真田丸ネタバレ&あらすじ「27話」不信が募る秀次ときりに冷たい信繁!

真田丸のネタバレ&あらすじです。

27話は「不信」

 

太閤秀吉と関白秀次との哀しいすれ違いが始まります。

 

秀頼の誕生で疑心暗鬼になった秀次は、秀吉の些細な一言に過敏になり徐々に精神のバランスを崩していきます。

 

元来、武人というより文人堅気の要素が強い秀次でしたから、戦国大名たちをまとめ上げていくのはそれだけでプレッシャーだったでしょうね。

 

sanadamaru27hidetugu

 

それでは、真田丸ネタバレ&あらすじ27話「不信」をご紹介致します。

 

 

真田丸26話をお見逃しの方はコチラの記事をご覧ください。
          ↓
真田丸26話ネタバレ&あらすじ「瓜売」春・たか登場!ババ様とり逝く 

 

Sponcored Link

 

真田丸ネタバレ&あらすじ「27話」不信

不信を募らせる関白秀次と子煩悩丸出しの太閤秀吉

太閤秀吉(小日向文世)と淀殿茶々様(竹内結子)の間に再び男子が生まれました。

運命の子・秀頼です。

 

秀吉は、狂喜乱舞し「拾い子は丈夫に育つ」という迷信を信じて「拾(ひろい)」と命名します。

 

秀吉は、関白となった秀次を補佐してほしいと、信繁(堺雅人)を秀次(新納慎也)に仕えるように命じます。

小心で心配性の秀次を配慮したのでした。

 

 

後日、秀次は大阪城の秀吉の元を訪れます。

「拾様が元服され、次の関白になられるまで、私がしっかりお支えして参ります。」

秀次の言葉に、秀吉は意外なことを言いだします。

 

「年が明けたら、九州を拾にやってくれないか」

 

日本を5つに分け、そのうちの一つだけでいいから、拾に渡してほしいと頼むのでした。

 

この言葉は、秀次を戦慄させるに十分過ぎる言葉でした!

 

 

秀吉が、いかに拾(秀頼)を溺愛しているか、子煩悩丸出しの言葉です。

「私がこの先、拾様を攻め滅ぼすことのないよう、先手を打たれたに違いない。」

こう思いこんだ秀次は、もはや信繁の言葉も耳に入らないほど混乱していきます。

 

 

さらに秀吉は、秀次を安心させようと、拾に秀次の1歳になる娘を嫁がせようと提案します。

しかし、これまた不信感に苛まれている秀次にとっては逆効果。

「自分を信じていないから大事なことも一人で決めてしまう」

 

 

少しずつすれ違って行く秀次と秀吉。

 

哀しいですよね。

 

 

そして、羽柴秀俊が小早川隆景に養子に出されることになります。
関連記事⇒小早川秀秋は大谷吉継の呪いが死因?関ヶ原での裏切りは想定内だった!

このことも秀次にとっては不信感を増強させるものとなります。

「太閤秀吉は、邪魔者を排除し始めた!次は自分の番だ!」

 

完全にノイローゼです。

こうなるともう、どんどん追い詰められてゆきます。

 

 

そんな時、秀次は、宇喜多秀家から諭されます。

「秀吉の言動に一喜一憂するのではなく、ひたすら秀吉の為に尽くせばいい。」

秀次は、何とか秀吉の気に入られようと気を取り直して能の稽古を再開します。

そして、吉野の酒宴で披露するのですが、これを見た秀吉は激怒します。

「関白には他に務めがある」と。

 

この日の為に練習を繰り返してきた秀次でしたが、結果は秀吉からの大目玉

 

落ち込む秀次を寧が慰めます。

 

 

夜になり宴が始まります。

 

少し酔った秀吉が、信繁に官位を与えると言い出しました。

 

しかし、信繁は、兄の信幸(大泉洋)を差しおいて官位を授かるわけにはいかない、と辞退します。

 

これを聞いた秀吉は、信繁が兄弟そろって官位をせしめようと策を弄したと憤激します。

 

まさか信繁が断わるとは思っていない寧や三成たちは、冷や水を浴びせられたように静まり返っています。

 

今でいうなら、ドン引き状態

そこに割って入ったのが、秀次でした。

 

「官位を与えるのは関白の務め。源次郎に官位を与えるかどうかは、私が決めることです。」

そう言うと、信繁に従五位の下を授けると約束します。

そして、信幸については良く調べ、相応しいと思ったら従五位の下を授けようと言います。

 

この見事な仕切りに、秀吉は漸く秀次を褒めます。

信繁は、秀次に救われた形になりましたね。

 

 

文禄3年(1594年)11月2日。

真田信幸・信繁兄弟は揃って従五位の下に叙任されました。

官職は、信幸が伊豆の守(いずのかみ)、信繁が左衛門佐(さえもんのすけ)です。

 

 

従五位の下とは位階(ランク)のことで、最高位が関白です。

 官職とは、役割のことで、太政大臣、左大臣、右大臣などで800~900ほどあったと言います。

 

翌日、真田昌幸(草刈正雄)、信幸、信繁は揃って大阪城の秀吉の元にあいさつに訪れます。

 

秀吉は、「めでたい、めでたい!」と祝いながら、言わなくても良い事を口走ります。

信繁の口添えがあったればこそ、信幸に官位官職が与えれれたのだと言います。

 

これを聞いた信幸お兄ちゃんは怒り心頭です!

官位を返上するとまで言いだす始末。

sanadamaru27netabarekyoudai

そんな時、石田三成(山本耕史)が昌幸を呼び出し、伏見城の普請に加わって欲しいと頼みます。

秀吉は、明や朝鮮の使節を迎え入れることを視野に入れていました。

 

 

昌幸は、信幸に伏見城の改築を押し付けようと思っていました。

ところが、信幸お兄ちゃんは官位の件で激怒したまま席を立ってしまいます。

そこで、昌幸パパは、信繁に伏見城の図面を手渡し、改築を押し付けます。

 

 

そして、信幸のことはワシに任せろ、と言います。

良かれと思ってしたことが、兄を傷つけてしまい、信繁は落ち込んでいます。

 

しぶしぶ伏見城の図面を眺めていると、そこに秀次が現れます。

慌てて図面を裏返した信繁でしたが、間に合わず秀次に観られてしまいます。

図面を見た秀次は、一瞬のうちに青ざめます・・・。

そこには、政治を行うべき間取りが記されていたのです。

これにより、不信感はさらに膨れ上がります。

 

 

自分はもう必要とされていない。

 

政治の中枢は聚楽弟ではなく伏見城に移すおつもりだ!

と。

さらに追い打ちをかける出来事が続きます。

弟・秀保(三津谷亮)が急病のため、17歳という若さで亡くなってしまいます。

関連記事はコチラです。
       ↓
三津谷亮が真田丸で豊臣秀保のキャストに!家族や彼女が気になる 

秀次にとっては、朝鮮出兵で、弟・秀勝を失ったばかりですから、相次ぐ不幸になります。

秀保は、秀吉の姉・ともの子ですから、秀吉にとっては秀次と同じく甥にあたります。

しかし、秀吉は葬儀は隠密に済ますように、と冷淡な仕打ちをします。

 

 

借りにも関白の弟の葬儀を‟隠密”にするとは。

これには、穏やかな秀次も、心底腹が立ったでしょうね。

 

しかし、これも秀吉が子煩悩であるため。

子煩悩もここまでくると親○かでしょうか?

 

 

この年、拾が3歳になり、鶴松が夭折した年齢も3歳でした。

拾の為に、この1年は無事平安に過ごしたいとの願いが強い秀吉でした。

 

そんな大事な年に死んだ秀保を、秀吉は許せなかったのでした。

史実では、秀保は疱瘡か麻疹で急死しています。

 

病死ですから、致し方がないことです。

 

しかし、秀吉は拾のためには、それすら許せなかったのです。

我が子のためなら、身内の不慮の死すら許せないとは。

 

子煩悩もここまで来たら、罪深いことです。

我が子・秀頼さえ良ければ良い、としか思えない考えです。

これではお家は滅びます。

 

心優しく、情の深い秀次にとって、秀吉のこの仕打ちは決定的な不信を植え付けることとなります。

 

秀次はついに聚楽弟を出奔します。

 

史実では、秀次は秀頼誕生後に喘息を患っていますから、精神的ストレスがいかに強いものだったかがわかります。

とにかく、秀次の運命は最も悪い方向へギアチェンジしてしまうことになります。

関連記事はコチラです。
      ↓
豊臣秀次の切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

 

 

きりに冷たい信繁

一方、きり(長澤まさみ)は、信繁に秀次の側室にならないよう、止めて欲しいと思っていました。

信繁に相談し、気持ちを確かめたいと思っていたのです。

ところが、信繁はきりに言います。

「それはめでたい!」

なんと、女心がわからない信繁か。

信繁の冷たい態度に傷ついたきりは、その場から逃げるように走り去っていきます。

 

数日後、きりは寧(鈴木京香)に頼まれて、秀次の息女・たか(岸井ゆきの)から『源氏物語』の「宇治十帖」を預かります。

 

たかは、きりに言います。

父(秀次)は心の弱い人で、人にどう思われているかを気にする人。

側室になることは薦めない、と。

 

 

きりは、決心が付くのでしょうか。

 

 

 

まとめ

秀吉と茶々の間に生まれた子は、丈夫に育つようにと「拾」と名付けられます。

秀次を心配した秀吉は、信繁を秀吉の元に仕えさせます。

 

秀吉は拾を溺愛し、秀次に日本の国を5つに分けそのうちの一つでいいから拾に渡してほしいと頼みます。

 

 

この秀吉の言葉を聞き、疑心暗鬼になった秀次は、心の中に秀吉への不信感を募らせていきます。

 

 

追い打ちをかけるように、秀吉は秀次の娘と拾の婚姻を決めます。

 

さらに、羽柴秀俊(後の小早川秀秋)を小早川家に養子に出したと聞き、秀次の不信感は増すばかりでした。

 

酒宴で、秀吉が好きな能を舞って披露しても叱られ、落ち込むばかりの秀次でした。

その宴席で、秀吉が思いもかけず信繁に官位を与えると言い出します。

 

兄・信幸より先に官位を貰えない、と断る信繁に、秀吉は激怒します。

 

そこをとりなしたのが秀次で、その手腕に秀吉は目を細めて喜びます。

 

 

ところが、昌幸が信繁に押し付けた伏見城改築の図面を、秀次が見てしまいます。

さらに悪いことは続くもので、秀次のもう一人の弟・秀保が病気で急死します。

その葬儀を隠密で行うように命令した秀吉に、秀次はついに決意を持って出奔を決めます。

 

 

 

一方きりは、秀次からの側室の申し込みの返事をずるずると引き延ばしていました。

信繁に、止めて欲しいきりは、相談します。

ところが信繁の返事はきりにとって冷たい言葉でした。

きりちゃんと信繁の心が通い合うのは、まだ先の話のようです。

 

 

 

真田丸27話では心理的に追い詰められていく関白秀次の葛藤が描かれていきます。

 

 

拾い可愛さのあまり、秀吉が発した些細な出来事が、秀次を容赦なく打ちのめします。

 

真田丸では、秀次の最期については「新説」を採用しているようですが、新説の方が残酷だと私は思うのです。

 

 

 

でも、まず放送を拝見してから感想を述べたいと思っています。

続きはコチラ⇒真田丸28話ネタバレ&あらすじ

感想はコチラ⇒真田丸27話感想まとめ!「不信」秀次を演じる新納慎也の演技凄い!

 

では、本日も最後までご覧くださって有難うございます。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ