真田丸4話ネタバレとあらすじ!昌幸が武藤喜兵衛で三方ヶ原の戦いとは?

sanadamaru4wataitoru

http://www.uedade.jp/entertainment/sanadamaru-yosh…

甲斐の名門武田家が滅亡し、

織田家に服従することに決めた

真田昌幸。

前話では、上杉に宛てた書状を

わざと盗ませて、織田方の手に

渡るように「策略」を巡らせた

のですが・・・。

 

4話では、いよいよ真田昌幸が

織田信長と対面を果たします!

挑戦」は上手くいくのでしょうか!?

 

 

では、真田丸4話ネタバレあらすじ、

三方ヶ原の戦いについてまとめてみました。

 

Sponcored Link

真田丸4話「挑戦」ネタバレとあらすじ!

真田昌幸・信繁親子と家康との対面

昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)は、

信長(吉田鋼太郎)がいる諏訪の法華寺

入ります。

控えの間に通され、はためく葵の旗を目にします。

徳川家の旗印。

 

昌幸は、武田信玄が風林火山の旗印の元、

徳川家康を完膚なきまでに打ちのめした

三方ヶ原の戦いを思い出していました。

当時、昌幸は武田一族の名家・武藤家の

養子となっていたため、信玄から

武藤喜兵衛」の名を贈られていました。

 

 

信繁が織田軍の備えを見ておこうと、

境内の一角に向かいます。

整然と並ぶ弓に感心していると、

背後から声をかけられます。

「見事でござろう」

声の主は、徳川家康(内野聖陽)でした。

弓の手入れをしていた武将は、

本田忠勝(藤岡弘)で、後に

忠勝の娘・小松姫(吉田羊)は、

真田信幸(大泉洋)に嫁ぎます。

この時が初対面ですね。

※この場面で、信繁が真田の弓の

 備えの方が上だと言い、説明しますが

 これは少々脚本が・・・疑問ですね。

 この戦国の時代に、自家の武具の備えを

 いつ敵になるかもしれない他家に

 漏らすとは思えません。

 歴女は厳しいですからね!

 いかに信繁が優れていたかというエピソードを

 入れたいのでしょうけど、

 常識で考えられないことは、

 入れない方が良いですよね!

あ、失礼!余談です!

 

 

その後、真田昌幸もここへ現れ、

家康に信長への献上品は何が良いかを

相談します。

家康は、名馬を贈ることを進め

昌幸も名案だと納得します。

そこで、見方ヶ原の戦いで、

「武藤喜兵衛」という侍大将に

こっぴどくやられたが、知らないかと

尋ねられますが、昌幸は

「存じませぬな」

としらばっくれます。

 

 

いよいよ、信長との対面!

信繁が廊下に控えていると、

信長との謁見を待つ昌幸の元へ

家康と信長の嫡男・信忠(玉置玲央)

入ってきます。

「わが父に会わせる前に、

 確かめておきたいことがある」

昌幸がわざと奪わせた上杉への書状と

織田家への臣従を誓った書状、

2通の書状を突き付けて、信忠は

昌幸を詰問します。

 

 

昌幸は、真田のような小国は、

知恵を持って乱世を生き抜くしかない、

「方便でござる」

そして、

「信長公には、上杉からわれらを守り抜いて

 いただけなければ困る」

と言い放ちます。

 

この後信長と対面し、その存在感に

圧倒されながらも、

「良き面構えじゃ」

この一言で、真田の織田への臣従

認められたのです。

 

服従の代償

真田家は、滝川一益(段田安則)の

配下とされ、小県の国衆のまとめ役

となります。

しかし、真田家にとって重要な城である

岩櫃城と沼田城を、一益に召し上げられます。

 

そんな時、信繁らは信長が鬼の形相で、

一人の家臣の頭を、欄干に何度も

打ち付けている姿を目にします。

その家臣とは、明智光秀だったのです。

 

松が人質に!

織田家に臣従する限りは、真田家から

人質を出すのは戦国の決まり事。

 

昌幸は、とり(草笛美津子)

考えていましたが、

信繁は、姉の松(木村佳乃)

押します。

sanadamarumatufuufu

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160126-…

実は、松に同行する家臣の一人に、

夫である小山田茂誠をこっそり加えようという

腹づもりなのでした!

昌幸もこの案を受け入れます。

 

この決断が、その後思わぬ悲劇となろうとは、

今の信繁には、いえこの時に

誰があの天下の大事変を予想できたでしょう!!

 

 

 

見方ヶ原の戦い!風林火山・信玄VS若武者・家康

三方ヶ原の戦いは、元亀3年(1572)

武田信玄が京へ上り、天下に号令をかけるために

始めた戦いの一つです。

武田軍は、兵を3つに分け遠江国、

三河国、美濃国に同時侵攻

行いました。

 

武田軍の兵力は総計3万人ともいわれ、

まさに信玄一世一代の大戦であったわけです。

一方の徳川軍は、三河国に侵攻した

武田軍に対しても兵を割かねばならず、

三方ヶ原には、8000余しか動員

できませんでした。

 

しかもこの時、同盟国の織田軍は、

信長包囲網と戦っており、

援軍を出せる状況ではありませんでした。

 

 

この時の陣形は、

武田軍が魚鱗の陣

徳川軍が鶴翼の陣形です。

mikatagaharanotatakai2heisuuari

http://blog.livedoor.jp/mizuirotonbo/?p=4

通常は、兵が多い方が鶴翼の陣形を

敷くことが多いのですが、

鶴翼の陣は左右に広がりがあり、

大将が後方に居るため、

逃げやすい陣形とも言われています。

 

たぶん、兵力に劣る徳川方が、

万一の場合は、大将の家康だけでも

逃がそうという作戦だたのでしょう。

で、当然のごとく、徳川軍の

一方的な敗北となります。

 

本能寺の変の直後に伊賀越で逃げて

帰った時と、この三方ヶ原の敗走は

家康人生最大の危機ともいうべき

出来事です。

這う這うの体で、浜松城へ逃げ帰った

家康は、城門を全て開き、篝火を明々と

焚きます。いわゆる、空城計で、

追っ手をだましたのでした。

そして、絵師を呼び、

世にも有名な「顰像」(しかみぞう)

描かせます。

sanadamarumikatagaharagonoieyasu

http://busyo-sanada.blog.so-net.ne.jp/2016-01-24

これは血気にはやって

武田軍の誘いに乗り、多くの将兵を

死なせてしまった自戒の念から

描かせたものとされています。

しかし、同時に武田信玄の軍略や武田軍の

武将たちの圧倒的な強さに、尊敬の念を

抱いことも確かで、真田昌幸が

武藤喜兵衛と名乗り、一騎当千の

強者であったことは頷けます。

 

この尊敬の念から、武田家滅亡後、

家康は、武田遺臣を多く召し抱えた

言われています。

さらに、徳川家の井伊直政に、

山県昌景や、小幡信貞の赤備え

継承させています。

hamamatusyussesiromaturi

http://www.takatsuprops.com/blog/?p=633

そういえば、真田信繁(幸村)も

大坂冬の夏の陣では「赤備え」ですよね!

この辺も、武田家との縁を大切に

していたからでしょう。

 

武藤喜兵衛は、真田昌幸!?

真田昌幸は、父・幸綱が武田家に

臣従していたため、人質として

武田信玄の元に送られていました。

sanadamarumasayuki

http://sanadayukimura777.blog.so-net.ne.jp/archive…

動きが敏捷で、頭が良い昌幸は、

信玄公に非常に可愛がられたと

言います。

 

そこで、3男である昌幸は、

信玄公の命により、

武田家の名門・武藤家を継いだのです。

武藤喜兵衛尉昌幸(むとうきひょうえのじょうまさゆき)

と名乗っていたのです。

強そうな名前!

 

しかし、信玄公が亡くなると、

幸綱が病死し、嫡男・信綱と

次男・昌輝が長篠の合戦で、

戦死したため、武田勝頼の命で、

真田家の家督を、3男・昌幸が

継ぐことになったのです。

 

したがって、三方ヶ原の戦いの頃、

真田昌幸は、武藤喜兵衛だったのです。

 

 

では、今日も長くなりました。

最後までお読みくださった方、

ホントにホントに、

有難うございました!

Sponsored Link

Sponsored Link

4 Responses to “真田丸4話ネタバレとあらすじ!昌幸が武藤喜兵衛で三方ヶ原の戦いとは?”

  1. Yasuko より:

    よくわかりました。次回も楽しみにしています。

    • sanagi@ より:

      私の記事をお読みいただき有難うございました!
      また頑張って記事を書きますので、
      良かったらご覧ください。
      今回はコメントありがとうございました。

  2. okami より:

    昌幸であれば島田兵四郎の逸話といったものもありますので
    創作ではこういった話があっても面白いと思います。

    • sanagi@ より:

      こんにちは!記事をお読みいただき、
      また、コメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
      島田平四郎ですね。
      良く調べて記事にしてみます。
      参考になります!
      ご意見ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ