小松姫・真田信幸の正室は容姿端麗で賢夫人!真田丸でのキャストは吉田羊。

小松姫は、徳川四天王の一人、本多忠勝の長女で、

後に徳川家康、(秀忠という説あり)の養女となり、

真田信幸に嫁ぎます。

確か、信幸にはすでに正室

居たはずですが、どうするんでしょう!?

 

昌幸は、小松姫の事を徳川の姫ということで、

嫁入り当時は、気に入らなかったようです。

しかし次第に、「過ぎたる嫁」

評価を変えていきます。

sanadamarukomatuhimesyouzouga

関ヶ原の戦いで、石田三成方・西軍に付き敗者となった

昌幸・信繁の助命嘆願をした話は有名です。

 

 

本日はそんな賢夫人として名高い

真田信幸(後に真田信之と改名)の正室・小松姫の生涯をまとめました。

そして、NHK大河ドラマ「真田丸」で

小松姫を演じる吉田羊さんのプロフィール

役柄に対する心意気をお伝えしていこうと思います。

 

Sponcored Link

小松姫の生涯

徳川四天王・武門の家系に生まれた姫

小松姫は、本多忠勝の第1子として生まれます。

本多氏は、忠勝の祖父・忠豊、父・忠高、叔父の忠貞が

合戦で討ち死にするという、武門の家系です。

しかも、父・忠勝は家康と共に、幾多の合戦を

くぐり抜け、武功を挙げています。

 

その勇猛果敢さから、

酒井忠次、榊原康政、井伊直政と共に

徳川四天王と呼ばれています。

 

このような武門の家系に生まれた小松姫は

戦国大名の嫁・妻として、立派にお家を守っていきます!

 

 

小松姫の性格や、兄弟は?

小松姫の生母は本多忠勝の側室・乙女の方。

小松姫の幼名は於子亥(おねい)、稲姫(いなひめ)

といわれています。

兄弟には、奥平家正の正室となった、もり姫、

本多忠政、本多忠朝がいます。

 

小松姫の性格は、徳川家康や秀忠に

直に意見するほどハキハキしていたといいます。

物おじしない性格だったのでしょうね。

 

 

 

 

小松姫が真田信幸に嫁いだ時期はいつ頃?

小松姫が真田信幸に嫁いだ時期は諸説あります。

【参考御系伝】、【幕府祚胤伝】では、

天正14年(1586年)

 

【甲陽軍鑑】では、天正11年(1583年)

【沼田日記】では、天正16年(1588年)

と記述されています。

 

 

諸説ある中でも、私は沼田日記の天正16年(1588年)頃

最も妥当なのではないかと思います。

何故なら、第1次上田合戦が天正13年(1585年)

この時の、真田昌幸が徳川の大軍を破った鮮やかな軍略を、

徳川の重臣達も驚きを持って見ていたでしょうから。

 

それから、2年後の天正15年(1587年)に

真田昌幸が秀吉に仕えることになり、

家康の与力大名となっています。

もう、一地方の小さい国衆では

無くなっていますから、

徳川家康の養女を、嫡男の正室に

迎えることも、釣り合わなくはないです。

年齢は14歳ですね!

信幸が23歳ですから、年齢差はかなりあります!

 

 

 

小松姫の逸話

もうこれは超有名な逸話なので、

ご存知の方も多いと思います。

 

時は1600年、7月。

上杉討伐の出た徳川勢と合流するため

犬伏に陣を張っていた真田昌幸の元に

石田三成からの密使が届きます。

そうです、関ヶ原の戦いが始まろうとしています。

ここで、真田昌幸、信幸、信繁親子は

今後の真田家の方針を話し合います。

世に有名な「犬伏の別れ」ですね。

ここから以降、昌幸・信繁と信幸は

敵同士となります。

 

 

昌幸・信繁親子は、上田城に向かう途中

小松姫が守る沼田城に立ち寄ります。

「今生の暇乞いのため対面し、孫どもを一見せばやと存候」

つまり、最期の別れになるだろうから、

孫の顔を見ておこうと立ち寄ったのです。

しかし、小松姫は武装して昌幸を出迎え

申し出を断ります。

すでに、敵・味方に分かれてしまったことを

知らされた小松姫は、城を守るものとして、

たとえ義父といえども、城内に入れるわけには

いかないと言い放つのです。

そして、動揺する家臣を抑え、

城内の結束を固めます。

 

しかしその後、昌幸らを城下の旅宿に案内し

丁重にもてなします。

勿論、孫たちとも合わせています。

この時に昌幸は、小松姫を評して

「あれを見候え。日本一の本多忠勝が女(むすめ)程あるぞ。

 弓取の妻は誰もかくこそあるべけれ。

 我むなしく戦死するともあの新婦あるからは、

 真田が家は盤石なり。」

 http://ja.m.wikipedia.org/wiki/小松姫

もうべた褒めですね!

容姿端麗で賢夫人の誉れが高い小松姫です。

昌幸の予言通り、真田家は松代藩に移封されますが

改易されることなく、明治時代まで続きます

 

また、信幸は朝鮮の役にも出兵していますが、

小松姫が国元を守っているため、

安心して戦に出たといいます。

 

 

 

小松姫の晩年と、信幸との夫婦仲

夫婦仲はとても良かったようですよ!

 

信幸には、二女・三男も子供がいます。

長男・信吉、長女・まん、次女・まさ

次男・信政、3男・信重

このうち、長男・信吉だけが、

清音院殿の実子説と小松姫の実子説の

二つがあります。

どちらの実子なのか明確な資料が

ないようです。

小松姫は元和6年(1620年)病気を患います。

草津温泉へ湯治へ行く途中の2月24日

武蔵の国鴻巣(埼玉県鴻巣市)で亡くなります。

 

 

享年48歳。

まだまだ若いですよね。

 

信幸は小松姫の死に際して

「我が家の燈火が消えたり」

と、嘆いたといいます。

 

戒名は、大蓮院殿英誉皓月大禅定尼

墓は、武蔵国鴻巣・勝願寺

上野国沼田・正覚寺

信濃国上田・芳泉寺

この3か所に分骨されますが、

信幸が小松姫の菩提を弔うため

上田城下に大英寺を建立します。

 

 

その後、松代藩への移封に伴い

寛永元年(1624年)に、

大英寺も松代城城下に移築されます。

ところで、おこうさんはどうなったの?

おこうさんのモデルとなったのは、

真田信綱の娘・清音院殿です。

おこうさんは、小松姫が嫁ぐまで

信之の正室として扱われていましたが、

さすがに、正室が二人というわけにいかず、

以降は側室扱いになっています。

 

 

戦国時代は、女性にとって厳しいですね!

 

天正17年(1589年)から、豊臣政権では、

諸大名の妻子を大阪城城下の武家屋敷などに

住まわせました。

小松姫も例外ではなく、城下の信之の屋敷に

住んだものと思われます。

したがって、大阪に出仕している間は

小松姫が妻としていますし、

国元に帰れば、おこうさんが居る

という感じでしょうか。

身体が弱いからと、里に返された

なんて事はないようですよ!

 

 

NHK大河ドラマ「真田丸」小松姫のキャストは吉田羊さん!

sanadamarukomatuhime

吉田羊さんのプロフィール

本名   : 吉田 羊右子(よしだようこ)

生年月日 : 1974年2月23日

出身地  : 福岡県久留米市

血液型  : O型

受賞歴  : 「映画ビリギャル」日本アカデミー賞・
        優秀助演女優賞(2015年)

       「映画ビリギャル」「脳内ポイズンベリー」
       「愛を積むひと」ブルーリボン賞・
        助演女優賞(2015年)

       「HERO」東京ドラマアウォード・
        助演女優賞(2015年)

趣味   : アンティーク着物、スキューバダイビング

特技   : ピアノ

 

 

5人兄弟の末っ子として生まれた吉田羊さんは、

小さい頃から、歌ったり踊ったりするのが

大好きだったとか。

高校3年生の時に体育祭で応援団長を務めて、

ファンクラブができるほど、人気を博したそうです!

大学3年生の時に、舞台に応募して以来、

小劇場の舞台に立ち続け、実力を養っていきます。

 

 

でも、なんの根拠もないけれど、

「いつかは、人から「見て、あの人が吉田羊よ」って

 言われるようになるな。」

と、思っていたそうです。

 

これって、成功するための必須条件ですよね。

 

何だかわからないけれど、

根拠のない自信。

他人と比較しない、信念。

みたいな。

 

 

30代になって、たまたま舞台を見に来ていた

現在のマネージャーにスカウトされ、

2007年から初めて事務所に所属します。

遅咲きですよね~~。

でも、ブレークするのはまだまだこれから。

小劇場の舞台に立っていた頃は、葬祭屋や

コンパニオンなど様々なアルバイトをしていたそうですが、

現在の事務所では、アルバイトは禁止。

事務所に借金していたとか。

 

 

転機が訪れたのは、2008年。

 

 

NHK連続TV小説「瞳」に看護師役で出演していた

吉田羊さんを、たまたまTVを見ていた

中井貴一さんの目に留まったことからです。

 

中井貴一さんの紹介で、

「風のガーデン」に出演。

中井貴一さんから、三谷幸喜さん作・演出の

舞台に招待され、三谷さんと引き合わされます。

この出逢い、奇跡みたいですよね!

 

そして、2015年のドラマ「HERO」馬場礼子役。

このドラマで大ブレークした吉田羊さん。

今も人気は続いていますよね。

 

 

 

小松姫を演じる上での意気込み

NHK大河ドラマは、2012年「平清盛」以来

3回目となります。

 

「真田丸」で、小松姫を演じることにおいて、

とても光栄だと語られています。

小松姫は、戦国時代を生きる女性として、

意志を貫く強さを持った女性だと。

血塗られた時代であっても

人間らしい一面を表現できたら、と

意気込みを語っておられます。

 

 

まとめ

小松姫は、徳川四天王のひとり、

本多忠勝の長女として生まれ、

後に徳川家康(秀忠という説あり)の養女となり

真田信幸(後に信之)に嫁ぎます。

ハキハキとした性格で、徳川嫌いの舅・昌幸も

賢夫人と褒めたたえるほどの良妻賢母。

しかも、容姿端麗だったと言われています。

NHK大河ドラマ「真田丸」での

小松姫のキャストは吉田羊さんです。

今を感じさせる女優さんですよね!

遅咲きな分、演技には定評があります。

 

「真田丸」で登場する日も近いと思います。

「真田丸」に出演される日が待ち遠しいですね!

 

では、本日も最後までお読みいただき、

有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ