真田丸35話ネタバレ&あらすじ「犬伏」!家族・友・神との絆。

真田丸35話、ついに「犬伏の別れ」がやって来ましたね!

sanadamaru35wa inubusinowakare

35話では信幸(大泉洋)の決断が

真田家の未来を動かして行くことになります。

 

さらに、関ヶ原の戦いに向けて

真田家の家族の絆、

大谷吉継と石田三成の友としての絆、

小早川秀秋の怪しい動き、

細川ガラシャ・玉の神との絆。

真田丸35話「犬伏」壮大な人間ドラマが描かれます!

 

 

関連記事⇒真田丸34話ネタバレ&あらすじ「挙兵」!「七将」三成襲撃事件の詳細とその後!

関連記事⇒真田丸34話「挙兵」感想まとめ!三成は加藤清正に何を言ったのか?

 

Sponcored Link

真田丸35話「犬伏」あらすじ!

上杉家・直江兼続(村上新悟)から

徳川家康(内野聖陽)へ送られた直江状。

 

書状を読んだ家康は、激怒し

上杉討伐を決意します。

 

総勢10万を越える大軍が、会津へ向けて

差し向けられました。

 

一方、居城である佐和山城に蟄居の身となり

政から遠ざけられた石田三成(山本耕史)。

 

「家康の横暴をこれ以上許すことはできない!」

ついに弾劾の狼煙をあげます。

 

三成挙兵!

 

この知らせに驚いたのは、他でもない

真田昌幸(草刈正雄)でした。

 

 

会津に向けて移動していた昌幸たちは、

下野国・犬伏(栃木県佐野市)にいました。

 

 

戦が始まると同時に徳川を裏切り

上杉方に寝返るつもりだったのですが、

こうなると事情が変わります。

 

 

もはや、戦は徳川対上杉だけではなくなります。

徳川対豊臣遺臣。

国内を二分する天下分け目の大戦です。

 

 

勿論、昌幸の元にも、石田三成から

西軍(三成方)に味方するよう書状が届きます。

 

 

その夜、昌幸は、

「他の者は近づけるな」

と皆に言いわたし、信幸(大泉洋)、

信繁(堺雅人)と共にお堂に籠ります。

 

真田は徳川につくべきか、

それとも豊臣につくべきか。

3人は議論を交わします。

 

まさか、第2話のように、

くじ引きで決めるなんて言いだしませんよね、パパは!

 

でも、当時よりはかなり事は複雑になっています。

 

真田パパ昌幸は、第1次上田合戦で上杉に恩があります。

 

信幸は、本多忠勝の息女で家康の養女・稲姫を正室にしています。

さらに、この時すでに徳川家の与力大名で、上野国・吾妻領を管轄しています。

 

信繁は信繁で、正室は大谷吉継の息女(妹?)です。

豊臣政権中枢とのかかわりも深く、上杉景勝とも深い絆があります。

 

 

信濃の弱小国・真田が家名を絶やさぬためには、

父子が敵味方に分かれて戦うしかない!

 

というより、そうしなければならないほど、

お互いにしがらみができ過ぎていますよね。

 

昌幸・信幸・信繁の三人が、この犬伏の別れのように、

酒を酌み交わす日は、二度ときません。

 

 

しかし、ババ様・とりの最期の言葉のように

「これだけは忘れるな。たとえ離ればなれになっても、真田は一つ。

 心さえ繋がっておればな。」

家族の絆は切れません!

関連記事⇒真田丸26話ネタバレ&あらすじ「瓜売」春・たか・登場!ババ様とり逝く

 

 

真田丸35話「犬伏」ネタバレ!

大谷吉継、友・三成との絆!

大谷吉継(片岡愛之助)は、

家康の上杉討伐軍に参加すべく

三千の兵を率いて敦賀を発ちます。

 

途中、三成の居城・佐和山城に立ち寄ります。

何とか家康と三成を仲直りさせようとしていたといいます。

 

 

ところが、ここで三成から挙兵の話を持ちかけられたのです。

 

吉継は、この話を聞き

「無謀だ、三成に勝機なし」

と、説得を行ったといいます。

sanadamaru35mitunariyositugu

誰が見ても格が違うことは、明らかです。

 

しかし、三成の固い決意に打たれ、

一族を挙げて西軍につくことに決めます。

 

 

この時吉継は、三成を大いに諫めたといいます。

友として、忌憚ない心底からの諌言。

「お主(三成)が檄を飛ばしても、普段の横柄ぶりから

豊臣家安泰を願うものすら内府(徳川家康)の下に走らせる。

ここは安芸中納言(毛利輝元)か備前宰相(宇喜多秀家)を上に立て

お主は影に徹せよ。」

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E5%90%89%E7%B6%99

親友だったのでしょうね!

ここまでハッキリといいにくい事を

言える仲なんて、良いですね!

 

こうして、三成と共に天下分け目の大戦を戦います!

関連記事⇒激闘・大谷吉継!関ヶ原に舞う鷹の羽(家紋)病気をおして三成に殉ずる

 

 

 

小早川秀秋の怪しい動き

どうにもこうにも、

煮ても焼いても食えない小早川秀秋(浅利陽介)。

 

その小早川秀秋の元には

板部岡江雪斎(山西惇)がいます。

江雪斎は、いまや徳川方の間者と同じ。

 

三成の徳川屋敷襲撃事件を徳川方に

漏らしたのは他でもない、降雪斎でした。

関連記事⇒真田丸33話「動乱」感想まとめ!大谷吉継は友、上杉景勝は義のため!

 

西軍(三成方)も、この動きは察知していて

裏切りを防止するべく手は打っていたようですが

狂った歯車は止まりません!

 

 

関ヶ原の戦い当日、大谷吉継は

小早川秀秋の裏切りを想定して

秀秋が布陣する松尾山の北方に布陣したのです。

関連記事⇒小早川秀秋は大谷吉継の呪いが死因?関ヶ原での裏切りは想定内だった!

 

 

幼い時に、秀吉と北政所・寧様の養子となり

身に余る地位を与えられてきた秀秋。

 

そんな秀秋をどんな言いくるめ方をしたのでしょう?

江雪斎さんも、調略家として、凄腕ですよね!

 

 

 

細川玉(橋本マナミ)の壮絶最期!神様との絆を信じて!

類まれな美貌の持ち主として有名な細川玉(橋本マナミ)

現代では、洗礼名・ガラシャの方が有名ですね。

 

父・明智光秀が謀反を起こしてからは

謀反人の娘として生きねばならない

辛い宿命を背負ってきました。

 

そんなガラシャに再び過酷な試練が訪れます。

 

玉の夫・細川忠興は、家康に従い上杉征伐に参陣します。

その際に忠興が家中の者に命じた言葉。

 

「もし自分の不在の折、妻の名誉に危険が生じたならば、日本の習慣に従って、

 まず妻を殺し、全員切腹して、わが妻とともに死ぬように」

 

 

慶長5年7月13日。

石田三成は諸大名の妻子を

人質として大阪城に内に入れるため

軍勢を出します。

 

 

大阪玉造の細川屋敷は包囲されます。

 

 

知らせを受けたガラシャ・玉は、

屋敷内の侍女・婦人を外へ出します。

 

きっとこの中に、

きりちゃん(長澤まさみ)もいたのでしょう。

 

 

そして、家老の小笠原秀清(少斎)に、

隣室から襖越しに、長刀で胸を突かせます。

 

 

洗礼を受けている玉に、自害は許されないからです。

 

 

その後少斎は、屋敷に仕掛けた爆薬を点け、

遺体が残らないようにした後に自刃します。

 

 

屋敷は一瞬にして炎に包まれます。

 

sanadamaru35tamakiri

 

 

なんと壮絶な最期でしょう!

 

覚悟の死ですから、

神に祈りながらの静かな最期であったことでしょう。

神との絆を信じて。

 

 

まとめ

三成挙兵!

この知らせを受け、

驚いた真田昌幸!

 

すでに、上杉討伐に向かい

下野国・犬伏にいました。

ここで、昌幸・信幸・信繁

3人は別れて戦う決断をします。

 

しかし、ババ様・とりが遺した言葉通り

家族の絆は永遠です!

 

 

一方、大谷吉継も決断を迫られていました!

何とか三成の挙兵を

押しとどめようと説得しますが、

最後は友との絆を選びます。

 

 

そのような中、小早川秀秋に

板部岡江雪斎が言葉巧みに裏切りを持ち掛けます。

 

そして、夫の言葉に殉じた細川玉・ガラシャ。

炎の中の壮絶な最期!

これで、信じた神との絆は永遠のものとなりました。

泣きますね、きっと!

 

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ