真田丸26話ネタバレ&あらすじ「瓜売」春・たか・登場!ババ様とり逝く

真田丸26話「瓜売」のネタバレとあらすじをお伝えいたします。

sanadamaru26hideyosiuriuri

真田丸25話で秀吉の子・鶴松はあっけなく亡くなってしまいます。

しかし!!26話では、ついに豊臣家運命の子・秀頼が誕生します!

26話のタイトルは「瓜売」ですが、ストーリーは今後の大河ドラマ「真田丸」の展開において、重要なエッセンスが満載です!

信繁の生涯に大きな影響をもたらす女性(たか・春)の登場。

凛とした佇まいのババ様「とり」との別れなど、見逃せない場面の連続です!

 

では、真田丸26話ネタバレ&あらすじ「瓜売」をお楽しみください。

真田丸25話を見逃した方はコチラをどうぞ!
         ↓
真田丸25話ネタバレ&あらすじ!「別離」利休、秀長、鶴松、悲劇が始まる。

 

 

Sponcored Link

 

真田丸「瓜売」ネタバレ&あらすじご紹介!

秀吉、太閤と呼ばれる。朝鮮出兵始まる。

 

天正19年(1591年)12月。

嫡男・鶴松を失った秀吉(小日向文世)は、関白の座を甥・秀次(新納慎也)に譲ります。

そして、しきたりに従い、関白を引退後は「太閤(たいこう)」と呼ばれるようになります。

そのため、政を行う場であった聚楽亭を去り、大阪城にかえることにします。

太閤秀吉は楽隠居に入るのか・・・。

周囲がそう思っていた時、秀吉が思わぬことを口走ります。

「海を渡って明国を攻め下す!」

 

 

秀吉は、太平の世になったからこそ、明国を攻めるのだと信繁に言います。

仕事を与えれば、太平をひっくり返そうとは思わないだろう、という理屈です。

 

 

本当に人迷惑な話ですよね!

攻められた方もたまったものではありません。

攻める方も多大な費用を捻出しなければなりませんし、人的被害も受けるでしょうから。

現にこの戦で、秀次の弟・秀勝(茶々の妹・お江の2番目の夫)は病死します。

 

 

両国にとって良い事一つもなし!

大谷吉継、石田三成もこの戦には乗り気ではありませんでした。

 

 

天正20年(1592年)秀吉は肥前国名護屋(現在の佐賀県唐津市)に城を築きます。

 

秀吉は、この名護屋城に全国の大名を集結させ、朝鮮に渡る準備を始めます。

 

真田昌幸・信幸父子も名護屋城に入り、信繁と久々の対面を果たします。

 

 

 

関白・秀次、再びきりを側室に所望!「たか」を紹介する。

関白になった秀次は、再びきり(長澤まさみ)に側室になって欲しいと頼みます。

そして、30人ともいわれる側室と、娘のたか(岸井ゆきの)を紹介します。

 

sanadamaru26taka

岸井ゆきのさんの関連記事はコチラです。
         ↓
真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠、「たか」など続々!

きりは、里の父(高梨内記)に相談してから決めたいと願い出ます。

 

ちなみに、きりの父・高梨内記(中原丈雄)は、関ヶ原の戦いで西軍が敗れ、昌幸・信繁が九度山へ蟄居となった折にも行動を共にします。

さらに、昌幸亡き後ほどんどの家臣が、上田に戻りますが、高梨内記は九度山に残ります。

そして、大阪の陣で、信繁と共に徳川軍と戦い討ち死にします。

なので、最後の最後まで、信繁の味方でいた方です。

そんなきりの父・中梨内記は、きりから側室の相談を聞くと、相手の名前も聞かず怒り出します。

内記は、きりを信繁に嫁がせたいと常々から思っていたのでした。

内記

 「真田家の男子を産んでもらう。それがわしの悲願だ。」

と、強い思いがあったのです!

きりの相手が、関白秀次だと知ると、ビックリ仰天するようですけれど!(笑)

この当時の人からすれば、まさに‟雲の上の人”でしょうから。

でも、この選択は間違っていなかったことが、後にわかります。

 

 

いよいよ始まる朝鮮出兵。さらに朗報、茶々懐妊!

三月、いよいよ朝鮮出兵が始まりました!

一番隊は小西行長、二番隊は加藤清正です。
これが因縁の二人なのですよ!
関連記事はコチラ
      ↓
加藤清正の生涯と熊本城の秘密!地震加藤といわれた所以や子孫まとめ 

朝鮮侵攻で秀吉軍は、当初は破竹の勢いで攻め上ります。

秀吉は、気分転換になるからと、茶々を名護屋城に連れてきていました。

信繁と茶々が庭を散策していると、若い娘が現れます。

吉継の娘・春(松岡茉優)でした。

 

sanadamaru26haru

綺麗です!
関連記事はコチラです。
      ↓
松岡茉優が演じる幸村の正室(春)・竹林院の生涯!出演いつ?

そんな時、茶々の二度目の懐妊がわかります。

茶々は、大事を取って大阪城に戻ることになります。

 

秀吉はこの時、御年57歳(数え年)!

狂喜乱舞したことは、想像に難くないですね!

あの鶴松君の可愛がり様をみたので、その鶴松を失った今となっては、喜びもひとしおでしょう!

でもこの喜びが、秀吉を狂気に導くとは、誰が想像したでしょうね。

 

 

朝鮮侵攻は、明国軍が朝鮮軍へ加勢したため、次第に膠着状態になります。

茶々が懐妊したというのに、何かパッと景気付けになるようなことはないのか!

秀吉が思い立ったのは、「やつしくらべ」でした。

今でいう、「仮想大会」ですね。

 

大名達は、自分たちの出し物に必死で取り組みます。

 

 

秀吉のご機嫌取りに、必死なのです。

独裁者って恐ろしい・・・。

 

 

 

関白秀次の苦悩

 

一方京の聚楽弟では、関白秀次が妻の懐妊を喜んでいました。

産まれてくる子が男子なら、豊富家の跡を継ぐ男子となります。

 

信濃から戻ったきりは、側室の返事を、もう少し待って欲しいと伝たえます。

 

希望に胸を膨らませる秀次に、悲報が届きます。

弟・秀勝が戦地で病死したことです。

そして、茶々の懐妊です。

 

秀次の希望は一挙に苦悩に変わります。

 

 

やがて、秀次に男子が生まれます。

しかし、もし茶々にも男子が生まれたら、秀吉は茶々の子に関白の座を譲りたいと願うであろう。

そうなると、今産まれた我が子は、疎まれるに違いない、と。

こうなると、疑心暗鬼が膨れ上がり、心に闇を作ります。

秀次の苦悩がわかったかのように、赤子は生後2か月で亡くなってしまいます。

 

死んだ我が子を腕に抱き、秀次はさめざめと涙を流します。

そして、きりに言います。

これで、秀吉に睨まれずに済むとホッとしている自分が情けない

自己嫌悪に陥る秀次に、きりはそっと寄り添います。

 

 

sanadamaru26hidetugutokiri

一度手にした大いなるものを、剥奪される恐怖心はいかばかりでしょう。
関連記事はコチラです。
        ↓
豊臣秀次の切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

秀吉は天下を手にしますが、血縁者から余りにも多くの物を奪い過ぎました。

 

 

 

やつしくらべは出来レースに!

大名たちが知恵を絞った「やつしくらべ」

徳川家康は、あじか売りに扮します。

そして、真田パパ・昌幸は、瓜売に。

ところが、秀吉も瓜売りに扮することがわかります。

万が一にでも、昌幸パパの演技が秀吉に勝利するなんてことになったら、真田家の一大事!(ばかばかしい!)

結局、真田パパは、仮病を使い出場を見送ります。

やつしくらべは、秀吉の「瓜売」が見事一位をとります。

どう見ても出来レース!

苦々しいですが、これでいいのだ!

 

 

 

 

偉大なる真田の母・ババ様とり逝く

 

 

上田から、とり危篤の知らせが届きます。

信繁は、秀吉に戦が一段落したら、父・兄と共に上田へ見舞に帰りたい、と申し出ます。

秀吉は、自身が大政所の死に目にあえなかったことから、すぐに上田に発つように命じます。

こういうところは、人情があるのですけれどね・・・。

お気に入りの人物に対しては、良い人なのですかね。

ま、あの世で私の記事を見て、秀吉さんがご立腹かもしれませんけれど、あくまで個人の感想ですですから!

 

 

上田では、一族がズラリと顔をそろえています。

中には、堀田作兵衛に手を引かれ、8歳になった「すえ」もいます。
すえについては、コチラの記事をご覧ください。
真田幸村の初恋の人・梅とは?最初の子・阿菊の生涯はどうなたのか!

 

 

眠るとりを取り囲み、静かに最期を見守っていました。

すると、突然とりは立ち上がり、信幸・信繁兄弟を呼びます。

そして、真田一族を率いていく覚悟を説きます!

 

とり
  「これだけは忘れるな。たとえ離ればなれになっても、真田は一つ。心さえ繋がっておればな。」

そして、怠ることの無いようさとします。

 

 

文禄2年(1593年)8月1日、とりが逝きます。

 

人質に取られても、その凛とした姿からいつも一目置かれたババ様とり。

 

木曽義正を引っぱたき、一喝したババ様とり。

さっすがババ様!死に際までカッコいい!
関連記事はコチラです。
        ↓
とり『恭雲院』の生涯は?真田丸のキャスト草笛光子迫力の演技!

真田丸7話「奪回」のあらすじとネタバレ!ババ様とり木曽義正に喝!

真田丸18話あらすじとネタバレ!昌幸ついに上洛、ババ様とり強し!

そして、その2日後。

大阪城では、茶々様が運命の子・秀頼を産みます。
関連記事はコチラです。
      ↓
淀殿茶々様の生涯と性格は?北政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

 

 

まとめ

 

鶴松を失い、傷心の秀吉は関白の職を甥の秀次に譲ります。

そして、自らは「太閤(たいこう)」と呼ばれるようになります。

 

 

聚楽弟から大阪城へ住まいも移し、楽隠居かと思いきや、明国を攻めると言い出し周囲は驚きます。

天正20年、秀吉は名護屋城を築きます。

 

 

名護屋城には、茶々も気晴らしに来ており、そこで信繁と庭を散策します。

その時に、出逢った若い娘が春。後に信繁の正室になる竹林院です。

 

 

関白になった秀次は、きりを再び側室にと所望します。

しかし、きりに信繁に嫁いでほしい内記の思いにより、きりはこの話を断るつもりでいます。

 

秀次は、自分の側室や、娘・たかを紹介します。

そして、待望の男子が生まれますが、茶々が懐妊したことを知り、希望は苦悩に変わっていきます。

 

名護屋城での「やつしくらべ」は、秀吉が一位となり、丸く収まります。

そんな時に、上田からとり危篤の報がもたらされます。

 

秀吉の勧めで、名護屋城から上田に帰った信繁たち。

 

静かに眠るとりでしたが、いきなり立ち上がると、信幸・信繁兄弟に真田一族を率いる覚悟を伝えます。

偉大なる真田家の母・ババ様とりが逝きます。

 

そして、その2日後に、運命の子・秀頼が大阪城で産まれます。

 

秀吉は最晩年に最も大切なものを手にします。

もう、ブレーキをかけてくれる弟・秀長はいません。

これから先が思いやられますね。

 

 

では、本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ