矢沢頼綱は真田家の守護神!北条を4度退けた奇襲の神様、真田丸では如何に?

矢沢頼綱は、真田家最高の重臣であり、

守護神ともいえる存在です。

sanadamaruyazawayorituna

http://63.blog63.fc2.com/blog-entry-80.html

真田昌幸は、甥にあたります。

本日は、NHK大河ドラマ「真田丸」でも

源三郎信繁(幸村)と共に登場する

矢沢三十郎頼幸の父・矢沢頼綱について

まとめてみました!

 

Sponcored Link

矢沢頼綱の略歴

頼綱は永正15(1518)年に

真田頼昌の三男として生まれます。

真田頼昌は、真田昌幸の父・幸隆の弟に

あたりますから、

昌幸とは叔父・甥の間柄となります。

 

頼綱は、幼いころに出家し、

京都鞍馬寺で僧となりますが、

あまりの暴れん坊ぶりに、

寺を追い出されてしまいます。

 

もともと、腕っぷしには自信がある、

喧嘩っ早い性格だったようで、

僧というよりは、武将に向く

性質だったようです。

 

 

寺を追い出された頼綱は、

止む無く矢沢の郷に住みますが、

争い事があると、真っ先に

自慢の大長刀をひっさげて

駆けつけたといわれています。

 

後日、諏訪氏一族で矢沢城主・矢沢氏を

継ぐことになります。

 

真田家と矢沢家は、元々は

敵対していたようですが、

頼綱が養子に入ることで

敵対関係が解消されたと言います。

 

 

この後、29歳頃に

兄の真田幸綱の配下となり、

武田信玄に従属します。

ここから、名門・武田家で

兄と共に信濃先方衆として

活躍することとなります。

 

1574年、兄・真田幸綱亡き後は、

その嫡男・真田信綱に従います。

 

天正3(1575)年、58歳

信綱が長篠の戦いで討ち死にした後は、

真田家の跡目を継いだ、

真田昌幸の配下となります。

 

 

天正8(1580)年・63歳

上野の国・沼田城を陥落させ、

沼田城城代を任されます。

 

この後も真田昌幸と共に

戦国の世を駆け抜けていきます。

 

武田家が滅んだ後の真田家は、

生き残るために、従属先を

コロコロと変えていきます。

当然、配下の頼綱も

共に従うことになります。

 

 

天正10(1582)年、

本能寺の変が起きた年です。

ここからが、真田激動の時代

入ります!

 

 

真田家は、この1年の間に、

織田家→滝川一益→上杉→北条→徳川

と、こんな感じで、

まるで節操がないというか、

その時の機に応じて、

対応を決めていたようです。

 

 

この時頼綱は、64歳ですが、

北条氏邦2000の兵に攻められますが、

500の兵で迎え撃ち、撃破しています。

 

 

天正11(1583)年

真田昌幸は、徳川に資金を出させ、

上田城を築きます。

しかし、徳川と北条の和睦条件に

不満を持った真田昌幸は、

徳川と険悪になり、上杉景勝

臣従します。

 

天正13(1585)年

真田昌幸、沼田城開城を拒否。

徳川家と合戦(第一次上田合戦)

 

沼田城は北条氏直の叔父、

北条氏邦から攻められるが、

撃退します。

 

天正14年(1586)年

沼田城、北条氏政軍70000の兵に

攻撃されますが、これも撃破。

 

 

天正15年(1587)年

頼綱69歳の時、

北条は猪俣能登守と由良国重

沼田攻略を命じますが、

これも撃退しています。

 

ただ、1585年頃の書状から、

嫡子・矢沢頼康と連署しているため、

この頃に家督を譲った

可能性があります。

 

 

天正17(1589)年

沼田城を明け渡し、

岩櫃城へ所領換えとなる。

 

 

慶長2(1597)年80歳

慶長2年5月7日(1597年6月21日)

死去。

戒名:剣光殿采宗良泉居士

墓所:長野県上田市 良泉寺

矢沢家は、関ヶ原の合戦後、

真田信幸に仕えます。

 

 

頼綱の死後も矢沢家は

真田家最高位の家臣として

幕末まで存続します。

 

 

北条を4度も撃破した奇襲の神様・矢沢頼綱!

上記の略歴でもお伝えしましたが、

矢沢頼綱は北条の大軍に

4度も攻め込まれています。

しかし、その都度的確に、

神出鬼没の奇襲作戦や、籠城作戦、

空城の計を用いながら、

巧みに勝利をもぎ取っていきます。

 

天正13年、北条氏直、氏邦、氏照

30000の軍に攻撃されたときには、

城下の出入り口7か所にに木戸を設けて

北条軍を誘い込み、先手となった

軍勢を包囲し殲滅するという

方法を取っています。

この時には土地の農民も動員し、

北条軍に当たったといいますから、

やはり、長年の領地・領民というのは

日頃から大切にしておかねばなりません。

 

その後、空城の計にはまり、

城に入った北条軍は、突如現れた

沼田勢の奇襲に驚き、

大損害を出しています。

 

 

とにかく、北条軍は

大軍を擁しているにもかかわらず、

10分の1有るか無いかの

沼田城・頼綱軍に奇襲をかけられ

毎回大損害を受け、小田原に

退却せざるを得なくなるのでした。

 

 

まったく、戦巧者、

奇襲の神様の頼綱には

太刀打ちできないのです。

 

沼田は真田にとってとても大切な領地!

それを死守してくれた矢沢頼綱は

真田家にとってまさに守護神といえます!

 

 

矢沢頼綱と真田昌幸

矢沢頼綱にとって、昌幸は甥ですが、

同時に主君でもあります。

58歳で、昌幸の配下となってからは、

武田、織田、北条、徳川、上杉と

臣従先を変えながらも、

昌幸と共に、真田家を盛り立てていきます。

 

 

昌幸も、頼綱を頼りにもし、

大切にしています。

 

勝利の度に恩賞を与えています。

例えば、

天正11(1583)年沼田領として200貫文

天正13年(1585)年、沼田城を死守した
功労として1000貫文

など。

 

 

戦の仕様も、少数で如何に

大軍を撃破するか、

その知略と戦術は、

昌幸も頼綱も天才的です。

まさに、真田家のお家芸といえます。

 

 

昌幸は、慶長16(1611)年、

高野山・九度山の配流先で

69歳で死没します。

この時代としては、まずまず

長生きの方ではないでしょうか。

 

 

頼綱は、80歳まで生きのびていますから、

身体も頑健だったのでしょうが、

運も強いですよね!

 

 

NHK大河ドラマ「真田丸」での矢沢頼綱

NHK大河ドラマ「真田丸」で

矢沢頼綱を演じているのは、

綾田俊樹さんです。

sanadamaruyazawayoriytunaaya

 

1950年6月13日生まれ

奈良県出身で、自由劇場を経て

劇団「東京乾電池を結成し、

朝ドラ「ごちそうさん」にも

出演されていました。

真田昌幸に、絶対の信頼を

寄せられていた重臣ですから、

重みのある演技をされるのではないかと

思います。

 

 

矢沢頼綱の嫡子・矢沢頼幸(頼康)

演じているのは迫田孝也さんです。

sanadamaruyazawayoriyuki

 

1977年4月6日生まれ

鹿児島県出身です。

2006年映画「ザ・マジックアワー」の

オーディションで、三谷幸喜氏と

出会い、三谷作品には多数出演

しています。

 

大河ドラマは初出演ですが、

信繁(幸村)に影のように

付き従っていますよね!

 

大阪の陣では、信繁の兄・信幸の

子らと共に、徳川方として

戦います。

 

 

真田丸では、間もなく

第一次上田合戦に突入します。

 

 

その時の真田家の戦いぶりは、

大軍相手に知恵を絞った

真田家独特の戦いぶりになることと思います。

頼綱の戦法と重なるところも

多いのではないかと思います。

 

 

楽しみに観ましょうね!

 

 

では、本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ