真田丸23話「攻略」感想まとめ!忍城・連れション・茶々の山吹と盛り沢山。

真田丸23話「攻略」私の感想と、ご覧になった皆様の感想とまとめです。

23話「攻略」では、忍城や関東の連れション、淀殿茶々様が信繁に渡した扇子に込められた暗示など、盛り沢山の内容でした!

さらに、21万の大軍を推し進める中、それぞれの「思惑」に見どころがありましたね!

sanadamaru23kansou

 

 

 

真田丸23話「攻略」の詳しいストーリーは、コチラの記事でご覧ください。
          ↓
真田丸23話「攻略」のあらすじとネタバレ!江雪斎、北条の命運を信繁に!

 

それでは、真田丸23話「攻略」の感想まとめをお伝えいたします。

 

Sponcored Link

真田丸23話「攻略」私の感想

真田、徳川、上杉、三成、それぞれの思惑!

今回の北条討伐陣立ては石田三成に任されます。

三成は、軍を二手に分けることにし、真田は徳川の与力であるが、今回は上杉軍に与することを伝えます。

 

真田パパの嬉しそうな顔!正直すぎです!

当然、徳川家康は黙っていません。

しかし、真田パパの瞳がキラリと光ったのを見逃しませんでしたよ!!

真田パパ

「なるほど~!それがしは徳川殿の与力。しかしながら、殿下のご命令とあれば、これは仕方ありませんな!やりましょうwwww」

さらに、軍議が終わりそれぞれが部屋を出ていくところ、わざわざ徳川家康を捉まえて、追い打ちの一言!

真田パパ

「いやいやいや、残念でござった。それがしも徳川殿の下で戦うのが楽しみであったのだが。殿下の御指図とあらば仕方がない。」

と、全然残念じゃなさそうに言います。

家康は苦虫をかみ殺したような気分でしょうが、そこは顔には出しません。

「いずれまた折りもあろう。支度がある故、ごめん。」

 

 

しかし、これには石田三成の意外な思惑があったなんて。

上杉に与することになった礼を述べる信繁に、三成は言います。

「私は徳川家康をまだ信じておらぬ。万が一奴が寝返った時、真田まで連れて行かれては困る。それだけだ。」

そしてさらに、

「源次郎(信繁)、私はこの戦、すべきではないと今でも思っている。だが、やるからには必ず勝つ。負け戦ほど無駄なものはない。そして私は、無駄が大嫌いだ。」

この言葉には、先で起こる関ヶ原の戦いを暗示させますね。

やはり、関ヶ原の戦いは、勝算があるからこそ始めた戦だったのですね。

しかし、今回のように思惑通りにはいかなかった。

23話「攻略」でも、今後に起こる事件や合戦の布石と思われることがいくつかありましたね。

 

 

それにしても、本日の上杉景勝様は、悔しさがにじみ出ているように思えました。

 

長年敵対してきたとはいえ、関東の覇者である名門・北条が今にも滅んでゆく様を眺めながら、複雑な感情だったのではないでしょうか?

 

我が子のように可愛がっていた信繁が、今は秀吉の下で働いている。

そんな信繁に、気持ちは変わっていないといわれ、権力に抗うことができなかった自分と、とことん抗おうとする北条を比べたのかもしれませんね。

 

徳川家康にも、似たような思いはあったのではないでしょうか。

今は秀吉が飛ぶ鳥も落とす勢いであることを噛みしめて、お家の為にプライドを捨てて、秀吉に臣従したのですから。

 

 

できたばかりの政権の危うさを感じさせますね。

飛ぶ鳥を落とす勢いだからこそ、慎重に振舞う必要があるのですが、それは難しいですよね。

 

 

 

一方、18万の大軍を任せられ、今回は総大将に任じられた豊臣秀次

しかし、ここへ来ても尚、「桜が満開の時に来たかった。」というほどですから、やはり武将というより風流なお方だったのかもしれませんね。

豊臣秀次の関連記事はコチラ
        ↓
豊臣秀次の切腹事件なぜ?側室30人と子女まで三条河原で処刑も子孫は残った!

 

 

 

関東の連れ小便

 

家康は、陣に来た信繁を連れションに誘います。

秀吉がまだ信用してくれないなどと愚痴をこぼしながら、お小水のしずくが付いた手で、肩を「ポン」!

やめて!ばっちいなァ~~。

と思っている暇もなく、今度は秀吉と家康の連れション!

何気に、領地替えの話をしたかと思ったら、やっぱりおチ○チ○触った手で、肩を「ポン」!

やめて!ばっちいなァ~~。

この後、その手でお結び食べたりしないでよね~~。

 

 

 

傾いて行く北条家の姿が、哀れで切ない

 

群雄割拠していた頃の北条家とはうって変わって、今や暗雲が立ち込めています。

蹴鞠に興じる姿を見せながらも、憔悴は隠しきれない氏政でした。

でも、1ヶ月もお風呂に入らないなって、ばっちいなァ~~!

 

 

とは思いつつ、その心情に触れると大国が傾いて行くときの哀れさを感じますね。

やはり、氏政を演じる高嶋政伸さんの演技が素晴らしいです。

来週はもっと迫真の演技でしょうね。

最後の‟汁かけ飯”はあるのでしょうか!?

でも、

「この戦、負けを先延ばしにはできても、もはや勝つことはできませぬ。」

江雪斎の声を押し殺したような言葉が、何とも胸に響きますね。

強気だった頃の、北条氏政、氏直親子が懐かしいです。

 

 

北条氏政の関連記事はコチラです
     ↓
北条氏政の評価の真実は?最後は切腹を選んだ生涯を振り返る!

 

 

淀殿茶々様、「落城」の予感?

戦場に呼ばれた淀殿茶々様。

思いは複雑だったでしょうね。

だって、子供の頃から、2度も落城を見ているのです。

恐ろしい想い出が甦って、出雲の国一座の踊りも楽しめなかったはずです。

 

それなのに、堺の商人・千利休が持ち込んだ数々の商品を眺めながら言います。

茶々

「せっかく来たからには、城が焼け落ちるところまで見ておきたいわね。」

恐らく、本心ではないはずです。

そこで、信繁が

 

「縁起でもないことを。」

 

と遮ります。

そして、茶々様から手渡された扇の柄は、あの‟山吹”
関連記事はコチラ
      ↓
真田丸19話「恋路」感想まとめ!茶々の呪いをきりがパクリ!

さらに、その後のシーンでは、城を眺めながら「北条は滅びてしまうの?」と信繁に尋ねます。

信繁は言います。

「そうやって、世の中は新しくなって行くんです。取り残されたものは消えていくしかございません。」

これは、大阪落城を暗示させていますね。

 

淀殿茶々様は、生涯で3度の落城の憂き目にあいますから。

淀殿茶々様の関連記事はコチラです。
       ↓
淀殿茶々様の生涯と性格は?北政所との関係や秀頼の父親が誰か考察した!

 

 

そういえば、23話「攻略」では、きりちゃんが出て来ませんでしたね!

 

不吉な予感!

やはり、信繁にはきりちゃんがいないとね~~。

しかし、信繁は成長しましたね~~!

家康と吉継の命を受け、北条を降伏させるために小田原城に潜入します。

その時に、いきなり城中の侍から襲われますが、応戦する姿に成長をみました。

 

武田滅亡の折には、まだまだ危なっかしいものでしたが、凛々しくなりました。

 

 

石田光成、実践に苦慮する。

思うように行かない戦に、なんども陣立てを考え直す石田三成でした。

しまいに、過敏性大腸炎?腹痛を起こす始末。

まじめすぎる仕事人間に有り勝ちな姿。

 

特に、忍城攻めには、

 

「私なら、4日で落として見せる!」

 

と豪語し、真田パパに笑われていました・・・。

そうです、あのお城、最後まで落城しませんから。

映画「のぼうの城」で有名ですよね。

 

忍城についてはコチラの記事をご覧ください。
         ↓
忍城(のぼうの城)の攻防と成田長親の生涯!石田三成のしくじりに秀吉激怒。

こんなに悩んでいるときに、これか?って思うと、なんだかおかしいですね!

 

皆様の感想

 

・凄い!全然気づかなかった!あるある!

 

・これが本物!やはり、あるある!

 

・あははは・・・!面白すぎ!「風呂入れ氏政」ほんとに!

 

・へえええ~~、これ欲しい!

・風が強い日は大変だよね!

 

・氏政の眉間の皺、感じ出てますね!

 

 

・同感ですね~~。良い味出してます。上手い役者さんになりましたよね!

 

・あのコッテコテの陣羽織、史実に沿っていたのね!

 

 

感想のまとめ

21万の大軍を二手に分けた石田三成。

徳川家康を信じきれない石田三成は真田を上杉の軍に組み入れます。

この時の真田パパの反応が傑作でした!

相変わらず、人を食ったような物言いには、笑いました。

 

でも、徳川も上杉も、本音は秀吉の風下になんて立ちたくはないって思っているのでしょう。

北条攻めに乗り気でないはないけれど、秀吉に逆らうわけにはいかず。

 

やはり、権力におもねていかなければ、生き残れませんから。

 

 

 

徐々に哀れさがむき出しになってきた感じだったのが北条氏政でした。

しかし、高嶋政伸さんの演技は素晴らしかったです!

 

しかし、小田原城を「落城」ではなく、「開城」させようと心を尽くす徳川家康と大谷吉継の姿に、少し「ホッと」するのは私だけでしょうか?

石田三成が計算通りに行かない実践の難しさを味わい、苦しんでいましたね。

忍城は、サクッと描かれるようですが、「4日で落とす。」と豪語していただけに、後が心配ですね!

 

真田丸「23話」は、今後の布石になる様なことが、たくさんでて来ましたよね。

・文禄・慶長の役

・関ヶ原の戦い

・大阪落城

物語はクライマックスへ向かって、続いて行きます!

 

 

では、本日も最後までご覧くださって有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “真田丸23話「攻略」感想まとめ!忍城・連れション・茶々の山吹と盛り沢山。”

  1. みかりん より:

    何度もすみません。
    もう一度だけ。

    扇子のアップ画像はやっぱり野菊にしか見えないのです。
    でもあそこで扇子が大写しになる意味があると思うので、野菊にしか見えない山吹なんだろうなと無理やり思ったのです。

    野菊なら大写しになる意味はないんだから。

    でもなんか釈然としない。
    そこで気づいたんだけど、見せたいのは花の絵ではなく隣の落款ではないのか?
    あの落款は魚の形をしています。
    「ととや」です。

    利休セレクトショップの利休ブランドって所を見せたかったのではないか。

    そう思ったら納得できる大写しです。

    連投失礼しました。

    • みるる より:

      こんばんわ!コメントありがとうございます。
      野菊ですか?そう言われてみれば!
      ストーリーの流れから、てっきり山吹だと思ってしまったのです。
      落城間近と思われる小田原城を眼下に、遠い未来を予感させるような。
      でも、落款も見せたかったのかもしれませんね。
      再来週(6月24日)の放送でそのあたりのことがわかるかもしれませんね!
      また、何かお気づきのことがあったら、是非お知らせくださいね。
      ありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ