真田丸28話ネタバレ&あらすじ!誤解が招いた受難、秀次の最期

真田丸28話のネタバレとあらすじをお伝えします。

真田丸27話のあらすじとネタバレはコチラです。⇒真田丸ネタバレ&あらすじ「27話」不信が募る秀次ときりに冷たい信繁!

28話「受難」では、秀吉に振り回され、誤解が誤解を生み、追い詰められていく関白・秀次(新納慎也)の姿が描かれます。

 

sanadamaru28hidetugu

 

 

次第に追い詰められていく心理描写は、観ていて胸が詰まる想いでしょうね。

結末はあまりにも哀しすぎます。

 

Sponcored Link

 

真田丸28話ネタバレ&あらすじ

 

 

誤解がが誤解を生み、疲れ果てた秀次

きりを頼って大阪城に来た秀次。

秀吉の一挙手一投足に過敏になりすぎ、誤解から不信感の塊になってしまった秀次でした。

 

きりは秀次に寄り添いつつも、一生懸命叱咤激励します。

心から心配するからこその言葉でした。

 

一方、信繁は秀次の失踪が秀吉の耳に入る前に、伏見城に居る大谷吉継(片岡愛之助)に知らせに行きます。

 

伏見城では、城普請を手伝うよう命じられていた昌幸が、吉野太夫に入れあげて遊郭に入り浸っていました。

関連記事⇒吉野太夫の本名は?実在の人物なのか。真田丸のキャストは中島亜梨沙!

 

 

大谷吉継は、体調を崩して屋敷に帰っていると聞いた信幸は、屋敷に出向きます。

吉継は秀次の失踪を聞くと、病んだ体に鞭打って、聚楽弟に行きます。

 

 

信繁は、心当たりがある大阪城へ向かいます。

大阪城できりの元を訪ねた信繁は、蔵の中に隠れている秀次をみつけます。

信繁は秀次に、ことが大きくなる前に京へ帰るよう説得します。

そんな時でした。

蔵の外の庭で、

 

「関白殿下」

拾(秀頼)をそう呼び遊んでいる、茶々(竹内結子)の声でした。

これを聞いた秀次はますます落ち込みます。

 

絶望した秀次はこれで聚楽弟に戻る気持ちを喪失したのでした。

 

信繁は、秀次を京の真田屋敷に連れて行きます。

 

 

こうと稲、女の意地炸裂!

 

信繁は真田屋敷で秀次を、信幸(大泉洋)、薫(高畑淳子)、稲(吉田羊)と引き合わせます。

 

話しているうちに、薫の父・菊亭晴季が秀次の妻の父であることがわかり、薫は急に話をそらそうとします。

 

薫が公家の出自でないと知った(吉田羊)は、徳川家康に文を書こうとします。

ところがこれを、こう(長野里美)が制します。

稲は、こうが信幸の前妻ではないかと詰め寄ります。

こうは前妻であろうとなかろうと、真田家を守るだけだと、文を破り、毅然と言い放ちます。

 

 

信繁の縁談

 

大谷吉継の取りはからいで、秀次が務める公の行事はすべて日延べされ、表向きは秀次が急な流行病に罹ったという触れを出します。

小早川秀俊(後の小早川秀秋・浅利陽介)は、そろそろ秀吉に真実を話した方が良いのでは、と考えていました。

しかし、信繁はもう一日だけ待って欲しいと頼み込みます。

関連記事⇒小早川秀秋は大谷吉継の呪いが死因?関ヶ原での裏切りは想定内だった!

 

そんな信繁に、秀次の娘のたか(岸井ゆきの)に、パードレから届けられた包みを父に渡してほしいと頼まれます。

そんな矢先、信繁は大阪城の秀吉から呼びつけれれます。

 

秀次の一件が、ついに秀吉にバレてしまったと思った信繁は、真田屋敷に赴き秀次に秀吉に会いに行ってくると伝え、たかからの預かりものを渡します。

包の中には、聖母マリアが描かれた小さなテンペラ画のセットが入っていました。

秀次は、その中の1枚を取り出し信繁に渡します。

 

これを、きりに渡し、側室の話はなかったことにすると伝えて欲しいと頼みます。

すでに覚悟していたのでしょうね。

 

 

不安を胸に大阪城の秀吉の元に向かった信繁。

しかし、秀吉は呂宗助左衛門(ルソンすけざえもん)から献上された壺を手に上機嫌でした。

 

秀吉は豊臣家と信繁の絆を深めるために、大谷吉継の娘・春(松岡茉優)と信繁の婚姻を望んでいたのでした。

 

 

秀次のことで頭がいっぱいだった信繁は、父に相談するので時間が欲しいと返事を保留します。

 

しかし、その直後、秀吉の耳に秀次失踪の事実が知らされてしまいます!

最初は激怒していた秀吉でしたが、北政所・寧々様や、淀殿茶々様に諭され、秀次を許す気になっていました。

関連記事⇒淀殿茶々様の生涯と性格は?北政所との関係や秀頼の父親が誰なのか考察した!

 

 

高野山青厳寺(せいがんじ)秀次の最期・一族の受難

秀次は、信繁が秀吉に会いに行くとすぐに、信幸(大泉洋)と共に高野山・青厳寺に赴きます。

そこで、信幸と秀次は腹を割って話します。

信幸は、自分も父をはじめとする家族に翻弄されていることを告白します。

秀次は、思えば真田信幸・信繁に官位を授けたことが関白として行った事績の一つと語り、官位を返上することがないようにと信幸を諭します。

 

 

秀次が高野山へ入ったと聞いた秀吉は、秀次を謀反の疑いで1ヶ月ほどそこで謹慎させてから連れ戻そうと福島正則を使者として派遣します。

しかし、人間不信に陥っている秀次は、またも秀吉の心を誤解します。

 

「叔父上は、私を油断させてから捕える腹か。」

 

 

秀次は、たかから貰った聖母の絵を、別部屋の長持ちにしまうよう、信幸に命じます。

一人、物思いにふける秀次。

胸中にはどのような想いが去来していたのでしょう・・・。

一瞬の永遠。

 

秀次、最期の時。

 

 

広間で待つ、信繁と正則の元に、青ざめた顔の信幸が飛び込んできます!

文禄4年(1595年)7月15日

関白・秀次自刃。

 

これを聞いた秀吉は、狂気の沙汰を命じます。

秀次は謀反が発覚して切腹。

首は三条河原に晒し、一族も処刑。

受難以外の何物でもありません。

「真田丸」では、秀次の死に関しては「新説」を取り入れています。

 

「新説」だと、眷属皆殺しは、ついでに行われたことになり、‟意味のない死”になってしまいます。

余計に悲惨な気がしますが、皆さまはいかが思われますか?

 

あ、どちらにしろ、悲惨でしたね。

 

関連記事⇒豊臣秀次の切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

     新納慎也は結婚している?真田丸で秀次を演じ今後は舞台ベントで活躍!

 

 

信繁は、聚楽弟の隠れ部屋に隠れていたたかをみつけます。

このままでは、たかも殺されてしまうと思った信繁は、ある妙案を思い付きます。

 

秀吉に、大谷吉継の娘・春との婚儀を受けるので、側室を一人持ちたいと願い出ます。

その側室とは、たかのことでした。

 

どうにか秀吉の許しを得た信繁は、秀吉の気が変わらないうちにと、次の策を嵩じます。

堺の貿易商・呂宗助左衛門にたかを預け、海外に逃がす計画です。

関連記事⇒呂宋助左衛門と松本幸四郎の本名は?黄金の日々と真田丸で秀吉に献上した壺の謎!

助左衛門はこれを快諾します。

翌朝、堺の港を一隻の貿易船が港を離れてゆきました。

 

史実では、たかは信繁の側室になり、女子と男子それぞれ一人ずつを設けますので、これはフィクションですね。

でもそれはそれで、楽しいですかね。

 

 

まとめ

秀吉に翻弄され、身も心もボロボロになった秀次は、大阪城に居るきりの元を訪ねます。

 

信繁も大阪城にやってきて、秀次に聚楽弟にもどるよう説得しますが、秀次は誤解が招いた不振で聞く耳を持ちません。

 

真田屋敷に匿われた秀次でしたが、信繁が秀吉から呼び出されるとすぐ、高野山・青厳寺へ発ってしまいます。

 

秀吉は、秀次を高野山で謹慎させた後、呼び戻すつもりで福島正則を高野山へ使者として送ります。

ところがこの行為もまた誤解した秀次は、自刃してしまいます。

さらに受難は秀次の妻子たちでした。

 

秀次の首は三条河原に晒され、眷属は幼い子供たちまで処刑されてしまいました。

 

ところが、聚楽弟の隠れ部屋に、たかが潜んでいたのを信繁が見つけます。

 

 

信繁は、秀吉から打診されていた大谷吉継の娘・春との縁組を受ける代わりに、側室を持ちたいと言い、秀吉の承諾を取り付けます。

信繁は、呂宗助左衛門に頼み、たかを貿易船で国外に逃がしたのでした。

 

真田丸28話の感想は視聴後に記事にいたします。

では、本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “真田丸28話ネタバレ&あらすじ!誤解が招いた受難、秀次の最期”

  1. 伊藤 彰 より:

    第28話のタイトルは「受難」と「誤解」の2種が出ていますが、どちらが正しいのでしょうか?混乱しています。

    • みるる より:

      コメント有難うございます!
      混乱させてしまい、申し訳ありませんでした。
      記事を書くときに、NHKの週刊誌を参考にして書いているのですが、そちらでは「受難」になっておりました。
      しかし、ストーリーの内容をみると、「誤解」の方がふさわしいように思いました。
      それで、このようにできる限り違和感がないようなタイトル付けをしました。
      物語としては、秀次が秀吉の言動を誤解したことから、受難を招いたのだと理解したのです。
      これで、混乱は収まりますでしょうか?
      またお気づきのことがあれば、お知らせいただければ幸いです。
      この度はコメントを頂きまして、有難うございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ