷いに迷って・・・

 

なんと、大助(浦上晟周)にくじを引かせることにします!

関連記事⇒真田幸昌(大助)最期まで幸村と運命を共に!真田丸のキャストは浦上晟周!

そういえば、大事な場面でくじ引きする習性は遺伝ですね!(笑)

 

 

そして、選んだ名前は「幸村」でした!

 

真田幸村、誕生の瞬間です!

 

 

まとめ

九度山で穏やかに暮らす信繁のもとに、

宇喜多秀家の家臣・明石全登がやってきます。

 

 

豊富方の将として、大阪城に入り徳川と戦って欲しいと頼まれます。

 

そして、片桐且元を引き合わせます。

 

片桐且元は、方広寺鐘銘事件の顛末を語り、

信繁に秀頼公のためにひと肌脱いで欲しいと懇願します。

 

すぐには返答できず、葛藤する信繁でした。

 

脳裏には、これ迄出逢った人々の言葉が渦巻きます。

 

きりの言葉で背中を押された信繁は、

大阪入城を決心します。

 

そしてその証に、名前を改めることにします。

 

なんと、その方法は「くじ引きで!」

真田幸村の誕生です!

 

今週の真田丸40話のみどころは、

何と言っても方広寺鐘銘事件でしょう!

 

 

必死の片桐且元が、追い詰められていくさまは、

少々胸苦しいかもしれませんね~~(ToT)

 

片桐且元が大阪城から去ることで、

豊臣家は滅亡へと突き進んでゆきます!

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “真田丸40話ネタバレ&あらすじ「幸村」!片桐且元と方広寺鐘銘事件”

  1. 二西一 より:

    且元「わしはイチローを殺人犯にしてしもうたぁ…」
    信繁「片桐様、それは民放の話です」

  2. 二西一 より:

    難癖をつけられた銘を考えた坊主の名前が「清韓」なんて…ある一部の国が嫌いな人にナンクセつけられそうな漢字が…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ