吉野太夫の本名は?実在の人物なのか。真田丸のキャストは中島亜梨沙!

NHK大河ドラマ「真田丸」15話に

吉野太夫が描かれます。

さて、この吉野太夫とは

いったいどんな人物だったのでしょう?

実在していたのでしょうか?

では、本名は?

 

大河ドラマ「真田丸」では、

キャストに中島亜梨沙さん

選ばれています!

本日は、吉野太夫の本名や人物像、

真田丸のキャスト中島亜梨沙さんについて

まとめてみました。

 

Sponcored Link

 

吉野太夫とは?

 

sanadamarunidaimeyosinodayuu

http://obousan.minrevi.jp/artist/all/%E4%BA%8C%E4%…

吉野太夫とは京都の太夫に代々伝わる名跡です。

ですから、一代目・吉野太夫、二代目吉野太夫

というように、その名にふさわしい方が選ばれて、

次々に名を継いでゆくのです。

 

 

この吉野太夫について詳細が残っているのは

二代目吉野太夫だけです。

 

しかし、この二代目吉野太夫は、

慶長11年3月3日(1606年4月10日)の

生まれですから、

大坂冬の陣の時に8歳なので、

残念ながら真田丸に登場したのは

この二代目吉野太夫ではありません。

 

ただし、様々な資料が残っているのは

この二代目吉野太夫だけですし、

実在していたことは間違いありませんので、

恐らくは、二代目吉野太夫のことを

モデルにしているのでしょう。

 

 

したがって、本記事は

二代目吉野太夫の人物像を

まとめていきます。

二代目吉野太夫とは?

本名や生い立ち

二代目吉野太夫は、本名を松田徳子といいます。

この時代、名前に‟子”をつけるなんて珍しい!

まるでやんごとなきお方のようですね!

 

生年は慶長11年3月3日

京都の方広寺近くで生まれたとされています。

実父はもと西国の武士であったともいわれています。

 

 

吉野太夫の人物像

幼少の頃に遊女の世話をする禿(かむろ)

として、林家にはいります。

14歳で太夫となっています。

幼少の頃から利発で、

和歌や連歌、俳諧に優れていたといいます。

 

 

また、琴や琵琶、笙などの楽器も巧みに操り

書道、茶道、香道、囲碁なども極めたといいますから

多才・多芸、マルチな方だったようです!

 

 

しかも、その美貌は遠く明国まで

聞こえていたといいますから、

まさに才色兼備。

その上、情も深かったといわれています。

 

天は二物も三物も与えるものですね~~。

でも、寛永20年8月25日(1643年10月7日)

38歳でお亡くなりになっていますから、

長生きではありませんよね。

美人薄命でしょうか。

 

 

 

吉野太夫、真田丸のキャストは中島亜梨沙!

NHK大河ドラマ「真田丸」15話に登場する

吉野太夫のキャストは中島亜梨沙さんです。

sanadamarunakasimaarisa

 

ずいぶんとお綺麗な方だな~~って

画像を拝見してしみじみ思います!

才色兼備の吉野太夫役はピッタリですね!

 

 

お誕生日は1982年12月29日で

北海道札幌市出身です。

2003年から2009年まで

宝塚歌劇団に在団していました。

 

3歳からピアノを習い、中学生の時には

バレエを習っています。

高校生になってからは、音大を目指すつもりで

声楽も習ったそうです。

 

 

宝塚歌劇団は「思い出つくり」のために受験し

まさか合格するとは思っていなかったそうですから、

人生ってわからないものですよね!

 

 

でも、こんなに容姿端麗で、

声楽などの基礎的な学びを

されていたのであれば、

合格できますよね!

 
宝塚時代の芸名は、羽桜 しずく(はざくらしずく)

月組の娘役として活躍し、

2009年の退団後は

念願であったカナダに留学しています。

 

 

2011年に芸名を現在の

中島亜梨沙(なかじま ありさ)に変え、

芸能活動をはじめています。

 

NHK大河ドラマは、「真田丸」の他

「八重の桜」で、西田敏行さん演じる

西郷頼母の妹役で出演されています。

 

 

その他、英語が得意で、

TOEIC 870 J-SHIN小学校英語指導者資格

お持ちです。

NHKのラジオ英会話番組にも出演していましたから、

実力が凄いです!

まさに、才色兼備!

吉野太夫と同じです!

 

 

では、本日も最後までご覧いただき

有難うございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ