真田丸38話感想まとめ!「昌幸」兵法奥義現存してる?最期まで戦国武将!

真田丸38話「昌幸」の私の感想と皆様の感想をまとめてお伝えいたします。

真田丸38話「昌幸」は、まさにタイトルに相応しい内容でしたね!

 

sanadamaru38wakannsou

小野お通(八木亜希子)の登場や、

秀頼公(中川大志)と家康公(内野聖陽)の

会見など盛り沢山だったため、どうかな?

って思っていましたが心配ご無用でしたね!

 

昌幸は、最期の最期まで戦国武将らしい人でした!

でも、昌幸が信繁に託した『兵法奥義』、現存しているのでしょうか?

もしあるなら、ぜひみたいですよね!

 

関連記事⇒真田丸37話感想まとめ「信之」!大井政吉って誰?きりと出浦の今後が心配!

関連記事⇒真田丸38話ネタバレ&あらすじ「昌幸」!小野お通登場や家康と秀頼の会見な ど

 

 

Sponcored Link

 

真田丸38話感想まとめ「昌幸」私の感想

真田昌幸(草刈正雄)誇りと軍略は幸村(信繁)に受け継がれる

信之(大泉洋)とその父・本多忠勝(藤岡弘)の

必死の助命嘆願で命拾いをした昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)でした。

しかし、配流先の紀州・九度山での暮らしは、厳しいものでした。

 

 

昌幸は配流先でも、きっと近いうちに

赦免されると信じ、上田へ戻ることができる日を心待ちにしていました。

 

しかし、ついにその日が来ることはなく

失意の内に(そうでもなかった!)最期の時を迎えます。

 

真田丸38話「昌幸」を視聴するまでは、

ざっと10年程を45分の枠の中

どのように描くのだろうと興味津々でした。

 

 

でも、最初は赦免の希望を失わず

配流先でも気概十分だった昌幸が

徐々に年老いて、髪も真っ白になっていく。

 

 

もう上田には帰れないかもしれないなどと、

気弱な言葉も出るようになっていきます。

 

 

その精神的な焦燥感と、

しかし最期まで失くさなかった戦国武将の誇りに、感動しました。

本当によく描かれていたし、

演じた草刈正雄さん、素晴らしかったです!

 

信之が捨てざるを得なかった名前の一字「幸」を

信繁に授けることにした昌幸。

ここにも、真田の誇りが垣間見えます。

 

長男・信幸が捨てさせられた「幸」を

弟・信繁が受け継ぎ、大阪の陣で徳川家康の首を狙う!

 

間一髪、取り損ないますが、

今回の大河ドラマ「真田丸」は、大逆転で豊富方勝利というのはいかがでしょ う?(笑)

 

 

 

ある日、信繁は九度山村の村長(むらおさ)・長兵衛絵(木之元亮)に挨拶に行きます。

手土産まで持っていったのにもかかわらず、

村長・長兵衛の対応は冷たいものでしたね。

長兵衛

「なんでここに来なすった。

一日も早くご赦免となって、ここを去っていただきたいと、皆祈っております。」

 

信繁

「我らもそれを望むところ。」

 

長兵衛
「でなければ一日もはよう、あの世へ行ってくだされ」

本当に、敗者の悲哀をしみじみと感じた場面でした。

 

 

誇り高き真田信繁になんということを!

少々憤りながらも、村人たちの気持ちもわからんではないし・・・。

村に罪人が居るというだけで、

浅野家の兵に始終見張られて、窮屈な思いをしているでしょうから。

 

 

しかし、少しづつ変わっていくのを感じましたよね。

他の村との争い方を、昌幸に指南してもらおうと、

屋敷を訪れるようにもなっっていきます。

徐々に距離感が縮まっていたのでは?

 

このことが、これから信繁に訪れる

九度山脱出・大阪入城にどうのように関わってくるのでしょう?

これもまた見どころですね!

 

 

そして、もう一つ、これは感動しました。

村の子供達に「罪人の子」と言われしょげている大助に信繁が言った言葉です。

 

信繁

「いいか大助、父もジジ様も決して罪人ではない。流れでこうなっただけだ。

 いいか、この世の中で徳川の軍勢を相手に2度も勝ったのはジジ様だけだ。

 お前にもジジ様の血が流れている。誇りを持て!」

そうだ!大助!めげるな~~!

大谷刑部吉継様の血も流れているぞ~~!

昌幸パパのちょいワルじじいっぷりもたまリませんでしたね!(笑)

 

 

昌幸は、この後すぐ具合が悪くなり、床につきます。

九度山での10年間で書き溜めたという

兵法奥義を信繁に渡します。

そして、対徳川戦の戦略を授けます。

 

昌幸

「真っ先に尾張を攻める。そして、落としたら頃合いを見て城を捨てる。

 一旦、近江まで引く。一時でも、尾張を押さえたという事が大事よ。

 これで、日の本中の徳川に不満を持つ大名の心を掴む。

 瀬田と宇治の橋を落とし、敵の追撃を阻む。

 その間に二条城を焼き払うんだ。

 そうなれば徳川勢は大阪に攻めかかるしかない。

 それを、大阪城で迎え撃つんだ。

 戦は長引かせるだけ長引かせよ。

 その間に各地で徳川に対する反旗が上がる。

 反旗が上がれば、敵は大阪攻めだけに関わってはおられん。

 やがては、引くしかなくなる。

 負ける気がせん。」

 

死の床についても、戦国武将の気概十分!

 

そして最後の言葉は秀逸でした!

「軍勢を一つの塊と思うな。一人ひとりが生きておる。

 一人ひとりが思いを持っておる。

 よいな、ゆめゆめ忘れるな。」

これはきっと、お館様・武田信玄公からの訓育の賜物でしょう!

それを、信繁(幸村)も受け継いでゆく。

 

 

全てを言い切ったあと、

蹄の音!

「お館様~!」

馬の嘶きと去ってゆく蹄の音!

まるで、信玄公が真田昌幸をお迎えに来たような。

立派な最期でしたね。

演出も素晴らしかったですね!

 

 

表裏比興の者といわれ、

戦国の世を知恵と才覚で生き抜き

信濃の小国から大名にまでなった

真田昌幸に相応しい最期だったと思います。

 

関連記事⇒真田丸35話「犬伏」感想まとめ!韓信と昌幸は似ている?確かに!

関連記事⇒第二次上田合戦真田家同士討ちの危機!表裏比興の昌幸と信繁の機転!

 

 

 

昌幸の兵法奥義とは?現存するのか?

残念ながら、現存していないようですね。

大阪落城の折に焼失したという情報もありますが、定かではありません。

 

でも、大阪入城した幸村(信繁)は、

様々な兵法を駆使して徳川勢と戦うはずです。

「真田丸」での攻防も然り。

 

なので、『父・昌幸の教え』として、

兵法奥義の中身が披露されることもあるかもしれません。

なんだかワクワクしますね!

 

 

 

春ちゃん怖すぎ!それに比べて、きりちゃんなんだか可愛そう!

上田での思い出話を語る信繁ときり(長澤まさみ)

それを後ろで立ち聞きしている春ちゃん(松岡茉優)の雰囲気怖すぎます!(笑)

 

 

それに、春ちゃんときり、二人の会話も

段々と笑えない段階に突入してきたような・・・!

 

こういう時には、必ず障子を破る春ちゃん。

それにしても春ちゃん、いつぞやも障子破ってましたよね!

まるで3歳児のような悪戯ぶり。

 

信繁は今になって、石田三成(山本耕史)が言っていた

「苦労するぞ」

この言葉を噛み締めているのではないでしょうか?(笑)

 

 

それにしても、次週39話では

どうやら、たか(岸井ゆきの)さんが再登場します!

関連記事⇒真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠、「たか」など続々!

ん~~、くわばらくわばら~~!

恐怖の4角関係勃発となるのでしょうか!!

きりちゃんは、このままで終わるのでしょうか?

であれば、なんだか可愛そうです!

 

しかし、佐助(藤井隆)が、きりちゃんに

淡い恋心を抱いていたことが、せめてもの救い!

青年のようにはにかむ佐助が、なんだか愛おしくなりました!

 

佐助

「透破(素っ破)ですから」

 

流行りそうですね!

 

 

服部半蔵が二代目だったとは!?

演じているのは、一代目と同じ浜谷健司さんですね。

 

加藤清正公の死因は、

歌舞伎で演じられているように

毒饅頭説など諸説ありますが、

ドラマ「真田丸」では、半蔵の鮮やかな暗殺でしたね。

 

 

あの、串?の先に、じわっと効いてくる毒が塗られていたのでしょうか?

いずれにしても、徳川家康による加藤清正暗殺説を採用したのですね。

 

結局、石田三成が清正に耳打ちした言葉を

忠実に守って暗殺された、という設定になっていますね。

関連記事⇒加藤清正の生涯と熊本城の秘密!地震加藤といわれた所以と子孫まとめ

 

 

 

キラキラ・イケメン秀頼公~~!

中川大志さん演じる秀頼公のカッコいいこと!

実際の秀頼公もこのような感じだったのでは?と思ってしまいます!

 

秀頼公の立派な若武者ぶりに、

豊臣家を滅ぼす決意を新たにした家康公(内野聖陽)

能ある鷹は爪を隠して欲しいものです!!

 

 

 

史実では一度も戦場には立たないままに自害してしまう秀頼公。

このように勇ましい雰囲気では、史実通りでは済まなさそう!

いよいよラストの大阪夏の陣!

真田幸村、徳川家康の本陣に決死の突入の直前!

来た~~!

総金の旗さしもの~~!

淀殿茶々様の静止を振り切って、秀頼公ご出陣!!

 

これには、秀吉恩顧の大名もぶったまげること間違い無し!

ってこれはあくまでも、私の妄想です!

 

さて、大阪夏の陣や如何に!

もう、盛り上がりますよ~~!

妄想が膨らみすぎる!(笑)

このさい、史実なんて置いときましょうよ、三谷さん!

 

 

 

Sponsored Link

真田丸38話「昌幸」皆様の感想まとめ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

45分という枠の中で、

余すところなく真田昌幸の戦国武将らしさと真田家の誇りが描かれていました!

素晴らしい演技と演出でした!

それにしても、昌幸が残した兵法奥義!

現存はしていないようですが、

せめて兵法奥義の写しの端切れでもいいので見たいものですね!

 

本記事をご覧くださっている方の中で

ご存じの方がいらっしゃたら、お教えいただけたら幸いです。

私もさらに、真田昌幸著・兵法奥義の史料探してみます!

 

でも、次週真田丸39話「歳月」で、少し紐解かれていくのかもしれませんね。

信之と信繁が

「全部こんな感じか?」

「全部こんな感じです。」

と語っている場面。

あれはもしかして、兵法奥義のことではないかと推測しているのですが。

どうでしょう?

 

皆様の感想まとめは、相変わらず本当にうなずけるし、面白いです。

それにいつも、新たな情報もいただけるので有意義です。

「美の壺」ぜひ視聴したいと思っています!

 

 

次週真田丸39話は「歳月」ですね。

このタイトルが意味するものは、どんなことなのでしょう?

放送が楽しみですね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ