真田丸21話あらすじとネタバレ!戦端を開くか閉ざすか。北条氏政の条件とは?

NHK大河ドラマ「真田丸」21話では、淀殿茶々様が出産した長男・捨(すて)に対する秀吉の溺愛ぶりが見ものです。

最愛の息子・捨のためにも、一日も早く天下統一を果たし、戦の無い日本を作りたい秀吉でした。

ところが未だ、秀吉の命に従わず上洛してこない北条と伊達

 

滅ぼすか、否か。
果たして戦端は切られるのでしょうか?

sanadamaru20netabare

今回21話では秀吉の北条討伐の戦端となる出来事が描かれます。
それには、真田家の領地、沼田が大きなかかわりを持つことになります。

 

さらに真田では、信幸と稲姫(小松姫)が、なかなか馴染めずにいます。

長男誕生と戦禍の予感、忍び寄る風雲とは!?

では、真田丸21話のあらすじとネタバレをお伝え致します。

尚、当記事のネタバレはサクッとしていますので、お読みいただいても大河ドラマ「真田丸」は存分にお楽しみいただけると存じます。

真田丸20話を見逃した方はコチラです。
          ↓
真田丸20話あらすじとネタバレ!豊富家崩壊の前兆と信繁の妙案!

真田丸20話の感想はコチラです。
          ↓
真田丸20話「前兆」感想まとめ!おこうが侍女に!そう来たか!

 

Sponcored Link

 

真田丸21話「戦端」あらすじとネタバレ!

戦端を閉ざしたい者VS戦端を開きたい者

上洛に応じない北条家にいら立つ秀吉

徳川家康が上洛し、臣従の意を表した今、従わないでいるのは北条と奥州・伊達正宗を残すのみ。

 

傍にいる石田三成に、北条氏政の人となりについて問い、さりげなく戦をほのめかすが、三成は話に乗ってきません。

漸く九州平定をはtたしたばかりで、まだ戦をすべきではないと三成は思っていたのです。

 

徳川家康も戦には反対でした。
当の北条家には自身の娘が嫁いでいますから、できれば戦は避けたいのです。

 

勘の鋭い三成は、北条との戦端を開くかどうかに、千利休がひと役買っているのではないかと睨みます。

 

信繁に近頃の秀吉の動向を確認し、やはり千利休と面会していることを確認すると、この事を大谷吉継にも伝えます。

 

豊臣家の為に、今現段階で戦端を開くことは避けたい石田三成、大谷吉継ら家臣に対し

茶人であり商人でもある千利休は、戦端が開かれることにより大きな利益を手にすることになるのです。

 

豊臣家の戦端に絡む人間模様。

これが後日思わぬ方向に向かいます。

 

そしてこの人も・・・。

 

 

豊臣秀次の想い

これまで後継ぎがいない豊臣家の後継者と目されてきた秀次には、淀殿茶々様が男子を産んだことにより良からぬうわさが流れていました。

 

捨の誕生を秀次が快く思っていないという噂です。

 

しかし、秀次の本当の気持ちは、そんな噂とは対照的なものでした。

「私は、跡継ぎの器ではない。とはいえ、捨が元服するまでは、気張らねば。」

 

 

さて、この想いが秀吉に正しく伝わると良いのですが。

 

 

ファザコン稲姫(小松姫)に手を焼く信幸。おこうさん、何故か元気になる!

 

 

sanadamaru20wanobuyukitoine

稲姫(小松姫)の心を開きたいのですが、娘を溺愛する父・本多忠勝がしょっちゅう姫の様子を見に来るために中々打ち解けられずにいます。

 

それに対し、侍女となったおこうさんは、何故か生き生きしています!

向いていたのでしょうか!?

 

いえ、その、生き甲斐をみつけたのでしょうかね。

 

色々要因を考えてみましたが、

① 真田の家の為に立ち働き、運動不足が解消

② これまでのように正室ではないので、ちやほやされず、甘えが無くなったため気が強くなった

③ 身体が弱い自分が正室でいては、信幸の行末に迷惑がかかると常々心配していたので、稲(小松姫)が来てくれたことで、気が楽になった

 

 

運動不足が解消し、気が強く満ち満ちて、さらに気が楽になる!

健康回復の三原則みたいなものですね。

 

 

‟人生万事塞翁がひのえうま”何が幸いするかわかりません。(笑)

 

徳川家康、北条氏政と会見する。

 

sanadamaru20ieyasutohoujyouujimasa

 

徳川家康は、ひそかに北条氏政(高嶋政伸)と会見を持ちます。

長年敵味方で戦を繰り広げてきたもの同士、まるで盟友のような気持ちで氏政に上洛を勧める家康でした。

 

いつまでも秀吉の臣下でいるつもりはないと、心の内を見せるような話もします。

がしかし、北条氏政は真田昌幸よりもはるかに腰が重かった!

関連記事はコチラです。
        ↓
北条氏政の評価の真実は?最期は切腹を選んだ生涯を振り返る!

 

やはり、早雲以来の大名であるという誇りが邪魔をしたのでしょうか。

百姓上がりの秀吉に頭を下げることは、どうしてもできない氏政でした。

 

 

まあ、気持ちはわかるけれど、空気読めないっていうか、時勢を見誤るとお国が滅びますよね!

 

真田には、ババ様・とりが居てくれたから、危機を脱出しましたけれどね!
関連記事はコチラです
        ↓
真田丸18話あらすじとネタバレ!昌幸ついに上洛、ババ様・とり強し!

 

北条家にも板部岡江雪斎(いたべおかこうせつさい・山西 惇)という外交僧がいますが
この僧は北条が滅んだ後は秀吉のお伽衆となり、秀吉の死後は徳川家に仕えています。

 

北条氏政の条件とは?また沼田城!!真田、怒る!

 

北条氏政はこの期に及んでも、上洛するには秀吉に条件を提示すると言います。

 

その条件とは、「沼田城を真田から北条に譲るのであれば、上洛する。

これを聞いた秀吉は怒るが、そこは三成がなだめます。

 

 

沼田を真田から取り上げ北条に渡す、その采配を行うことは、秀吉が掲げる「天下総無事」に叶うものだと説得するのでした。

 

 

秀吉は、聚楽弟に真田昌幸を呼び出します。
勿論理由は明かさずに。

 

 

京の真田屋敷で、呼び出された理由が沼田城にあると聞き、昌幸は烈火のごとく怒ります!

当然です!沼田城は矢沢頼綱が命がけで守ってきた城ですから。
関連記事はコチラです。
        ↓
矢沢頼綱は真田家の守護神!北条を4度退けた奇襲の神様は真田丸では如何に?

 

そうです。ずっと揉めに揉めている因縁の沼田城。

 

結局、この件は北条氏政、真田昌幸、徳川家康が同席し、議論を戦わせてどちらか理がある方に
秀吉が裁定を下すことになります。

 

ところが、肝心の北条家では、北条氏政・氏直は裁定の席につくことを拒みます。
仕方なく、外交僧の江雪斎が上洛することになりました。

 

 

徳川家でも、ほとほと嫌気がさしている家康も同席を拒み側近の本多正信が裁定の席につくことになりました。

 

それを聞いた真田昌幸は当然、「ならワシも行かぬわ!」ってなことになりまして・・・。

決まり文句の「信繁、お主に任せた!」ってことになりますよね、きっと。

 

 

はてさて、当主は不在ながら、側近中の側近が顔を突き合わせての会見です。
沼田城を巡っての机上の戦端は開かれそうですね!

 

 

まとめ

 

九州平定を終えた今、秀吉が天下を掌握する為には北条家と伊達家の上洛が必要でした。

もし、臣従しないのであれば、力づくで攻め滅ぼす腹の秀吉でした。

 

しかし、今はその時ではないと、石田三成ら秀吉の側近は戦端を開くことに反対でした。

ところが、茶人であり商人でもある千利休は違っていました。

 

利休が秀吉に戦を勧めることができるほど、力をつけていることを、三成も大谷吉継も危惧していました。

しかし、腰が重い氏政・氏直親子は「沼田城を北条に引き渡すなら上洛しても良い」と条件をつけて来ます。

 

これを、秀吉の威光をかざす機会であると捉えた三成は、真田家・北条家・徳川家を同席させ協議の場を設けることにします。

 

しかし、協議の場には北条家からは江雪斎、徳川家からは本多正信、真田家からは信繁が臨むことになりました。

 

 

またまた、真田の命運は信繁に託されることになったのです!

 

 

そんなこんなで、相変わらず頭が痛い信繁ですが、信幸お兄ちゃんも頭を痛めていました。

それは、徳川から輿入れしてきた稲(小松姫)との仲が思うようにいかないからでした。

 

 

でも、おこうさんが元気になったのがせめてもの救いです!

 

 

さあ、次週はいよいよ「裁定」の場。

沼田城やいかに!

では、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ