宇喜多秀家はお家騒動が元で関ヶ原で敗れ八丈島へ流刑に!子孫はどうなった?

宇喜多秀家は、父・直家の死後わずか10歳で家督を継ぎ、宇喜多家当主となります。

 

『戦国の貴公子』と謳われたほどのイケメンで、秀吉から寵愛を受け、異例の出世を遂げていきます。

最後まで豊臣家に忠誠を誓い、関ヶ原の戦いではもちろん西軍・石田三成側に与します。

sanadamaruukitahideiesyouzouga

 

ところが、関ヶ原が勃発する前年に、宇喜多家ではお家騒動があり、有力家臣の3割が離反するという異常事態が発生したのです!

 

本日は、宇喜多秀家の生涯をサクッとまとめ、宇喜多家を衰退させたお家騒動も調べてみました。

 

さらに、関ヶ原の戦いで敗れ、八丈島流刑となった経緯

 

流刑地には、豪姫との間にできた子供も伴いましたが、その後の子孫達のこともまとめました。

 

 

Sponcored Link

 

宇喜多秀家の生涯・お家騒動以前。

 

宇喜多秀家は、元亀3年(1572年)、備前国岡山城(岡山県岡山市北区)城主・宇喜多直家の次男として生まれます。

母は円融院(鷹取氏)。

※秀家のイケメンは、この母譲りで、秀家の父・直家亡きあと、その美貌に驚いた秀吉が側室に入れています。

 

天正9年(1581年)に父・直家が病死し、天正10年(1582年)、織田信長の計らいにより本領を安堵、家督を継いでいます。

 

何しろ備前国は、織田・毛利の抗争の境目に位置することから、戦の重要拠点だったのです。

その後、織田家臣の羽柴秀吉の配下に与され、各地を転戦することになります。

宇喜多秀家の大出世は、この羽柴秀吉の寵愛を受けたことから始まります。

さらに、幼い秀家を補佐する家臣団が非常に優れていたと言われています。

叔父・宇喜多忠家を筆頭に、戸川秀安や長船貞親ら直家以来の重臣が秀家をガッチリと補佐していたのです。

 

 

 

元服の折に、豊臣秀吉の猶子(準養子)となり、天正14年(1586年)には、秀吉の養女・豪姫(前田義家の4女)と結婚します。

これにより、秀家は豊臣一門として扱われるようになります。

 

 

豪姫は、子供のない秀吉・寧夫婦に、実子のように可愛がられて育っています。

しかも、美貌と才知は有名でした。

 

17歳の戦国の貴公子・秀家と、15歳の美貌の豪姫。

まさに、一服の平安絵巻のようだったでしょうね。

 

 

文禄元年(1592年)から始まった文禄の役では、19歳という若さで総大将に任じられています。

 

文禄3年(1594年)には、戦功により参議から、従三位中納言に昇進します。

 

勿論この戦での功績も、優秀な家臣あればこそですが。

 

慶長3年(1598年)、朝鮮から帰国後、豊臣政権の五大老に任じられます。

 

 

宇喜多秀家、ここまでは順風満帆。

 

ですが、秀吉亡きあとは過酷な運命が待ち受けていました!

 

 

宇喜多家お家騒動とは?

宇喜多秀家が幼いながら宇喜多家を守り、自身も戦功を立て出世できた裏側には、有能な家臣団があればこそ、ともいえます。

特に、宇喜多三老の一人戸川秀安の息子・戸川達安(とがわ たつやす ・ みちやす)は猛将として知られ、朝鮮出兵の折の戦功も、戸川達安の軍略を駆使した戦いで戦功をあげ得たといわれています。

 

 

 

このお家騒動については詳細な資料な史料が残っていないのですが、かいつまんで記します。

 

宇喜多秀家に嫁いだ豪姫は、秀吉の養女として育ちますが、元は前田利家の四女です。

 

キリシタンを信仰していて、日蓮宗徒が多い宇喜多家中では、なにかと火種となりやすかったようです。

 

ただ、やはり宇喜多三老の一人長船貞親の息子・長船綱直が豪姫と同じキリシタンで、前田系家臣の派閥に組するようになります。

 

 

このように、家中で老臣VS前田系家臣の構図ができていた時に、朝鮮出兵で困窮した財政を領民への増税で賄おうとしたことに、直家の代から仕える老臣たちは反感を持つようになります。

 

 

そんな折、1597年長船綱直が亡くなります。

間を取り持つ人がいなくなった宇喜多家では、一気に派閥争いが表面化していきます。

 

慶長4年(1599年)、重臣・戸川達安、岡利勝らが、秀家側近の中村次郎兵衛の処分を秀家に願出でますが、秀家がこれを拒否します。

 

そこで、危険を察した中村次郎兵衛は前田屋敷に逃れ、戸川・岡ら重臣が大阪の屋敷を占拠します。

秀家はこの騒動の首謀者を戸川達安とし、暗殺を謀ります。

しかし、戸川達安を宇喜多詮家が庇い自邸に立て籠もります。

 

騒動の調停に、越前敦賀城主・大谷吉継と徳川家康の家臣・榊原康正が携わりますが対立は解消されないままでした。

 

 

やむを得ず、徳川家康が直々調停に乗り出し戸川らは他家にて預かり蟄居処分となります。

 

 

これにて、宇喜多家の優秀な家臣団や一門衆の多くが宇喜多家から去り、関ヶ原では寄せ集めの浪人で兵力を賄ったと言われています。

 

 

この騒動の原因は、

・キリスト教と日蓮宗徒との軋轢(豪姫がキリシタンであったため、秀家は家臣団にキリスト教に改宗するよう命じていた)

 

・譜代家臣と前田家からの御付組との対立があった。

 

・朝鮮出兵で疲弊した経済を立て直すため、領民に重税を敷こうとしたためこれに戸川ら重臣が反対した。

 

など、諸説あありますがいずれも明確な史料がない事は残念です。

 

 

ただ、ただですよ!

これはあくまでも私見で憶測ですが。

この騒動で最も得をしたのは誰?

そうです!徳川家康です!

 

 

関ヶ原の戦いで、もし宇喜多家に戸川達安がいたら?

もしかしたら、宇喜多勢の奮戦で‟東軍総崩れ”、‟家康討ち死に”。

なんて構図になっていたかもしれませんね!

 

 

そしてさらに、豊臣秀次様も存命なら、きっと小早川秀秋も東軍に寝返ることはなかったでしょうから、歴史は変わっていたでしょうね!

関連記事⇒豊臣秀次の切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

この宇喜多家お家騒動を、徳川家康の陰謀と捉えるのは、私だけでしょうか(笑)

 

その後、戸川達安は、関ヶ原でも徳川方として戦功をあげ、戦後、備中庭瀬藩に3万石を与えられています。

そしてさらに、大阪の陣にも参陣し活躍し、子孫は旗本に取り立てられています。

豊臣家を滅ぼす側で戦功をあげることになってしまったのです。

 

 

関ヶ原の合戦首謀者は宇喜多秀家か!?

慶長3年(1598年)8月、秀吉が病没します。

そして翌年慶長4年に、宇喜多家お家騒動が起こります。

同じ年に義父・前田利家が亡くなり豊臣政権内で徳川家康が影響力を強めることになります。

そして、加藤清正ら武闘派七将による石田三成襲撃事件が勃発します。

この時宇喜多秀家は、佐竹義宣と共に、三成を救出しています。

 

 

そして、慶長5年(1600年)、家康が会津討伐に向かった隙を狙い、石田三成が挙兵。

宇喜多秀家は西軍の副大将として戦います。

 

 

尚、この関ケ原の戦いの首謀者は、石田三成ではなく実は宇喜多秀家だったと言われています。

なぜなら、石田三成が大谷吉継や毛利輝元らを糾合したのは7月17日頃とされていますが、宇喜多秀家が出陣式を行ったのはそれよりも2週間近く早い、7月2日といわれています。

 

 

この時の出陣式には、北政所・寧様も代理(大谷吉継の母・東殿局)を送り、戦勝祈願を行ったという史料が残っています。

 

したがって、北政所・寧様が、徳川家康の東軍を支持していたという根拠はないのです。

関連記事⇒淀殿茶々様の生涯と性格は?北政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

 

 

そして関ヶ原の合戦当日。

 

 

宇喜多隊は、西軍中では最大の1万7000人の兵力でした。

 

ただし!

 

上記のお家騒動のため、優秀な家臣団の三割がたは宇喜多家を離れてしまっています。

 

寄せ集めの兵力ですから、それ以前とは程遠い戦力だったといえます。

宇喜多隊は、東軍の福島正則隊と激突します。

しかし、西軍(のはずだった)小早川秀秋の裏切りにより総崩れとなり、宇喜多隊は壊滅します。

関連記事⇒小早川秀秋は大谷吉継の呪いが死因?関ヶ原での裏切りは想定内だった!

 

 

 

敗走、八丈島流刑

 

関ヶ原の敗北により、宇喜多家は改易されます。

宇喜多秀家は伊吹山中に逃げ込んだところを、落ち武者狩りの矢野五右衛門に出逢います。

ところが矢野五右衛門は、秀家を自宅に40日近く匿います。

 

落ち武者狩りが、狩らなかったのですね。

その後、薩摩国の島津義弘などを頼って落ち延び、牛根郷(現在の鹿児島県垂水市)に匿われます。

 

物凄く遠くまで落ち延びたものですね!

 

しかし、島津氏が秀家を匿っているという噂が広まったため、慶長8年に身柄を家康の元に引き渡されます。

 

 

この後、島津忠恒(義弘の子)、前田利長の助命嘆願により死罪は免れます。

そして、駿河国久能山へ幽閉されたのち、慶長11年(1606年)4月、八丈島へ配流となります。

子息も共に配流となり、そこで50年暮し、明暦元年(1655年)11月20日に亡くなります。

 

豪姫の実家、加賀前田藩から隔年白米70俵と金子35両の援助があり、明治維新後、赦免されるまで続いたそうです。

 

 

尚、大阪夏の陣の後、加賀藩前田家から所領分与の上、家名再興を勧められるも、徳川幕府に仕えることを良しとせず、辞退したという話が伝わっています。

宇喜多秀家らしい逸話ですね!

 

 

宇喜多秀家の子孫その後

宇喜多家は八丈島で直系血族は『浮田』、傍系は『喜田』などを名乗ったそうです。

「浮田流人」と呼ばれ、他の流人とは区別されていたようです。

後に20家に分かれましたが、明治3年(1870年)7家が八丈島を離れ東京板橋宿の加賀藩屋敷跡に前だけより土地を与えられて移住しています。

 

明治6年(1873年)明治天皇から浦安市に19900坪の宅地も賜り、前田家からは金1000両も与えられています。

 

秀家と豪姫の血脈は、豪姫の実家・加賀前田藩に庇護されて、受け継がれていたのです。

 

 

なお、姫君は以下の通りです。

長女・貞姫、理松院(前田利長養女、山崎長郷室→富田重家室)

 

侍女・冨利姫、先勝院(前田利長養女、伏見宮貞清親王妃)

 

 

まとめ

宇喜多秀家は、父・直家亡きあと、僅か10歳で家督を引き継ぎます。

宇喜多三老を中心に優秀な家臣団に支えられ、秀吉の寵愛も受け猶子となります。

 

母親譲りのイケメンで、『戦国の貴公子』と謳われました。

秀吉の元、優秀な家臣団と共に数々の戦功をあげます。

秀吉の養女であり、前田利家の四女・豪姫を正室に迎え、豊臣家で出世を遂げていきます。

 

ところが、秀吉亡きあと前田利家が亡くなると徳川家康の横暴に憤り、石田三成らと挙兵します。

しかし、前年に起きたお家騒動により、直家以来の子飼いの重臣たちが宇喜多家を離れていました。

 

お家騒動の原因は家中の派閥争いに端を発していますが、明確にはいえません。

そのため、関ヶ原の戦いにおける戦力は、それ以前とは格段に劣っていました。

そこへ、小早川秀秋の裏切りもあり宇喜多秀家ら西軍は壊滅状態となりました。

 

 

敗戦後、薩摩国まで逃亡しますが、慶長8年に身柄を徳川家康に引き渡されます。

 

 

島津忠恒、前田利長の助命嘆願により死罪を免れ、約50年という長きに渡り八丈島で流刑暮らしをします。

この間、明治維新後赦免になるときまで、豪姫の実家である加賀・前田藩から援助が続きます。

 

 

宇喜多秀家の子孫は、共に八丈島に流刑となった子息の血脈が今も続いています。

姫たちは、前田利長の養女として、他家に嫁いでいます。

 

徳川家に仕え、家名再興する機会もありましたが、宇喜多秀家は最後まで豊富家に忠誠を尽くし、これを断っています。

 

 

では、本日も最後までご覧いただき有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ