真田丸33話ネタバレ&あらすじ「動乱」!島左近(玉置孝匡)登場!

真田丸33話「動乱」のネタバレとあらすじをお伝え致します。

真田丸33話では、島左近が登場しますよ!

sanadamaru33wanetabare

 

 

真田丸32話で、徳川家康の身勝手な振る舞いに憤る三成!

真田丸33話で、石田三成はついに、

関ヶ原の戦いの前哨戦、徳川屋敷襲撃事件を引き起こします!

 

天下の動乱で、周囲の大名たちはどう動くのでしょうか!?

真田丸33話も見どころ満載ですね!

 

関連記事⇒真田丸32話ネタバレ&あらすじ!「応酬」新キャスト前田利家・利長

 

 

Sponcored Link

 

真田丸33話ネタバレ&あらすじ!「動乱」

 

動乱

秀吉の遺命「家康を殺せ」

この言葉を頑なに守り抜こうとする

石田三成(山本耕史)。

 

秀吉の遺言を無視し、勝手な振る舞いをする

家康(内野聖陽)をもはや生かしてはおけない。

三成は、徳川屋敷の襲撃を決意します。

 

 

三成は、宇喜多秀家(高橋和也)、

小早川秀秋(浅利陽介)、信繁(堺雅人)

と共に家康暗殺計画を練り始めました。

 

ところが、この企ては徳川方に漏れてしまっていたのです。

 

やはり、間者(スパイ)を使っていたのでしょうね。

服部半蔵とか!?

 

 

そして、またまた策士・本多正信(近藤正臣)

が悪知恵を働かせます!

 

 

三成の企みを逆手にとって、利用しようという魂胆です。

 

ことをわざと大ごとにして、

徳川屋敷を守り、家康の命を救うよう

諸大名に呼びかけようと、進言するのでした。

 

 

これにより、誰が徳川に味方し、

誰が反旗を翻す心づもりかを、ためすために!

 

 

徳川屋敷襲撃の企てが漏れたからには、

手を打たねばなりません。

 

 

三成は、徳川征伐の許しを乞いに大阪城の秀頼の元へ向かいます。

 

 

秀吉が亡くなってからの三成は、

徹頭徹尾、秀吉の遺命

「家康を殺せ」

を守って、最後まで戦い続けます!

 

大儀名分は我にあり!

どこまでも、まっすぐな三成でした!

 

 

 

信繁(堺雅人)は、三成と運命を共にしています。

しかし、心の内では、

今、この時、家康を討つことが

果たして豊臣家の為になるのかと戸惑っていました。

 

 

たかだか20万石の三成が、

250万石の徳川家康に噛み付くのですから、

無謀といえば無謀!

 

 

 

それは、他の豊臣恩顧の大名たちも同じだったのでは?

 

豊臣家の内政を一手に引き受けてきた三成は、やはり恨みを買ってきました。

それは独断で動いたわけではなく

秀吉の命令に従っただけなのですが、

やはり、汚れ役を買って出たことに違いはありません。

 

 

秀次事件然り。

関連記事⇒豊臣秀次の切腹事件何故?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

 

 

文禄・慶長の役での加藤清正らとの確執然り。

関連記事⇒加藤清正の生涯と熊本城の秘密!地震加藤といわれた所以や子孫まとめ

 

 

全ては秀吉の晩年の悪政

豊家の滅亡を招く原因になるのですが・・・。

 

 

 

戸惑い、悩む信繁は、このことを

父・真田安房守昌幸(草刈正雄)に相談します。

そして、昌幸は・・・!?

きっと、びっくり仰天するような手段を選ぶでしょうね!

 

ここは、TVを視聴してのお楽しみにしましょうね。

 

 

上杉景勝・加藤清正・大谷吉継の想い

 

三成の行動に戸惑っていたのは、

信繁だけではありません。

 

上杉景勝は?

我が子のように思っている信繁。

そんな信繁に、三成への助力を頼まれ、

悩む景勝でした。

 

しかし、この時点では

信繁の頼みを受け入れることはできませんでした。

 

しかしこの後、世に名高い『直江状』

徳川・上杉は決裂します!

関連記事⇒直江兼続、兜に愛!景勝と共に歩んだ生涯。真田丸のキャストは村上新悟

関連記事⇒上杉景勝の人物像に迫る、第2弾!真田丸では、幸村に「義」を教える

 

加藤清正は?

真田丸では、寧の言葉で

徳川方に付くことを決めた加藤清正。

しかし史実では、寧には以下のような事実があります。

 

○石田三成の三女・辰姫を養女にしている。

○側近中の側近・孝蔵主は三成の縁戚

宇喜多秀家と豪姫との関係もあり、

北政所・寧様は、むしろ三成に近い存在だったはず。

関連記事⇒豪姫と宇喜多秀家、戦国一の夫婦愛!逃亡中に密会し400年後に八丈島で再会。

真田丸で三谷幸喜さんがこの辺をどう描くのか、興味がわくところです。

 

加藤清正、福島正則、黒田長政、

細川忠興、浅野幸長、池田輝政、

加藤嘉明の七将は、

慶長4年(1599年)3月、前田利家が死去すると、三成の大阪屋敷を襲撃します。

 

大谷吉継は?

この人も、『義』の人ですね。

家康の横暴はよくわかっている吉継でした。

 

しかし、

「お前のやり方は間違っている。」

と、三成を諭します。

決して、‟三成憎し”の心からでも、

私利私欲のためでもありません。

 

最終的に関ケ原の合戦で

三成が蜂起した時には、

西軍・三成方に味方し、最後まで奮戦しています。

 

三成の親友で、『義』の人・吉継。

真田丸33話では、一旦、家康に付きます。

確かにその後、会津征伐の際には、

徳川軍の将として参陣しています。

 

 

信繁の子らが、大阪夏の陣後に

助命されたのには、兄・信幸の力と、

『信繁と吉継の血を引く子』ということも

大きな要因だったのではないでしょうか?

‟人を裏切らない”ことの大切さを教えてくれますよね!

 

 

 

 

真田丸33話、島左近(玉置孝匡)登場!

 

 

島左近とは?関ヶ原での奮戦!

sanadamarusimasakonn

待ってました!

歴史好きは、この名前を聞いたら

身震いがしますね!

「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり

 島の左近と佐和山の城」

と、謳われたほどの人物です。

 

名は、島清興(きよおき)ともいいますが

左近(さこん)の方が世に知られています。

本記事でも、左近で通します。

 

 

左近は天文9年5月5日(1540年6月9日)生まれ、

亡くなったのは、関ヶ原の戦いの年

慶長5年9月15日(1600年10月21日)

といわれています。

 

三成より、20歳も年上です。

 

筒井順政・順慶に仕え、支え続けたといわれています。

順慶が病死した後に跡を継いだ定次と

意見が合わず、筒井家を辞したといわれています。

その後、豊臣秀長、秀保に仕えます。

 

 

島左近が石田三成の家臣となったのは

天正19年(1591年)正月以降、

天正20年(1592年)4月以前といわれています。

 

三成は、名将・島左近を

家臣に迎え入れるにあたって

三顧の礼を持って説得し、

4万石の知行の内、2万石を与えたといわれています。

 

 

これまでも、仕官の話は腐るほどありましたが、

左近は断り続けていました。

 

 

でも、島左近が金銭で動いたわけではありません。

 

 

なぜなら、三成が19万4000石の

近江佐和山城主となった時、

左近に扶持の加増を言い渡しますが、左近はこれを断ります。

 

要するに、金額ではなく

知行の半分を渡してまでも、という

三成の男気に打たれて、家臣となることを決めたのでしょう。

 

三成は私利私欲がなく、真から秀吉に尽くします。

家臣たちもまた、島左近を筆頭に

最後の最後まで、三成を裏切っていません。

THE・SAMURAIですね!

 

 

関ヶ原の戦いでの石田隊の奮戦ぶり

東軍の兵達の後の語り草になったようです。

 

三成方・西軍8万5千、対する家康方・東軍7万5千。

 

兵数では勝っている西軍ですが

実質戦っていたのは、

石田隊・大谷隊・小西隊・宇喜多隊だけでした。

 

石田隊は、6900人の兵で

黒田長政、加藤嘉明ら倍以上の兵力を

島左近、蒲生頼郷、舞兵庫らの奮戦で

押し返し、西軍優勢で戦っていました。

 

 

ところが正午すぎ、小早川の大軍が大谷隊に襲い掛かります。

 

勇戦を続けていた大谷隊でしたがこれにて全滅

吉継は家臣に命じ、切腹後、首を地中深くに埋めさせます。

関連記事⇒小早川秀秋は大谷吉継の呪いが死因?関ヶ原での裏切りは想定内だった!

 

小西隊、宇喜多隊も壊滅状態で敗走

 

石田隊は、襲い掛かる東軍を一手に引き受けることになります。

 

 

しかし、誰も裏切らない!

 

 

左近も、自ら陣頭に発ち奮戦したといいます。

 

 

最後は黒田長政の鉄砲隊に襲撃され死去しています。

 

 

享年59歳

 

 

左近を討った黒田長政の兵士たちは

関ヶ原から数年が過ぎても、

左近が奮戦する夢にうなされ、布団から飛び起きたという俗説がある程です。

 

 

真田丸で島左近を演じるのは玉置孝匡(たまき たかまさ)さん

 

真田丸では、島左近を玉置孝匡(たまき たかまさ)さんが演じます。

 

玉置孝匡さんは、1972年4月11日生まれ。

大阪出身です。

真田丸では珍しく、実際の島左近よりお若いですね!

でも、雰囲気はピッタリだと思います。

 

ご趣味が、クラシック音楽鑑賞と絵画鑑賞!

島左近といえば、勇将で知られた人ですが、

玉置さんは、優雅ですね~~!

しかも、特技はフルート!

どこまでも、優雅。

 

大阪芸術大学舞台芸術学科・演出コースをご卒業されています。

舞台中心に活躍されていますが、

真田丸では、関ヶ原まで活躍されそうですね!

楽しみです!

 

 

真田丸33話ネタバレ&あらすじ「動乱」まとめ

 

 

真田丸33話で、三成が動乱を引き起こします。

徳川屋敷襲撃!

しかし、これは徳川方の知るところとなり

それを逆手にとって利用されます。

 

徳川を守るため、諸大名に招集を懸け、

それぞれの思惑を推し量ろうという魂胆でした。

 

 

上杉景勝・加藤清正・大谷吉継。

それぞれに思いがありました。

 

 

そして、三成と運命を共にしている信繁は

父・昌幸に相談します。

 

 

真田丸33話でついに島左近が登場します!

もう、楽しみでしたね~~!

 

三成が自身の俸禄が4万石の時、

2万石で仕官を取り付けた重臣です。

 

三成が佐和山城主となった後も、

同じ2万石で仕えます。

 

最後の最後まで、重臣として三成を支え

関ヶ原で獅子奮迅の働きをし討ち死にします。

 

 

とにかく、石田隊の諸将の働きは、尋常ではなかったようです。(笑)

 

キャストは玉置孝匡さんです。

良い俳優さんですね!

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ