真田丸32話ネタバレ&あらすじ!三成「応酬」!新キャスト前田利家・利長

真田丸32話「応酬」のネタバレとあらすじをお伝えします。

いよいよ、天下掌握の覇権争いが始まりました!

sanadamaru32netabaremitunari

 

三成VS家康!

関ヶ原開戦へ向けて心理戦が始まります!

 

 

そして、真田丸32話に、あの大物

前田利家(小林勝也)、利長(萬 雅之)親子が登場します!

 

真田丸31話の関連記事はこちらです。

関連記事⇒真田丸31話ネタバレ&あらすじ!秀吉の「終焉」と昌相、忠勝の 一騎打ち!

関連記事⇒真田丸31話「終焉」感想まとめ!出浦(寺島進)は復活する!と 信じたい

 

 

Sponcored Link

 

 

真田丸32話「応酬」ネタバレ&あらすじ!

秀吉亡き後の信繁は?

太閤秀吉(小日向文世)がついに逝き、

真田信繁(堺雅人)は、石田三成(山本耕史)から

今後の身の振り方について尋ねられます。

 

信繁は、もう少し三成の元で働きたいと願い出ます。

 

いよいよ、家康ら老衆(おとなしゅう)と

三成ら奉行衆、計10人での合議による

政が始まります。

 

※老衆(おとなしゅう)・五大老ともいう

秀吉から秀頼を補佐して政務を行うことを託された有力大名
 
 ・徳川家康

 ・前田利家(小林 勝也)

 ・宇喜多秀家(高橋和)

 ・上杉景勝(遠藤憲一) 

 ・毛利輝元(浅地直樹)

 

 

※奉行衆

秀吉から秀頼を補佐して政務を行うことを託された豊臣の直臣

 ・石田三成

 ・浅野長政

 ・前田玄以

 ・増田長盛

 ・長塚正家

 

 

秀吉の死で、朝鮮に出兵した兵たちは、

急ぎ和議を結び帰国をすることになりました。

 

そこで、三成は秀吉の死を、

海を渡った兵たちが全て引き揚げるまで

伏せることを発案します。

 

秀吉の亡きがらは、しばらく甕の中に

安置しておくことになったのです。

秀吉が亡くなったのは8月ですからね~~!

 

 

ところがそんな三成の行動を、

家康は、三成がもたついているから

秀吉の葬儀の日取りが決まらないのだと、

北政所・寧様に告げ口します。

 

 

10人での合議制において、

力が偏らないように気を配る

三成でしたが、事はうまく運びません。

 

 

家康、始動!

秀吉亡きあと豊臣家を滅ぼし、

天下泰平の世を築く、徳川家康が動き始めます!

欣求浄土厭離穢土(ごんぐじょうど おんりえど)

※徳川家康の旗印

 「苦悩の多い穢れたこの世を厭(いと)い離れたいと願い

  心から欣(よろこ)んで平和な極楽浄土を冀(こいねが)うこと」

  http://home1.catvmics.ne.jp/~daijuji/

 

家康公がまだ松平元康と名乗っていた頃に

死を覚悟して訪れた故郷・岡崎の大樹寺で

出逢った平和思想です。

これを解説すると相当長くなるので、

また別の機会に!

 

とにかく、大河ドラマ「真田丸」は、

大阪夏の陣で、真田信繁が命を落とすまでの

物語なので、どう考えても家康は、敵役ですよね。

だから、せめてこれだけでも、と思い

本記事に記載しています。

 

これからは、じわりじわりと

真綿で首を絞めるように、

豊臣家を追いつめていきますから・・・。

おそらく、家康の生涯で最も悪業をなした時期でしょう。

 

家康は、はっきり言って石田三成より

一枚も二枚も上手です。

 

やはり、苦労が違います。

 

豊臣秀次切腹事件では、

謀反の詮議を懸けられて、

連座させられそうになった大名も

多かったと聞きます。

そんな時に、秀吉にとりなしたのは家康でした。

関連記事⇒豊臣秀次切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子 孫は残った!

とにかく諸大名の間では、

三成に恨みがあっても、

家康に遺恨はない。

家康は、来るべく戦に備え、

諸大名に根回しをするため宴を開き

接待攻勢に出ます!

そして、家康の元には、

このような光景になりました。

sanadamaru32wanetabare

 

そしてこれから家康は、

慶長の役以来、三成と敵対していた

福島正則、加藤清正、黒田長政らと、

豊臣家に無断で姻戚関係を結びます。

関連記事⇒加藤清正の生涯と熊本城の秘密!地震加藤といわれた所以や子孫 まとめ

 

 

動き出した家康に応酬する三成!

石田三成は豊臣家の忠臣です。

自分も負けじと、接待攻勢で応酬します。

ところが・・・。

 

sanadamaru32wanetabaremitunarigata

 

このような光景です。

しかし、しかし、三成は頭がキレますが

どこか要領が悪いというか、ずる賢くないというか・・・。

どこまでも、家康に応酬し続けるんですよね。

 

秀頼様の為にと。

 

前回の真田丸31話では、家康の暗殺を

謀りますが、これが失敗すると、

すぐに次の手段を考えます!

 

慶長3年(1598年)8月28に、

五大老の一人、毛利輝元と、浅野長政以外の

奉行4人で起請文を交わします。

 

もし、五大老中で秀頼様に逆心を

抱くものがあれば、起請文を交わした5人が

力を合わせる、というものでした。

 

ところがこれは、秀吉の

「徒党を組むことを禁じる」

という遺命に逆らうものだったのです。

 

 

それでも何とかバランスが取れていたのは、

前田利家が生きている間だけでした。

 

 

真田パパ昌幸、再び燃え期到来?

世の中がきな臭くなると、

がぜん燃え始めるのが、真田パパ、昌幸(草刈正雄)!

前回は石田三成からの

家康暗殺計画をやすやすと引き受けました。

これからも、虎視眈々と

「真田ここにあり!」

を示すことができる一発逆転状況を

望んでいるに違いないのです。

 

嫡男・信幸(大泉洋)の正室は、徳川家康の養女

関連記事⇒小松姫・真田信幸の正室は容姿端麗で賢夫人!真田丸でのキャス トは吉田羊。

次男・信繁の正室は、豊臣家重臣・大谷吉継の娘

関連記事⇒松岡茉優が演じる幸村の正室(春)・竹林院の生涯!出演はいつ ?

 

 

出浦昌相(寺島進)が重傷を負った今、佐助(藤井隆)を動かすしかない!

 

敵情の把握に余念がないことでしょう。

関連記事⇒出浦昌介は信義を重んじる透破の長。真田丸のキャスト寺島進が カッコいい!

 

 

真田丸32話でいよいよ登場・前田利家、利長!新・キャスト!

満を持して登場という感じの前田利家

秀吉子飼いの大名で、

「槍の又左」といわれるほどの槍の名手。

 

若い頃、秀吉と隣同士だったため仲が良く、

4女・豪姫を養女に出しています。

関連記事⇒豪姫と宇喜多秀家、戦国一の夫婦愛!逃亡中に密会し400年後に 八丈島で再会。

 

 

演じるのは小林勝也(こばやし かつや)さん。

舞台俳優さん、声優さんとして有名です。

物凄く声が良いです!

10月からの舞台‟かもめ”のインタビュー動画

ありましたので、宜しければどうぞ。

 

 

1943年生まれ、東京都出身です。

早稲田大学出身で1966年に文学座研究所に入られています。

 

大河ドラマでは欠かせない存在で、

竜馬がゆく(1968年)

花神(1977年)

翔ぶが如く(1990年)

花の乱(1994年)

八代将軍吉宗(1995年)

徳川慶喜(1998年)

風林火山(2007年)

篤姫(2008年)

軍師官兵衛(2014年)

数年ごとに、出演されています。

 

 

前田利長

 

前田利家の嫡男で

加賀百万石の礎を築いた人です。

関ヶ原の戦いで、妹・豪姫の夫

宇喜多秀家が敗れ、徳川方に捕えられた時、

必死で助命嘆願した方です。

関連記事⇒宇喜多秀家はお家騒動が元で関ヶ原で敗れ八丈島へ流刑に!子孫 はどうなった?

 

前田利長のキャストは萬 雅之(よろずまさゆき)さんです。

 

sanadamarusinnkyasutomaedatosinaga

1975年11月23日生まれ、千葉県出身です。

178㎝のすらっとしたイケメンです!

調理師免許を持っているなんて、ちょっと異色!

 

TVドラマの出演多数で、大河ドラマでは

龍馬伝に出演されています。

 

2005年には主演映画「ガラクタノココロ」

第7回インディーズムービーフェスティバルの

グランプリを受賞しています。

 

 

31話では、新キャストが続々登場しますね!

毛利輝元のキャストに浅地直樹さん。

細川忠興のキャストに矢柴俊博さん。

長束正家のキャストに木津誠之さん。

 

石田三成の重臣・島左近のキャストに玉置孝匠さん。

関連記事⇒真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠「たか」など続々 !

 

 

まとめ

 

三成から今後の身の振り方を尋ねられた信繁は

いましばらく、三成ので働きたいと伝えます。

 

秀吉が亡くなり、政は老衆・五奉行10名の

合議制で行うことになりました。

力が偏らないように気を配る三成でしたが、

ことは思うように運びません。

 

三成は、秀吉の葬儀を

海を越え戦をしている兵たちが、

全て帰国するまで伏しておくことを提案します。

 

 

ところが家康は、秀吉の葬儀の日取りが

決まらないのは、三成がもたついているからだと、

北政所・寧様に告げ口をします。

 

 

さらに家康は、大名たちを取り込もうと

宴会を開き、接待攻勢に出ます。

 

三成も負けじとそれに応酬し、

接待攻勢をかけますが、力の差は歴然としていました。

 

豊臣家大事、秀頼様大事の三成は、

次なる行動に出ますが・・・。

 

これから関ヶ原まで、

攻撃と応酬の繰り返しです。

 

それでも、前田利家公(小林勝也)が

存命なうちはまだ良いのですが!

出演されないままかと心配していた

前田利家・利長が新キャストで登場しますね!

他にも、新キャストの皆様、

演技が楽しみです!

 

 

人生最後の集大成に向けて、

ひとつづつ確実に駒を進めていく家康。

大きな歴史のうねりの中で、

何かにつき動されるようにまっしぐらな三成。

迷いの中でうごめく豊臣恩顧の大名達。

真田丸32話楽しみですね!

では、本日も最後までご覧いただいて有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ