真田丸34話ネタバレ&あらすじ「挙兵」!「七将」三成襲撃事件の詳細とその後!

真田丸34話「挙兵」のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

sanadamaru34netabare

 

三成の徳川屋敷襲撃事件は未遂に終わり

その責めを負い謹慎処分になります。

真田丸33話の三成は、とっても切なかったですね。

 

でもさらに、真田丸34話「挙兵」では、

秀吉子飼いの猛将『七将』

三成を襲撃し、さらに切なくなりそうです!

 

関連記事⇒真田丸33話ネタバレ&あらすじ「!島左近(玉置孝匡)登場!

関連記事⇒真田丸33話「動乱」感想まとめ!大谷吉継は友、上杉景勝は義のため!

 

Sponcored Link

真田丸34話ネタバレ&あらすじ「挙兵」

 

真田丸34話ネタバレ&あらすじ・前田利家の死

 

徳川屋敷襲撃事件が未遂に終わり、

石田三成(山本耕史)は、

騒ぎを起こした責めを負い

謹慎していました。

 

 

やがて、前田利家(小林勝也)の尽力

三成は政務に復帰することになります。

 

 

三成は以前にも増して、

豊臣政権のため、秀頼様の御為にと政務に力を注ぎます。

 

 

そんな折、秀吉亡きあと

徳川家康(内野聖陽)と並び立つことができる

唯一人の大大名・前田利家が亡くなります。

関ヶ原の戦いの前年・慶長4年(1599年)閏3月3日

大阪城でその生涯を閉じたのです。

 

 

危うげな中、何とかバランスを取っていた豊臣政権。

利家という扇の要を失ったことで、瓦解の道を辿ります。

 

 

真田丸34話ネタバレ&あらすじ・秀吉子飼いの『七将』、石田三成を襲撃する!

朝鮮への出兵で辛酸をなめてきた

諸将にとっては、三成が政務を司ることに

元々不満を抱いていました。

さらに彼らは、親徳川派ですから、

三成が起こした徳川邸襲撃未遂事件

許せないものでした。

※本当はもっと根深いものがあったのです!

 

「三成を引き渡せ!」

 

信繁(堺雅人)は、

秀吉子飼いの家臣同士の争いに

豊臣家の危機を感じていました!

 

 

きりちゃん(長澤まさみ)にも、

危険だから上田へ帰るよう指示しますが

きりちゃんは、細川玉(橋本マナミ)の元

身を寄せてしまいます!

 

 

最も頼りになるはずの、前田利家はもういません。

 

こうなると、加藤清正達『七将』を

抑えることができるのは、徳川家康ただ一人!

 

信繁は、家康の元へ向かいます。

信繁の頼みを快く引き受けた家康でした。

しかし、そこには家康の老獪な企みがありました。

 

三成を佐和山城へ蟄居させ、

政権の中枢から追いやること。

 

そしてそれは、五奉行の力を殲滅し

政権内で家康の独壇場を作るための方策でした。

 

 

三成

「豊臣家の為にすべてを投げ打ってやってきた私が、

 なにゆえ伏見を追われねばならぬ。」

さめざめと涙する石田三成。

きっともらい泣き、必至!

お気持ち、痛いほどわかります!

でも、子孫は立派に生き抜きますから!

関連記事⇒石田三成の子孫は関ヶ原の戦い後も生き抜く!家紋や逸話もまとめた!

 

 

 

どうやらこの事件で、

信繁は後藤又兵衛(哀川翔)と出逢うようです。

後藤又兵衛はこの時はまだ、

黒田家の重臣です。

運命を感じる出逢いになるでしょう!

 

関連記事⇒真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠、「たか」など続々!

 

 

秀吉子飼いの七将、石田三成襲撃事件の詳細

石田三成を襲撃した『七将』とは

石田三成を襲撃したのは、

豊臣秀吉子飼いで、朝鮮の役で

辛酸をなめた猛将たちです。

 

 

一般的には

加藤清正(肥後熊本城主)

池田輝政(三河吉田城主)

細川忠興(丹後宮津城主)

浅野幸長(甲斐甲府城主)

黒田長政(豊前中津城主)

福島正則(尾張清州城主)

加藤嘉明(伊予松山城主)

ですが、資料によっては

蜂須賀家政(阿波徳島城主)

藤堂高虎(伊予宇和島城主)

も加わっています。

 

徳川家康の書状では、

加藤清正、福島正則、細川忠興

浅野幸長、黒田長政、蜂須賀家政

藤堂高虎の『七将』とされています。

 

 

『七将』石田三成襲撃事件の詳細と理由

全ては、秀吉が死ぬ前に撒いた種が、

根を張り芽を出し花をつけた。

 

朝鮮出兵が、後々このような

亀裂を生むことになりました。

あだ花が咲いたのです。

 

そして、せっかく育っていた

次世代リーダー・豊臣秀次も秀吉の手で葬り去られています。

関連記事⇒豊臣秀次の切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

 

 

秀吉亡きあとの豊臣政権では

七将をはじめとする武断派と

石田三成を中心とする文治派の対立が

表面化していました。

 

 

それを仲裁していたのが前田利家です。

その利家が亡くなり、両派の確執は歯止めがきかなくなったのです。

 

 

朝鮮出兵のおり、

加藤清正、黒田長政、蜂須賀家政らは、

秀吉に、外交方針や戦いぶりを否定され、

免責を負わされています。

 

これらを秀吉に報告した戦争の監督者は、

三成の娘婿や関係者が多く、

憎しみの鉾策は、三成に向きました。

 

 

清正らは帰国後、戦争の監督者たちを

殺そうとしますが、これを三成が庇ったこともあり

さらに恨みは根深いものとなったのです。

 

 

また、朝鮮から撤退する際の問題で

小西行長と加藤清正が揉め事を起こすなど、

一触即発の状態であったことはまぎれもありません。

 

「反三成派」が、ガッチリと集結したのです。

 

七将は、前田利家が死去した翌日、

閏3月4日、大阪城下の加藤清正の屋敷に集結します。

 

そこから三成の屋敷を襲撃します。

ところが三成は、豊臣秀頼の侍従

桑島治右衛門の通報を受け、

島左近と共に佐竹義宣の屋敷に逃れます。

 

 

三成が逃げたことを知った七将は、

大阪城下の諸大名の屋敷を探索しはじめます。

 

佐竹邸にも危険が迫ったため、

三成は、京の伏見屋敷に逃げます。

この時に、徳川家康の屋敷に逃げ込んだとされる

逸話がありますが、史実ではありません。

 

 

そして翌日、伏見城の三成の屋敷を

七将の軍が取り囲みます。

 

 

これを仲裁したのが徳川家康でした。

 

「三成を引き渡せ!」

という七将の要求に対し、

三成を佐和山城に蟄居させること。

朝鮮出兵の際の査定を見直しすることを約束し、事を収めます。

 

 

家康は、閏3月10日、

次男・結城秀康に、三成を佐和山城まで送り届けさせます。

 

三成は、結城秀康に感謝し、

秀吉から拝領した名刀・正宗を譲ったといわれています。

 

これは当時の武将たちの羨望の的で

秀康はこの刀を「石田正宗」と名付け

終生愛用したといいます。

 

徳川政権時代、「石田」の名を

口にするのも憚られることだったでしょうに、

よほど嬉しかったのでしょう。

 

これで、家康は三成の失脚を成功させました。

 

 

『七将』石田三成襲撃事件その後。直江状出る!

家康は、閏3月13日、伏見の屋敷から伏見城に移ります。

 

朝鮮の役の査定を見直し、

黒田長政、蜂須賀家政に全く落ち度がない事を認めます。

 

そして、加藤清正、黒田長政ら七将を領国に帰らせます。

 

前田利家の嫡男・前田利長、

上杉景勝も領国の仕置を理由に帰国します。

 

 

そして、上杉景勝(遠藤憲一)に、謀反の疑いがかけられます!

このことからついについに、

あの、『直江状』が世に出ることになります!

関連記事⇒直江兼続兜に愛!景勝と共に歩んだ生涯。真田丸のキャストは村上新悟

関連記事⇒上杉景勝の人物像に迫る、第2弾!真田丸では、幸村に「義」を教える

 

 

まとめ

徳川屋敷襲撃未遂事件の責めを負い

謹慎していた石田三成は、

親豊臣派の中心人物・前田利家のはからいで

政務に復帰します。

 

 

ところが、その前田利家が亡くなり、

武断派の『七将』が動きます。

 

危険を感じた信繁は、

きりに上田に帰るよう促しますが、

きりは玉の元に身を寄せます。

 

 

そして、信繁が頼ったのは徳川家康!

 

 

そんな中、信繁は後の大阪の陣での

信繁の最も頼りになる理解者、

後藤又兵衛と出逢います。

 

石田三成は、七将の襲撃を事前に察知し

佐竹義宣の屋敷に逃れます。

そこも包囲され、ついには

伏見城の屋敷に逃れます。

 

 

結局家康が仲裁に入り、

朝鮮の役での査定の見直し、

石田三成の失脚で事を収めます。

 

 

そして、国元に帰っていた上杉景勝に

謀反の疑いが!

こうして上杉家は、

家康に直江状を突き付けます。

 

後に、天下分け目の決戦といわれる

関ヶ原の戦いが翌年に迫っています。

切ないですね!

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ