真田丸14話秀吉、三成、茶々、大阪編キャスト続々登場!あらすじとネタバレも!

徳川との決戦「上田合戦」で

大勝利をおさめた真田家。

 

しかし一方で、信繁にとっては

最愛のお梅を喪ってしまうという

悲劇に見舞われました。

 

でも、落ち込んでいる暇はありません!

真田丸を漕ぎ出さねば!

ドラマはいよいよ大阪編へ突入します!

sanadamarunobusigenokattyuu

 

NHK大河ドラマ「真田丸」14話では、

信繁は、一旦人質として

上杉景勝の待つ春日山城へ戻ります。

天下の仕置は、ほぼ羽柴秀吉の手中に

納まりつつあります。

 

秀吉は国中の大名に

上洛を求めていました。

信繁は景勝に伴われて

大阪城へと向かうことになったのです!

豊臣家の人々との出会いは

真田信繁の人生に、

大きな影響を及ぼします。

まず、その序章、

14話のあらすじとネタバレを

お楽しみください!

 

Sponcored Link

 

 

真田丸14話あらすじとネタバレ!

傷心の信繁は、上杉景勝の元へ

人質として帰っています。

一方、上田合戦で、

真田家にコテンパンにやられた家康は、

腹の虫が納まりません。

しかし、このような時に

重臣の裏切りと、

天正大地震が起こります。

真田信伊、徳川重臣を調略す!

戦には負けるわ、地震はおきるわと

予想外の事に振り回される

徳川家康

そのような時に

徳川家重臣・石川数正の

裏切りが発覚します。

 

 

徳川家に入り込んでいた

真田信伊の仕業でした。

sanadamaruieyasunobutadawokudoku

牢屋に捕らわれていても、

やはりただ者ではありませんね。

真田昌幸が大名になれたのも、

この弟の働きがあってこそですね、さすがです。

 

家康は、そんな真田信伊の実力を買い

徳川家の家臣にならないかと誘います。

 

信伊は、兄・真田安房守と

内通するかもしれないと

家康にくぎを刺しますが、

それを承知の上で、

家康は信伊を召し抱えます。

 

 

これがまた、真田家、特に

真田家の嫡男・信幸の人生

多大な影響を与えることになろうとは、

思いもよらない事ですよね。

 

 

きりも信繁のお供に?あつかましい!

秀吉は、大阪に巨大な城

築いていました。

各地の大名を大阪へ呼び、

忠誠を誓わせようとしているところです。

 

しかし、徳川家康

真田との戦を口実に、

上洛を引き延ばしています。

そして、もう一人、

北条氏政も上洛を拒んでいました。

 

北条家滅亡の日がひたひたと

迫ってきています。

 

 

一方、春日山城へ

人質として戻った信繁は、

上杉景勝に伴い、

上洛することになりました。

 

 

真田昌幸の元にも、

秀吉から上洛の求めが来ていましたが、

 

大名でもない自分に何故?

 

疑り深い昌幸は、

まずは信繁に

秀吉の真意を確かめさせようとします。

 

この上洛に、なんと、

きりが付いて行くといい、きかないのです。

 

わぁ~~。

お梅ちゃんが戦死した時には、

赤ん坊を抱いて、

「私が育てます!」

って言ってたのにね!

 

すへちゃんはどうしたのよ!?

おや!?

お梅ちゃんの兄で

すへちゃんにとっては伯父さんにあたる、

堀田作兵衛さんに預けったって?

すへちゃんに関してはこちらの記事をご覧ください
      ↓
真田幸村の初恋の人・梅とは?最初の子・阿菊の生涯はどうなったのか?

 

どうやら、育児に値をあげ、

恋しい信繁のお世話をしたいと、

またまた我がまま言い放題の

きりなのでした。

 

 

自分の気持ちに正直っていうか、

あつかましいというか!(笑)

 

でへ~~、きっと女性票メチャ下がりますね。

三木谷さんも酷ですよね~~。

でも、きっと挽回する日が来ますよ!

 

 

秀吉、三成、茶々、大阪編・豊臣家のキャストが続々と登場!

上杉景勝、直江兼続、真田信繁は

大阪城へ入ります。

上杉景勝についてはコチラの記事をご覧ください。
      ↓
 真田丸【大河】上杉景勝の人物像や時代背景を追う!キャストは遠藤憲一! 
 
 上杉景勝の人物像に迫る、第2弾!真田丸では幸村に「義」を教える!

 

sanadamarukagekatunaotugutonobusige

 

現れた石田三成(山本耕史)

景勝、兼続を大阪城へ案内します。

 

一方信繁ときりは、

大阪城ではなく、

三成の屋敷に案内されます。

 

 

格の違いを教えられたということでしょう。

まだ、真田家は大名ではありませんから。

もう、きりちゃんいいのにね、

付いて来なくって・・・。

 

 

夜遅くになって、三成の屋敷に

加藤清正(新井浩文)が現れます。

酒に酔い、三成相手に

さんざんくだを巻いたかと思うと、

廊下で寝てしまいます。

 

 

翌日、大阪城内では

三成が現れ、景勝と兼続を

別室へ案内します。

 

 

しかし、後ろに控えていた信繁には、

「まだ、殿下の耳に入れておらぬ。」

同行を許しません。

 

どこまでも信繁を軽く扱う三成でした。

 

信繁は一人部屋に取り残され、

ぽつりとしています。

 

 

そこへ、若い姫が。

茶々(竹内結子)の登場です!

 

後に秀吉の側室になり、

嫡子・秀頼を産みます。

信繁は、この茶々親子の為に、

命を投げ出して戦うことになるのです。

 

茶々は、秀吉が

信繁に逢いたがっているといいます。

 

 

そこへ片桐且元(小林隆)が来て、

信繁を別室へと案内します。

 

 

ドタドタと廊下を走る足音。

襖が開いたかと思うと

秀吉(小日向文世)が現れたのでした!

 

 

大阪編14話で登場する豊臣家のキャスト

豊臣秀吉を演じるのは、

ベテラン・小日向文世さんです。

 

sanadamaruhideyosikohinatafumiyo

小日向文世さんは、

大河ドラマが大好きだそうで、

中でも、「太閤記」の緒方拳さんが

最も印象深いとか。

三谷幸喜さんが描くこれまでにない

秀吉像に期待しているそうです。

 

 

石田三成

演じるのは山本耕史さんです。

sanadamaruisidamitunariyamamotokouji

 

台本からもらうインスピレーションで

想像力を膨らませ、役作りをしていくそうです。

 

 

淀殿・茶々を演じるのは、

竹内結子さんです。

sanadamarucyacya

秀吉役の小日向さんを

まっすぐに見つめ、

何かをつかみたいそうです。

 

加藤清正に新井浩文さん

 

sanadamaruaraihirofumikatoukiyomasa

加藤清正の、荒くれだけど、

純粋な雰囲気が合いますよね!

 

 

片桐且元に小林隆さん。

sanadamarukatagirikatumoto

 

賤ヶ岳の戦いで功をあげた

「七本槍」の一人です。

元々、浅井長政に仕えていたことから、

浅井長政の娘・茶々との

結びつきが強いです。

 

 

以上、14話で登場する

大阪編・豊臣家のキャストを

簡単にご紹介致しました。

 

 

 

本放送がますます楽しみになりました!

 

 

では、最後までご覧いただき

有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ