真田丸37話感想まとめ「信之」!大井政吉って誰?きりと出浦の今後が心配!

真田丸37話の私の感想と皆様の感想をまとめてお伝えいたします。

sanadamaru37kannsoukiri
37話では、真田信之(大泉洋)の命がけの助命嘆願が感動的でした。

迫力があって、本当に素晴らしい演技でしたよね!

 

でも、私が気になったのは、以下の三点。

①オーイ!で、大井政吉?誰?

②きりちゃん、嫁に行けるのかしら?心配!

③出浦様、生きていたけれど、未だ復活ならず!

 

37話は、大阪の陣に向けての真田丸の今後の布石となるような場面が多々ありました!

37話は、決別の回ではありましたが、

それと同時にもう次の展開へステップしているなんて、やはり三谷さん凄い!

関連記事⇒真田丸37話ネタバレ&あらすじ!信之、「犬伏の別れ」の誓いを守る!

 

 

Sponcored Link

 

真田丸37話「信之」私の感想

 

真田家への処遇を伝えたのは、矢沢三十郎頼幸だった!?

幼いときからいつもそばに居た矢沢三十郎頼幸(迫田孝也)。

第二次上田合戦の折に、

信之との兄弟対決を避けるために信繁(堺雅人)を裏切りました。

以来、矢沢三十郎頼幸は真田信之の家臣となっています。

なので、やむを得ないとは思いますが

敗れた昌幸・信繁の処遇を頼幸に伝えさせるなんて!

やはり、三谷幸喜さんの“S”っぷりに驚きです。(笑)

 

 

もう主従ではないけれど、心の絆は繋がっているので、切なさが身に沁みました。

 

もちろんこれ、フィクションでしょうけれど。

そして、その次のシーン。

本日の真田丸37話の肝のシーンでしたね!

 

 

真田は未だ滅びず!

場面が変わり、信繁と義兄・小山田茂誠(高木渉)が烏帽子岳を前に語り合うシーンです。

信繁

「あの烏帽子岳が3度白くなると、里にも雪が降るといわれています。ご存知でしたか?」

茂誠

「わしがいけないのだ。武田から始まって北条・真田と、わしがお仕えする家はことごとく滅んでいる。」

 

信繁

「真田はまだ、滅んでおりませんよ。大丈夫、必ず生きておられます。源三郎兄上がおりますから。」

 

静かなシーンでしたね。

まだ、生き残れるかどうか分からない段階でしたから。

けれども、信繁の言葉の中に

「真田家、まだまだ!」

という気概を感じたのは、私だけでしょうか?

 

この後、茂誠は信之と共に松代藩の礎を築いてゆきます。

天然キャラの松(木村佳乃)と優しすぎる夫・茂誠(高木渉)

出演すると、ホッコリしますね!

 

 

三河武士の真骨頂!本多忠勝さすが四天王!

 

これも見せ場でしたね~~!

日本一怖い舅が、日本一頼れる舅に大変身!

やはり、仮面ライダーだから変身しますね!(笑)

しかし、信之(大泉洋)と共に、

昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)の助命嘆願をした本多忠勝(藤岡弘)。

やはり、いい俳優さんは役に魂を吹き込みますね!

 

 

命がけでの助命が叶った後、

「殿に歯向かったのは、生まれて初めて・・・。」

徳川四天王と言われた程の重臣中の重臣。

 

 

家康がいかに真田に煮え湯を飲まされてきたか重々承知。

それでも、二人の命だけは助けて欲しいといえる主従関係!

ここが、徳川家の凄さなのかな~~!

織田家にも、豊臣家ににもない、主従の結びつき。

三河以来の主従関係には、真田ファンでも憧憬を覚えますね!

 

今回の大河ドラマ「真田丸」での

徳川家康(内野聖陽)のイケズっぷり、見事ですね~~!

イケズだと思うけれど、どこか憎めませんよね。

兵も、武器も、馬も一切合切奪い取るし、

戦国武将・昌幸の生きがいである、『戦』を二度とできなくしてやる!

すごく憎しみがこもった言葉。

ですけれど、やはり比べちゃいけないけど秀吉よりははるかに人情派!

 

 

 

秀吉は、甥の秀次ですら眷属皆殺しにしています。

関連記事⇒豊臣秀次切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

 

 

家康は、幼い頃から、長きに渡り人質生活を経験してきました。

恐怖で人は支配できないって、どこかで知っていたのでしょう。

 

 

相変わらずのヌルさを露呈!大阪城の面々!

 

高野山に流刑と決まった信繁は、

大阪城で懐かしい人々と対面します。

 

片桐且元の言葉で、小早川秀秋が関ヶ原で裏切ったことを知る信繁。

しかし、肝心要の関ヶ原の戦いが描かれなかったため、どこか絵空事のように感じました。

ぐっと、胸に来るものがないのですよ。

 

これは仕方がないか(笑)

 

しかし、なんだこのヌルさ!

北政所・寧様は、そこら辺をうろついている小早川秀秋を見て一言。

「悪い子ではないんだけどね~~」

これから八丈島に流刑になる宇喜多秀家は、養女・豪姫の夫。

死罪になる石田三成の娘・辰姫も養女。

寧の侍女・東殿は大谷吉継の母。

それも踏まえてのセリフですかね?

 

 

しかも、身内が居なくなったと嘆く寧様に

「秀頼様がおられるではありませんか」

と信繁に言われたときのあのキョトンとした表情!

どこかに、秀頼の真実の父親のことを匂わせるような雰囲気はなぜでしょう?

さらには、信繁が訪ねてきたと聞いても、逢おうともしない淀殿茶々様。

淀殿

「あの者とは、またいづれ逢う気がします」

ことの重大さをわかってないというか、

関が原の西軍大敗により、豊富は大幅減封。

 

毛利家も120万石が30万石へ、

上杉家も会津120万石から米沢30万石。

 

 

まだ秀吉恩顧の大名が力を持っている間は

すぐには豊富を滅ぼしはしませんが、

徳川家康が実質的には天下の覇者となったのです。

時が来たら、豊臣家くらいどうとでもできるのです。

 

 

真田丸で描かれる北政所(鈴木京香)も

淀殿茶々様(竹内結子)も、

このあたりの政治情勢には疎いように描かれていますね。

これも、伏線かしら!?

関連記事⇒淀殿茶々様の生涯と性格は?北の政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

 

小早川秀秋ナレ死!でも、宇喜多秀家に明石全登?毛利勝永まで登場!?

ん?これはますます理解困難な展開!

小早川秀秋のナレ死は、諦めるとしましょうか。

関連記事⇒小早川秀秋は大谷吉継の呪いが死因?関ヶ原での裏切りは想定内だった!

関連記事にも書いているように、

小早川秀秋の裏切りは、

早くから徳川方により調略の手が伸びていたのだから想定内だったのです。

 

 

そんな小早川秀秋が、宇喜多秀家や

明石全登、毛利勝永の幻影をここで見るとは?

関連記事⇒真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠、「たか」など続々!

 

 

関ヶ原の戦いを、丹念に描かない限り

宇喜多秀家の恨みやその家臣の明石全登の思い、

後に大阪牢人5人衆と謳われる一人、

毛利勝永のことも、この時点では視聴者には理解できないはず。

 

これも、ラスト大阪の陣のための伏線でしょうか?

それとも、ラスト間際に、関ヶ原ダイジェストでも描くのでしょうか!?

いよいよ凡人には、推測困難な展開となりました!

 

 

Sponsored Link

真田丸37話「信之」を視聴して気になったこと!

その①「オーイ」で、大井政吉!?誰?

急にダジャレ!

お酒の追加を所望した昌幸が、

徳川方の見張り役に「オーイ」と声をかけます。

 

それを、名前を呼ばれたと勘違いし

「どこかでお会いしましたか?」と

真面目に答えるこのくだり。

おもわず笑っちゃいましたけど、で、誰?

 

ちょっとややこしいのですが、

大井政吉は武田家旧臣です。

武田旧臣にとって、真田昌幸は雲の上の人でしょうから、名前を呼ばれて驚いたのも無理はありません!

 

 

 

 

もともと信濃の国州で、武田信玄の初陣の敵が大井玄信(平賀城主で平賀と称す)です。

その子供とも、弟とも言われているのが大井貞親

大井貞親の子が政勝で、耳取城を攻め取りました。

で、その子が大井政成

その嫡男が今回真田丸で「オーイ」を勘違いした大井政吉です!

キャストは、岡部たかしさんです!

元々、舞台で活躍されている俳優さんで

CMのナレーションもされています。

 

お声が穏やかで、癒やされますよね!

 

 

 

その②きりちゃんは、嫁に行けるのか!心配です。

真田丸37話では、大阪城に人質になって

ノイローゼ気味の薫(高畑淳子)を

甲斐甲斐しく世話し、頼もしいところを見せてくれたきりちゃん(長澤まさみ)。

 

高野山へ流刑になる信繁に付いていきたいけれど、

信繁の口から、そのことを聞きたいような素振り!

 

 

信繁と幼馴染という設定ですから

年齢を考えると、ドヒャー!!

1600年関が原の折の信繁の年齢は34歳。

きりちゃん、少し若く見積もっても30そこそこくらいでしょうか?

現代なら、まだまだ大丈夫ですが当時としては大年増です!

 

史実では、信繁の側室になり子も産みますが、大河ドラマ「真田丸」では、無理かもしれませんね!

生涯独身を貫き、信繁とともに大阪城に入場し最期は信繁の一子・大介とともに自害する!

こんな予想を立ててしまいました!

神様どうか、きりちゃんにも女の幸せをお与えください!

 

 

③出浦様、生きていたけれど、未だ復活ならず!

まだ寝たきりで、声も出せない出浦(寺島進)様!

それでも、まだ家康を亡き者にしようと策略を巡らせているなんて、相変わらず凄い!

頭もしっかりしているし、相変わらず鋭い眼光!

次週38話で真田昌幸は死にますから、

殉死というかたちで収めるのでしょうか?

杖ついていてもいいので、生きていて欲しい!

 

真田丸37話「信之」皆様の感想まとめ

 

・そうだったんですね~

あはは・・・!家康も方なしです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

敗者となった真田昌幸・信繁親子に

戦後の処遇を伝えたのは矢沢三十郎頼幸でした。

元・主従の苦しい胸の内が伝わってきました。

烏帽子岳を見ながら、信繁がなにか遠い未来を見据えているように、茂誠と語り合うシーン。

良きシーンでした。

 

 

信之の助命嘆願シーンも胸を打ちました。

しかし、舅殿・本多忠勝の情の深さにも打たれました。

 

家康は、思う存分イケズっぷりを発揮していましたが、私としては憎めません。

真田父子の命は助けましたから。

 

方や、大阪城の女人たちのゆるさよ~~!

ゆるキャラ大賞に認定したいくらい!って違うか(笑)

そういう設定ですね。

 

皆様の感想まとめでは、

助命嘆願のことと、出浦様の再登場に驚きの声が多かったですね!

とにかく、生きていて、昌幸の役に立とうとしているところがいじらしくもかっこいい!

 

真田丸37話の感想というより、気になったことでは、

気になった大井政吉(岡田たかし)さん。

あまり資料がなかったのですが調べてみました。

感じが良い俳優さんでしたね!

 

きりちゃんの今後が心配です。

どうやら、九度山へもお供するようです。

信繁と結ばれる日は来るのでしょうか?

どうも、無さそうな気がします。

 

 

出浦様再登場も寝たきり声出ずの状態で、ショックでしたね!

でも、こうして再登場したからには

またの活躍を期待したいですね!

 

真田丸38話は、「昌幸」です。

えっ!?もう十数年経過した設定?

早い展開です。

次週、昌幸ロスが起こるのでは?と今から心配です!

豊臣秀頼も成長していますね。

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ