真田丸37話ネタバレ&あらすじ!信之、「犬伏の別れ」の誓いを守る!

sanadamaru37nobuyuki

 

真田丸37話「信之」のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

真田丸37話では、真田信幸(大泉洋)さんの活躍ぶりが主に描かれます。

本日から信幸改め、信之です!

 

真田丸35話「犬伏の別れ」での誓い通りに、

何としてでも、父と弟を守る気です!

関連記事⇒真田丸35話ネタバレ&あらすじ「犬伏」!家族・友・神との絆。

関連記事⇒真田丸36話ネタバレ&あらすじ「勝負」!第二次上田合戦、佐助の衝撃の報告 とは?

Sponcored Link

 

真田丸37話ネタバレ&あらすじ!信之、「犬伏の別れ」の誓いを守る!

昌幸・信繁、死罪か!?

佐助(藤井隆)の報告で関が原の戦いが

西軍・三成方の敗北に終わったことを知った昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)。

 

 

しかし、第二次上田合戦で、

真田昌幸は徳川秀忠の大軍に勝利しています。

どうしても敗北を受け入れられない昌幸でした。

しかし、落ち武者狩りで石田三成が捕まった事を知り、敗戦の事実を噛みしめる信繁でし た。

 

 

なんとか父・昌幸を説得し、降伏を申し入れることにします。

 

そして、急ぎ言い渡された処分は

○上田城明け渡し

○兵や武具を全て手放す

○昌幸と信繁については保留

でした。

 

 

しかし、上田合戦で二度も煮え湯を飲まされ、

秀忠の初陣に冷水を浴びせた真田親子に対する家康の憎しみは、尽きることがありません。

関連記事⇒第二次上田合戦、真田家同士討ちの危機!表裏比興の昌幸と信繁の機転!

 

 

信之、決死の助命嘆願!

 

信之の脳裏には、犬伏で、父・昌幸と

弟・信繁と別れて戦うと決めた時に、

二人に誓った言葉が渦巻いていました。

信之

「もし、徳川が勝ったなら、俺はどんな手を使っても

 お前と父上を助けてみせる!」

 

 

信之は決死の覚悟で、家康がいる大阪へ向かおうとします。

 

しかし、稲(吉田羊)や本多忠勝(藤岡弘)は、必死でこれを止めます。

 

家康の真田憎しの気持ちを知っている二人は、

信之の命まで危なくなると思ったからでした。

しかし、信之は犬伏の別れで二人に誓った事を守りぬきました!

 

戦後、信之には恩賞が約束されていました。

信之は、

「わが武功に代えても」

と、家康に訴え、父・昌幸と弟・信繁の助命を嘆願します。

 

 

しかし、家康はなんとしても、昌幸と信繁の首を刎ね、さらし首にしてやろうと思ってい ました。

 

そしてとうとう信之は命を捨てる気で、こう言います。

「父の死の前に、それがしに切腹をお命じください。」

 

日本一怖い舅の本多忠勝も加勢します。

「お聞き入れなくば、殿と一騎打ちいたす所存」

これには家康も一歩引きますよね。

伊賀越えでは、口の周りについた飯粒を

食べ合いっこするぐらい、仲良しさんな主従ですから。

 

しかも、本多忠勝の息女・稲は、

家康の養女として、信幸に娶らせていますから、信之は義理の息子同然です。

 

 

結局、家康は折れ、昌幸と信繁はなんとか命だけは助かることになったのです。

ただし、信幸という名の幸を捨てることになります。

これよりは、信之です。

真田信之誕生。

覚悟と悲哀の之の字でした。

Sponsored Link

 

 

 

 

昌幸と信繁の処分決定!

 

信之の助命嘆願により、

昌幸と信繁は高野山に流罪となります。

僅かな家臣を連れて高野山へ向かう途中、

家康に呼ばれて大阪城に立ち寄ることになります。

 

そして、家康からなぜ死罪にしなかったのか、

その理由を聞かされます。

 

予告動画では、家康は昌幸に対し

「死よりもひどい苦しみを味合うように」

なんて言ってましたね。

でも、多分あれは三谷さんのオリジナル脚本でしょうね。

家康は、辛抱強い人で無駄に人の恨みを買うようなことは決して言いませんから。

徳川家の「真田憎し」の気持ちを象徴的に表すためのものでしょう。

 

 

 

昌幸と信繁に従った家臣たち・すえちゃんどうなる?

昌幸・信繁に従った家臣は

16人ほどだったとされていますが、もっといたという話もあります。

 

 

高梨内記(中原丈雄)、池田長門守、原出羽守、小山田治左衛門、田口久左衛門、関口角 左衛門、青柳晴庵らです。

 

すえちゃんを育てた、堀田作兵衛(藤本隆宏)も随行するのではないでしょうか?

高梨内記が随行するということは、きりちゃん(長澤まさみ)も共に行きますね!(笑)

しかし、随行が許されなかった家臣の中には、自刃した者もいたといいます。

 

 

一行は、まず高野山の麓・細川という地に送られます。

この時代の高野山の麓ですから、さぞかし閑散とした山里なのでしょう。

 

 

そこで、九度山村の村長・長兵衛(木之元亮)と出逢うのでしょう。

この出逢いが、後の信繁にどう関わってくるのでしょう?

楽しみですね!

 

 

そして、ここで信繁は、お梅さんの忘れ形見・すえちゃんと親子の再会をします。

 

なんだか、怒ったお顔のすえちゃん。

長いこと離れ離れでしたからね。

すえちゃんを演じるのは、恒松祐里(つねまつゆり)さんです。

関連記事⇒恒松祐里(つねまつゆり)真田丸で、すえちゃんのキャストに!可愛い画像も !

最初は馴染めなくても、共に暮らす内に分かり合えることでしょう。

これからの展開に期待しましょうね!

 

 

 

三成・吉継の最期

信繁は寧や片桐且元と再会し、三成と吉継の最期を知ります。

 

確かに敗軍の将になったのですが、

関ヶ原の戦いは、どう戦って敗れたのか。

どの武将たちが、どんな動きをしたのか?

 

というところが大切なことだったので、もはやどうでもいいシーンですかね。

 

 

合戦シーンは確かに血なまぐさいです。

けれども戦国時代に、何に命をかけてどう戦ったのかは、生き方そのものですから。

そこのところを抜きにして、処刑シーンはもう要らないですよ。

余計に残酷ですし、石田三成公、大谷吉継公に失礼です。

関連記事⇒石田三成の子孫は関ヶ原の戦い後も生き抜く!家紋や逸話もまとめた!

関連記事⇒激闘・大谷吉継!関が原に舞う鷹の羽(家紋)病気をおして三成に殉じる

 

 

熱き戦いあってこその、有終の美ですよね。

だからこそ、日本人は真田家が好きなのです。

あ、ネタバレのはずが、余計なことを!

失礼いたしました。

関連記事⇒真田丸36話感想まとめ!「勝負」した?関ヶ原の戦い終了

 

 

 

まとめ

真田丸37話「信之」のネタバレとあらすじをまとめます。

第二次上田合戦で、徳川の大軍を破った昌幸には、“敗軍の将”という事実を受け入れら れませんでした。

しかし、石田三成捕縛の事実を知り、信繁は父を説得し家康に降伏するよう促します。

そして、犬伏の別れで誓ったように、真田信幸は必死で父と弟の助命嘆願に動き出します !

 

最初は反対していた正室・稲(吉田羊)と、義父・本多忠勝も助力します。

信幸は、信之へと名を変え、戦の恩賞も、我が生命も投げ出す覚悟で助命を嘆願します。

その甲斐あって、昌幸と信繁は、

死一等を減じられますが、高野山へ流罪・蟄居となります。

 

 

高野山へ赴く道中で、大阪城に立ち寄り、石田三成と大谷吉継の最期を知る信繁でした。

高野山へは、僅かな家臣が随行したのみでした。

そこで、成長した愛娘・すえに逢う信繁でした。

 

 

真田丸37話は、信之お兄ちゃんの活躍ぶりが見どころでしょう。

放送が楽しみですね!

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “真田丸37話ネタバレ&あらすじ!信之、「犬伏の別れ」の誓いを守る!”

  1. 炎嵐 より:

    楽しく読ませていただきました。ですが、一点だけ(すんません)

    今回、父親の一字を捨てさせられたというのが一番のポイント。
    ですので、助命に向かうのはあくまでも『信幸』ですよね?
    ここ、とても気になりました。

    しかし大泉洋さんてどちらかというとコミカルな俳優さんだと思っていましたが、今回はかっこよかった。『儂の意地じゃ』っていうセリフ、しびれました。

    • みるる より:

      炎嵐さん、コメントいただきまして有難うございました。
      確かに、名前を捨てさせられるまでは、「信幸」と表記しようかって随分悩みました。
      でも、タイトルとの調和を考え、あえて「信之」で統一したのです。
      炎嵐さんがご指摘のように、違和感をお感じになった方もおられたかもしれませんね。
      次回作からの参考にさせていただきたいと思います。

      でも、本当に大泉洋さんって、拝見していると北海道の大地を感じるような、朗らかで良

      い役者さんですよね!私も大好きです!
      これからも共に応援していけたら嬉しいです!

      この度は、貴重なご意見、本当に感謝いたします。
      有難うございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ