真田丸25話ネタバレ&あらすじ!「別離」利休、秀長、鶴松、悲劇が始まる

真田丸25話「別離」のネタバレとあらすじをお伝えします。

25話では、‟表のことは豊臣秀長、内々のことは千利休”と大阪城内で噂をされるほど豊臣政権で力を持つ二人が永い別離を告げます。

 

 

そして秀吉の最愛の息子・鶴松(捨)が重病になります。

 

sanadamaru25rikyuu

真田丸25話「別離」では、千利休はすでに亡くなったという設定でストーリーが進んでいきます。

信繁が千利休との思い出を回想するシーンと、現在進行形のシーンと絡み合うようにしてストーリーが展開するようです!

「別離」という暗いテーマですが、テンポの良いストーリー展開で引き込まれていくことでしょう。

では、真田丸25話「別離」のネタバレを含むあらすじをお伝えしてゆきます。

 

 

24話を見逃した方はコチラをどうぞ!
        ↓
真田丸24話ネタバレ&あらすじ!「滅亡」氏政最後の汁かけ飯どう食う?

 

Sponcored Link

 

 

真田丸25話ネタバレ&あらすじ!「別離」

 

北条家が滅亡し、名実ともに天下人となった秀吉。

しかし運命は容赦なく秀吉に大切な人たちとの「別離」を準備していました。

 

 

利休の祟り

天正19年(1591年)秀吉の子・捨は名を「鶴松」と改めます。

数え年の3歳になり、可愛い盛りを迎えた鶴松は、重い病に冒されていました。

鶴松が住んでいる「淀城」には、見舞客が引きも切らず押しよせていました。

その頃淀城では、鶴松が病気がちなのは、利休の祟りだとの噂がまことしやかに囁かれていました。

 

 

そして、三成から客の選別を任された信繁は、利休との思い出を振り返っていました。

 

 

利休を追いつめる吉継と三成

信繁は小田原城から利休の屋号の刻印が入った鉛を持ち帰っていました。

 

この事から、利休が敵方である北条にも、武器・弾薬の材料となる鉛を売っていたことになります。

武器商人として、多大な利益を得ていたはずです。

 

聚楽弟の茶室では、石田三成、大谷吉継、信繁が、鉛を突き付けて利休を糾弾します。

ところが利休は涼しい顔でこう言います。

 

利休

 

「あんさんの話を、どれだけ殿下がお信じになりはるか、でんなあ。」

 

 

‟内の利休に表の秀長”こうなれば、秀吉の弟で信頼が厚い秀長に頼るほかありません。

 

 

秀吉を支え続けた弟・秀長との永の「別離」

これは、豊臣家にとっては大打撃でしたね。

この方が生きておられたら、秀次事件は避けて通れたやもしれません。

 

三成、吉継、信繁の3人は、豊臣秀長の元を訪れ、利休の話を伝えます。

 

3人の話をじっくりと聞き入った秀長は、3人の豊臣家への忠誠心を感じたのでしょう。

重い病に冒された体に鞭打って、秀吉の元を訪れます。

 

 

これが最後の大仕事になると、覚悟した上での訪問でした。

広縁に座る秀吉と秀長。

秀吉の手に鉛の塊を乗せ、話します。

 

 

利休は茶人であると同時に商人であり、利がるとわかればたとえ敵方にでも取引を持ち掛ける。

 

もう若くない秀吉の一子・鶴松を誰が持ってゆくのか。

 

利休が持つ利権の強さに比べ、鶴松を守る豊臣家で成人している男子は秀次一人。

今のうちに、鶴松を守ることができるよう、手はずを整えるべきだと進言します。

 

 

 

広縁の庭に控える信繁に静かに目をやる秀長。

 

感謝を込めて目礼する信繁。

静かなシーンでしょうね。

 

映像で観ると感動するでしょうね。

豊臣政権のNo,2として、絶大な人望を集めた豊臣秀長の最後の大仕事でした。

 

 

これから間もない天正19年(1591年)1月22日、52歳でこの世との「別離」を告げます。

享年52歳でした。

 

 

利休切腹。大徳寺の木造と茶々との関わり

 

それから数日後、石田三成と大谷吉継が秀吉の元を訪れます。

大徳寺(現在の京都市北区にある臨済宗大徳寺派の総本山)に、利休の像が飾ってあることを告げます。

 

 

三成と吉継は、山門の真上に木像が飾られてあることを問題にします。

 

‟山門をくぐるとき、知らぬ間に利休の足下をくぐることになる”のだと。

 

 

 

秀吉から、差配を任された三成と吉継は、利休に蟄居(閉門の上、自宅謹慎)を命じます。

 

 

蟄居した利休を見張っているのは信繁でした。

 

信繁に茶をたてながら、利休は言います。

「わては、商人の街に生まれ、金が人の心を、そして国を動かすことを知った。戦は儲かりまっせ。大きな戦になればなるほど、な。」

 

 

全世界の武器商人が、腹に抱えている思いでしょうね。

 

次の世は、人間には生まれてこられません。

 

信繁は利休が点てた茶を飲み終えると、木像を作った理由を尋ねます。

実は、木像は茶々に頼まれて作ったものだといいます。

 

 

茶の湯で利休に師事していた茶々は、いつもお側に居られるようにと、木像を所望したというのです。

 

 

ところが、木像の寸法を間違え、手に余る大きさの物であったため、茶々の勧めで大徳寺に預けたのだといいます。

 

 

2月末、利休は切腹し、首は大徳寺の木像の下にに晒されたといいます。

 

 

利休切腹の真相は未だに謎!

 

ネタバレのネタバレになりますが、実は千利休が秀吉に切腹を賜った理由は、未だに謎なのです。

諸説あります。

●大徳寺に飾られた利休の木像。

●北条討伐の際に武器を売ったこと。

●茶道具の目利きなどで高額の利を得ていたこと。

 

これらは良く知られていますが、その他にもあります。

○利休の娘・お吟を秀吉が側室に所望したが、利休はこれを断り続けた。

○天下一の茶人として名を馳せ、大名達さえもが利休の弟子になっているのを見て、危険視した

 

秀吉にとっては、下の○の方が問題だったかも知れませんね!

 

そもそも、‟切腹”なるものは、武士の名誉ある処刑法です。

一介の商人に、切腹。

名は残りました。

 

 

三成、豊臣一門の男子を招集する。

鶴松の容体が悪化し、危篤状態になります。

三成と吉継は、ひそかに葬儀の準備に入ります。

 

鶴松の容体を聞いて、加藤清正、福島正則が国元から駆けつけます。

 

 

鶴松の為に‟水ごり”を始め、三成も誘います。

最初はそっけなかった三成ですが、三人そろって鶴松の為に水ごりを始めます。

 

※水ごりとは?

 

冷水を浴び、心身を清めて神仏に祈願すること。

水の力を借りて、心身に付着した不浄なものを洗い流す行為のことです。

この時は、鍛え上げられた三武将の肉体美を堪能致しましょう!(笑)

 

 

水ごりが終わると、三成は豊臣一門の男子を招集します。

 

秀次、秀勝、秀保の三兄弟。

関連記事はコチラです。
       ↓
三津谷亮が真田丸で豊臣秀保のキャストに!家族や彼女が気になる。

 

 

豊臣秀勝は、正室に茶々の妹・お江をもらいます。

朝鮮出兵のおり、巨済島で病没します。

 

 

お江との間に、完子という女子を一人設け、秀勝の死後は茶々がその子を養育します。

そしてその完子が、皇室に血縁を残します。

関連記事はコチラです
        ↓
淀の茶々様の生涯と性格は?北政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

三兄弟ともに若くして亡くなりますが、この時は誰もそのことを考えもしませんよね!

 

 

 

そして、秀吉の養子になっている二人。

宇喜多秀家。
関連記事はコチラ
       ↓
真田丸追加キャスト発表!伊達政宗や徳川秀忠、「たか」など続々!

 

 

 

豊臣秀俊。
後の小早川秀秋です。

秀俊は、北政所・寧の兄、木下家定の子です。

一時は、秀次の次に豊臣家の後継者と目されていましたが、秀頼が生まれたことで、小早川家に養子に出されます。

 

 

関ヶ原の戦いで西軍を裏切り東軍に寝返って、家康を勝利に導きます。

しかし、関ヶ原の2年後に病死しています。一説には精神を病んでいたとも伝えられています。

享年21歳でした。

 

 

この5人を集め、鶴松にもしものことがあったなら、秀吉の落胆はいかばかりか計り知れない。

 

一族が結束して、秀吉を支えていくよう話します。

 

 

その時真田家では!

京の真田屋敷では、公家の出である薫が、「万病に効く薬」を取り寄せ、昌幸と共に淀城を訪れていました。

 

もし、鶴松が死ねば豊臣政権の今後がガラリと変わることになります。

そうなれば、当然、真田の出方も変わってきます。

 

どこまでも、真田のお家が大切な昌幸でしたが、そうでなければ戦国は生き残れませんよね!

 

 

 

そして、信幸お兄ちゃんは、というと。

2万7千石の沼田城主として領国経営に追われていました。

しかし、いつも悩めるお兄ちゃんです。

 

 

これまで沼田城を守ってきた、大叔父・矢沢頼綱は、戦国が終わったといっても聞く耳を持たず、城の改築を始めます。

 

 

濠を広げ、城内に隠し扉をしつらえるなど、戦支度に余念がありません!

アッパレ、大叔父上!

関連記事はコチラです。
       ↓
矢沢頼綱は真田家の守護神!北条を4度退けた奇襲の神様、真田丸では如何に?

 

 

 

さらに、未だに正室・稲(小松姫)は心を開いてくれません。

信幸お兄ちゃんの疲れた心を癒してくれるのは、元妻・おこうだけでした。

 

関連記事はコチラです。
       ↓
真田丸で「おこう」の今後は?キャスト長野里美の子供や旦那、ブログが素敵!

 

 

そして、上田城では、松と茂誠が再会します。

 

松の記憶喪失は、夫の顔を見ると即座に回復!

昌幸から帰参を許された茂誠は、真田の重要拠点、岩櫃城を守ることになりました。

二人は、別れの挨拶をしに、病気がちとなっているとりを見舞います。

 

 

秀次、きりに求愛!

秀吉の後を継ぎ、関白になることを約束されている秀次。

鶴松亡き後の秀吉を支えるためにも、きりに側室なって欲しいと頼みます。

しかし、きりははっきりとした返事ができずにいました。

 

きりちゃん、久しぶりの登場ですね!

何だかホッとしますよね、きりちゃんの顔を見ると!

 

秀次の関連記事はコチラです
        ↓
豊臣秀次の切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

新納慎也は結婚している?真田丸で秀次を演じ今後は舞台ベントで活躍!

 

 

 

鶴松との別離

 

鶴松との永遠の別離が迫っていました。

 

淀城の奥の間で激しくせき込む鶴松。

心配気にのぞき込む秀吉と茶々。

北政所・寧、秀次、三成ら家臣も控えています。

 

しかし、皆の祈りもむなしく、天正19年(1591年)8月5日未明鶴松永眠。

享年2歳2ヵ月でした。

 

 

まとめ

真田丸25話「別離」ネタバレ&あらすじのまとめです。

秀吉の一子・鶴松が重病にかかり、淀城内では「利休の祟り」との噂が広まります。

見舞客の差配を任された信繁は、利休との思い出を辿り始めます。

信繁が小田原城から持ち帰った、利休の屋号の刻印が刻まれた鉛の塊を見せ利休を糾弾する三成と吉継。

 

しかし、秀吉からの信望が厚い利休はどこ吹く風の様子でした。

 

肥大した利休の利権をなんとかしたい三成と吉継は、信繁も伴い秀吉の弟・秀長に救いを求めます。

 

病の床に臥せっていた秀長でしたが、三成、吉継、信繁の話を聞き、最後の力を振り絞ります。

 

秀吉に逢い、鶴松の将来を考え、利休を重用しすぎる危険性を話します。

この話をして間もなく、豊臣秀長は52歳の若さで亡くなります。

秀吉にとって、そして豊臣政権にとってこの別離は、悲劇の始まりです。

 

利休は秀吉から処分を任された三成らにより、蟄居を命じられ、その後切腹となります。

 

しかし、利休の切腹の真相は諸説あり、現在でも謎とされています。

そして、利休が切腹に追い込まれた大きな要因とされる、大徳寺の木像には、茶々が関係していました。

 

 

三成は、急を聞き駆けつけた加藤清正や福島正則らと、鶴松の病気平癒の為に水ごりをします。

そして豊臣一門の若者5人を呼び、秀吉を支えていくよう話します。

 

秀次は、秀吉が気の毒で堪らない様子でした。

これからも秀吉を支えていくために、きりの力が必要だといい、きりに側室なるよう頼みます。

しかし、きりは返事を保留にします。

 

 

豊臣家で悲劇が続いている頃、真田家では昌幸が鶴松亡き後の豊臣政権の行方を気にかけていました。

 

薫と共に、鶴松に明国の薬を献上する傍ら、様子を伺っています。

 

信幸お兄ちゃんも、領地経営に苦心しています。

 

松は、夫・茂誠を無事再会し、岩櫃城へ赴くため、ババ様・とりに挨拶します。

 

そして、いよいよ最大の悲劇的「別離」

秀吉と茶々の我が子との別離が待っていました。

 

 

では、本日も最後までご覧くださって有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ