真田丸33話「動乱」感想まとめ!大谷吉継は友、上杉景勝は義のため!

真田丸33話「動乱」私の感想と皆様の感想をお伝えいたします。

sanadamaru33wakannsounobusigejibu

 

真田丸33話「動乱」は、

秀吉の遺命を頑なに守ろうとする三成と

天下取りに動き出す徳川家との

思いの違いがくっきり描かれていて面白かったです。

 

 

こうやって関ヶ原の戦いに突入するんだなって、納得できました。

特に、大谷吉継が病をおして徳川屋敷へ行き、

歯に衣着せずに言った言葉が、本当に良かったです。

 

 

そして、本日はずっと情けなかった三成ですが、

最後に上杉景勝に抱きしめられて、癒されましたね。

関連記事⇒真田丸32話「応酬」感想まとめ!

 

Sponcored Link

 

 

真田丸33話「動乱」感想まとめ!私の感想

 

間者は板部岡江雪斎だった!

 

石田三成(山本耕史)が企てた動乱。

関連記事⇒石田三成の子孫は関ヶ原の戦い後も生き抜く!家紋や逸話もまとめた!

 

徳川屋敷襲撃を察知し、

徳川家重臣・本多正信に漏らした者は

板部岡江雪斎(山西惇)だったのですね!

 

北条が滅亡した後、各地を転々とし、

今は小早川秀秋に仕えていると。

 

確か暫くは、秀吉のお伽衆に加わっていたはずです。

その後、小早川秀秋(浅利陽介)の元にいます。

で、結局は徳川家に入りますよね。

 

 

小早川秀秋に、関ヶ原の戦いで豊臣を裏切り

徳川につくよう説得したのも江雪斎ですから。

 

 

それにしても、小早川秀秋はやる気なしですね~~。

「なんで~?ぼくがァ~?できないし~」

って感じですね、いつでも。

 

 

物心つかないうちに秀吉の養子となって、

身の丈に合わない地位と名誉を持ち、

チヤホヤされっぱなしだったでしょうから。

 

 

 

 

それにしても、小早川秀秋のキャスト

浅利陽介さん、雰囲気ピッタリですね!

 

 

度々小早川秀秋を演じることが多いのもうなずけます!

事の重大さを判っていないからこそ、

関ヶ原で西軍を裏切ることができたんでしょうね。

 

 

その時すでに、肝硬変が悪化していたという説もあります。

 

 

お酒で、身体がガタガタだったのでしょう。

関連記事⇒小早川秀秋は大谷吉継の呪いが死因?関ヶ原での裏切りは想定内だった!

 

 

 

大谷吉継に男を観た!

いや~~!

本当に良いシーンで、感動しました!

関ヶ原の戦いでも

勇姿を見せてくれることでしょう。

 

 

でも、今日の大谷吉継(片岡愛之助)、

男の中の男でしたね!

そういうふうに描いてくださる

三谷幸喜さんに感謝!

 

 

大谷吉継

「徳川大付を殺してその後はどうする

お主は自分が政の要になるつもりか。

お主に人が付いてくるのか?

徳川屋敷は既に大名たちで溢れておる。

まだ間に合う。

今兵を引けば、咎められることはない。

お主を攻める者がおれば、わしが抑える。」

友として、三成を守るため

病をおして、徳川屋敷に向かう吉継!

友の為に何をするのが大切かを

一番に考えて行動していますよね。

だから、この人も私利私欲の人ではない。

 

 

そして、徳川屋敷では、

家康に歓迎され、手を握られても毅然としていました。

 

sanadamaru33wakannsougyoubu

 

本多正信(近藤正臣)

「わが主の為に君側の奸石田三成を懲らしめてくだされ」

この時に大谷刑部が返した言葉が良かった!

 

大谷吉継

「それがし、大夫殿のために参ったわけではござらん。

 太閤殿下が築かれた太平の世を乱すものを正すのが我が務め。

 大谷刑部は秀頼公の家臣でござる。」

周囲でこれを聞いていた

豊臣恩顧の大名たちは、

うなづいてはいましたが、

少し、体裁が悪かったのではないでしょうか?

 

石田三成が起こした動乱を、

何とか傷を少なくしたいという気持ちが

よく現れていました。

 

 

「義」の人・上杉景勝、復活!

信繁は徳川屋敷襲撃の助力を頼むため

上杉景勝(遠藤憲一)の元を訪れ、

直江兼続(村上新悟)に逢いました。

直江兼続と石田三成は親交が深かったといいます。

 

やはり、頭脳明晰・主君一筋の二人は

肝胆相照らすものが有ったのでしょうね。

 

最初は、三成の手助けは出来ないと

断りますが、やはり景勝も兼続も「義」の人。

「義をないがしろにする者をわしは許さん!」

さあ、上杉討伐の原因となる「直江状」。

武士の誇り、上杉魂を見ることができますね!

関連記事⇒直江兼続、兜に愛!景勝と共に歩んだ生涯。真田丸のキャストは村上新悟

関連記事⇒上杉景勝の人物像に迫る、第2弾!真田丸では幸村に「義」を教える

 

 

背中の六文銭がまぶしい!

こんな緊迫した場面でも、

真田家の人々が登場すると

ホッコリした気分になるのは何故でしょう?

 

 

いやいやながら徳川屋敷を訪れる

信幸お兄ちゃん(大泉洋)。

 

せっかく隅っこで目立たないように

静かにしていようとしたのに・・・。

 

来た~!でた~!

日本一怖い舅、仮面ライダー・忠勝(藤岡弘)!

 

そして、地鳴りがするほどの大声で

皆にご紹介!

 

本多忠勝

「方々!我が婿、真田伊豆守が参りましたぞ!

 これでもう、怖いものなしじゃ~~!」

って、あなたが一番怖いって!

 

しかし、真田パパ・昌幸(草刈正雄)が

現れると、目を見ただけで事の真相を全て把握することができる!

ア・ウンの呼吸。

ひと芝居打っているなってすぐわかったのでしょうね!

やはり絆が強い!

腹の底から大っ嫌いな家康の前で、

イケシャーシャーと、ひと芝居うつ昌幸。

 

 

石田三成がどうにも収まりがつかず、

挙兵しようとした矢先に、

大谷吉継の旗印と真田の六文銭の旗印が!

 

信繁が三成の戦意消失を狙って仕組んだ

苦肉の策でした!

 

 

それでも止まらない三成に

信繁が述べた渾身のこの言葉!

言霊が宿っていましたね~~!

 

信繁

「石田様は常に天下の安寧のために動いておられました。
時には、太閤殿下にさえ逆らって・・・。

命がけで、天下万民に尽くして来られた姿を私は見て来ました。

貴方にしかなし得ないこと、己の欲で動く徳川大夫には思いもつかぬことでございます。

死んではなりませぬ。」

名言でしたね~~。

信繁名言集に入れておきましょうっと!

そこへ上杉景勝様が!

「徳川大夫、わしが倒す!

太閤殿下の御前で、オレは誓った

義をないがしろにするものを、

わしは許すわけにはいかん。

義はこちらにある。時を待つのだ。」

そして、傷心の三成を抱きしめる景勝!

sanadamaru33wanetabare

 

「義」を知るものにしか通じない心が

通い合った瞬間でした。

これまた名シーン!

 

もう、真田丸33話は忘れられないストーリーですね!

そして、「動乱」は実行されることなく

収まることに。

しかしこれが、尻込みしていた家康の野心に火をつけます。

 

家康と別れのあいさつを交わした真田パパ。

カチッと目と目を合わせたのを見逃しませんでしたよ!

 

「見ておれ家康!

 お主の思いのままにはさせぬわ!」

ってな感じの背中の六文銭でした!

 

きりちゃんと信繁、少し雲行きが違ってきた?

真田丸33話「動乱」で、

きりちゃんと信繁の関係が少し変わって来ましたよね。

 

これまでは、きりちゃんが

豊臣秀次(新納慎也)の側室になるかどうか

悩んでいる時ですら、

「めでたい!」

ってな感じで、冷たくあしらってきた信繁。

 

今回初めて、きりちゃんの存在意義を認めましたね。

信繁

「お前の意見が聞きたい。
お前は、煩わしい所もあるが、偏りのう物事を観ている。」

きりちゃん

「石田様、しまったと思っていらっしゃるのでは?
男の人って妙に誇り高いところあるから。

やめられないんですよ。
とくに自分から言いだしたことだから。

そんな気がしますね、私は。」

 

こういうセリフを、きりちゃんにサラッと言わせる。

そしてこれからのきりちゃんの存在意義を示す。

三谷幸喜さん、素敵!

 

 

真田丸33話「動乱」皆様の感想

 

勉強になります!

 

だったんですね!さすが読みが深い!

 

あはは・・・!ホント、こんな感じでしたね!

 

さすがでしたよね~~!でも、真田家の絆を感じました!

 

感動の名シーンでした!

 

目ざとい!藤堂高虎をみつけるなんて!イケメンです!

感じ出てますゥ~~。ホント、切なかったし。

 

ここでもう予告!?はやっ!

 

まとめ

ついに動いた三成!

家康の勝手にはさせぬ!

 

決死の思いで画策した三成の「動乱」は

板部岡江雪斎が徳川家重臣・本多正信に漏らしていました。

徳川家は、ただでは転びません。

 

有力大名を招集し、家康を守らせようとします。

 

どれだけの大名が、徳川家につくのか見定めるためでした。

やはり、ほとんどの有力大名は

徳川屋敷に終結します。

 

 

しかし、三成の親友・大谷吉継は

三成を救うため、徳川屋敷に向かいます。

 

 

そして、真田パパ・昌幸も、

三成を救ってほしいと信繁に頼まれて、

宿敵・家康の元へ向かいます。

 

そしてはためく、大谷吉継と真田の旗指物!

 

 

それでも止まることができない三成を止めたのは上杉景勝!

 

「義」こそ、侍の命!

 

大谷吉継は友の為に!

上杉景勝は、「義」のために!

 

 

大谷吉継と上杉景勝が個人的には好きですね、やはり。

『友情』と『義』

熱い想いが伝わって本当に感動しました。

 

なんか、真田丸33話「動乱」は、

思った以上に見せ場が多かった気がします。

 

これでグッと、関ヶ原の戦いに

面白みが出て来ますよ!

 

真田丸34話「挙兵」では、

いよいよ「直江状」が披露されます。

家康が激怒したという「直江状」

どのようにストーリーが展開するのか、

いまからワクワクします!

 

では、本日も最後までお読みいただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ