真田丸16話あらすじやネタバレと感想をご紹介!表裏比興の真田昌幸に危機!

大阪城で秀吉という人物の

多面性に驚かされた信繁。

真田丸16話では、秀吉の馬廻衆として

取り立てられた信繁が、

秀吉の表裏一体、本音の見えない振る舞いに

てんてこまいする姿が描かれます!

 

さて、秀吉の命令により

絆を断たれようとしている真田と上杉!

動き出すのか徳川家康!

 

sanadamarutaitoruyou

秀吉から表裏比興のものといわれ、

知略を謳われた真田昌幸に

またもや危機が訪れます!

 

 

真田丸16話あらすじやネタバレと感想を

ご紹介致します。

感想は視聴後に追記致します。

 

Sponcored Link

真田丸16話あらすじとネタバレ!

信繁、秀吉の馬廻衆に取り立てられる。

「真田に味方するのはやめろ」

という秀吉の命を受け入れ、

上杉景勝は越後に帰ってしまします。

 

それだけでも、衝撃を受けている信繁に

石田三成から、秀吉の馬廻衆になるようにとの

お達しがあります。

 

連続パンチで信繁ダウン?

いえいえ、そんなに弱っちくありません。

 

頭が切れる信繁は、馬廻衆として

秀吉の傍近くにいることができれば、

豊臣方の情報をいち早くキャッチできる

大チャンスと捉えたのでした。

 

確かに、このことが

信繁と豊臣家との繋がりを

深めることになりましたし、

信繁の生涯に大きな光と影を

落とすことになるのですから・・・。

 

 

馬廻衆とは、どんなお役目?

これは、殿下のお側近くでお仕えする

武芸に秀でたエリート集団なのです!

 

大将をを「護衛」することが

最も重要な役割で、最後の最後、

決戦兵力の一員でもあるのです。

はっきり言って、親衛隊。

死なばもろとも、という最も近しい存在なのです。

その他の業務としては、

伝令や事務の取次をすることも

あったといいますから、

文武両道の猛者でなければ、

務まらない役職です。

 

 

秀吉は、信繁をよほど気に入っていたのだと

思われます。

一方で信繁の能力を見定めることは、

未だ上洛命令に従わない真田安房守昌幸の

人となりを推し量ることもできます。

 

信繁にとっても、秀吉の身近で

情報を得ることは、好都合だったわけです。

 

 

新人馬廻衆・信繁に近付く茶々!

信繁は馬廻衆の筆頭・平野長泰(近藤芳正)のもとで

新人馬廻衆としててんやわんやの奮闘ぶり。

そんな時に、信繁の耳にある恐ろしい話が

伝わってきたのでした。

茶々に気に入られた馬廻衆が、

3人ほど、秀吉から茶々との仲を疑われ

命を落としたというのです!

sanadamaru16wataitoru

 

あな恐ろしや、天下人・秀吉!

秀頼が産まれた頃には、この狂気は

さらに加速していきますからね!

 

 

ビビりまくっている信繁に、

何と、噂の茶々が近づいて来るではありませんか!

世の中嫉妬ほど恐ろしいものはないですから。

この先が思いやられます。

信繁の縁談が早まるでしょうね、きっと!

 

 

表裏比興(ひょうりひきょう)と評された真田昌幸、四面楚歌の危機!

表裏比興(ひょうりひきょう)とは、

態度をコロコロと変える、うらおもてのある

くわせもの、という意味で、一見悪口のようですが、

武将にとっては、そうとも言えません。

 

 

まだ、大名でもない昌幸が、

真田家を守るため、周囲の大名を翻弄しつつ

勢力を維持・拡大してきた手腕に対し

一目置いている言葉です。

 

さらに、第1次上田合戦でみせた、

徳川の大軍撃破作戦では、

昌幸、侮れず、と

天下人・秀吉でさえ思ったということでしょう。

 

 

秀吉は、上杉景勝に送った書状の中で、

真田昌幸の事を「表裏比興の者」と評していると

伝わっています。

 

そんな昌幸も、さすがに今回は

頼みの上杉から援軍を断られ、

北条とは元々敵同士。

さらに、家康には、上田合戦で

タップリと煮え湯を飲ませたところです。

その上、秀吉にまで、睨まれたのでは・・・。

 

 

 

四面楚歌(四方を敵に囲まれ、絶体絶命の様子)。

真田家は、うかうかしていたら滅亡の危機です!

 

表裏比興といわれ、その手腕と智謀を

高く評価されてきた真田昌幸でしたが、

秀吉の上洛命令を断り続けたことを、

今さらながら悔やみます。

 

 

でも、真田パパは、きっとこの危機を

切り抜けていくでしょう!

 

 

助け船は、案外徳川家だったりして・・。

 

 

真田丸16話「表裏」観た感想!

視聴後にお伝えしますね!

真田丸15話で、茶々と見つめ合っていた

秀吉の馬廻衆のひとり、

立花権三(吉田ボイス)が井戸に落ちて

亡くなりました。

ヤッタのは加藤清正という

設定になっていましたが、

これは、加藤清正公が、

いかに秀吉に対しての服従心が

強かったかを表現したかったのでしょうか。

三谷さんの狙いとしては。

イケメンの吉田ボイスさんの出演が

無くなると思うと寂しいですね!

それに、茶々に近づいただけで、

命を奪われるなんて、

秀吉の茶々に対する執心ぶりを

良く現わしていますよね。

秀吉にとって、茶々は特別な存在ですから。

織田信長の妹・お市の方の子で、

秀吉にとっては、主筋にあたります。

その憧れは、現代に生きる私たちには

計り知れないものがあるでしょう。

それに何よりも、

三姉妹(茶々は三姉妹の長女)のうち、

茶々は、お市の方に最も面差しが似ていて、

美貌であったといわれていますから。

「長生きしたければ、茶々様に近づくな!」

この言葉がやけに印象に残りました!

しかし、大阪城は、陰謀渦巻く怖い所です!

石田三成と大谷吉継の会話から、

千利休(桂文枝)に

危険が近づいていることがわかります。

最終的に利休は、商人でありながら

秀吉に切腹を賜ります。

異例中の異例ですから。

何しろ、天下を取ってからの秀吉は、

狂気としか思えないような所業を

繰り返しますから。

それにしても、やっと尻に火が付いた、昌幸。

信幸

「父上が早く上洛なさらないから!

 どうするんです!?」

昌幸

「どうすれば良い?」

真田家滅亡の危機に際してこのやりとり。

相変わらず、笑ってしまいます。

ここが三谷さんの脚本の面白さでしょうね!

信繁も大阪で大慌て。

必死に秀吉に食い下がっていましたね。

あのBGMといい、画面の暗さと言い、

不安感盛り上げすぎてましたね!

でも、全体的に、様々な方向から

秀吉を取り巻く人間関係をあぶり出していて

面白いと思います。

視聴者を飽きさせないですよね!

 

 

 

まとめ

秀吉の馬廻衆に取り立てられた信繁。

新人馬廻衆として奮闘する最中、

近づいてくる危険な女性・茶々!

一方、故郷・真田家では、

表裏比興の者と高く評価されている

真田昌幸が、四面楚歌の状態で

一大危機です!

さあ、またまた大波が押し寄せますね!

次週が楽しみです!

 

 

では、最後までご覧いただき

有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ