大政所・仲と朝日姫(旭)の生涯!徳川家での番人は鬼作左(おにさくざ)

豊臣秀吉の生母・仲(なか)
女性として従一位に叙されるなど
異例の出世を遂げました。

同じく秀吉の異父妹・朝日姫(旭)
夫が居ましたが、秀吉に離縁させられ、
徳川家康に嫁ぎます。

 

二人とも、家康を秀吉の元に
上洛させるために徳川家差し出されました。

 

そして、その際に短い間ではありすが、
大政所・仲と朝日姫の世話人というか、
番人ををしていたのが
徳川家でも短気で有名な
鬼作左(おにさくざ)こと、本多重次です。

 

本日は、現在では
大政所と呼ばれることの方が多い
仲の生涯と、その娘で秀吉の妹の
朝日姫(旭)の生涯についてまとめました。

 

そして、おそらくお二人の人生で
最も恐ろしい思いをしたに違いない、
鬼作左・本多重次の番人ぶりについて
触れたいと思います。

ちなみに、大政所・仲と朝日姫は、
NHK大河ドラマ「真田丸」でも登場します。
記事はコチラです。
        ↓
真田丸17話あらすじとネタバレ!松と信繁、秀吉と家康、再会の行方は?

 

Sponcored Link

 

大政所・仲の生涯

※大政所とは
 「北大政所」の略。
 摂政・関白職にある者の母親に対する尊称。

sanadamaruoomanndokoronaka

 

大政所は、永正10年(1513年)、
尾張国愛知郡御器所村に生まれます。

名は、仲(なか)と伝わっています。

妹には、小出秀政の正室・栄松院
姉妹に、福島正則の母・松雲院
従姉妹に、加藤清正の母・伊都

一代で成り上がった秀吉が
周りをいかに血族で固めていたかが
わかりますね!

 

 

大政所・仲は、織田家の足軽・雑兵(雇われ兵)
木下弥右衛門に嫁ぎ、日秀と秀吉を産みます。

天文12年1月2日に夫が亡くなると、
織田信秀に仕える、竹阿弥と再婚
秀長と朝日姫を産んだといわれています。

 

 

秀吉は、仲の再婚相手・竹阿弥との
折り合いが悪く、15歳で家出したと
いわれています。

 

秀吉と共に暮らし始めたのは、
秀吉が長浜城主となってからで、
嫁の北政所・寧々(おね・ねね)とは
実の母子のように仲が良かった
伝わっています。

本能寺の変で、長浜城が陥落した際は
北政所・寧々は、大政所の手を引いて、
伊吹山麓大吉寺に逃げたといいます。

老母の手を引いての山道は
難渋したでしょうね。
やはり、北政所・寧々さんは
情の深いお方だったのでしょう。

 

 

大阪城が築城されると、仲も
そちらに移り住みます。

仲が大政所に叙されたのは、
天正13年(1585年)7月11日、
秀吉が関白になった時です。

以降は、大政所と呼ばれることが多くなり、
現在でも、仲より、大政所の方が
耳に親しいですよね。

 

 

大政所が病に倒れたという記録は
天正14年(1586年)豊臣秀長(秀吉の弟)を
訪ねて大和郡山城へ出向いた際。

これは、加持祈祷で回復。

 

この年の9月に、徳川家に人質として
差し出されます。

これは、朝日姫を輿入れさせても
なお上洛しようとしない家康を
何とか上洛させようとした秀吉の
苦肉の策でした。

家康が上洛したため、
大政所・仲は、約1ヶ月ほどで
大阪に戻っています。

 

次に病に倒れたは、天正15年(1587年)
聚楽第ができた際に居を移しますが、
体調を壊し大阪に帰還します。

これも、加持祈祷で快癒

その次は、天正18年(1590年)
朝日姫が亡くなると、病が重くなり
秀吉に頼み墓まで用意させるも

完成する頃に回復。

そのまた次は、天正19年(1591年)
秀長が亡くなり、文禄・慶長の役が
始まります。
大政所の懇願で、1年延期されますが、
天正20年(1592年)7月22日
大政所はついに帰らぬ人となります。

享年80歳

この時代の方にしては、
かなり長命ですよね。

でも、波乱万丈というか、
思ってもみない人生展開だった
ことでしょうね。

でも、加持祈祷で回復するなんて、
かなりスピリチュアルな体質だったようですね!

肥前名護屋にいた秀吉は
大政所の死に目には逢えませんでした。

大政所は、死後准三后を追号されています。

 

朝日姫(旭)の生涯。本当は美人だった?

 

天文12年(1543年)に、竹阿弥と仲の
娘として生まれます。

asahihimenosyouzouga

肖像画を見ると、お美しい方のように
お見受けしますが、ドラマなどでは、
大概、個性的な女優さんが
朝日姫を演じることが多いようです。

どうしても、兄・秀吉が「猿」なんて
呼ばれていたくらいですから、
それに近いのかなって、
想像してしまいますよね!

 

 

尾張の農民の元に嫁ぎますが、
夫は、秀吉の出世に伴い、
武士として佐治日向の守
(さじひゅうがのかみ)を名乗ります。

 

天正14年(1586年)に、秀吉の命で
朝日姫は徳川家康の正室(継室)として
嫁ぐことになります。

この時朝日姫、44歳。

ちょっと、嫌かも。
今さら、新しい夫なんて・・・。

 

 

 

ところで、佐治日向の守は、
どうしたの?って思いますよね。

一説では、朝日姫が嫁ぐ時には、
すでに亡くなっていたというもの。

もう一説は、仲の良い夫婦だった
佐治日向の守と朝日姫を、
秀吉が無理やり離縁させ
その後、佐治日向の守は自刃して
亡くなった、という説があります。

ドラマなどでは、悲惨さを強調するためか
後者が選ばれる方が多いようです。

 

 

悲惨だったのか、仕方がないと
諦めていたのか・・・。

この時代は、食べていくのも
大変だったでしょうし、
身分による格差は、現代とは
比べ物にならないほど
大きかったのでしょうから。

幸せだったかどうかは、
ご本人にお尋ねするしかないですね。

 

だた、朝日姫の晩年は病気がちで、
天正16年(1588年)に大政所の
病気見舞いのため、上洛しています。

その後、一度駿河に帰りますが、
再び上洛し、天正18年(1590年)
正月14日に亡くなっています。

享年は47歳、もしくは46歳です。

徳川家に嫁いで、僅か4年足らずで
お亡くなりになっています。

お幸せだったのでしょうか?

 

 

 

仲・朝日の徳川家での番人は、鬼作左!

大政所・仲と朝日姫のことを
お話するときに、
徳川家の本多重次(ほんだしげつぐ)
のことを語らない訳にはいきません!

なので、本記事では、サクッとお伝えします。

本多重次は、享禄2年(1529年)
本多重正の子として生まれます。

とにかく、短期で怒りっぽい為、
「鬼作左(おにさくざ)と綽名された
くらいです。

この方、日本一短い手紙を書いたことでも
有名なのですが、本記事では、
それは置いといて、鬼作左が
大政所と朝日姫に何をしでかしたのか、
だけをお伝えします!

 

朝日姫が徳川家康の元に
嫁いだことは、お伝えしました。

しかし、それでも家康は
秀吉の元に上洛しませんでした。

そのため、ついに秀吉は、
生母・仲(大政所)を
人質として差し出したのです。

これで、ようやく家康は重い腰を上げ、
上洛し、秀吉に臣従することにします。

家康が上洛し、留守の間
大政所の世話役・番人を務めたのが
この、本多重次・鬼作左なのです!

 

 

大政所は朝日姫が住まう
岡崎城に留まりましたが、
鬼作左は、なんと
二人の居室の周りに薪を積み上げたのでした。

 

 

もし、上洛した家康の身に何か起これば、
いつでもこの大量の薪に火をくべ、
大政所と朝日姫を焼き殺すぞ!

という構えです!
さすが、鬼作左!
怖い怖い!

これには、大政所も震え上がったといいます。

で、この事を、後に大政所から聞いた
秀吉は、大そう立腹し、家康に命じて
重次(鬼作左)を蟄居させます。

まあ、重次(鬼作左)が、
いかに家康に対して忠誠心が厚かったか
ということでもあるのでしょうが、
少々やり過ぎたかもですね!

 

 

 

では、本日も最後までご覧いただき
有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ