真田丸25話「別離」感想まとめ!でんでん太鼓と茶々の慟哭、胸に沁みる。

真田丸25話「別離」の感想(私と皆様)をまとめました!

 

可愛い盛りの子を亡くすなんて、身を引き裂かれるほどの辛さですよね。

考えたくもないです。

鶴松が亡くなった後に秀吉が鳴らしたでんでん太鼓の音と、北政所・寧様の胸で慟哭する茶々様の声が胸に沁みましたね。

sanadamaru25kannsoucyacya

 

 

 

真田丸25話の詳細あらすじはコチラの記事をご覧ください
         ↓
真田丸25話ネタバレ&あらすじ!「別離」利休、秀長、鶴松、悲劇が始まる

 

Sponcored Link

 

真田丸25話「別離」私の感想

真田丸での大谷吉継は三成以上にクールに描かれている

 

これまでの大河ドラマでは、大谷吉継といえばだいたい頭巾をかぶっているイメージだけど、今のところ顔出し状態。

そういえば、この頃はまだ発病していなかったのですね。

 

朝鮮に渡航後、発病しますので、頭巾姿はその後でしょうか?

 

それにしても、この「真田丸」での大谷吉継の描かれ方は、クールだと思いませんか?

どちらかというと、吉継といえば、義理堅く、人情味に厚いイメージですよね。

 

関ヶ原の戦いでは、どう考えても分が悪いのに、友人の三成の為に西軍に味方しますからね。

 

でも、真田丸、特に25話では、チョイ怖でしたよね。

○利休を追いつめ、あっさりと切腹を命じる。

○鶴松が危篤状態の時にさっさと葬儀の準備に取り掛かる。

 

冷静沈着過ぎる一面が目立ちますよね。

どちらかといえば、石田三成こそ、そういう冷徹さを表に出した描かれ方をすることが多いのですが。

 

 

石田三成は、加藤清正や福島正則らと水ごりをし、鶴松の回復を祈っているのに対し、吉継は着々と鶴松亡き後の処理を進めていく。

 

 

何だかイメージが狂っちゃいましたね!

でもこれもしかして、関ヶ原の戦いの布石でしょうか!?

 

 

真田ファミリーにホッコリ

今日はのっけから、

①利休を追いつめて切腹→別離

②大和大納言秀長→有働さんのナレーションだけの別離

と、少々気が重くなるシーンが続いたのですが、ココだけは癒しでしたね!

 

真田家爆笑シーン

その① 信幸と稲(小松姫)

sanadamaru25kannsoukocyokocyo

信幸

「不思議なものよのう、おぬしの仏頂面も、近頃愛くるしく見えてきた。」

ムッとした表情の稲(小松姫)。

稲(小松姫)にすり寄る信幸。

稲(小松姫)

「人を呼びますよ」

 信幸から距離を置く。

信幸

「夫婦ではないか・・・。無性におぬしの笑った顔をみたくなった。笑ってはもらえぬか。」

稲(小松姫)

「笑えることがなければ笑えません。」

信幸

「こしょこしょこしょ・・・。こしょこしょこしょ。」

解説:何を勘違いしたのでしょうね。

   笑かそうっておもって、こしょこしょしたのですかね。(笑)

 

稲(小松姫)

 徹底的に冷たい眼差しを信幸に向ける。

萎えますね~~、これは!(笑)

その後すぐに、おこうさんの元へ!

おこうさんがいてくれて、本当に良かったね、信幸お兄ちゃん!

おこうさんいなかったら、鼻血出ますね。

関連記事はコチラです。
       ↓
真田丸で「おこう」の今後は?キャスト長野里美の子供や旦那、ブログが素敵!

 

 

 

その② 薫と片桐且元の料理教室

公家出身の薫が手に入れた明国渡来の貴重な薬。

二人で煎じ始めたのは良いけれど、片桐且元のズッコケに爆笑。

煎じ薬の汁を捨て、出しガラを取るなんて・・・。

sanadamarukannsou25kaorukatumoto

 

片桐且元、気合は十分でしたけど、本当に愛されキャラですね。

そして、やっとこさで作り上げた一粒の薬。

それを、昌幸パパがパクリ!

思わず、「あっ!!」って叫んでしまいました。(笑)

なんてことすんだ~~!

「わしが元気になってどうする!」

相変わらずの我が道を行く真田パパでした。

 

 

 

ラストのシーンは圧巻!

秀吉が鶴松の遊び部屋に入り、意気消沈した姿で座っています。

信繁が現れて、秀吉を元気づけようとし、鶴松が元服した姿や、正室はどうするかなどと話しかけます。

この時の秀吉のキャスト小日向文世さんの表情が圧巻でした!

最初の人生に絶望した表情から、少しずつ子の将来を楽しみにする親の表情に変わっていく。

その変化が見事でした。

でんでん太鼓の演出も、哀しさが伝わって来て泣けました。

切なかったです。

 

 

そして、淀殿茶々様。

「みんないなくなっちゃう。私の大切な人。」

父のように慕っていた利休との別離。

そして最愛の我が子との別離。

 

 

幼き頃から数々の辛い別離を嫌というほど味わってきた淀殿茶々様です。

 

北政所・寧様の胸ではじめて思いっきり泣けたのではないでしょうか。

よく、北政所様と淀殿茶々様の確執なんていわれますが、それはなかったように思います。

関連記事はコチラです。
      ↓
淀殿茶々様の生涯と性格は?北政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

 

 

 

秀吉子飼いの家臣と豊臣一門。これから悲劇が始まるけど。

国元から加藤清正、福島正則が駆けつけ、鶴松の為に水ごりを始めます。

石田三成にも声をかけますが、最初は知らぬふりをする三成でした。

しかし、結局、秀吉子飼いの家臣3人は、水ごりを始めましたね!

 

このシーン、なぜか感動した私!

これから、関ヶ原の戦いで袂を分かつ3人だけれども、この時は豊臣家への忠誠心で一つになっています。

 

 

そして、豊臣一門の若者たち

特に、秀次は責任重大となってきますね。

 

 

でも、これから起こる悲劇を考えると辛いですね!
関連記事はコチラです。
       ↓
豊臣秀次切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

 

 

生き残るのは、宇喜多秀家だけですが、八丈島送りになりますから、それも大変なことです。
関連記事はコチラです。
       ↓
真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠、「たか」など続々!

 

 

 

皆様の感想

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

真田丸25話「別離」の感想まとめです。

信繁が小田原城から持ち帰った鉛。

それを足掛かりに、利休を追いつめていく大谷吉継と石田三成。

これまでのイメージを覆す、クールな大谷吉継に少々戸惑っている私でした。

 

 

 

ホッコリするのは、やはり真田ファミリーです。

信幸お兄ちゃんの「こしょこしょ」には、吹き出しました!

今はこうですけど、先では仲の良い夫婦になるはずなんですけどね~

 

 

薫ママと片桐且元のクッキングも笑えました。

そして最後のオチが、真田パパなんて、予測不能でしたね!

 

 

正則・清正・三成の水ごりシーン感動!

 

豊臣家の結束を図るため集った若武者達。

未来を思うと、胸苦しくなります。

 

鶴松との別離。秀吉、茶々様の最後のシーンは圧巻でした。

貰い泣き必至でしたね。

でんでん太鼓と茶々様の声が胸に沁みました。

 

 

確かに、真田丸25話「別離」、これは単なる悲劇の序章にしかすぎないなんて。

有働アナのナレーション、相変わらず怖い!

 

では、本日も最後までご覧いただいて有難!うございました

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ