真田丸12話人質・信繁が景勝から受けた恩と、鉄火起請とは?あらすじとネタバレも!

NHK大河ドラマ「真田丸」

ようやく祝言を挙げた信繁と梅。

 

しかし、その場は室賀正武の

昌幸暗殺計画を阻止する

返り討ちの場だったのでした。

 

血に染まった祝言で、

昌幸と信繁の関係が

またもやギクシャクしはじめた頃、

信繁は上杉景勝の元に

「人質」として行くことになりました。

sanadamaru12wakagekatutonobusige

 

真田家が徳川家と手を切るためには、

後ろ盾となる上杉の力が

どうしてもても必要だったのです。

 

 

信繁が「人質」として

務めを果たせるかどうかに、

真田家の命運が掛かっていると言っても

過言ではありません。

 

これまでさんざん、上杉家に

辛酸を舐めさせた真田家です。

 

もしかしたら、生きて真田の郷に

帰ることができないかもしれません。

信繁はこの現状をどのようにして

打破していくのでしょうか?

 

Sponcored Link

真田丸12話「人質」あらすじとネタバレ

信繁、三十郎と共に春日山城へ!

真田昌幸は、上杉景勝へあてて、

帰属したいという旨の書状を

何度も送り付けていました。

正直、上杉家は昌幸の面の皮の厚さに

辟易していました。(もううんざり!って感じですね。)

そこで、信繁(幸村)を人質として

春日山城へ送るよう、

申し付けたのでした。

 

信繁は、梅との祝言の1件で、

昌幸としばらく離れたいと

思っていたところでしたので、

この話を快諾します。

 

 

それに、信繁は上杉景勝という人が

嫌いではありませんでした。

 

 

心残りは、身重の梅を

置いて行くことだけ・・・。

 

 

春日山城へ到着した信繁と三十郎は、

控えの間で待たされることとなります。

 

景勝は漁民の陳情を聞いていたのです。

漁民の後回しにされた信繁は、

しばらくしてから

上杉謙信の位牌がある仏間に

通されます。

 

景勝が信繁を「人質」に指名した理由

二つありました。

一つは、真田昌幸に息子を差し出す

覚悟があるか試したかったこと。

もう一つは、戦芝居をして欲しいと

頼みに来た信繁という若者に魅力を感じ

もう一度逢いたいと思ったからでした。

 

 

景勝は言います。

「逢いたかったぞ、源次郎。

 上杉は「義」のある戦いしかせぬ。

 謙信公の教えじゃ。

 沼田の1件の折、お主は誰も死なせずに

 北条を追い払って見せた。

 民を大事にする謙信公の心をわしはそこに見た。」

sanadamaru12kagekatu

 

良いセリフ!!そして、遠藤憲一さんが演じる

上杉景勝、本当に良いですね。

情があって、味があって。

 

上杉景勝公についての関連記事
      ↓
上杉景勝の人物像に迫る、第2弾!真田丸では幸村に「義」を教える

戦に疲弊した上杉家・景勝の苦悩

数か月が過ぎ、真田昌幸の元に、

上杉家家老・直江兼続から

「沼田城を上杉に返してほしい」

と、書状が届きます。

 

 

昌幸は、事の始末を信繁に

委ねることにします。

 

 

信繁は、直江兼続の真意がわからず、

景勝に相談します。

 

 

驚いたことに上杉家では、

他国との談判は全て兼続に

任せてあると言い、

景勝の知らないことであったと言います。

 

そして事も無げに、

「兼続にかけ合ってやってもよいぞ」

と請け負ってくれたのでした。

 

数日して、漁民たちが春日山城へ来ます。

数か月前に景勝が裁くと約束をして

そのままになっている揉め事を、

解決してもらうためにやって来たのでした。

 

 

しかし、何も進捗しないまま、

漁民たちは追い返されてしまいます。

 

 

兼続が言うには、景勝は、

困っている人を見るとまず先に

力になると約束してしまうのだと。

 

sanadamaru12kanetugu

しかし、領民の揉め事は後を絶たず、

際限がない。

戦で疲弊した今の上杉には、

それだけの余裕はないのだと。

 

 

漁民の揉め事で信繁の策が生きる!

ある日、景勝、信繁、三十郎は、

馬に乗り海へと向かいます。

 

途中、揉め事になっていた

北浜と南浜に近い神社で、

漁民たちが騒いでいるのをみつけます。

 

揉め事を解決するために

「鉄火起請」を始めると言います。

(鉄火起請(てっかぎしょう)についての

詳しい説明は文末にあります。)

 

 

 

儀式を仕切っているのは、斉木という

奉行でした。

 

「北浜の治兵衛が途中で落としたら、

 あの浅瀬は南浜のもの。

 南浜の又吉が落としたら、

 あの浅瀬は北浜のもの。」

 

そこへ、信繁が進み出て

古来のしきたりなので、

止めるべきだと言いますが、

奉行の斉木は譲りません。

 

その瞬間、信繁に策が閃きます!

斉木と信繁、どちらの意見が正しいか

鉄火起請で神に判断を仰ぐことにしよう

と言いだします。

 

全てを了解している三十郎は、

さっさと支度を整えます。

 

sanadamaru12tekkakisei2

 

信繁は、やる気満々で、

赤々と熱せられた棒の前に立ち

精神を集中させています。

 

 

ところが斉木は、動揺を隔せず、

鉄火起請で決める必要はないと、

前言を翻します。

 

この様子を見て、漁民たちは

混乱してしまいます。

 

そこへ、景勝が現れ、

「もうよい。全てはわしが悪いのだ。

 もっとお前たちの暮らしを

 思いやるべきであった。」

と言い、

潮の変わり目で漁場を替わるようにと

裁定を下します。

 

景勝は鉄火起請での

信繁の策を面白がります。

そして、

「お主のような子が欲しかった」

と言います。

 

 

実際、景勝は

信繁を人質としては扱わず、

待遇は客分だったと言いますから、

いかに可愛がっていたかがわかります。

 

しかし、鉄火起請、なんて怖い儀式でしょう!

昔の人は、肝が太いですよね!

 

 

人質・信繁、景勝から大恩を受ける!

まもなく、信繁の元に

梅が無事に女の子を産み

すへ(阿菊)と名付けられたと

知らせが入ります。

梅の生涯とすへ(阿菊)の関連記事はコチラです。
        ↓
真田幸村の初恋の人・梅とは?最初の子・阿菊の生涯はどうなったのか?

 

 

梅の出産を聞き喜んでいる信繁の元へ

兼続から呼び出しが来ます。

この時人質・信繁は、上杉景勝から

思わぬ大恩を受けることとなります。

 

 

兼続は、沼田城の件で景勝から

「沼田城の件、そろそろ真田を許してやれ」

と口利きがあったのだといます。

兼続は、景勝の起請文を差し出します。

 

そこには、

上杉は真田を未来永劫守ることと、

沼田や小県を真田の領分と認める、

と記されていました。

 

 

起請文を受け取った昌幸は

即座に徳川との手切れを宣言します。

 

ひたひたと、第1次上田合戦が

近づきつつあります!

 

 

面目丸つぶれとなった家康は、

鳥居元忠率いる7千の兵

上田城へ向かわせます。

 

対する真田は2千足らず。

どう見ても多勢に無勢。

誰から見ても真田に勝ち目はない、

無謀な戦に挑もうとしています。

 

信繁はここでまたも景勝の大恩を受けます。

真田の行く末がかかったこの戦に

どうしても参戦したいという信繁に、

「存分に戦って来い。

 そして戦が終わったら、必ずまた戻ってこい」

と言い、人質・信繁を

一旦、真田に返したのです!

 

これは当時としては常識破りの行動といえます。

 

人質は、裏切りを防ぐ

保険のようなものですから

それを易々と返してしまうとは、

景勝はやはり、

並みの大将ではありません。

 

 

真田は、そして信繁は

上杉に恩を受け、

堂々徳川に立ち向かうのでした!

 

 

鉄火起請(てっかぎしょう)とは?

 

1580年から1610年頃に行われていた

儀式の一つです。

争い合う二人が、熱した鉄を素手で握り、

指定の位置にある神棚の三宝まで

運びます。

 

三宝まで運べた者が勝ちで、

途中で落としたものは

神をたぶらかした者として

処刑されるということです。

 

熱く熱した鉄を素手で握るわけですから、

当然、大火傷をしますが、

傷の浅い、深いで、勝負を

判断する場合もあるようです。

 

勝負に勝っても負けても、

手を火傷することには

変わりありませんから、

何とも理不尽な儀式ですよね!

 

 

 

さあ、NHK大河ドラマ「真田丸」

次週はいよいよ

第1次上田合戦です!

思わぬ悲劇が信繁を待ち受けています!

 

 

では、本日も最後までご覧いただき

有難うございました。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ